ジーン・モーガン

ジーン・モーガンの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 明日は来らず

    「人生は四十二から」「ロイドの牛乳屋」のレオ・マッケリーが製作監督となった第一回作品。「春を手さぐる」のヴィニャ・デルマーが、ジョゼフィン・ローレンス原作の小説と、ヘレン・リアリー、ノーラン・リアリー合作の戯曲とを素材として脚本を執筆。出演は「有頂天時代」のヴィクター・ムーア、「丘の一本松」のビューラ・ボンディ、「失はれた地平線」のトーマス・ミッチェル、「偽装の女」のフェイ・ベインター、「天使の花園」のバーバラ・リード、「罪と罰」のエリザベス・リスドン、「平原児」のポーター・ホール、「女は要らねえ」のミナ・ゴンベル、「目撃者(1936)」のモーリス・モスコヴィッチという顔触れ。撮影は「青春ホテル」のウィリアム・メラーが担当した。
  • 麗人野球団

    「空のギャング」のチャールズ・クィグリーと「黒猫」のジャクリーン・ウェルズが主演する映画で、アルバート・デモンドが書卸し、「透明光線」「女ドラキュラ」のランバート・ヒルヤーが脚色監督したもの。助演者は「空のギャング」のリタ・ヘイワース、パトリシア・ファー、ジョージ・マッケイ、ジーン・モーガン等で、撮影は「世紀の逃亡者」のルシエン・バラードの担当。
  • ブラウンの本塁打

    「海底マラソン」「劇場王ブラウン」と同じくジョー・E・ブラウン主演映画で、リング・ラードナー、ジョージ・M・コーハン合作の舞台劇を「ロビンソン・クルーソー」のトム・ジェラティーが脚色し「仮面の米国」「二秒間」のマーヴィン・ルロイが監督に当たり「七月の肌着」「白馬王国」のアーサー・L・トッドが撮影した。助演は「駄々っ子キャグニー」のパトリシア・エリス、「肉の鑞人形」のフランク・マクヒュー、「仮面の米国」のプレフトン・S・フォスター、クレア・ドッド、ラッセル・ホプトン等である。
  • 悪魔の空襲

    「泰西侠盗伝」「空軍の覇者」のリチャード・ディックスが主演する映画で「火の翼」のリチャード・グレイスが書き下ろした航空もの。脚色は「深夜の星」のハワード・J・グリーンがブルース・マニングとライオネル・ハウザーと協力して当たり、「摩天楼の怪火」「黒潮に鳴る心」のアール・C ・ケントンが監督し、「夢の並木道」「悪魔島脱出」のジョン・ステューマーが撮影した。助演は「黒地獄」のカレン・モーリー、「片道切符」のロイド・ノーラン、新顔のシャーリー・ロス、「粋な紐育っ子」のヘンリー・モリスン、「少年G戦線」のビル・バーラッド、ジーン・モーガン、その他である。
  • 殺人電波

    「摩天楼の怪火」のアン・サザーン、「片道切符」のロイド・ノーラン、「オペラ・ハット」のダグラス・ダンブリル、「海行かば(1935)」のジョン・アーレッジが共演する映画で、「悪魔島脱出」のアルバート・S・ロージェルが監督に当った。原作はヘンリー・ウェールスとフェルディナンド・ライハーが書き、フレッド・ニブロ・ジュニアと協力してライヤーが脚色したもの。撮影は「猛火の血闘」のアレン・G・シーグラーの担任である。
  • ある父の横顔

    ハロルド・シューメイトが書き下ろした原作を、「河床の毒蛾」に協力したフレッド・ニブロ・ジュニアとグレイス・ネヴィル及び「悪魔の影」を共作したリー・ローブと、シューメイトの四人が共同脚色。欧州映画界で活躍していたジョン・ブラームが、渡米第一回作品として監督に当たる。主演は「相寄る魂」「白衣の騎士」のオットー・クルーガー、「若草物語(1933)」「空飛ぶ音楽」のダグラス・モンゴメリー、「麗人野球団」のジャクリーン・ウェルズ。共演は「結婚気象台」のナナ・ブライアント、「麗人野球団」のジーン・モーガン、マーク・ローレンス、スタンリー・フィールズ等である。
  • ブロンド・ヴィナス

