テッド・マッコード

テッド・マッコードの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • サウンド・オブ・ミュージック製作50周年記念吹替版

    「ウエスト・サイド物語」のロバート・ワイズが製作・監督し、「メリー・ポピンズ」のジュリー・アンドリュースが主演したミュージカル映画の製作50周年を記念して新たに収録された日本語吹替版。声の出演は、舞台『ラブ・ネバー・ダイ』の平原綾香、「時をかける少女」の石丸幹二、アニメ『けいおん!』の日笠陽子。
    80
  • 素晴らしき男

    原作者エリオット・ベーカー自身の手による脚本を、アーヴィン・カーシュナーが監督したコメディー。撮影は「エデンの東」のテッド・マッコード、音楽は「引き裂かれたカーテン」のジョン・アディソンが担当。出演は「007シリーズ」のショーン・コネリー、ジョアン・ウッドワード、ジーン・セバーグ、パトリック・オニールほか。製作はジェローム・ヘルマン。
  • サウンド・オブ・ミュージック

    リチャード・ロジャース、オスカー・ハマースタイン2世の原作を、「王様と私」のアーネスト・リーマン」が脚色、「ウエスト・サイド物語」のロバート・ワイズが製作・監督したミュージカル映画。撮影は「エデンの東」のテッド・マッコード、音楽はリチャード・ロジャースの作曲を、アーウイン・コスタルが編曲、主題歌をふくむ10曲が紹介される。出演は舞台出身のジュリー・アンドリュース、「ローマ帝国の滅亡」のクリストファー・プラマー、「青春の旅情」のエレノア・パーカー、「砂漠の女王」のペギー・ウッド、マーニ・ニクソンほか。
    80
  • 南海ピンク作戦

    第二次大戦中のアメリカ海兵隊員の生活を喜劇的に描いたロマンチック・コメディ。ウィリアム・ランキンの舞台劇をエドウィン・ブラムが脚色し、監督に当たったのはアーサー・ルービン。撮影にはテッド・マッコードが当たり、音楽はデビッド・バトルフ。出演するのは「エルマー・ガントリー 魅せられた男」のバート・ランカスター、TV映画『ライフルマン』のチャック・コナーズの他バージニア・メイヨ、アーサー・シールズ、バリー・ケリー、ポール・バーク、ビオラ・ボン、ウィリアム・オーリアリーなど。製作はサム・ビスコフ。
  • 誇り高き反逆者

    南北戦争直後の北部アビデンを舞台に不具の子供を持った父の父性愛を描いたドラマ。ジェームズ・エドワード・グラントの原作を、ジョセフ・ペトラッカとリリー・ヘイワードが共同で脚色、「決断」のマイケル・カーティズが監督した。撮影は「エデンの東」のテッド・マッコード、音楽は「大いなる西部」のジェローム・モロスが担当。出演は「悪人の土地」のアラン・ラッド、「恋は巴里で」のオリヴィア・デ・ハヴィランド、他にラッドの実子デイヴィッド・ラッド、ディーン・ジャガー、セシル・ケラウェイら。製作サミュエル・ゴールドウィン・ジュニア。
  • 戦場の誓い

    「サンセット大通り」のコンビ、ウィリアム・ホールデンとナンシー・オルソンを主演に、「追憶(1957)」のマイケル・カーティズが監督した戦争映画。リチャード・トレガスキスの原作をオリン・ヤニングスが脚色し、撮影は「縛り首の木」のテッド・マッコード。音楽マックス・スタイナー。他に出演するのはフランク・ラヴジョイ、ジーン・エヴァンスら。製作アンソニー・ヴェイラー。
  • 縛り首の木

    「西部の人」のゲイリー・クーパーと「女の一生」のマリア・シェルが顔をあわせて共演する西部劇。監督は「カウボーイ」のデルマー・デイヴス。ドロシー・M・ジョンソンの原作を「追撃機」のウェンデル・メイスと、ハルステッド・ウェルズが共同脚色し撮影は「追憶(1957)」のテッド・マッコード。音楽はマックス・スタイナー。他に出演するのは「B52爆撃隊」のカール・マルデン、ジョージ・C・スコット、新人ベン・ピアザ、カール・スウェンソン等。製作マーティン・ジュローとリチャード・シェファード。テクニカラー、スタンダードサイズ。1959年作品。
  • 追憶(1957)

