ベン・F・レイノルズ

ベン・F・レイノルズの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 結婚破綻

    ルイス・ビーチ氏作品の舞台劇に基いてアグネス・クリスティン・ジョンストン女史が脚色し「新婚の危機」「惑溺の十字路」等と同じくホバート・ヘンリー氏が監督したもので主役は「愛の大雪嶺」「黎明のサハラ」等出演のクレア・ウィンザー嬢で、「囁きの小径」「青春の美酒」等出演のウィリアム・ヘインズ氏と「突貫花婿」等出演のバート・ローチ氏とが共演するほか、ロバート・エイニュー氏、故ルシル・リクセン嬢、エドワード・コネリー氏、エミリー・フィッツローイ嬢等が出演する。
  • 悪魔の合鍵

    大作品「アルプス嵐」を製作して一躍名監督に列したエリッヒ・フォン・シュトロハイムの第二回監督映画で、原作は氏とド・マイエル男爵夫人の合作。之を氏が自ら脚色監督して完成する社界劇である。主役は「アルプス嵐」「愛と光明」等に出演したサム・ド・グラッス氏し、新顔のユーナ・トレヴェリン嬢。其他「海の長者」等出演のクライド・フィルモアー氏や、「鬼火ロウドン」「悪魔の声」出演の毒婦女優モウド・ジョウジ嬢、「猛襲」出演のメエ・ブッシュ嬢、チャップリン氏の対手からユ社に入って「赤いばら」等に出演したレオ・ホワイト氏等も顔を見せる。巴里を背景とし、男女の三角関係を描いてある。
  • 血と悪魔

    「銀鼠流線型」と同じくガートルード・マイケルとポール・カヴァナーが主役を演ずる映画で、「肉弾鬼中隊(1934)」の原作者フィリップ・マクドナルド作の小説をチャンドラー・スプレイグが改作し、「銀鼠流線型」のアンソニー・ヴェイラーが脚色し「嫌疑者」「銀鼠流線型」のラルフ・マーフィーが監督に当たり、「かぼちゃ太夫」「猫眼石怪事件」のベン・F・レイノルズが撮影した。助演者は「戦争と母性」のヘンリエッタ・クロスマン、「恋のページェント」のジョン・デイヴィス・ロッジ、「輝ける百合」「むすめ結婚症」のレイ・ミランド、「麦畑を荒らす者」のバートン・チャーチルその他である。
  • ブリキ帽

    「滑れケリー」と同じくエドワード・セジウィック氏の監督作品で、原作も同氏の手になったものである。氏の原作を脚色したのはアルバート・リューイン氏で、リュウ・リプトンとドナルド・リー氏とがそれによって脚本を作成した。主役は「ミシガン小僧」「娘弁護士」のコンラッド・ネーゲル氏と「毒牙」「長恨悲歌」のクレア・ウィンザー嬢との二人で、それを助けてジョージ・クーパー氏、バート・ローチ氏、トム・オブライエン氏の三人が重要な傍役を演じている。
  • 血に叫ぶ広野

    「無電非常線」「西部の掟」に出演したディーン・ジャガーが主演するゼーン・グレイ西部劇で、「荒馬スモーキィ」のスチューアート・アンソニーが脚色し、新人オソ--・ラヴァリングが監督に当たり、「南瓜太夫」のベン・レイノルヅが撮影した。助演者は「ミシシッピ」のゲイル・パトリック、「影無き男(1934)」のエドワード・エリス、「彼女は制服が好き」のラリー・バスター・クラブ等である。
  • 悪魔の曲馬団

    デンマーク映画界にあって令名高かったベンジャミン・クリステンセン氏の渡米第1回作品で、氏自ら原作脚色監督したもの。主演俳優は「殴られる彼奴」「夜の女」等出演のノーマ・シアラー嬢と「決死隊」「世界の女」等出演のチャールズ・エメット・マック・マック氏及びユニヴァーサル社青島映画で御馴染みのカーメル・マイアース嬢、ジョン・ミルジャン氏、クレア・マックドウエル嬢、ジョイス・コード嬢等が助演している。
  • 愚なる妻

