宇波拓 ウナミタク

宇波拓の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • にじいろトリップ 少女は虹を渡る

    「れいこいるか」のいまおかしんじ監督による39分の短編。雨のキャンプ場を舞台に、離婚を間近に控えた両親の復縁を願う小学5年生の少女の切なる思いを、ミュージカル仕立てで描き出す。映画初主演となる人気子役・櫻井佑音が、惜しみなくその歌声を披露する。共演は「娼年」の荻野友里、「横須賀綺譚」の小林竜樹。
  • 葵ちゃんはやらせてくれない

    「れいこいるか」のいまおかしんじ監督によるタイムスリップ・ラブストーリー。映画監督志望の男・信吾の前に、1年前に自殺した映画研究部の先輩・川下さんの幽霊が彼の命日に突然現れる。片思いをしていた後輩・葵ちゃんとセックスがしたくて蘇ってきたのだという。出演は「名前」の小槙まこ、「ろんぐ・ぐっどばい 探偵 古井栗之助」の松嵜翔平、森岡龍。
  • アララト 誰でもない恋人たちの風景vol.3

    越川道夫監督が「あざみさんのこと 誰でもない恋人たちの風景vol.2」に続き、男女の性愛を描くシリーズの第3弾。数年前に倒れ左半身が不自由になり、絵を描かなくなったスギちゃん。深夜のファミレスで働く妻のサキは、彼にまた絵を描いてほしいと思っていた。主演は「私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください」の行平あい佳。
  • たわわなときめき

    古澤健の初ピンク映画「たわわな気持ち」の続編。 映画監督のカレンは、幼馴染の映画監督・須藤から、メキシコでの映画撮影に誘われる。思いがけない幸運に喜ぶカレンだったが、何かが引っかかり、言葉を濁す。やがて、メキシコに旅立つ日が迫るが……。出演は「たわわな気持ち」の松本菜奈実、「たわわな気持ち」のあけみみう、「いつか…」の並木塔子。特集『OP PICTURES+フェス2020』にて上映。
  • メカニカル・テレパシー

    日本芸術センター第10回映像グランプリ優秀映画賞を受賞したSFドラマ。ある大学の研究室で、草一は心を可視化する機械の開発中に事故で意識不明となる。共同研究者で妻の碧が開発を続け、草一の心の可視化を試みるなか、大学側は真崎を研究室に送り込む。出演は、「インフォ・メン 獣の笑み、ゲスの涙。」の吉田龍一、「舞姫 ディーヴァ」の白河奈々未、「ハッピーアワー」の申芳夫。監督・脚本は、本作が初長編監督作品となる五十嵐皓子。
  • 夕陽のあと

    貫地谷しほりと山田真歩の共演で贈るドラマ。鹿児島県長島町。1年前からこの街の食堂で働く茜と、夫と共にブリの養殖業を営む五月。五月は、子どもの頃から育ててきた里子・豊和との特別養子縁組を控えていたが、突然、豊和の生みの親の所在が判明する……。監督は「二十六夜待ち」の越川道夫。共演は「あいあい傘」の永井大、「OVER DRIVE」の川口覚。
    90
  • だってしょうがないじゃない

    「シェル・コレクター」の監督・坪田義史が、自身が発達障害の診断を受けたことをきっかけに、発達障害を抱えながら独居生活を送る叔父の日常を3年に渡って追ったドキュメンタリー。叔父との交流を深める中で、障害者を巡る様々な問題が浮き彫りになる。
  • たわわな気持ち

    成人映画「たわわな気持ち 全部やっちゃおう」を元にし一般公開作品。
  • あなたはわたしじゃない

    「眠り姫」などの七里圭監督が2014年から取り組む、通常の映画制作のプロセスを逆転し、音から映像を制作していく実験的プロジェクト『音から作る映画』シリーズの1本。七里作品を数多く手掛けてきた新柵未成が脚本を執筆、母と娘の記憶の物語が繰り広げられる。七里監督の前作「アナザサイド サロメの娘 remix」まで声の出演を続けていた青柳いづみ、前作に主演した長宗我部陽子、ダンサーの黒田育世、現代美術家・劇作家の飴屋法水が引き続き出演。新たに「秋の理由」の安藤朋子、パフォーマーの川口隆夫が参加。
  • 月子