    哀調のトーチ・ソングをもって往年ブロードウェイの女王といわれたへレン・モーガンの伝記映画。「俺達は天使じゃない(1955)」のマイケル・カーティズが監督。脚本はオスカー・ソウル、ディーン・リーズナー、ステフィン・ロングスリトート、ネルソン・ギディングの4人による書下ろし。撮影監督は「果てしなき決斗」のテッド・マッコード。音楽はF・J・シェードとD・トーマスが担当。ミュージカル場面を「サヨナラ」のルロイ・ブランツが受け持った。主演はヘレンに「真昼の暴動」のアン・ブライスと「傷だらけの栄光」のタフガイ、ポール・ニューマン。リチャード・カールソン、ジーン・エヴァンス、アラン・キング等が助演する。製作は脚本家あがりの「大荒原」のマーティン・ラッキン。
  • 果てしなき決斗

    「ホンドー」の原作者ルイス・ラムーアの小説から「限りなき追跡」のアーヴィング・ウォーレスが脚色し「西部の王者 ローン・レンジャー」のスチュアート・ハイスラーが監督した西部劇。撮影は「マッコーネル物語」のテッド・マッコード、音楽は「俺が犯人だ!(1955)」のデイヴィッド・バトルフが担当した。主演は「愛欲と戦場」のタブ・ハンター、「捜索者」のナタリー・ウッド。他に「10人のならず者」のスキップ・ホメイヤー、「禁断の惑星」のアール・ホリマンなど。監督兼業のリチャード・ホーフ製作。
  • 俺が犯人だ!(1955)

    アメリカの屋根ウイトネー山脈のローン・パイン附近を背景にした映画で、製作は「タルファ駐屯兵」のウィリス・ゴールドベック。原作は「アスファルト・ジャングル」のW・R・バーネット。監督「ダラス」のスチュアート・ハイスラー、撮影監督は「エデンの東」のテッド・マッコード、美術は「トロイのヘレン」のエドワード・カーリア、音楽は「謎のモルグ街」のデイヴィッド・バトルフ、主演は「異教徒の旗印」のジャック・パランス、「黄金の銃座」のシェリー・ウインタース、「海底の黄金」のロリー・ネルソン。助演は「恐怖の土曜日」のリー・マーヴィン、「荒野の貴婦人」のゴンザレス=ゴンザレス、「見知らぬ人でなく」のロン・チャニー。
  • エデンの東(1955)

    旧約聖書に取材したジョン・スタインベックの長篇小説の映画化で、第一次世界大戦参戦前後のアメリカ、北加州の農村を舞台に展開される青春ドラマ。シネマスコープ色彩版1955年作品で、「波止場」に次いでエリア・カザンが監督に当たっている。脚色は「ジェニーの肖像」「帰郷(1948)」のポール・オスボーン、撮影は「勇魂よ永遠に」のテッド・マッコード、音楽はレナード・ローゼンマンの担当。主演はカザン発掘の新人ジェームズ・ディーン、舞台俳優のジュリー・ハリス、リチャード・ダヴァロスの3人で、レイモンド・マッシー「愛欲の十字路」、バール・アイヴス「シエラ」、ジョー・ヴァン・フリート、アルバート・デッカーらが助演する。
    90
  • 語らざる男

    「8人の男を殺した女」のヘンリー・ブランクが1952年に製作した戦時活劇。アルヴィン・ジョゼフィと「銃の後に立つ男」のジョン・ツウィストの原作より「フェザー河の襲撃」のジェイムス・R・ウェッブとハロルド・メドフォードが脚色、「男性都市」のルイス・サイラーが監督した。撮影は「勇魂よ永遠に」のテッド・マッコード、音楽は「第2の機会」のロイ・ウェッブ。「西部の2国旗」のコーネル・ワイルド、「私は告白する」のカール・マルデン、「白熱(1949)」のスティーヴ・コクランをめぐって「スプリングフィールド銃」のフィリス・サクスター、ポール・ピサーニ、レスター・マシューズなどが出演する。
  • 勇魂よ永遠に