    エリッヒ・フォン・シュトロハイム氏が「悪魔の合鍵」後1年有余の歳月を費やして莫大の費用を要して完成したユ社ジウエル大作品である。主役、原作者、脚色者、監督者として氏は全精力をこの作品に傾注している。その他デゥ・ポン嬢、モード・ジョージ嬢、メイ・ブッシュ嬢、マルヴ氏等が共演している。
  • ヒョットコ夫妻

    「百万円貰ったら」で夫婦役を勤めたW・C・フィールズとアリソン・スキップワースが主演する喜劇で、パ社脚本部に籍を置いているフランシス・マーティンが処女監督作品としてものした映画である。原作はルパート・ヒューズが書き下ろし、「彼女の用心棒」を脚色したウォルター・デレオンと共同して脚色にあたった。助演者は「坊やはお休み」のベビィ・レロイを始め「渦巻く妖術」のクリフォード・ジョーンズ、「犯罪都市(1931)」のクラレンス・ウィルソン、「ママはパパが好き」のジョージ・バービア、ジャクリーン・ウェルズ、バートン・マクレーン等でカメラは「最後の一人まで(1933)」「森の男(1933)」のベン・F・レイノルズが担当している。
  • 囚人

    「胡蝶の嘆き」を書いたジョージ・バー・マッカッチョン氏の原作を、「鬼を欺く男」「一国の風雲」等のジャック・コンウェイ氏が監督したもので、「一国の風雲」「日の出の勢」等出演のハーバート・ローリンソン氏が出演し、相手役は「剛膽の人」のアイリーン・パーシー嬢。其他ジューン・エルヴィッジ嬢、バートラム・グラスビー氏等が出演ている。
  • 法螺吹き靴屋大当たり

    シーザー・ダン氏作の戯曲に基いて、アール・スネル氏がジョゼフ・エフ・ポーランド氏監修の下にそのれを映画用に書き改めると共に併せて撮影台本を作り「大学生活」と同じくウェズリー・ラッグルズ氏が監督したもの。主役は「大学生活」「新大学生活」等出演のジョージ・ルイス氏と「支那の鸚鵡」等出演のマリアン・ニクソン嬢とで、エディ・フィリップス氏、チャーチル・ロス氏、バー・マッキントッシュ氏、オットー・ホフマン氏、ヘイドン・スティーヴンソン氏などがそれを助演している。
  • モダン結婚

    「紅唇百万ドル」「故郷の土」等主演のノーマ・シアラー嬢が主演する映画で、サミュエル・シップマン氏が映画のために書卸したストーリーにより、ベス・メレディス女史が脚色し、「紅唇百万ドル」「虎御前」と同じくホバート・ヘンリー氏が監督した。シアラー嬢を助けて「滑れケリー」のウィリアム・ヘインズ氏、「紅唇百万ドル」のルー・コディ氏、メアリー・カー夫人、デュポン嬢、等が主演している。
  • 紅唇百万ドル

    「新婚の危機」「競売台」と同じくホバート・ヘンリー氏の監督作品で、ケイリー・ウィルソン氏のオリジナル・ストーリーによりルイス・D・ライトン氏とホープ・ロアリング女史とが脚色したもの。主演者は「殴られる彼奴」「悪魔の曲馬団」出演のノーマ・シアラー嬢と「愛の黒眼鏡」「奇跡の薔薇」のルー・コディ氏とで、この2人を助けて故ウィラード・ルイス氏、カール・デーン氏、グウェン・リー嬢などが出演している。
  • 男・女・妻

    「踊り子フィリス」と同じくエドワード・レムル氏の監督した映画で、チャールズ・エイ・ローグ氏の書卸したストーリー、並びに脚本によるものである。主役を演ずるのは「情熱の砂漠」「アンニー・ローリー」のノーマン・ケリー氏であるが、それを助けて「金髪より黒い髪」のポーリン・スターク嬢、「愛欲の絆」「天晴れ名騎手」のマリアン・ニクソン嬢「深夜の薔薇」のケネス・ハーラン氏、クローフォード・ケント氏、等が出演している。キャメラは「言論の自由」と同じくベン・F・レイノルズ氏の担当。
  • かぼちゃ太夫