    「海辺の生と死」の越川道夫監督によるヒューマンドラマ。父親を亡くし、居場所を失った青年タイチ。ある日、施設から逃げ出してきた知的障がいの少女・月子と出会った彼は、追ってくる施設の職員たちを振り切り、月子を彼女の親元まで連れて行こうとするが……。出演は「私たちのハァハァ」の三浦透子、「海辺の生と死」の井之脇海、「キセキ あの日のソビト」の奥野瑛太、「バンコクナイツ」の川瀬陽太。撮影を「海よりもまだ深く」「永い言い訳」の山崎裕、音楽・音響を「お盆の弟」「海辺の生と死」の宇波拓が手がける。
  • 海辺の生と死

    「死の棘」の原作者である島尾敏雄とその妻・島尾ミホの出会いの物語を「アレノ」の越川道夫監督が、満島ひかり主演で映画化。太平洋戦争末期の奄美を舞台に、島に駐屯する海軍特攻艇部隊隊長・朔と国民学校教師・大平トエが、恋に落ち結ばれるまでを映し出す。共演は「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」の永山絢斗、「帝一の國」の井之脇海、「バンコクナイツ」の川瀬陽太、「かぞくのくに」の津嘉山正種。音楽は「お盆の弟」の宇波拓。
    60
  • SHIDAMYOJIN

    福島県いわき市川前で30年以上途絶えていた盆踊りの復活を追うドキュメンタリー。ミュージシャン遠藤ミチロウは原発事故の被害に立ち向かう志田名地区の人々に魅せられ民謡パンクバンド羊歯明神を結成。彼のルーツを織り込み、祭りを駆け抜ける姿を捉える。オムニバス映画「デルタ」内の一作「ハシッシ・ギャング」を手がけた小沢和史とともに、遠藤ミチロウが監督を務める。2016年8月15日福島県いわき市にあるclubSONICiwakiを皮切りに各地で上映された後、2017年5月27日より劇場公開。
  • アナザサイド サロメの娘 remix

    「マリッジリング」の七里圭が手掛けるプロジェクト「音から作る映画」の1本。「音から作る映画」とは、通常の映画制作のプロセスを逆転し、音から映像を制作していく他に類を見ないプロジェクト。不在の父をめぐって、娘と母の記憶の物語が繰り広げられる。出演は「ドロメ 女子篇」の長宗我部陽子、「台風一家」の黒田育世。
  • 夢の女 ユメノヒト

    心の病で40年間、入院していた男が東日本大震災をきっかけに完治していることがわかり、外の世界で思い出の女性を追い求める姿を映し出すヒューマンドラマ。脚本を「さよなら歌舞伎町」の中野太、監督を「乃梨子の場合」の坂本礼が務める。出演は「戦争と一人の女」の佐野和宏、「乃梨子の場合」の伊藤清美、西山真来、「誘惑遊女 ソラとシド」の小林節彦、「ローリング」の川瀬陽太、「海のふた」の吉岡睦雄、「花火思想」の櫻井拓也、「つぐない 新宿ゴールデン街の女」の伊藤猛。
    0
  • サロメの娘 アナザサイド in progress

    「眠り姫」の七里圭が2014年から取り組んでいる『音から作る映画プロジェクト』の第 3弾『サロメの娘 アナザサイド』の完成に向けた試作品。七里の作品を数多く手掛ける新柵未成が脚本を執筆し、母と娘の相克の物語が繰り広げられる。出演は「告白」などで女優としても活躍するダンサーの黒田育世、「ドロメ 女子篇」の長宗我部陽子。
  • 空人