    「バラントレイ卿」のエロール・フリンが主演する南北戦争活劇で、「二人でお茶を」のウィリアム・ジャコブス製作になる1951年作品。アラン・ルメイ(「海賊黒ひげ」)の原作より、原作者とウィンストン・ミラー(「大城塞」)が共同脚色し、「バラントレイ卿」のウィリアム・ケイリーが監督した。撮影監督は「破局」のテッド・マッコード、音楽は「離愁」のマクス・スタイナーである。フリンの相手役は「銃の後に立つ男」のパトリス・ワイモアで、「追いはぎ」のスコット・フォーブス、「曠野の追撃」のグィン・ウィリアムズ、「ヴァジニアの血闘」のディック・ジョーンズ、「バグダッドの黄金」のハワード・ペトリーなどが助演する。
  • 北大西洋

    「ママは大学一年生」のロイド・ベーコンが監督した1942年作品。ガイ・ギルパトリックの原作を「サハラ戦車隊」のジョン・ハワード・ロウスンが脚色し、撮影には「情熱の狂想曲」のテッド・マッコード、作曲には「大雷雨」のアドルフ・ドイッチェが当る。主演は「渡洋爆撃隊」のハムフリイ・ボガート、「摩天楼」のレイモンド・マッシーで、故アラン・ヘール、ジュリー・ビショップ(「婿探し千万ドル」)、ルース・ゴードン(「二重生活」の脚色)、サム・レヴィーン、デーン・クラークらが助演する。
  • 破局

    アーネスト・ヘミングウェイの小説「持てるものと持たざるもの」の第2回映画化(第1回は「脱出(1944)」)で、ジェリー・ウォルド「情熱の狂想曲」製作の1950年作品。「失われた心」のラナルド・マクドゥガルが脚色し、監督のマイケル・カーティズ、撮影のテッド・マッコード、音楽のレイ・ハインドーフはすべて「情熱の狂想曲」と同様である。主演は「さすらいの涯」のジョン・ガーフィールド、「摩天楼」のパトリシア・ニールに「暴力行為」のフィリス・サクスター。以下、「情熱の狂想曲」のファノ・ヘルナンデス、「罠(1949)」のウォーレンス・フォード、エドモンド・ライアン、ガイ・トマジャンらが助演。
  • 情熱の狂想曲

    夭折したジャズメン、ビックス・バイダーベックの生涯にヒントを得たドロシー・ベーカーの同名小説の映画化(1949年)で、製作はジェリー・ウォルド「テレヴィジョンの王様」。監督にはマイケル・カーティズ「夜も昼も」が当たる。脚色は「チャンピオン」のカール・フォアマンとエドモンド・H・ノースの共同で、撮影はテッド・マッコード「黄金(1948)」、音楽監督はレイ・ハインドーフ「テレヴィジョンの王様」が担当、主演は「三人の妻への手紙」のカーク・ダグラス、「潜行者」のローレン・バコール、それに人気歌手ドリス・デイで、ホギー・カーマイケル「我等の生涯の最良の年」、ファノ・ヘルナンデス、ジェローム・コウアンらが助演する。尚トランペットの演奏はハリー・ジェームズが蔭で入れている。
  • 嘘クラブの女王

    「ヴィナスの接吻」の脚色者ハリ-・カーニッツが製作した1949年度作品で、ジェリー・グラスキンの原作から「姫君と海賊」のエヴェレット・フリーマンが脚色、「夜も昼も」のマイケル・カーティズが監督、「黄金(1948)」のテッド・マッコードとマックス・スタイナーがそれぞれ撮影と音楽を担当している。「ジョニー・ベリンダ」のジェーン・ワイマンと「虚栄の花」のデニス・モーガンをめぐって、「夜も昼も」のイヴ・アーデン、「摩天楼」のロバート・ダグラス、アリン・ジョスリン、トム・タリー、リナ・ロメイらが共演する。
  • 黄金(1948)

    「脱出(1944)」「カサブランカ」のハンフリー・ボガートが主演する映画で、B・トレイヴン作の小説を「偉人エーリッヒ」「ファス」のジョン・ヒューストンが脚色し、ヒューストン自ら「マルタの鷹(1941)」「シエラの高嶺」等についで監督したもの。ボガードを助けて「悪魔の金」「我が心の歌(1942)」のウォルター・ヒューストン「駅馬車(1939)」「荒野の決闘」のティム・ホルト「ミルドレッド・ビアーズ」のブルース・ベネット、「ブルースを唄う女」のバートン・マクレーンらが出演している。撮影は西部劇を多く手がけて外景撮影に優れているテッド・マッコードが指揮し、音楽は「栄光の都」「愛の勝利(1939)」のマックス・スタイナーが作曲している。
    90
  • アリゾナ・ギャング

