ルチアーノ・パヴァロティ ルチアーノパヴァロティ

  • 生年月日:1935/10/12
  • 没年月日:2007/09/06

略歴 / Brief history

1935年 10月12日 イタリア、モデナに生まれる父はパン屋でアマチュア歌手、母はタバコ工場に勤めていた。後の名ソプラノ、ミレッラ・フレーニと同じ保育園に通う。1947年 モデナで伝説的テノール歌手ジーリのリサイタルを聞き、声楽家を志す1951年 モデナのサッカー・チーム「レパント」に加入。その後モデナの師範学校に学び、2年間だけ教壇に立つ1954年 有名な声楽教師のアリゴ・ポーラに師事、本格的な声楽の勉強が始まる1957年 マントヴァでエットレ・カンポガリアーニに師事。そこで旧友のフレーニに再会する。1961年 レッジョ・エミリア国際コンクールで優勝。4月28日 同地のテアトル・ムニチパーレで《ラ・ボエーム》のロドルフォでデビューを飾る。指揮はモリナーリ=プラデルリだった。9月30日 アウダ・ヴェローナと結婚。1962年 長女のロレンツァが生まれる1963年 アムステルダムの歌劇場で《ランメルモールのルチア》のエドガルドを歌い、国外デビュー。ウィーン国立歌劇場、《ボエーム》のロドルフォでロンドンのコヴェント・ガーデンにデビュー(ステファノの代役だった)。(本格的なメジャー・オペラ・ハウス・デビュー。2013年で50年)バルセロナで《蝶々夫人》のピンカートン。1964年 グラインドボーン歌劇場で《イドメネオ》のイダマンテ。DECCAと録音契約(2014年で50年)1965年 マイアミで《ランメルモールのルチア》のエドガルドを歌い、アメリカ・デビュー。《リゴレット》のマントヴァ公爵でミラノ・スカラ座デビュー。1966年 初のオペラ全曲録音《テンダのベアトリーチェ》。1967年 ミラノ・スカラ座のトスカニーニ生誕100年記念コンサートで、カラヤン指揮のもとヴェルディのレクイエムを歌い、一躍世界の注目を集める。《ラ・ボエーム》のロドルフォでサンフランシスコ歌劇場にデビュー。DECCAと専属契約を結ぶ。1968年 《ラ・ボエーム》のロドルフォでメトロポリタン歌劇場(以降MET)にデビュー、世界の3大歌劇場でのデビューを33歳で達成。次いで同劇場で《連隊の娘》にも登場。1971年 NHKが招いたイタリア歌劇団の一員として初の来日。《リゴレット》の公爵を歌い、聴衆の一人が感激のあまり舞台に上がり、彼に抱きつくというハプニングもあり、大きな評判を呼ぶ。1974年 《ラ・ボエーム》のロドルフォでパリ・オペラ座デビュー。1975年 METの一員として来日、《ラ・ボエーム》のロドルフォを披露。1977年 単身来日、リサイタルとオペラ・アリア・コンサート。以降、もはやオペラ歌手という領域を超えたスーパースターとして世界中で活躍。1981年 METで初めてドラマティックな役柄の《アイーダ》のラダメスを歌う。1982年 パヴァロッティ主演の映画《イエス・ジョルジョ》が制作、公開される。(日本未公開)1985年 スカラ座10年ぶりの《アイーダ》公演でラダメスを歌う。1986年 デビュー25周年を盛大に祝う。中国ツアーを行う。1989年 この頃からアリーナ・コンサートが始まる。12年ぶりに来日。東京ドームと大阪城ホールで公演を行う。1990年 7月7日 ローマのカラカラ浴場で、ドミンゴ、カレーラスとともに《3大テノール/世界の競演》に参加。これはCD/映像で発売される。ベスト・アルバム《Essential Pavarottli》がイギリス・ポップ・アルバム・チャートの第1位に輝く。1991年 7月30日 ロンドン、ハイドパークにて15万人以上を集客、コンサートを行う。1992年 メトロポリタン歌劇場との初のレコーディング《マノン・レスコー》を行う。9月 モデナにて「パヴァロッティ&フレンズ」。スティング、スザンヌ・ヴェガ、ネヴィル・ブラザーズ、ズッケロ等ポップ/ロック系のアーティストと共にチャリティ・ライヴ。1993年 1月 横浜アリーナにてコンサート。6月26日 NYセントラル・パークで50万人以上を集客、100万人の世界中の人々がテレビ観賞。1994年 3大テノール、ロサンゼルス公演(ドジャーズ・スタジアム)。9月13日 「パヴァロッティ&フレンズ」ブライアン・アダムスと共演。1995年 5月8日 ロンドンでチャリティー・ガラ・コンサート。9月12日 「パヴァロッティ&フレンズ」ボスニアの子供たちのために、U2ボノ、クランベリーズのドロレス、マイケル・ボルトン等。1996年 「パヴァロッティ&フレンズ」戦争で傷ついた子供たちのために、エリック・クラプトン。3大テノール、6月29日の東京公演(国立競技場)を皮切りに世界ツアー。¥75,000の高額チケットが話題に。1998年 「パヴァロッティ&フレンズ」リベリアの子供たちのために、ボン・ジョヴィ。7月10日 パリのシャン・ド・マルス広場で3度目の3大テノール・コンサートが行われる。1999年 「パヴァロッティ&フレンズ」グアテマラとコソボの子供たちへ、マライア・キャリー。2000年 「パヴァロッティ&フレンズ」カンボジアとチベットの子供たちへ、F.イグレシアス。2002年 3大テノール 横浜アリーナ公演。これが最後の3大テノール公演に。2004年 3月 MET公演を機にオペラ上演から引退。引退ワールド・ツアーを東京から開始。以降中央アメリカ、南アメリカ、USA、スペイン、フランス、ギリシャ、キプロス、クロアチア、中国、ロシア、チェコ、南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランドにて引退公演。2005年 12月 台北でのコンサートを行う。これが最後のコンサートとなる。故郷モデナに、声楽アカデミーを設立し、亡くなる数週間前まで直接指導を行う。2006年 2月 イタリア、トリノ冬季オリンピック開会式で《誰も寝てはならぬ》を歌う。これが最後の演奏となる。2007年 9月6日 膵臓がんのため死去。