    太平洋戦争当時、特攻隊に参加しながらも生き残った清宮零が、自身の体験を元に執筆した小説を映画化。生き残った特攻隊員が、戦後70年を経て、身代わりとなって出撃した戦友との約束を果たそうとする姿を描く。出演は「ライク・サムワン・イン・ラブ」の奥野匡、「あした」の高橋かおり。監督は「結び目」の小沼雄一。2015年10月17日よりイオンシネマ天童、こうのすシネマにて先行ロードショー。
  • お盆の弟

    40歳を控え離婚の危機に瀕した売れない映画監督が再起を図ってもがく様子を、全編モノクロームのやさしいまなざしで描きだしていくドラマ。監督は「キャッチボール屋」で第16回日本映画批評家大賞新人監督賞を獲得した大崎章。脚本は「キャッチボール屋」でも大崎監督と組み「百円の恋」では第一回松田優作賞を受賞した足立紳。「フィッシュストーリー」の渋川清彦が崖っぷちに立つ映画監督を、「あぜ道のダンディ」の光石研が監督と一緒に住むガンを患っていた兄を演じるほか、『SPEC』シリーズの岡田浩暉、「ガールフレンド」の河井青葉らが出演。大崎監督や渋川らの出身地・群馬県でオールロケされた。
    80
  • 浄霊探偵

    浄霊をテーマとした心霊ホラー。心霊番組のヤラセ調査のために撮影に潜り込んだ探偵が、人気霊能師の裏の顔を暴く。浄霊師として実際に活躍する神島千尋が監修を務め、浄霊師役で出演もしている。主演は、SKE48の高柳明音、「窓辺のほんきーとんく」の今野悠夫。監督は、「刀狩るもの 二本松の冒険」の都築宏明。
  • 海のふた

    よしもとばなな初の新聞小説を「花宵道中」の豊島圭介監督が映画化。西伊豆の小さな町を舞台に、かき氷店を開くために帰郷したまりと、大切な人を亡くしたはじめちゃんとの心の交流を描く。出演は「森崎書店の日々」の菊池亜希子、「シグナル 月曜日のルカ」の三根梓、「ドライブイン蒲生」の小林ユウキチ、「ゲゲゲの女房」の天衣織女。脚本は「四十九日のレシピ」の黒沢久子。
    80
  • 乃梨子の場合

    主婦の平凡な日常が、援助交際に手を染めてから少しずつ狂っていく様を描く人間ドラマ。監督は、「いくつになってもやりたい不倫」の坂本礼。脚本は、「草叢 KUSAMURA」の尾上史高。出演は、「おだやかな日常」の西山真来、「ドライブイン蒲生」の吉岡睦雄、「シュトルム・ウント・ドランクッ」の川瀬陽太。
    100
  • 夜だから

    天橋立のある京都府宮津市を舞台に、心に傷を負って東京から流れ着いた女と地元の男の愛の行方を描く。出演は、シンガーソングライターとしての顔を持ち、「非金属の夜 nonmetal night」などで女優としても活躍する千葉美裸、『仮面ライダー鎧武/ガイム』の波岡一喜。福山功起(「埼玉家族」)の長編初監督作品。
  • 1BR らぶほてる

    ピンク映画の老舗製作会社・国映が新体制で2年ぶりに手掛けた長編映画。監督は、「おんなたち 淫画」の大西裕。脚本は、「青春Hシリーズ 先生、おなかが痛いです」の深井朝子による第5回ピンクシナリオ大賞入選作。出演は、グラビアアイドルの山岸ゆか、「UNDERWATER LOVE おんなの河童」の守屋文雄。
    0
  • WHO IS THAT MAN!?あの男は誰だ!?