    「テキサスの若武者」に次ぐジョン・ウェイン主演映画で、「馬上の雄姿」を始め多くのケン・メイナード主演西部劇を書いたマリオン・ジャクソンが書き下ろした原作にカート・ケンプラーが台詞をつけて撮影台本を作製し、新人テニー・ライトが処女監督し、「テキサスの若武者」のテッド・マッコードが撮影に当たったもの。助演者は「強力犯」「千万長者」のノア・ビアリー、「母」「ルンペン紳士」のメイ・マディスン、ルイ・アルバーニ、バートン・チャーチル、ポール・ハースト等である。
  • おお母よ

    エドナ・ファーバー女史作の小説をアデレイド・ヘイルブロン女史が脚色し、「盲目の妻」「跫音」等と同じくチャールズ・ブレイビン氏が監督したもので、主役は「踊り子サリー」「青春に浴して」等出演のコリーン・ムーア嬢が演じ、「栄冠は吾れに」等出演のベン・ライオン氏、「男子起たば」等出演のジョン・ボワーズ氏、「紅百合」等出演のウォーレス・ビアリー氏を始め、ローズメリー・セベー嬢、フォード・スターリング氏、ジーン・ハーショルト氏等が助演し、その他端役もすべて名ある俳優連が勤めている。
  • 大北の掟

    「任侠の勇士」「高原の騎士」に次ぐケン・メイナード氏主演西部劇で、ベネット・コーエン氏が書卸した台本によつて、メイナード作品「曲馬王」「蕃地征服」をものしたハリー・J・ブラウン氏が監督したもの。相手役は「岡惚れハリー」「女権拡張」出演のグラディス・マッコネル嬢が勤め、J・P・マッゴワン氏、エド・ブラディー氏、ドット・ファーレイ嬢、ジョセフ・ジラード氏等が助演し、ターザン號が活躍していること例の通り。
  • 馬上の勇姿

    「高原の凱歌」「西部鉄拳隊」と同じくケン・メイナード氏主演西部劇で、おなじスタッフ即ちメリナン・ジャックソン女史原作、ハリー・ジェー・ブラウン氏監督、テッド。マッコード氏撮影、で制作されたものである。助演者は「デニーのナポレオン」「夕日の峠」等のノラ、レーン嬢「山猫ならし」のジェームズ・ファーレー氏、「空中カウボーイ」のハリー・トッド氏、「人生の乞食」のブルー・ウォシントン氏、「コサック(1928)」のポール・ハースト氏等で、メイナード氏の愛馬ターザンが例によって活躍している。
  • 砂漠の怪盗

    「鉄腕ジョーンズ」と同じくバック・ジョーンズが主演する西部劇で、「荒馬スモーキィ」の脚色者スチュアート・アンソニーが原作脚色し、「断崖の砲火」のルイ・キングが監督し、「南方の騎士」のテッド・マッコードが撮影している。助演者は「蛇魂」のバーバラ・ベッドフォード、ダグラス・ギルモア等である。
  • 怒号する天地(1932)

    「米国撃滅艦隊」と同じくアルバート・S・ロージェルが監督し、ビル・ボイドとジンジャー・ロジャースが共演する映画で「惨劇の波止場」のマリオン・ジャクスンとドン・ライアンが共同執筆した原作を「空中大曲芸団」「陽気な後家さん」のジェームズ・シーモアが脚色し、「討伐隊」「アリゾナ・ギャング」のテッド・マッコードが撮影した。助演者は「白馬王国」「テキサス無頼漢」のフレッド・コーラー、「ミラクルマン(1932)」「大飛行船」のホバート・ボスウォース、「希望の星」「マデロンの悲劇」のマリー・プレヴォー、「ハア・マン」「アイスクリーム艦隊」のハリー・スウィート、チャールズ・セロン、エドガー・ケネディ等である。
  • 幌馬車時代

    「鉄腕名騎士」「荒野の叫び」と同じくアラン・ジェームズ監督、ケン・メイナード主演、テッド・マッコード撮影になる西部劇でネイト・ガツァートが脚本を書き下ろした。相手役は独立プロダクション等の西部劇に出演していたドロシー・ディックスが勤め、ファイロ・マッカロー、フランク・ライス、ジェイ・ウィルシー、エドワード・コクソン等が助演している。
  • 高原の騎士