ルチアーノ・パヴァロティの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿

    240年に及ぶ歴史を誇り、イタリア・オペラの代名詞的存在として輝き続けるミラノ・スカラ座の全貌を紐解くドキュメンタリー。歴史的建造物としての側面からルキノ・ヴィスコンティら著名人たちとの結びつきまで、“芸術の殿堂”のすべてが明らかになる。「グレート・ビューティー/追憶のローマ」の撮影監督ルカ・ビガッツィが撮影を担当している。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/24

ジェニファー・ロペス(1969)

ハスラーズ

ニューヨーク・マガジンに掲載された記事を原案に、ウォール街を震撼させた驚愕の実話を映画化。ストリップクラブで働くデスティニーとラモーナは、リーマン・ショックの影響で客の入りが激減するなか、薬物を入れた酒を客に飲ませて大金を奪う計画を企てる。出演は、「クレイジー・リッチ!」のコンスタンス・ウー、「PARKER パーカー」のジェニファー・ロペス、「ボーン」シリーズのジュリア・スタイルズ。監督は「エンド・オブ・ザ・ワールド」のローリーン・スカファリア。

PARKER パーカー

ドナルド・E・ウェストレイクの小説『悪党パーカー』の映画化。強盗の復讐劇を描く犯罪アクション。出演は「トランスポーター」のジェイソン・ステイサム、「メイド・イン・マンハッタン」のジェニファー・ロペス。監督は「Ray/レイ」のテイラー・ハックフォード。脚本は「ブラック・スワン」のジョン・マクラフリン。
ガス・ヴァン・サント(1952)

ドント・ウォーリー

ガス・ヴァン・サント監督が風刺漫画家ジョン・キャラハンの半生を映画化。酒浸りのジョンは自動車事故により胸より下が麻痺し車いす生活を余儀なくされる。ますます酒に溺れ荒れる彼だったが、やがて持ち前の辛辣なユーモアを活かして風刺漫画を描き始める。俳優ロビン・ウィリアムズがジョン・キャラハンの自伝『Don't Worry He Won't Get Far on Foot: The Autobiography of Dangerous Man』の映画化権を得ており、当初からガス・ヴァン・サントを監督にと相談を持ち掛けていた。不屈のジョン・キャラハンを「ビューティフル・デイ」のホアキン・フェニックスが演じる。

追憶の森

富士山麓に広がる青木ヶ原樹海を舞台に、ガス・ヴァン・サント監督が豪華スターを迎え紡いだミステリードラマ。死に場所を求めて樹海に入ったアメリカ人男性が、瀕死の男性を助けようと出口を探しさまよう中で、人生を見つめ直していく。絶望の淵に立つアメリカ人男性を「インターステラー」のマシュー・マコノヒーが、妻子の元に戻ろうとする男性を「硫黄島からの手紙」の渡辺謙が、アメリカ人男性の妻を「インポッシブル」のナオミ・ワッツが演じる。第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。

NEW今日命日の映画人 7/24

イーゴリ・タランキン(2010)

セルギー神父

監督作「戦争と平和」で米アカデミー賞最優秀外国語映画賞を獲得、俳優としても活躍したセルゲイ・ボンダルチュクが主演したトルストイ原作の人間ドラマ。婚約者の裏切りを知った近衛士官スチェパン・カサツキーは修道僧になるが、女性地主に誘惑され……。監督は「チャイコフスキー」のイーゴリ・タランキン。2008年、トルストイ生誕180周年記念ロシア名画フェスティバルにて上映(上映タイトル「司祭セルギー(神父セルギー)」)。2020年9月18日より開催のセルゲイ・ボンダルチュク生誕100周年記念特集にて2Kデジタル版が劇場上映される。

チャイコフスキー

ロシアの大地が生んだ偉大な作曲家チャイコフスキーの愛と苦悩を掘りさげる感動の人間ドラマであり、ソビエトのベストメンバーをよりすぐった名演奏による不滅のメロディが奏でられる音楽映画。総指揮・音楽監督を「ハイヌーン」「アラモ」「OK牧場の決闘」のメロディで名高いディミトリ・ティオムキン、監督・脚本はイーゴリ・タランキン、撮影はおそく世界にただ一人の女性撮影監督であろう、マルガリータ・ピリーヒナ、ほかに来日したボリショイ・オペラ、ボリショイ・バレエのメンバー、レニングラード管弦楽団、ボリショイ劇場管弦楽団、至宝ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー等々ソビエト音楽界のベストメンバーが演奏・出演している。出演は「ハムレット(1964)」のインノケンティ・スモクトゥノフスキー、「戦争と平和」のアントニーナ・シュラーノワ、世界バレエ界のプリマ・バレリーナのマイヤ・プリセツカヤ、「戦争と平和」のウラジスラフ・ストルジェリチクなど。カラー、七〇ミリ。