ラウル・アレバロ ラウルアレバロ

  • 出身地:スペイン モストレス
  • 生年月日:1979/11/22

ラウル・アレバロの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ペイン・アンド・グローリー

    アントニオ・バンデラスが、第72回カンヌ国際映画祭で主演男優賞を受賞したペドロ・アルモドバル監督作。孤独の中に深く潜り込む映画監督サルバドール。現実と回想を行き来しながら過去の痛みとの再会を経て、もう一度生きる力を呼び覚まそうとするのだが……。共演は「誰もがそれを知っている」のペネロペ・クルス、『あなたのママになるために』のアシエル・エチェアンディア、「人生スイッチ」のレオナルド・スバラーニャ。
  • 静かなる復讐

    スペインでのアカデミー賞にあたる第31回ゴヤ賞で作品賞など4冠に輝いたスリラー。息子を抱え家族が営むバーで働くアナ。強盗事件に関わった罪で服役中の夫の出所が迫っていたが、物静かな客のホセに惹かれ男女の仲に。しかしホセはある復讐を企てていた。「マーシュランド」に主演した演技派俳優ラウール・アレバロが、初めて監督に挑戦。愛する者を奪われたホセを「マーシュランド」で共演したアントニオ・ デ・ラ・トレが演じる。特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017』にて上映。
  • バンクラッシュ

    プロ犯罪集団と国家権力が頭脳戦を繰り広げる犯罪アクション。武装強盗団が銀行を襲撃し、人質をとって籠城。用意していた地下通路が大雨で使えない中、大物政治家が国を揺るがす極秘情報を貸金庫に隠していることを掴み、政府機関が全員抹殺に向け動き出す。監督は「ワイルド・ルーザー」のダニエル・カルパルソロ。出演は「ザ・ウォーター・ウォー」のルイス・トサル、「モーターサイクル・ダイアリーズ」のロドリゴ・デ・ラ・セルナほか。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2017』にて上映。劇場公開に先駆け、WOWOWにて放映された。
    50
  • マーシュランド

    スペイン・アンダルシア地方を舞台に、連続少女惨殺事件の謎を追う二人の刑事の姿を描くスパニッシュ・ミステリー。監督・脚本は『UNIT7 ユニット7 麻薬取締第七班』のアルベルト・ロドリゲス。出演は「アイム・ソー・エキサイテッド!」のラウール・アレバロ、『赤の銃士 狙われた王位とルイ14世の陰謀』のハビエル・グティエレス、「カニバル」のアントニオ・デ・ラ・トレ。ヒューマントラストシネマ渋谷で開催される『ワールド・エクストリーム・シネマ2015』にて上映。
  • アイム・ソー・エキサイテッド!

    「オール・アバウト・マイ・マザーで第72回アカデミー賞外国語映画賞を、「トーク・トゥ・ハー」で第75回アカデミー脚本賞を受賞したペドロ・アルモドバル監督が手がけるコメディ。着陸不能な状態の飛行機の中で、癖のある乗員乗客たちが繰り広げる騒ぎを描く。女性的な男性客室乗務員3人組に「気狂いピエロの決闘」のカルロス・アレセスと「トーク・トゥ・ハー」のハビエル・カマラ、「ゴースト・スクール」のラウル・アレバロが扮するのをはじめ、「ボルベール<帰郷>」のロラ・ドゥエニャス、「オール・アバウト・マイ・マザー」のセシリア・ロスら、アルモドバル作品の常連やスペイン映画界の人気俳優が集結している。
    80
  • ゴースト・スクール

    幽霊と会話できる教師が、学校に居座る不良生徒の亡霊を卒業させるべく奮闘する姿を描くホラーコメディ。監督は、「最終爆笑計画」のハビエル・ルイス・カルデラ。出演は、「マルティナの住む街」のラウル・アレバロ、「最終爆笑計画」のアレクサンドラ・ヒメネス、「シャッター ラビリンス」のジャヴァイア・ゴンザレス。
  • ザ・ウォーター・ウォー

    2000年初頭に起こった“水戦争”と呼ばれるボリビアの民衆と欧米企業との水道事業を巡る攻防を、映画制作の場を通し描いた社会派ドラマ。監督は「エル・スール」などに出演し女優としても活躍するイシアル・ボジャイン。脚本は「麦の穂をゆらす風」のポール・ラヴァーティ。出演は「スリーピング タイト 白肌の美女の異常な夜」のルイス・トサル、「私だけのハッピー・エンディング」のガエル・ガルシア・ベルナルなど。「ネイムレス 無名恐怖」のカラ・エレハルデが劇中劇で新大陸を発見したクリストバル・コロンを演じ、2011年ゴヤ賞助演男優賞を獲得。2011年ベルリン国際映画祭パノラマ部門観客賞受賞作品。特集上映『未体験ゾーンの映画たち2013』にて上映。一般公開2013年2月17日。
  • マルティナの住む街

    結婚式当日に花嫁に逃げられた男とその親友たちが青春時代の想い出溢れる村で過ごすかけがえのない夏休みを、ハートウォーミングに描いたコメディ。監督はダニエル・サンチェス・アレバロ。出演はキム・グティエレス、ラウル・アレバロ、インマ・クエスタほか。2011年9月15日より、東京・新宿バルト9にて開催された「第8回 ラテンビート映画祭」にて上映。
    70
  • パスト&フューチャー 未来への警告

    ある事件に遭遇した数学者が、恐ろしい数式を見つけるSFミステリー。銃撃事件に巻き込まれたジョンは、過去何度も同じ場所で銃撃事件があったことを知る。様々な情報から、ジョンは近い未来、その場所で子どもが死ぬという答えを導き出してしまう。【スタッフ&キャスト】監督:ダニエル・カルパルソロ 脚本:ホルヘ・ゲリカエチェバァリア 撮影:セルヒ・ビラノバ・クラウディン 音楽:フリオ・デ・ラ・ロサ 出演:ラウル・アレバロ/アウラ・ガリード/ヒューゴ・アーバス/ベレン・クエスタ
    60

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません