ガス・ヴァン・サント ガスヴァンサント

  • 出身地:ケンタッキー州ルイビル
  • 生年月日:1952/07/24

略歴 / Brief history

【ハリウッドの頂へ駆け登ったインディペンデント映画の雄】アメリカ、ケンタッキー州ルイビルの生まれ。ロードアイランド・スクール・デザインで映画と絵画を学んだのち、CM製作の仕事に従事。一時、ロジャー・コーマンのもとで助手をつとめ、1985年の「マラノーチェ」で監督デビューする。このデビュー作でロサンゼルス映画批評家協会最優秀インディペンデント・実験映画賞を獲得。日本では劇場未公開だった幻の作品だが、2007年に監督再編集のもとニュープリントでようやく公開された。続く「ドラッグストア・カウボーイ」(89)が数々の賞に輝き、一躍世界的な注目を浴びる。当時、美形スターとして人気を呼んでいたリヴァー・フェニックス、キアヌ・リーヴスを主演に描いた同性愛映画「マイ・プライベート・アイダホ」(91)も大きな評判を呼んだ。この初期3作はいずれもオレゴン州ポートランドを舞台にしているため、“ポートランド三部作”として知られている。ゲイ・テイストを押し出すインディペンデントな作風を確立しながら、自らを“ハリウッドの異端”と名乗っていた彼だが、95年、ニコール・キッドマン主演のサスペンス「誘う女」で一般的な客層までファンを広げる。そして97年、マット・デイモン、ベン・アフレック主演の「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」でアカデミー賞の監督賞、作品賞など9部門にノミネートされ、大メジャー監督となる。その後、アルフレッド・ヒッチコックの名作をオリジナルのショットのひとつひとつまで忠実に再現して物議を醸した「サイコ」(98)、ショーン・コネリー主演の感動作「小説家を見つけたら」(00)を放ち、ハリウッドでの存在感を高める。【インディペンデントへの回帰】このままメジャー路線を邁進するかに思われたヴァン・サントだが、02年、「GERRY/ジェリー」で衝撃的なインディペンデントへの回帰を果たす。さらにその原点回帰の成功を印象づけたのが、コロンバイン高校の銃無差別殺人を題材にした「エレファント」(03)で、カンヌ映画祭のパルムドールと監督賞のダブル受賞を果たした。以後もニルヴァーナのボーカル、カート・コバーンの死にインスパイアされた「ラストデイズ」(05)、ブレイク・ネルソンの小説を脚色した「パラノイドパーク」(07)と、独自の小規模なスタイルを徹底していく。そして08年、彼がこれまでたどったメジャー、マイナー路線の融合としての集大成とも言える「ミルク」を発表。同性愛者であることを公表してアメリカで初の公職に就いた実在の政治家、ハーヴェイ・ミルクの闘いを、正攻法でありながらもポップな味わいで映像化。作品賞はじめアカデミー賞8部門にノミネートされ、ミルクを演じたショーン・ペンが主演男優賞を受賞した。監督業以外にもプロデュース、絵画、写真、執筆などにも精力的に挑み、才能を発揮している。

ガス・ヴァン・サントの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ドント・ウォーリー

    ガス・ヴァン・サント監督が風刺漫画家ジョン・キャラハンの半生を映画化。酒浸りのジョンは自動車事故により胸より下が麻痺し車いす生活を余儀なくされる。ますます酒に溺れ荒れる彼だったが、やがて持ち前の辛辣なユーモアを活かして風刺漫画を描き始める。俳優ロビン・ウィリアムズがジョン・キャラハンの自伝『Don't Worry He Won't Get Far on Foot: The Autobiography of Dangerous Man』の映画化権を得ており、当初からガス・ヴァン・サントを監督にと相談を持ち掛けていた。不屈のジョン・キャラハンを「ビューティフル・デイ」のホアキン・フェニックスが演じる。
    80
    • 怖い
    • おしゃれな
    • 考えさせられる
  • 追憶の森

    富士山麓に広がる青木ヶ原樹海を舞台に、ガス・ヴァン・サント監督が豪華スターを迎え紡いだミステリードラマ。死に場所を求めて樹海に入ったアメリカ人男性が、瀕死の男性を助けようと出口を探しさまよう中で、人生を見つめ直していく。絶望の淵に立つアメリカ人男性を「インターステラー」のマシュー・マコノヒーが、妻子の元に戻ろうとする男性を「硫黄島からの手紙」の渡辺謙が、アメリカ人男性の妻を「インポッシブル」のナオミ・ワッツが演じる。第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。
  • プロミスト・ランド(2012)

    「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のマット・デイモンと、「ミルク」のガス・ヴァン・サントが脚本家兼主演と監督として三度目のタッグを組み、エネルギー問題を背景に描いたヒューマンドラマ。2012年ナショナル・ボード・オブ・レビュー表現の自由賞、2013年ベルリン国際映画祭スペシャルメンション受賞。
  • ザ・ハリウッド(2013)

    「ボブ・クレイン 快楽を知ったTVスター」のポール・シュレイダー監督によるサイコ・スリラー。映画プロデューサーの恋人と暮らす女優志望の女性が、かつての恋人と再会したことをきっかけに、思わぬ悲劇が起こる。「今宵、フィッツジェラルド劇場で」のリンジー・ローハンがフルヌードとベッドシーンに挑んだことも話題に。
  • わたしはロランス

    カナダの田舎町に暮らす男性が交際中の女性に、女性になりたいと告白するラブ・ストーリー。監督・脚本は「HEARTBEATS」(未)「マイ・マザー/青春の傷口」(未)のグザヴィエ・ドラン。自身の性別に違和感を持つ主人公を「ブロークン・イングリッシュ」「ぼくを葬る」のメルヴィル・プポーが、戸惑いながらも彼にとって特別な存在でありたいと願う恋人を「マイ・マザー/青春の傷口」のスザンヌ・クレマンが、主人公の母親を「ポルノグラフィックな関係」「勝手に逃げろ/人生」のナタリー・バイが演じている。本作は第65回カンヌ国際映画祭ある視点部門に出品され、クィアパーム賞およびある視点部門最優秀女優賞(スザンヌ・クレマン)を獲得した。
  • 永遠の僕たち

    「ミルク」のガス・ヴァン・サント監督が、事故で両親を失った孤独な少年とガンで余命いくばくもない少女の交流を繊細なタッチで綴ったラブストーリー。出演は、個性派俳優デニス・ホッパーの息子で本作が商業映画デビューとなるヘンリー・ホッパーと、「キッズ・オールライト」のミア・ワシコウスカ、「東京オアシス」の加瀬亮。
  • 8 Eight 「丘の上のマンション」

    期限まであと5年に迫った“ミレニアム開発目標(MDGs)”。国連でまとめられた平和と安全や、開発と貧困などに関する国際社会の共通目標でありながら、その達成が危ぶまれる危機的状況に警鐘を鳴らす目的で、ガス・ヴァン・サント、ヴィム・ヴェンダースなど著名な映画監督が8つの目標をモチーフに制作した短編オムニバス。
  • ミルク(2008・アメリカ)

    1970年代の米国で、同性愛者であることを公言して初めて公職に就いたハーヴィー・ミルクの人生を描いたドラマ。ショーン・ペンが「ミスティック・リバー」に続く二度目の主演男優賞を受賞した他、第81回アカデミー賞では8部門ノミネート。監督は「エレファント」でカンヌ映画祭パルムドール受賞のガス・ヴァン・サント。
  • それぞれのシネマ「ファースト・キス」

    『あなたにとって映画館とは』をテーマに、世界の名匠たちが【3分間】で撮ったオムニバスの一遍。カンヌ国際映画祭の60回目の開催を記念し製作された。
  • パラノイドパーク

    ふとした偶然から誤って人を死なせてしまった少年の心の葛藤を描く青春ドラマ。監督・脚本・編集は「エレファント」のガス・ヴァン・サント。出演は、本作が映画初出演となるゲイブ・ネヴァンス、「グリンチ」のテイラー・モンセンほか。「2046」のクリストファー・ドイルが撮影監督として参加している。
  • マラノーチェ

    詩人で作家のウォルト・カーティスの同名小説を映像化。ガス・ヴァン・サントの監督長編処女作。22年の時を経て正式に劇場公開された。後の「ドラッグストア・カウボーイ」「マイ・プライベート・アイダホ」に続くポートランド三部作の第一作目としても知られる。脚本はウォルト・カーティス。
  • パリ、ジュテーム

    全編パリで撮影された、パリの街が主役のラブ・ストーリー。ヌーヴェルヴァーグ全盛の65年、エリック・ロメールやジャン=リュック・ゴダールなど6人の監督がそれぞれの視点でパリを描いた「パリところどころ」の現代版ともいえる、新たなパリ映画。監督にはコーエン兄弟、ガス・ヴァン・サント、アルフォンソ・キュアロン、ウォルター・サレス、イサベル・コイシェ、諏訪敦彦、オリヴィエ・アサヤス、シルヴァン・ショメ、ジェラール・ドパルデューなど、出演者にはナタリー・ポートマン、イライジャ・ウッド、スティーヴ・ブシェミ、ジュリエット・ビノシュ、リュディヴィーヌ・サニエ、ジーナ・ローランズなど。
  • ラストデイズ(2005)

