ジミー・ペイジ

ジミー・ペイジの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • レッド・ツェッペリン 祭典の日(奇跡のライヴ)

    レッド・ツェッペリンが2007年12月10日にロンドン・O2アリーナで行った、たった一夜限りの奇跡的な再結成コンサートの模様を収録したコンサート映像。当日はアトランティック・レコードの創設者アーメット・アーティガンのトリビュート・コンサートのヘッド・ライナーとしてジミー・ペイジ、ロバート・プラント、ジョン・ポール・ジョーンズ、そして、1980年に亡くなったドラマー、ジョン・ボーナムの息子ジェイソン・ボーナムの4人による全16曲パフォーマンスが行われた。BD/DVD/CDの発売を記念して2012年10月17・18日の2日間に全世界1500館以上の劇場でプレミア同時上映が行われた。
  • ゲット・ラウド ジ・エッジ、ジミー・ペイジ、ジャック・ホワイト×ライフ×ギター

    U2のジ・エッジ、レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジ、ザ・ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトという名ギタリスト3人のルーツと音楽に賭ける想いを追ったドキュメンタリー。3人のセッションも見どころ。監督は、「不都合な真実」でアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞に輝いたデイヴィス・グッゲンハイム。
  • スーパー・マグナム

    チャールズ・ブロンソン主演、マイケル・ウィナー監督のコンビによる、アクション復讐劇“デス・ウィッシュ”シリーズ第3弾[第1作「狼よさらば」(74)、第2作「ロサンゼルス」(82)]。旧友を惨殺したストリート・ギャングに敢然と立ち向かう主人公の活躍を描く。監督は「狼よさらば」のマイケル・ウィナー、製作はメナヘム・ゴーラン、マイケル・ウィナー、マイケル・カーガン、原作とキャラクター創造はブライアン・ガーフィールド、脚本はマイケル・エドマンズ、撮影はジョン・スタニアー、音楽はジミー・ペイジ、マイク・モウラン、編集はアーノルド・クラスト(マイケル・ウィナー)がそれぞれ担当。
  • ロサンゼルス

    娘を強姦された父親が犯人を自力で探し出して復讐するというアクション映画。74年の「狼よさらば」の後日譚に当り、マイケル・ウィナー監督、主演のチャールズ・ブロンソンが再びコンビを組んでいる。製作は「グローイング・アップ」シリーズでおなじみのイスラエル出身のメナハム・ゴランとヨーラム・グローバス。キャノンとは2人が買収したロサンゼルスに本拠をおく映画会社。製作総指揮はハル・ランダースとボビー・ロバーツ。デイヴィッド・エンゲルバックとマイケル・ウィナーが脚色。撮影はリチャード・H・クライン、トーマス・デル・ルース、音楽は元レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジが各々担当。出演はブロンソンの他に、彼の妻ジル・アイアランド、ヴィンセント・ガーディニア、ロビン・シャーウッド、トーマス・ダフィなど。
  • レッド・ツェッペリン 狂熱のライブ

    ロック・グループ『レッド・ツェッペリン』のライブを描いた長編ドキュメンタリー。'73年のマジソン・スクェア・ガーデンにおける熱狂的なコンサートを中心に、その中で映像と音楽を通して創られている彼らの世界--考え、夢、感情という内面生活をも浮かび上がらせていく。製作総指揮は『レッド・ツェッペリン』のマネージャーでもあるピーター・グラント、監督はピーター・クリフトンとジョー・マソット、撮影はアーニー・デイ、編集監督はP・クリフトン、音響監修と調音は『レッド・ツェッペリン』のメンヴァーの1人ジミー・ペイジが各々担当。出演は『レッド・ツェッペリン』の4人のメンヴァー(ジョン・ボーナム、ジョン・ポール・ジョーンズ、ジミー・ペイジ、ロバート・プラント)、ピーター・グラント、リチャード・コール、デリク・スキルトン、コリン・リグドンなど。
    100
  • レッド・ツェッペリン Dazed and Confused

    ロックの黄金時代を彩った伝説的アーティストのビハインド・ザ・シーン・ストーリーズシリーズ第1弾。UKロックの雄、レッド・ツェッペリンを知る関係者の証言とアーカイブ映像を通じて、音楽的革新性や進化、破天荒なツアーの舞台裏などを振り返る。【スタッフ&キャスト】プロデューサー・監督:ソニア・アンダーソン 出演:ジミー・ペイジ/ロバート・プラント/ジョン・ポール・ジョーンズ/オジー・オズボーン/ニック・トーバー/トニー・パーマー/ピーター・グラント

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?