ローザ・ゴア

ローザ・ゴアの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 漂白の孤児

    「恋を求めて」等と同じくグラディス・ウォルトン嬢主演のユ社映画で、ルイス・ドッヂ氏の原作、ヒュー・ホフマン氏の脚色、「人類の心」等同様キング・バゴット氏監督である。相手役はロバート・エイニュー氏で、其他老巧連が多い。
  • 固唾を呑んで

    クリスチー喜劇の社長アル・クリスチー氏が製作してホドキンスン社から発売した特作喜活劇で、フランク・ローランド・コンクリン氏の原作を、「ターザン」「八一三」等と同じくスコット・シドニー氏が監督したもの。主役は最近ウォーナー・ブラザース社のスターと成っているドロシー・デヴォーア嬢で、ウォルター・ハイアース氏、タリー・マーシャル氏等が共演し、その他有名な喜劇俳優が多数出演している。クライマックスでは高い建物の上でドヴォアー嬢が要心無用のロイド張りを演じている。
  • 高原王

    「ギブソン大手柄」「ギブソンの伊達男」等と同じくフート・ギブソン氏主演西部劇で、ウィリアム・ウオーレス・クツク氏が特に書き下ろした物語をフランク・ハワード・クラーク氏が脚色し「ギブソンの伊達男」「文化娘大事件」等と同じくリーヴス・イースン氏が監督したものである。ギブソン氏の相手役は新進のバーバラ・ウオース嬢が勤めている。
  • 爆笑七日間

    「のんきなおばさん」「離婚希望」等と同じくスコット・シドニー氏が監督したクリスチー長編喜劇でメアリー・ロバーツ・ラインハート女史とエイヴァリー・ホツプウッド氏の合作喜劇を映画化したもの。脚色者はフランク・ローランド・クンクリン氏である。主演者は「黄金の寝床」「珍結婚」等出演のリリアン・リッチ嬢、「汝の母を如何せん」「赤ちゃん万歳」等出演のクレイトン・ヘール氏、「陽気なパリっ子」「ジョーンズの大事件」等出演のリリアン・タッシュマン嬢で、メイベル・ジュリエンヌ・スコット嬢、ハル・クーリー氏、トム・ウイルソン氏、エデイー・グリボン氏、ウィリアム・オースティン氏等が共演している。
  • シェンストーンの女主人

    フローレス・バークレー女史原作の同名の小説を脚色したもので、「花婿入用」「妄執の影」等を監督したヘンリー・キング氏が監督の任に当たり、ポーリン・フレデリック嬢が主演したロマンスで、劇中嬢は今までと異なったロマンティックな役を演じている。対手はロイ・スチュアート氏である。ニュース誌の評によると「動きは少ないが、しかもそのロマンスと背景によって人を魅する力がある」作品だそうである。
  • 溢るる熱涙

    『アリゾナ』等の原作者オーガスタス・トーマス氏の原作になった純然たる西部劇で、「死の谷」等と同じくリーヴス・イースン氏が監督した。主役は「猛虎の男」等主演のフランク・メイオ氏で、対手はグロリア・ホープ嬢である。「特作品というよりも連続劇と云った方が適当である程活劇に満ちている。」と米誌は評している。
  • 青空(1929・アメリカ)

    フレデリック・ハズリット・ブレナン氏の原作を映画化したものでジョン・ストーン氏が脚色の筆をとり「キット・カーソン」のアルフレッド・ワアカア氏が監督した。主演者は「化物行進曲」のヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ嬢と「モダーン三銃士」のフランク・アルバートソン氏でウィリアム・オーランド氏、E・H・カルヴァート氏、ローザ・ゴーア嬢が助演している。カメラは「四人の悪魔」「モダン出世鏡」のL・ウィリアム・オコンネル氏が担当。
  • 彼とお姫様

    「最後の栄冠」と同じくメアリー・アスター嬢ロイド・ヒューズ氏共演映画で「カナディアン」「与太成功記」「与太捕物記」のウィリアム・ボーデェン氏が監督したもの。ジュリエット・ウィルバー・トンプキンス女史の原作をアデレード・ヒールブロン女史が脚色した。助演者は「浮気天国」「男見るべからず」のルイズ・ファゼンダ嬢、「棚からぼた餅」「与太捕物記」のルシアン・リトルフィールド氏、「アンクル・トムス・ケヴィン」のヴァージニア・グレイ嬢等である。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 8/4

ダニエル・デイ・キム(1968)

ラーヤと龍の王国

「ベイマックス」のドン・ホール監督と「ブラインドスポッティング」のカルロス・ロペス・エストラーダ監督がタッグを組んだアニメ。龍の石の守護者一族の娘ラーヤは、姿を消した“最後の龍”の力を蘇らせ、分断された世界を再び一つにするため、旅に出る。「モアナと伝説の海」のオスナット・シューラー、「アナと雪の女王」シリーズのピーター・デル・ヴェッコが製作に参加。人を信じることができず一人で生きてきたラーヤの戦いと成長を描く。

ヘルボーイ(2019)

ギレルモ・デル・トロが二度映画化した人気アメコミを、原作者マイク・ミニョーラ製作総指揮の下、再映画化。超常現象調査防衛局の最強エージェント、ヘルボーイは、人類に復讐を誓う魔女ニムエに戦いを挑むが、ニムエの魔力により、世界滅亡の危機が訪れる。特殊メイクを駆使して主人公ヘルボーイに扮したのは、Netflix『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で注目のデヴィッド・ハーバー。共演は「記者たち 衝撃と畏怖の真実」のミラ・ジョヴォヴィッチ、「ジョン・ウィック:チャプター2」のイアン・マクシェーン。監督を務めたのは、「ディセント」のニール・マーシャル。
檀れい(1971)

奥様は、取り扱い注意

2017年に放送されたドラマ『奥様は、取扱注意』の劇場版。元特殊工作員の専業主婦・菜美と、菜美の夫で、実は彼女を監視する公安警察の勇輝。ある出来事がきっかけで菜美が記憶喪失になると、二人は名前を変え、地方都市・珠海市で新生活を始めるが……。出演は、「今夜、ロマンス劇場で」の綾瀬はるか、「空母いぶき」の西島秀俊。監督は、「カイジ ファイナルゲーム」の佐藤東弥。

累 かさね

松浦だるまの同名コミックを実写映画化。伝説の女優を母に持ち、天才的な演技力がありながら、醜い容姿を恨み続けて生きてきた累。母は累に、キスした相手の顔を奪える不思議な口紅を遺していた。累は、美貌に恵まれながら花開かずにいる女優・ニナと出会う。監督は、「ストロベリーナイト」の佐藤祐市。出演は、「となりの怪物くん」の土屋太鳳、「心が叫びたがってるんだ。」の芳根京子、「破門 ふたりのヤクビョーガミ」の横山裕、「ママレード・ボーイ」の檀れい、「幼な子われらに生まれ」の浅野忠信。

NEW今日命日の映画人 8/4

該当する人物がいません