    「任侠の勇士」に次ぐケン・メイナード氏主演西部劇で、マリオン・ジャクソン女史が書き下ろした台本により「任侠の勇士」「黎明の丘(1928)」等と同じくアルバート・S・ロージェル氏が監督したもの。メイナード氏の相手役は「曲馬王」「黎明の丘(1928)」出演のマリオン・ダグラス嬢が勤め、名馬ターザンが例のごとく活躍する。
  • お洒落娘

    ジェームズ・モントゴメアリー氏作のミュージカル・コメディーを映画化したもので、レックス・テイラー氏が脚本を書き、「踊り子サリー」「滑稽ホリウッド」等と同じくアルフレッド・E・グリーン氏が監督した。主役は「踊り子サリー」「女名捕手」等主演のコリーン・ムーア嬢で、相手役は「踊り子サリー」「青春に浴して」等出演のジョージ・K・アーサー氏、エヴァ・ノヴァク嬢、チャールズ・マレイ氏、エドワード・アール氏等が助演している。
  • ケンタッキー颪

    「馬上の雄姿」「悍馬征服」と同じくケン・メイナード氏主演になるもので監督も該二映画と同じくハリー・J・ブラウン氏、原作は「決死の冒険王」「爆弾突進」のベネット・コーエン氏で、撮影は「高原の凱歌」「風雲の天地」のテッド・マッコード氏である。主演者を助けて「風雲の天地」「モダーン・ラヴ」のキャスリン・クロフォード嬢、「薫る河風」「がらくた宝島」のオーティス・ハーラン氏、「コサック(1928)」「決死の冒険王」のポール・ハースト氏、リチャード・カーライル氏、レス・ベイツ氏等が出演している。
  • 爆撃乱闘

    「任侠の勇士」「乱射乱戦」等と同じくアルバート・S・ロージェル氏が監督したケン・メイナード氏主演西部劇で、アディール・パッフィントン女史が原作を執筆したもの。相手役は「大陸横断列車」「田園哀慕調」のユーゼニア・ギルバート嬢が勤め、ジェームズ・メイスン氏、チャールズ・ヒル・メイルズ氏が助演し名馬ターザンが例によって活躍している。
  • 西部鉄拳隊

    「騎士道華やかなりし頃」「風雲の天地」と同じくケン・メイナードが主演し、ハリー・J・ブラウンが監督した映画である。原作及び脚色はベネット・コーエン、カメラはテッド・マッコードの担任で、助演者はドロシー・ドワン、ハリー・トッド、フランク・ライス、アーニー・S・アダムス等。
  • 馬上の間諜

    「暁の襲撃」と同じくノエル・スミスが監督したディック・フォーラン主演西部劇で、脚本はアンソニー・コールドウェイが書卸した。相手役は「疾風無敵男」のポーラ・ストーンが勤め、「歩く死骸」のアディスン・リチャーズ、「日かげの花」のゴードン・エリオット、「丘の一本松」のロバート・バラット、ジョセフ・クレハン等が助演している。撮影は「母の素顔」のシド・ヒコックスと「暁の襲撃」のテッド・マッコードが担当している。
  • 闘技場の王者

    「悍馬征服」等に主演したケン・メイナードが再びユ社を通じて提供する第1回主演西部劇で、メイナード映画を監督しているアラン・ジェームズが監督に当たった。原作はハル・バーガーとレイ・ラウクが共同執筆し、脚色と台詞には監督ジェームズが自ら任じている。撮影は最近ジョン・ウェイン西部劇をクランクしていたテッド・マッコードの担任。助演者は連続映画「空中怪盗団」「冒険島」のルシル・ブラウン、「獣人島」のロバート・コートマン、「闘う隊商」のジェームズ・マーカス、「異国の母」のフランク・ライス、マイケル・ヴィサロフ、ジャック・モワー等。
  • 金塊争奪(1932)

    「討伐隊」「アリゾナ・ギャング」と同じくジョン・ウェイン主演西部劇で、アデール・バフィントンが書卸した脚本によりマック・V・ライトが監督し、例の如くテッド・マッコードが撮影した。助演者は新進のシーラ・テリーを始めハリー・ウッズ、アーヴィル・アルダーソン、マーサ・マトックス等である。
  • ジョニー・ベリンダ