    孤独なロック・スターの最期の2日間を詩的に描いた作品。ロック・バンド“ニルヴァーナ”のフロントマン、故カート・コバーンをモデルにしている。監督・脚本・編集は「エレファント」のガス・ヴァン・サント。撮影も「エレファント」のハリス・サヴィデス。音楽監修はロック・バンド“ソニック・ユース”のサーストン・ムーア。出演は「サラ、いつわりの祈り」のマイケル・ピット、「ブレックファースト・オブ・チャンピオンズ」のルーカス・ハース、「サラ、いつわりの祈り」(監督も)「ランド・オブ・ザ・デッド」のアーシア・アルジェント、“ソニック・ユース”のメンバーであるキム・ゴードン、「マグノリア」のリッキー・ジェイ、「ジュリアン」などの監督として知られるハーモニー・コリンほか。
  • ターネーション

    かつてはモデルとして美しさを誇った母が精神病に苦しむ現状、家を捨てた父、幼い頃に受けた虐待の記憶、ゲイであるセクシャリティ、アメリカの家族のあり方…。31歳の無名の俳優ジョナサン・カウエットが、母と自分の関係に自らカメラを回した自伝ドキュメンタリー。11才の頃から撮りためた膨大なフォト・コレクションや映像を、iMovieでわずか218ドル(約2万円)という超低予算で編集。ジョン・キャメロン・ミッチェルのオーディション用に送ったビデオから、ミッチェルとガス・ヴァン・サントに見出されて完成に至ったという逸話を持つ。
  • GERRY ジェリー

    荒涼とした砂漠の中でさまよい、極限に追い込まれていく2人の青年の姿を淡々と追った異色のドラマ。監督は「エレファント」のガス・ヴァン・サント。出演は、「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」「誘う女」でそれぞれでヴァン・サントと組んだマット・デイモンとケイシー・アフレック。二人は監督とともに脚本・編集にも参加した。
  • エレファント

    無差別殺人事件が勃発する高校の一日をドキュメンタルに描いた青春群像劇。1999年に起こったコロンバイン高校銃乱射事件がモデルになっている。監督・脚本・編集は「小説家を見つけたら」のガス・ヴァン・サント。製作総指揮は「電話で抱きしめて」などの女優・監督としても知られるダイアン・キートンほか。撮影は「小説家を見つけたら」のハリス・サヴィデス。出演は本作で大きく注目されたジョン・ロビンソンを始め、高校生役はオーディションで選ばれた素人で、ほか「レイク・フィアー」のティモシー・ボトムズなど。2003年カンヌ国際映画祭パルムドール、監督賞を受賞。
  • ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲

    まぬけな青年2人組の珍道中を、数々のパロディを交え描くコメディ。監督・脚本・編集・出演は「ドグマ」のケヴィン・スミス。製作・編集・美術はスミス作品の常連であるスコット・モージー。撮影は「ギフト」のジェイミー・アンダーソン。共演は「スクリーム3」のジェイソン・ミューズ、「トータル・フィアーズ」のベン・アフレック、「オーシャンズ11」のマット・デイモン、「13ゴースト」のシャノン・エリザベス、「容疑者」のエリザ・ドゥシュク、「キューティ・ブロンド」のアリ・ラーター、スミス監督の妻であるジェニファー・シュバルバック・スミス、「アメリカン・サマーストーリー」のショーン・ウィリアム・スコット、「スター・ウォーズ」シリーズのマーク・ハミル、「スクリーム3」のキャリー・フィッシャー、「バニラ・スカイ」のジェイソン・リー、「ベティ・サイズモア」のクリス・ロック、「アメリカン・サマーストーリー」のジェイソン・ビッグスほか。
  • 小説家を見つけたら

    秀才高校生と伝説の小説家の交流を描いた感動作。監督は「サイコ」のガス・ヴァン・サント。製作は「地上より何処かで」のローレンス・マークほか。脚本はマイク・リッチ。撮影は「天井桟敷のみだらな人々」のハリス・サヴィデス。衣裳は「リプリー」のアン・ロス。出演は「エントラップメント」のショーン・コネリー(製作も)、映画初出演のロブ・ブラウン、「スター・トレック 叛乱」のF・マーリー・エイブラハム、「X|メン」のアンナ・パキン、「シャフト」のバスタ・ライムスほか。
  • サイコ(1998)