    「上海特急」「アメリカの悲劇」に次ぐジョセフ・フォン・スァンバーグ監督作品で「貞操切符」「オーバー・ゼ・ヒル」の脚色者としてまたスタンバーグ作品の協力者として有名なるジョーンス・ファースマンがS・K・ローレンと共同で書き卸した脚本により製作された映画で撮影者は「帝国ホテル」「暗黒街」のバート・グレノン。出演者は「上海特急」「間諜X27」のマレーネ・ディートリッヒを始め、「我等は楽しく地獄へ行く」「その夜」のケーリー・グランド、英国劇場にその名を知らるるハーバート・マーシャル、ディッキー・ムーア少年、フランシス・セイルス、ロバート・エメット・オコナーその他である。
  • 夢の並木路

    「晩春」「ダアク・エンゼル(1935)」のハーバート・マーシャルと「俺は善人だ」「男性No.1」のジーン・アーサーが主演する映画で、F・ヒュウ・ハーバートの原作を「深夜の星」のハワード・J・グリーンと「舗道の雨」のガートルード・パーセルが脚色し、「ロバータ」「世界一の金持ち娘」のウィリアム・A・サイターが監督に当たり、「ジャングルの怒り」のジョン・ステューマーが撮影した。助演者は「歌の翼」「ギャングの花嫁」のレオ・カリーロ、「ロイドの牛乳屋」のライオネル・スタンダー、「胡蝶となるまで」のアラン・エドワーズ、新顔のフリーダ・イネスコート、「猫眼石怪事件」のラルフ・ハロルド、ジーン・モーガン等である。
  • 驀走三万マイル

    「空のギャング」のチャールズ・クィグリー、「懐かしのケンタッキイ(1935)」のドロシ、ウイルスン、「学生怪死事件」のエドワード・ヌージェントが共演する映画で、バート・グラネットとランバート・ヒルヤーが共作した台本により、ランバート・ヒルヤーが監督、ベンジャミン・クライトンが撮影した。
  • からくり令嬢

    「武装せる市街」「ギャング戦線」のラルフ・ベラミーと新人ジョーン・ペリーとが主演する映画で、ハロルド・シューメイトの原作をトム・ヴァン・ダイクが脚色し、「ギャング戦線」「百発百中の男」のD・ロス・レダーマンが監督した。助演者は「オペラ・ハット」「意気な紐育っ子」のダグラス・ダンブリル、ジョージ・マッケイ、ジーン・モーガン、等。キャメラはアレン・G・シーグラーが担当した。
  • 無法地獄

    「男性No.1」「ギャングの花嫁」のチェスター・モリスと「三銃士(1935)」「男の敵」のマーゴット・グラハムが主役を勤める映画で、ウィリアム・ランキンが自ら書き下ろした物語を「悪魔の空襲」のブルース・マニングと協力して脚色し、「悪魔の空襲」「黒潮に鳴る心」のアール・C・ケントンが監督にあたり「夢の並木路」「悪魔の空襲」のジョン・ステューマーが撮影した。助演者は「片道切符」「アメリカの恐怖」のロイド・ノーラン「罪と罰」「古城の扉」のマリアン・マーシュ、「片道切符」のジョージ・マッケイ、その他クロード・ギリングウォーター、ジョン・ガローデット等という顔ぶれである。
  • ビール万歳

    「絶対の秘密」「七万人の目撃者」のラルフ・マーフィーが監督した映画で、「千万ドルの醜聞」の共作者ジーン・タウンとグレアム・ベイカーの第2回オリジナル・ストーリーを「絶対の秘密」の台詞執筆者ケイン・ロビンソンが脚色し、「千万ドルの醜聞」「絶対の秘密」の脚色者ウィラード・マックが台詞を書いた。出演者は「地下の雷鳴」「死の航空路」のチャールズ・ビックフォード、「犯罪都市(1931)」のメアリー・ブライアン、「山猫酒場」のルイズ・ドレッサー、「愛に叛く者」のジーン・ハーショルト、「待ちかねる処女」のアンディ・デヴァイン、「四十二番街」のジョージ・E・ストーン、「裏町」のジョージ・ミーカー、ジュリー・ヘイドン等で、撮影は「競馬天国」「爆走する悪魔」のヘンリー・シャープの担任。
  • 夜の世界