    この演技で1948年度のアカデミー演技賞を得た「仔鹿物語」「失われた週末」のジェーン・ワイマンと「暗い鏡」でカムバックしたルー・エイヤースが主演する映画。エルマー・ハリス作の舞台劇を「愛の調べ」に協力したイルムガード・フォン・クーベとアレン・ヴィンセントが共同脚色し、「ヒューモレスク」「ディーブ・ヴァリー」等で認められた新人ジーン・ネグレスコが監督し、「黄金(1948)」のテッド・マッコードが撮影した。助演は「聖処女」「ミネソタの娘」のチャールズ・ビックフォード「パーキントン夫人」のアグネス・ムーアヘッド、新人スティーブン・マクナリー、ジャン・スターリング等。音楽は「追跡(1947)」のマックス・スタイナー作品。
    90
  • テキサスの若武者

    ワーナー・ブラザーズ社の発売する第一回西部劇で、主役は「ビッグ・トレイル(1930)」「歓呼の涯」のジョン・ウェインが勤める。原作はゲネス・パーキンスが執筆し、スコット・メースンが脚色、フレッド・アレンが監督に当たり、ケン・メイナード西部劇を殆ど全部クランクしたデッド・マッコードが撮影している。相手女優は「インチキ兆倍」「選手の後に娘あり」のルース・ホールで、ヘンリー・B・ウォルソール、オーティス・ハーランが助演している。
  • 花嫁の季節

    「旧友」「偉大な嘘」のベティ・デイヴィスと「湖中の女」「恋愛十字路」のロバート・モンゴメリーが主演する1948年作品で、「千日のアン」「父との生活」等の演出者たるブレテイン・ウィンダストの第2回監督映画(題1作は「冬の会合」)である。脚本はラナルド・マクドゥーガルが、アイリーン・タイとグレーム・ロリマー合作の喜劇を素材として執筆したもの。撮影は「黄金(1948)」「ジョニー・ベリンダ」のテッド・マッコードが担当。音楽はマックス・スタイナーの作曲。助演は「ステート・フェア(1945)」のフェイ・ベインダー、新人ベティ・リン、「接吻売ります」のトム・タリー、「三十四丁目の奇跡(1947)」のジェローム・コウアン、バーバラ・ベイツ、レイモンド・ロー、レイ・モンゴメアリー等である。
  • 熱砂の騎士

    「金塊争奪(1932)」と同じくマック・V・ライトが監督したジョン・ウェイン主演西部劇で原作はウィル・レヴィントン・コムフォート、脚色にはジョー・ローチが、撮影にはテッド・マッコードが当たっている。助演者は新進のシャーリー・バーマー、「暁の耕地」のヘンリー・B・ウォルソール、J・P・マッゴワン、フランク・ライス、アン・フェイ等である。
  • 鉄腕名騎士

    「荒野の叫び」「闘技場の王者」と同じくアラン・ジェームズ監督、テッド・マッコード撮影になるケン・メイナード主演映画で、脚本はロバート・クィグリーが書き下ろした。相手役は「荒野の叫び」「西部無敵王」のセシリオ・パーカーが演じている。
  • 突撃西部男

    「闘技場の王者」に次ぐケン・メイナード主演西部劇で、ネイト・ガツァートが原作脚色し、スターのメイナードが監督に当たり、例によってテッド・マッコードが撮影したもの。助演者は「空中幽霊」のグロリア・シー、「高原強襲隊」「テキサス無頼漢」のフレッド・コーラーを始め、フランク・ライス、ジョセフ・W・ジラード、ジャック・モワー等である。
  • 暁の襲撃

    「化石の森」「Gガン」に出演したディック・フォーランが主演する西部劇で、ロイ・チャンスラーとハロルド・バックリーが協力書卸した台本によりノエル・スミスが監督し、テッド・マッコードが撮影したものである。助演者は新進のリンダ・ペリーを始め、ミルトン・キッビー、トム・ブラワー、ジェームズ・ファーレー等の面々である。
  • 巨人の天地

    「蒼空の覇者」に続いてチャールズ・ブレイビン氏監督のもとに、製作されたミルトン・シルス氏主演映画で、ピーター・B・カイン氏原作の小説を映画化したものである。相手女優は「鉄腕の男」にシルス氏と共演し最近には「男見るべからず」に出演のシルス夫人たるドリス・ケニヨン嬢で、ジョージ・フォーセット氏、アーサー・ストーン氏、チャールズ・セロン氏、ポール・ハースト氏等が助演している。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/25

マット・ルブランク(1967)

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル

諜報スペシャリストの美女トリオが活躍するアクション。1970年代の人気TVシリーズを映画化した第2弾。監督はシリーズ前作に続きマックジー。製作・主演も前作に続きドリュー・バリモア。脚本は「シックス・デイ」のマリアンヌ・ウィバーリー&コーマック・ウィバーリーほか。撮影のラッセル・カーペンター、美術のJ・マイケル・リーヴァ、武術指導のユエン・チョンヤンなど、主要スタッフは前作と同じ。共演は前作のキャメロン・ディアス、ルーシー・リュー、ルーク・ウィルソン、マット・ルブランらに加え、「薔薇の眠り」のデミ・ムーア、「オーシャンズ11」のバーニー・マックほか。

チャーリーズ・エンジェル(2000)

美人探偵三人組が大活躍するポップなアクション。1976年にスタートした大人気テレビドラマの映画化。監督はこれがデビューとなるマックジー。武術指導は「マトリックス」のユエン・ウーピン。製作・出演は「25年目のキス」のドリュー・バリモア。共演に「マルコヴィッチの穴」のキャメロン・ディアス、「シャンハイ・ヌーン」のルーシー・リュー、「クレイドル・ウィル・ロック」のビル・マーレーほか。
イリーナ・ダグラス(1965)

メガ・シャークVSグレート・タイタン

モンスターパニック映画シリーズ「メガ・シャーク」第4弾。メガ・シャークの卵から生まれた新メガ・シャークと巨人型兵器の戦いを描く。監督は、「アルマゲドン2014」のクリストファー・レイ。出演は、「ゴーストワールド」のイリアナ・ダグラス。カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2015にて上映。

ファクトリー・ガール

1960年代のミューズとして生きたイーディ・セジウィックの生涯を描いた伝記ドラマ。「カサノヴァ」のシエナ・ミラーを主演に迎え、「メイヤー・オブ・サンセット・ストリップ」のジョージ・ヒッケンルーパーが監督した。そのほかの出演者は「メメント」のガイ・ピアース、「ジャンパー」のヘイデン・クリステンセンなど。

NEW今日命日の映画人 7/25

下條正巳(2004)

男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇

渥美清の死去により終了した「男はつらいよ」シリーズ全48作の中から、シリーズの大半を演出した山田洋次が特に好きな一編という第25作「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」を、コンピュータ・グラフィックの導入、ドルビー・ステレオ・システムで録音し直すなど、最新技術を駆使してリニューアルさせた特別篇。冒頭部分には、寅次郎の甥の満男にふんする吉岡秀隆の登場シーンを新たに追加して、満男が寅さんの想い出を回想するという形に仕上げている。

天才えりちゃん金魚を食べた

6歳の少年が第8回福島正実記念SF童話大賞を受賞して話題となった同名の絵本をもとにしたファンタジー・アニメーション。1984年6月に宮崎県都城市で生まれた作者の竹下龍之介少年は、幼稚園年長組の夏休みに書いた受賞作以降、『えりちゃんシリーズ』として全4作を書き上げている。映画は、受賞作と第2作『天才えりちゃん月へ行く』をあわせてアニメ化した。総監督は「ウルトラマンカンパニー」の日下部光雄。主人公の兄妹の両親の役で、「新居酒屋ゆうれい」の松坂慶子と「風のかたみ」の阿部寛が声優をつとめた。同時上映「ポコニャン!」
ジョン・シュレシンジャー(2003)

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17 ロイヤル・オペラ「ホフマン物語」

英国ロイヤル・オペラ・ハウスの上演作品を映画館で上映するシリーズの1本で、「真夜中のカーボーイ」監督のジョン・シュレシンジャーが演出したオペラ。詩人ホフマンは恋敵であるリンドルフにそそのかされ、過去に愛した3人の女たちとの思い出を語り出す。ドイツの小説家E.T.A.ホフマンの小説が基になり、戯曲を経てフランスの作曲家ジャック・オッフェンバックによりオペラ化。

2番目に幸せなこと

一夜の過ちで子供を得て“夫婦”になった自立した女性とゲイの男性のカップルをめぐるドラマ。監督は「スウィーニー・トッド」のジョン・シュレシンジャー。脚本はトーマス・ロペルスキー。撮影は「アウト・オブ・サイト」のエリオット・デイヴィス。音楽は「シティ・オブ・エンジェル」のガブリエル・ヤレド。出演は「エビータ」のマドンナ、「恋におちたシェイクスピア」のルパート・エヴェレットほか。