    「南瓜とお姫様」と同じくW・C・フィールヅが主演する映画で、チャールズ・ボーグルの原作を「恐怖城」のガーネット・ウェストンと「森の男(1933)」のジャック・カニンガムが共同脚色し、「彼女の用心棒」「ハリウッドは大騒ぎ」のウィリアム・ボーディンが監督、「森の男(1933)」のベン・レイノルヅが撮影した。助演者は新進の唄い手ジョー・モリソン、「猫眼石怪事件」のジュディス・アレン、「坊やが盗まれた」のベビー・ルロイを始め、ジャン・ダッガン、ジャック・マルホール、タマニー・ヤング等がその主なるものである。
  • 森の男(1933)

    「白馬王国」「砂漠の遺産」と同じくゼーン・グレイ原作、ヘンリイ・ハサウェイ監督、ランドルフ・スコット主演になる西部劇で、脚色には上記2映画のハロルド・シューメイトと「幽霊牧場(1933)」「荒原の覇者」のジャック・カニンガムとが共同して当たり、撮影はベン・F・レイノルズが担任している。助演者は「競馬天国」「幽霊牧場(1933)」のヴァーナ・ヒリー、「カンターの闘牛師」「アリゾナ・ギャング」のノア・ビアリー、「密林の王者」のバスター・クラブ、「聖ジョンソン」のハリー・ケイリー、「砂漠の遺産」のグィン・ウィリアムス及びヴィンス・バーネットの面々である。
  • 信号塔

    ウォズウォース・キャムプ原作の小説を、ジェームズ・O・スピアリングが脚色し、「誰が罪ぞ」と同じくクラレンス・ブラウンが監督の任に当たった。主役は「女性の輝き」等出演ヴァージニア・ヴァリ、「最後の一塁」「人生の姿」等出演のロックリフ・フェローズ、「妖雲渦巻く」「白虎」等出演のウォーレス・ビアリーの3人である。ユ社が1924-25年度に発売する36本のジウエル作品中の第1回作品である。
  • 流行の寵児

    ジャズ音楽界の人気者テッド・ルイス氏が主演する映画で監督は「坊や」と同じくアーチー・L・メイヨ氏。ジョセフ・ジャクソン氏並びにジェームズ・A・スター氏が共同でストーリーを執筆し脚色に当り、「彼と女優」「母なれば」のベン・F・レイノルズ氏がきゃメラをクランクした。主演者を助けて「愛の曳綱」「踊り子をめぐりて」のアリス・デイ嬢、ジャズ・ダンス界の花形アン・ペニントン嬢、ローレンス・グラント氏、ジュリア・スウェイン・ゴードン夫人等が出演している。
  • 名を失える男

    「輝ける百合」「無電非常線」のフレッド・マクマレイが主役を勤めるG メン映画で「盲目の飛行士」の脚色者デール・ヴァン・エヴァリーが書き下ろし、「群集の喚呼」のキュベック・グラスモンがマーゲリット・ロバーツと協力して脚色し、「銀鼠流線型」「血と悪魔」のラルフ・マーフィーが監督に当たり、「かぼちゃ太夫」「血と悪魔」のベン・F・レイノルズが撮影した。マクマレイを助けて「孤児ダビド物語」「大陸非常線」のマッジ・エヴァンス、「ボクは芸人」のデヴィッド・ホルト、「その夜の真心」「ルムバ」のリン・オヴァーマン、「愛の隠れ家」のエリザベス・バタースン、「ハリウッドデカメロン」のグラント・ミッチェル、舞台俳優として有名なJ・C・ニュージェント、「深夜の星」のレスリー・フェントン、ジョン・レイ等が出演している。
  • 坊や

    「シンギング・フール」のソニー・ボーイを演じて発声映画のジャッキー・クーガンといわれるデヴィー・リー君の主演映画で、レオン・ザードー氏の原作を「シンギング・フール」「母なれば」のC・グレアム・ベイカー氏が脚色し、「母よ愚かなれ」のアーチー・L・メイヨ氏が監督、「母なれば」「裁かれる魂」のベン・F・レイノルズ氏が撮影したもの。助演者は「シンギング・フール」「殿様専門娘」ベティー・ブロンソン嬢、「恋の勝馬」「マラソン結婚」のエドワード・エヴァレット・ホートン氏、「燃ゆる人魚」「海洋児クーガン」のガートルード・オルムステッド嬢等を始め、ジョン・マレイ氏、ルシー・ボーモン夫人、ジェッド・プラウティー氏等である。
  • 娘弁護士