    謎めいた青年の狂気の犯罪を描いた、アルフレッド・ヒッチコック監督によるサスペンスの古典「サイコ」(60年)のリメイク。監督は「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」のガス・ヴァン・サント。脚本にはオリジナル同様、ロバート・ブロックの同名作を原作に、ジョゼフ・ステファーノが再登板。製作はガス・ヴァン・サントと「身代金」のブライアン・グレイザー。製作総指揮はダニー・ウルフ。撮影は「孔雀 KUJAKU」(監督も)のクリストファー・ドイル。音楽はバーナード・ハーマンのオリジナルをべースに、「グッド・ウィル・ハンティング」のダニー・エルフマンが音楽プロデューサーと編曲を担当(スティーヴ・バーテクと共同)。美術はトム・フォデン。編集はエイミー・ダドルストン。衣裳はビアトリクス・アルテ・パスター。出演は「ムーンライト・ドライブ」のヴィンス・ヴォーン、「6デイズ7ナイツ」のアン・ヘッシュ、「ダイヤルM」のヴィーゴ・モーテンセン、「Safe」のジュリアン・ムーア、「ブギーナイツ」のウィリアム・H・メイシーほか。
  • グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち

    心を閉ざした天才青年が、似た境遇の心理学者との交流を通じて成長していく姿を、繊細なタッチで綴ったヒューマン・ドラマ。自身もハーヴァード大学中退というエリートでもある「戦火の勇気」のマット・デイモン(70年生)と、彼とベン・アフレック(「青春の輝き」で共演)のふたりの新進俳優の共作によるオリジナル脚本を、デイモン自身の主演、アフレックの助演、「誘う女」のガス・ヴァン・サントの監督で映画化。製作は「パルプ・フィクション」のローレンス・ベンダー。製作総指揮は「シーズ・ソー・ラヴリー」のボブとハーヴェイのワインスタイン兄弟に、ジョナサン・ゴードン、スー・アームストロングの共同。撮影はレオス・カラックス作品でも知られる「ザ・クロウ」のジャン=イヴ・エスコフィエ。音楽は「マーズ・アタック!」のダニー・エルフマンがスコアを担当し、音楽監修にはジェフリー・キンボールがあたった。美術はミッシィ・スチュワート。編集はピエトロ・スカリア。衣裳はベアトリス・アルーナ。共演は「ジャック」のロビン・ウィリアムス、「スリーパーズ」のミニー・ドライヴァー、「アミスタッド」のステラン・スカルスゲールドほか。97度年ゴールデングローブ賞脚本賞受賞、アカデミーオリジナル脚本賞賞、助演男優賞(ウィリアムス)受賞。98年キネマ旬報ベスト・テン第7位
  • KIDS(1995)

    セックスとドラッグ、アルコールと暴力が日常となったNYのストリート・キッズの生態を、ドキュメンタリー・タッチで赤裸々に描いた異色の青春映画。監督は『タルサ』(71)、『ティーンエイジ・ラスト』(83)の2冊の作品集で話題となった写真家ラリー・クラークで彼の初監督作品。脚本は、スケートボーダーだった高校生の時にクラークと知り合い、19歳で初のシナリオである本作を執筆したハーモニー・コリン、製作はケイリー・ウッズ。エグゼクティヴ・プロデューサーは、『タルサ』に影響された映画「ドラッグストア・カウボーイ」を監督したガス・ヴァン・サント、パトリック・パンザレッラ、マイケル・チャンバース。撮影は、「マイ・プライベート・アイダホ」などヴァン・サント組の常連エリック・アラン・エドワーズ、美術はケヴィン・トンプソン、編集はクリストファー・テレフセン。音楽はルー・バーロウとション・デイヴィスがスコアを書き、ランダル・ポスターの監修の下、フォーク・インプロージョン、ダニエル・ジョンストンなどが挿入曲を提供。主演は全員素人の少年少女ばかりで、ヒロインを演じたクロエ・セヴィニーは本作以降、人気ブランド〈ミュウミュウ〉のイメージガールも務め、ストリート・キッズのアイドルとしてその言動が注目される存在とまでなった。
  • 誘う女(1995・アメリカ)