    P・J・ウルフソンとアレン・リヴキン合作の物語を映画化したもので「蹴球大学」「キートンの恋愛指南番」のリチャード・スカイヤーがシナリオに組み立て、「河宿の夜」「チウインガム行進曲」のホバート・ヘンリーが監督し、「あけぼの」「紳士の運命」のメリット・B・ガースタットが撮影した。主なる出演者は「楽園の大河」「蹴球大学」のルウ・エヤース、「フランケンシュタイン(1931)」「ウォタルウ橋」のメイ・クラーク、「ミラクルマン(1932)」のボリス・カーロフ、ドロシー・レヴィア、ラッセル・ホプトン、バート・ローチ、ドロシー・ピーターソン、ヘッダ・ホッパーなどである。
  • 完全犯罪(1936)

    「黄金(1936)」「罪と罰」のエドワード・アーノルドの主演する探偵映画で、レクス・スタウトの原作を「悪魔の襲撃」に協力したハワード・J・グリーン、「無法地獄」に協力したブルース・マニング、「片道切符」に協力したジョセフ・アンソニーの3人が相寄って脚色し、「片道切符」と同じくハーバート・J・ビーバーマンが監督、ヘンリー・フロイリヒが撮影した。助演者は「オペラ・ハット」「意気な紐育っ子」のライオネス・スタンダーを筆頭に、「悪魔島脱出」のヴィクター・ジョリー、ジョーン・ペリー、「男装」のデニー・ムーア、ラッセル・ハーディーー、ジョン・クェーレン等の人々である。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/28

ジョン・デヴィッド・ワシントン(1984)

TENET テネット

「ダンケルク」のクリストファー・ノーラン監督によるSFスリラー。ある男に、現在から未来に進むという時間のルールから脱出するミッションが課せられる。時間に隠された秘密を解き明かし、第三次世界大戦を止めるミッションのキーワードは『TENET』だった。突如一大任務に巻き込まれた男を「ブラック・クランズマン」のジョン・デヴィッド・ワシントンが、相棒を「ハイ・ライフ」のロバート・パティンソンが演じる。

ブラック・クランズマン

鬼才スパイク・リー監督が手がけた第71回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作。黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKKに潜入捜査する顛末を克明に綴った同名ノンフィクション小説を、デンゼル・ワシントンを父にもつジョン・デヴィッド・ワシントン主演で映画化。共演は「パターソン」のアダム・ドライバー、「スパイダーマン:ホームカミング」のローラ・ハリアー、「アンダー・ザ・シルバー・レイク」のトファー・グレイス、「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」のアレック・ボールドウィン。音楽は「マルコムX」「25時」「セントアンナの奇跡」など、スパイク・リー作品を数多く手がけてきたテレンス・ブランチャード。
チョ・インソン(1981)

安市城 グレート・バトル

唐の侵略に立ち向かった高句麗の武将ヤン・マンチュンの戦いを描く歴史アクション。西暦645年。唐の太宗皇帝は20万を超える大軍を率いて高句麗への進撃を開始。各地で敗走が続く中、安市城城主ヤン・マンチュンは、わずか五千の兵と共に戦いを決意する。出演は「ザ・キング」のチョ・インソン、『ハベクの新婦』のナム・ジュヒョク、「スウィンダラーズ」のパク・ソンウン。

ザ・キング

韓国の賞レースを席巻したクライム・エンタテインメント。地方都市の新人検事テスは、ソウル中央地検のエリート部長ガンシクと出会う。他人を踏み台にして出世し、大統領選挙を利用して権力をつかんだガンシクの正体を知ったテスは、悪の魅力に染まっていく。出演は、ドラマ『大丈夫、愛だ』のチョ・インソン、「アシュラ」のチョン・ウソン、「インサイダーズ 内部者たち」のペ・ソンウ、ドラマ『恋のスケッチ~応答せよ1988~』のリュ・ジュンヨル。監督は、「観相師 かんそうし」のハン・ジェリム。第53回百想芸術大賞助演女優賞(キム・ソジン)、新人男優賞(リュ・ジュンヨル)受賞。第54回大鐘賞助演男優賞(ペ・ソンウ)、助演女優賞(キム・ソジン)、シナリオ賞、編集賞受賞。