    「花嫁万歳」「金色の舞」等と同じくロバート・Z・レナード氏の監督作品で、「故郷の土」「殴られる彼奴」等出演のノーマ・シアラー嬢が主演する映画である。フレデリック及びファニーの両ハットンが合作した舞台劇に基づき、F・ヒュー・ハーバート氏が脚色している。シァラー嬢の相手役は「ミシガン小僧」「美人帝国」等出演のコンラッド・ネーゲル氏で、そのほか「踊る英雄」等出演のジョージ・K・アーサー氏、メアリー・マカリスター嬢、等も出演している。
  • 女装陸戦隊

    「轟く天地」「森の男(1933)」等のヘンリー・ハサウェイが西部劇を卒業して監督にあたった映画で、「冷蔵庫の赤ん坊」「麦畑を荒らす者」のリチャード・アーレンが「美人探し」のアイダ・ルピーノと「ある日曜日の午後」のロスコー・カーンスを相手に出演するもの。原作はフィリップ・ワイリーが執筆し、脚色には「快走艇」のバイロン・モーガンがジョール・セイヤーと共同した。撮影は「森の男(1933)」「轟く天地」のベン・F・レイノルズの担当。助演者は「女難アパート」のグレイス・ブラッドリー、「轟く天地」のモント・ブルー、「新世紀」のファジー・ナイト、「美人探し」のトビー・ウィング等。
  • 灯台守の妻

    「鉄槌を揮って」「巴里の恐威」などでおなじみとなったデュポンの主演映画で、ダニエル・スティールの舞台劇「ロープス」をウォーレス・クリフトンが脚色し、「鉄槌を揮って」と同じくポール・スカードンが監督したものである。
  • 焼き餅騒動絹の靴下

    シリル・ハーコート氏作の舞台劇をベアトリス・ヴァン女史が映画的に改作し、ジョセフ・F・ポーランド氏が脚色し、「後家さん御用心」「大学生活」と同じくウエズリー・ラツグルス氏が監督したもので、主役は「猫とカナリヤ」「後家さん御用心」出演ローラ・ラブラント嬢で、「知略三段返し」「奔流天に騰る」等出演のジョン・ハロン氏が相手役を演じ、ウィリアム・オーステイン氏、オテイス・ハーラン氏、ヘイニー・コンクリン氏、バー・マッキントッシュ氏、マーセラ・デーリー嬢等が助演している。
  • 言論の自由

    ピーター・B・カイン氏が特に映画のために書き下したストーリーを、「ある男の過去」と同じくジョージ・メルフォード氏が監督したもので、改作並に撮影台本はJ・グラブ・アレキサンダー氏が撮った。主役を務めるのは「トロイ情史」「痛ましの親心」出演のルイス・ストーン氏で、「足で蹴る恋」「我れ若し王者なりせば」出演のマーセリン・デイ嬢と「珍戦花嫁争奪」「天界の魔王」出演のマルコム・マッグレガー氏とが相手役を演ずる外、「つばさ」「君が為め命捧げん」出演のヘンリー・B・ウォルソール氏も出演する。
  • グリード(1925)

    フランク・ノリス氏作の有名な小説『マックティーグ』を映画化したもので、エリッヒ・フォン・シュトロハイム氏とジューン・メイシス女史とが映画脚色し、「愚なる妻」「アルプス嵐」「悪魔の合鍵」等と同じくフォン・シュトロハイム氏が監督した。主役は「赤熱の十字架」「アルプス嵐」等で端役を演じていたギブソン・ガウランド氏で、「ジョアンの嘆き」等出演のザス・ピッツ嬢と「ステラ・ダラス(1925)」等出演のジーン・ハーショルト氏とが対手役を演じ「愚なる妻」「メアリー・ゴー・ラウンド」等に出演したデイル・フラー嬢を始めチェスター・コンクリン氏、シルヴィア・アッシュトン嬢、ジョーン・スタンディング嬢、オースティン・ジュエル氏等が重要なる役を演ずる。
  • 鬼を欺く男