    TVで有名になるという野望に向かって突き進み、ついには夫を亡き者にした悪女の姿を通して、マス・メディアの危険なパワーを痛烈に諷刺したブラック・コメディ風のサスペンス。ヒロインはもとより様々な関係者たちによる証言で物語を再構成する語り口も斬新。90年5月に起こった、22歳の女性教師が15歳の少年をそそのかして夫を殺害させた事件に材を取った、女性作家ジョイス・メナードの長編小説『誘惑』を、俳優のかたわら「卒業」や「天国から来たチャンピオン」の脚本を手掛けたバック・ヘンリーが脚色。監督には「ドラッグストア・カウボーイ」「マイ・プライベート・アイダホ」「カウガール・ブルース」のガス・ヴァン・サントが当たった。製作は「靴をなくした天使」のローラ・ジスキン、エグゼクティヴ・プロデューサーはジョナサン・タプランとジョセフ・M・カラチオロ。撮影のエリック・アラン・エドワーズ、美術のミッシー・スチュワート、編集のカーティス・クレイトンはサント組の常連。音楽は「バットマン(1989)」「黙秘」のダニー・エルフマンが担当。主演は、ヒロインさながらの売り込みの末に役を獲得したという「バットマン・フォーエヴァー」のニコール・キッドマンで、彼女の美貌と熱演ぶりが見もの。共演は「フランキー・スターライト 世界でいちばん素敵な恋」のマット・ディロン、故リヴァー・フェニックスの弟で「バックマン家の人々」のフォアキン・フェニックス、「サーチ&デストロイ」のイレーナ・ダグラス、本作でデビューしたアリソン・フォランド、「M(エム)バタフライ」の監督であるデイヴィッド・クローネンバーグほか。
  • カウガール・ブルース

    巨大な親指を持った一人の女が既存の社会に捕らわれず、奔放な旅をするロード・ムービー。1976年にアメリカで出版され、カウンター・カルチャーの代表作として多くの賞賛を得たトム・ロビンスの同名小説を映画化したもの。監督は「ドラッグストア・カウボーイ」「マイ・プライベート・アイダホ」のガス・ヴァン・サント。製作は「ダウン・バイ・ロー」やガス・ヴァン・サントの前述の二作品を手がけているローリー・パーカー。撮影のジョン・キャンベルとエリック・アラン・エドワーズ、編集のカーティス・クレイトン、衣装のベアトリス・アルナ・パスツォールらもガス・ヴァン・サントの作品の常連。音楽を担当しているのは3回のグラミー受賞歴のあるカナダ出身のシンガーソングライター、K・D・ラング。出演は、主役に「ヘンリー&ジューン 私が愛した男と女」「恋に落ちたら」のユマ・サーマン、そして故リヴァー・フェニックスの妹レイン・フェニックス、「エレファント・マン」のイギリスの名優ジョン・ハート、「ベスト・キッド」のノリユキ・パット・モリタ、「ドラキュラ(1992)」「リトル・ブッダ」のキアヌ・リーヴス、「グッドフェローズ」のロレイン・ブラッコ、「リオ・ブラボー」のアンジー・ディッキンソンなど。
  • マイ・プライベート・アイダホ

    男娼として身を売りながら生きるストリート・キッズたちの挫折と成長を描く青春ドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサー、監督・脚本は「ドラッグストア・カウボーイ」のガス・ヴァン・サント、製作はローリー・パーカー、撮影はエリック・アラン・エドワーズ、ジョン・キャンベルが担当。出演はリバー・フェニックス、キアヌ・リーブス、ウィリアム・リチャートほか。
  • ドラッグストア・カウボーイ

    70年代のオレゴン州を舞台に、麻薬に溺れドラッグストアを襲うことを繰り返す若者たちの明日なき日常を描くドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサーはキャリー・ブロカウ、製作はニック・ウェシュラーとカレン・マーフィー、監督は自主映画出身でこれが35ミリデビューのガス・ヴァン・サント、脚本はジェームズ・フォーグルの自伝的小説を基にサントとダン・ヨストの共同、撮影はロバート・ヨーマン、音楽はエリオット・ゴールデンサルが担当。出演はマット・ディロン、ケリー・リンチ、特別出演のウィリアム・S・バロウズほか。
  • バージニア その町の秘密

    静かな暮らしを望む親子が残酷な運命に追い詰められていくサスペンス。妊娠したシングルマザー・バージニアは、不倫相手のディックに冷たく突き放される。一方、息子のエメットはディックの娘・ジェシーと恋に落ち、駆け落ちを決心するが…。
  • スピードウェイ・ジャンキー

    家出少年ジョニーは、プロレーサーになるため自分の人生を賭けてノースカロライナへと旅立つ。旅の途中で様々な人と出会いながら、彼の目指す夢と現実とのギャップに悩み始め、ついにある事件に直面してしまう。彼は夢を追い続けることができるのか。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:ガス・ヴァン・サント/メナハム・ゴーラン/ヨーラン・グローバース 監督・脚本:ニコラス・ペリー 出演:ダリル・ハンナ/パッツィ・ケンジット/ジョナサン・テイラー・トーマス/ジョーダン・ブロアー