    テレビアニメ『まんが日本昔ばなし』で1200を越える脚本を執筆する一方、監督として「怒る西行」など常識にとらわれない映画を作り続ける沖島勲が贈る、東日本大震災以降の現実を踏まえた寓話。出演は「YYK論争 永遠の“誤解”」の蒲田哲、「イエローキッド」の内木英二、「YYK論争 永遠の“誤解”」の黒澤正義。
  • スクールガール・コンプレックス 放送部篇

    青山裕企の写真集『スクールガールズ・コンプレックス』を原案に、「童貞放浪記」の小沼雄一監督が映画化。女子高の放送部を舞台に、少女たちの友情や禁断の恋を映し出す。出演は、TVドラマ『スプラウト』の森川葵、「インターミッション」の門脇麦、「死にぞこないの青」の近藤真彩、「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」の吉倉あおい。
  • 真・兎 野性の闘牌

    伊藤誠による累計300万部突破の麻雀漫画『兎 野生の闘牌』を実写映画化。麻雀に特殊な能力を発揮する高校生が身を投じる代打ちの世界を描く。監督・脚本は、「凍牌 劇場版」の小沼雄一。出演は、「ガチバン」シリーズの佐野和真、「ユダ」の水崎綾女、「探偵はBARにいる」の榊英雄、「凍牌 劇場版」の東亜優。
  • 凍牌 劇場版

    志名坂高次のコミック『凍牌~裏レート麻雀闘牌録~』を実写映画化。闇レート麻雀の世界で戦う少年と少女の壮絶なドラマを描く。監督は、「nude」の小沼雄一。出演は、「ひぐらしのなく頃に」シリーズの前田公輝、DVD『2ちゃんねるの呪い7』の茜音、「赦免花」の市瀬秀和、「LOVE SONG」の一條俊。
  • 俳優×監督=「全力映画」 「もはやないもの」

    一般から募った新人~経験者の無名の俳優と、国内外の映画祭を数多く経験した若手監督が数ヶ月に渡り、密度の濃い集中的演技指導を行い、映画撮影に臨んだ『全力映画』の企画より誕生した作品。2012年11月17日より吉祥寺バウスシアターにてレイトショー上映された。
  • 都市霊伝説 クロイオンナ

    小沼雄一監督による「都市霊伝説」シリーズ第3弾。今回は、大都会の中に埋もれながら人知れず怨霊が増殖を続ける“廃工場”“廃校”“廃病院”“廃墟”等の心霊スポットに焦点をあて、人の心が生む恐怖を描き出す。出演は「グーグーだって猫である」の高部あい、『湯けむりスナイパー』の大野未来、「富士見二丁目交響楽団シリーズ 寒冷前線コンダクター」の高崎翔太。
  • 夜が終わる場所

    黒沢清監督「トウキョウソナタ」の助監督などでキャリアを重ねてきた宮崎大祐監督の長編デビュー作。両親を殺害した男によって育てられ、殺し屋となった男の姿を通じて、日本社会の闇に焦点を当てる。日本版フィルム・ノワールを目指して製作された。出演は「無防備」の中村邦晃、「模倣犯」の小深山菜美、「回路」の塩野谷正幸。
  • 新スパイガール大作戦 惑星グリーゼの反乱

    極秘任務を受けて活動するスパイガールたちの活躍を描いたアクション作品の劇場版第2弾。出演は「幸福のスイッチ」の中村静香、「都市霊伝説 幽子」の疋田紗也、「都市霊伝説 心霊工場」の大塚麻恵、「1リットルの涙」など実写映画でも活躍するベテラン声優の森山周一郎。監督は「恋骨 KOIBONE 劇場版」の後藤憲治。
  • コラボ・モンスターズ!!「love machine」

    前作「making of LOVE」(10)に続き、古澤健が放つ男の「LOVE道」第二弾。1997年度のPFFで脚本賞を受賞し、2011年公開の「アベックパンチ」での人気コミック映画化をはじめ、話題を呼び続けている古澤監督と新鋭俳優たちによる人間ドラマ。2012年月12日から25日までオーディトリウム渋谷にて他2本と同時上映。
  • 都市霊伝説 幽子

    「心霊工場」に続く都市霊伝説シリーズ第2弾。廃校を舞台に、いじめで死んだ少女の怨念がクラスメートたちを襲う恐怖を描く心霊ホラー。出演は、「Pure」の馬場良馬、「心霊写真部」の中村静香、「おやすみアンモナイト」の疋田紗也、「あの夏、いちばん静かな海。」の小磯勝弥。監督は、「結び目」の小沼雄一。
  • nude