    「近代の夫」「北方の名花」等主演のヘンリー・B・ウォルソール氏が暫く映画界を去っていた後昨年中頃ユ社へ入って出演した第一回作品で、マージョリー・ドウ嬢や最近その出演したゴールドウィン物等の大分輸入されているラルフ・グレイヴス氏が共演している。「雪の中の壮漢」等同様ピーター・B・カイン氏の原作をレイモンド・L・シュロック氏が脚色し、ジャック・コンウェイ氏が監督した。
  • 母なれば

    ブロードウェイの唄い手としてその名を知られているソフィー・タッカー嬢がワーナー社に招かれて主演した映画でレスリイ・バローズ氏の原作から「空中サーカス」「シンギング・フール」のC・グレアム・ベイカー氏が脚色し「シンギング・フール」「地熱」のロイド・ベーコン氏が監督したもの。主演者のほかに「空の王者」「愛の曳綱」のライラー・リー嬢、「破壊」のジョージ・ダーイー氏、「栄光」のマーロン・ハミルトン氏、オードリー・フェリス嬢ジョン・T・マレイ氏等が出演している。キャメラは「言論の自由」「懐かしの思い出」のベン・レイノルヅ氏が担任。
  • 屠殺者(1922)

    「苦闘十二年」の原作者アリス・デュアー・ミラー女史の原作を、デミル映画の殆ど総てを脚色したジェニー・マクファーソン女史が脚色し、最近「人間苦」「土曜日の夜」等が紹介されたセシル・B・デミル氏が監督したパラマンウト映画である。主役は「沈黙の都」「何故妻を代へる」等のトーマス・ミーアン氏で、相手役は「土曜日の夜」「ハートの1」等のリートリス・ジョーイ嬢、及び「沈黙の都」「悩める花」等のロイス・ウィルソン嬢、その他ジョージ・フォーセット氏、ジュリア・フェイ嬢、カッスン・ファーガソン氏、レイモンド・ハットン氏、チャールズ・オーグル氏等パ社老練俳優多数出演している。
  • 猫眼石怪事件

    「女装陸戦隊」「森の男(1933)」と同じくヘンリー・ハサウェイが監督しベン・レイノルヅが撮影に当った映画で、オーガスタス・トーマスの舞台劇をソールズベリー・フィールドが改作し、アンソニー・ヴェイラーーが脚色した。出演者は「ゆりかごの唄」のサー・ガイ・スタンディング、「恐怖の甲板」のジョン・ハリデイ、「新世紀」のジュディス・アレン、「鉄血士官校」のトム・ブラウン、「ボレロ」のウィリアム・フローリー等である。
  • 最後の一人まで(1933)

    「砂漠の遺産」「森の男(1933)」と同じくゼーン・グレイ原作、ヘンリー・ハサウェイ監督ランドルフ・スコット主演の西部劇で、脚色には「幽霊牧場(1933)」「森の男(1933)」のジャック・カニンガムがあたり、撮影は「森の男(1933)」のベン・F・レイノルズが担任している。助演は「南方の放浪者」のエスター・ラルストン、「密林の王者」のバスター・クラブ、「暴風の処女」のジャック・ラルー、「森の男(1933)」のノア・ビアリー及びバートン・マクレーン、新人ミュリエル・カークランド、「彼女の用心棒」のファジィ・ナイト、「動物園の殺人」のゲイル・パトリック、ユージェニー・ベッセラー等である。
  • 闇を行く(1928)

    「ドノヴァン」「サブマリン」と同じくフランク・キャプラ氏監督作品でウィリアム・コンセルマン氏が原作脚色しピーター・ミルン氏が撮影脚本を書いた。主役を演ずるは「海の荒鷲(1926)」「ボー・サブルウ」のミッチェル・ルイズ氏でアリス・デイ嬢、マーガレット・リビングスチン嬢、セオドア・フォン・エルツ氏が助演している。
  • 胡蝶の如く

