斎藤桃子 サイトウモモコ

斎藤桃子の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • えいがのおそ松さん

    赤塚不二夫のギャグ漫画『おそ松くん』を原作に、成長したおそ松たち六つ子を描いたアニメ『おそ松さん』の劇場版。同窓会に出席したおそ松たちだったが、社会人になった同級生の前で冴えない現状を曝され、落ち込んでしまう。翌朝、彼らが目を覚ますと……。アニメ『銀魂』シリーズの藤田陽一監督、「珍遊記」などを手がけた脚本家・放送作家の松原秀、櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由ら声優陣がテレビ版に引き続き続投。
    82
    • 親子で楽しめそう
  • おそ松さん 春の全国大センバツ上映祭

    人気テレビアニメ『おそ松さん』の中から、主役の6つ子それぞれがメインのエピソードをセレクトし、各シネコンで6スクリーンを使用してキャラクター別に上映。各上映共通で、『おそ松さん おうまでこばなし』の一部エピソードと新作が同時上映される。声の出演は、「虐殺器官」の櫻井孝宏、「機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY」の中村悠一。2017年4月6日全国6劇場にて先行上映。
  • Princess Cat プリンセスキャット

    人気声優が実写ドラマに挑戦する“DRAMAGIX SEIYU ENERGY”シリーズ第4弾。街に巣食う悪の組織“MOUSE”に、黒いボディスーツに身を包んだ仮面のスーパーヒロイン・プリンセスキャットが立ち向かう。主演を務めるのは酒井香奈子と斎藤桃子。【スタッフ&キャスト】出演:酒井香奈子/斎藤桃子
  • Aチャンネル+smile

    黒田bbの4コマ漫画をアニメ化した学園コメディのOVA。大好きな先輩・るんとの高校生活を夢見て、見事同じ高校へ入学を果たしたトオル。しかし、高校で彼女を待っていたのは、るんとの甘い日々ではなく…。Smile Channel1「やまもりパンケーキ」とSmile Channel2「絵馬にお願い」を収録。
    80
  • パルフェ アナザーストーリー

    人気声優が実写ドラマに挑戦する“DRAMAGIX SEIYU ENERGY”シリーズ第7弾。声優ユニット・クローバーの井ノ上奈々、宮崎羽衣、斎藤桃子、庄子裕衣を主演に迎え、メガヒットRPG「パルフェ」シリーズをオリジナルストーリーで実写ドラマ化。【スタッフ&キャスト】出演:井ノ上奈々/宮崎羽衣/斎藤桃子/庄子裕衣/野川さくら

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。