    キャスリーン・ノーリスの小説として好評を博した「胡蝶」を映画化したもので、脚色者は「子煩悩」「燃ゆる砂」「女は曲者」「唖も語る」などのオルガ・プリンツロー、「誰が罪ぞ?」「信号塔」などで一寸売出しのクラレンス・ブラウンの監督下に、ユ社新進のローラ・ラ・プラント、「メアリー・ゴー・ラウンド」「ノートルダムのせむし男(1923)」などのノーマン・ケリー、ブルーバード映画時代から返り咲きのルース・クリフォード、プリファード映画でお馴染みのケネス・ハーラン、「負けじ魂」「アダムとエヴァ」など出演のT・ロイ・バーンズ、最近エフ・ビー・オーの「離婚」に出演したマーガレット・リヴィングストンなど主演の下に製作されたものである。
  • 放送ビルディング

    「かぼちゃ太夫」のジョー・モリソンが「坊やはおやすみ」「青春罪あり」のヘレン・トゥウェルヴトゥリーズを相手に主演する映画で、リビー・ブロックの原作を「紅唇罪あり」のキャスリン・スコラが「ブラウンの爆裂珍艦隊」のポール・ジェラード・スミスと協力して脚色し「銀鼠流線型」「嫌疑者」のラルフ・マーフィーが監督に当たり、「女装陸戦隊」「かぼちゃ太夫」のベン・F・レイノルズが撮影した。助演者は「コンゴ」のコンラッド・ネーゲル、「合点!!承知!!」のアーリン・ジャッジ、ゲイル・パトリック、トビー・ウィングその他である。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 8/6

キャサリン・ヒックス(1951)

乱気流 タービュランス

凶悪犯にハイジャックされたジャンボ・ジェット機を舞台に、スチュワーデスの決死の活躍を描いたパニック・サスペンス。航空パニックものにサイコ・サスペンスの要素を加えた趣向がおもしろい。キビキビした演出を見せた監督は「ジャグラー/ニューヨーク25時」のロバート・バトラー。脚本はジョナサン・ブレット、製作は「ギルティ/罪深き罪」のマーティン・ランソホフと「パーフェクト・ワールド」のディヴィッド・ヴァルデス、製作総指揮はキース・サンプルズ。撮影はロイド・アハーン、音楽はシャーリー・ウォーカー、美術はメイリン・チェン、編集はジョン・ダフィ、衣裳はロバート・ターテュリス、特殊視覚効果と第二班の監督は「アウトブレイク」のマーク・ヴァーゴが担当。主演は「ビューティフル・ガールズ」のローレン・ホリーと「アンフォゲタブル」のレイ・リオッタ。共演は「トゥルーナイト」のベン・クロス、「ザ・ファン」のヘクター・エリゾンドほか。

テンプテーション15才

娘のヴァージンを守ろうとする父親の獅子奮戦ぶりを描くコメディ。製作はスティーブン・ドイッチ、監督は「ミスター・マム」のスタン・ドラゴッティ、脚本はセス・ウィンストンとマイケル・J・ナサンソン、撮影はドナルド・ピーターマン、音楽はアラン・シルヴェストリが担当。出演はトニー・ダンザ、アミー・ドレンツほか。
中田花奈(1994)

あさひなぐ

こざき亜衣による同名漫画をアイドルグループ乃木坂46出演で舞台化&映画化するプロジェクトの映画版。二ツ坂高校なぎなた部に入部した東島旭。圧倒的な強さを誇る先輩・真春ら部員たちと過酷な練習の日々を送るなか、旭はひたむきになぎなたと向き合っていく。主人公の東島旭役には映画初出演にして初主演の西野七瀬、旭の憧れの先輩でなぎなた部のエース・宮路真春役に白石麻衣、ほかに桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華、生田絵梨花ら乃木坂46メンバーが出演。「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の富田望生、「愚行録」の中村倫也、「ちはやふる」の森永悠希、「くちびるに歌を」の角替和枝、「PとJK」の江口のりこが脇を固める。監督・脚本は「ヒロイン失格」の英勉。

デスブログ 劇場版

“そのブログで扱われた人物や国、団体には必ず不幸が訪れる”と噂される都市伝説“デスブログ”を題材にしたホラー。ある女子高生が始めたブログをきっかけに、周囲の人々に不幸が訪れる様子を描く。出演はアイドルグループ“乃木坂46”の中田花奈、「風切羽 かざきりば」の秋月三佳、「ハイキック・エンジェルス」の宮原華音。

NEW今日命日の映画人 8/6

該当する人物がいません