    人気AV女優みひろの半生を赤裸々に綴った自伝的小説の映画化。芸能界に憧れる1人の女の子が高校卒業後に上京し、紆余曲折を経てAV女優になるまでを、「リアル鬼ごっこ2」の渡辺奈緒子が体当たりで演じる。共演は「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の佐津川愛美、「めがね」の光石研。監督は「結び目」の小沼雄一。
    60
  • 青春Hシリーズ making of LOVE

    “青春”と“H”をテーマに、作家性を重視した“青春Hシリーズ”の1本。出演女優の大胆な濡れ場も見どころ。自主映画を制作しようとする男たちが出会った女性の秘密を描く。「オトシモノ」の古澤健が監督・脚本・出演を務めた。他に出演は、グラビアアイドルの藤代さや、「完全なる飼育 秘密の地下室」の川上洋一郎。
  • 結び目

    禁断の関係を結んだ中学生と教師。それぞれ結婚し別の道を歩んできた2人だったが、偶然の再会から愛を再燃させる。ほろ苦く甘美な、大人のラブストーリー。監督は、「童貞放浪記」の小沼雄一。出演は、映画初主演となる劇団黒色綺譚カナリア派主宰の赤澤ムック、「ポチの告白」の川本淳市、「愛のむきだし」の広澤草。
  • KIKOE

    映画ファンにも馴染みの深い音楽家、大友良英。1990年代から2007年までの彼の活動について、関係者へのインタビューや記録映像で綴ったドキュメンタリー。500時間にものぼる膨大な映像アーカイブから映像作家、岩井主税が独自の視点でまとめ上げた。第38回ロッテルダム国際映画祭スペクトル部門出品作品。2009年5月29日、吉祥寺バウスシアター『爆音映画祭'09』にて先行上映。
  • 桃まつり presents kiss! 参のkiss!「それを何と呼ぶ?」

    9人の女性監督たちによるショートストーリー。監督は『サドンチョイス』の篠原悦子、『地獄の門』の別府裕美子、「あしたのむこうがわ」の竹本直美、『さらば、愛しき女よ』の長島良江、『犬情』の粟津慶子、『さくら』の山崎都世子、「オムニバス夕映え少女-イタリアの歌」の山田咲、「オムニバス夕映え少女-むすめごころ」の瀬田なつきなど。
  • 一万年、後....。

    突然、一万年後の民家に現れた謎の男が、そこに住む少年少女との会話を通じて、変わり果てた世界を理解していくというブラックなSFコメディ。少人数の出演者とほぼワンセットの撮影という「YYK論争 永遠の“誤解”」の沖島勲監督による野心作。「板尾創路の脱獄王」などで知られる名バイプレイヤー阿藤快の初主演作でもある。
  • 制覇20

    小沢仁志主演による極道大作「制覇」シリーズの完結編。全国制覇への道を進む6代目難波組若頭・武田信八の前に、最後の敵が立ちはだかる。そして、侠・武田信八が極道の生き様を見せる。松田一三をはじめ、団時朗、渡辺裕之ら実力派俳優が共演。【スタッフ&キャスト】監督:港雄二 脚本:村田啓一郎 音楽:宇波拓 プロデューサー:河野博明 出演:小沢仁志/松田一三/団時朗/渡辺裕之
  • 制覇19

    小沢仁志主演による極道巨編第19弾。仲本組若頭・小田英二が遂に熊本の刑務所から出所した。それを耳にした武田信八は小田の動向を調べさせ、小田が向かった松山の伊予組で待ち構える。武田は小田に九州侵攻の足掛かりになってもらおうと考えていた。【スタッフ&キャスト】監督:港雄二 脚本:村田啓一郎 音楽:宇波拓 プロデューサー:河野博明 出演:小沢仁志/松田一三/赤井英和/渡辺裕之
    90
  • 制覇18

    小沢仁志主演による極道巨編第18弾。九州・玄海一家を追い返した武田信八は、福岡で発生した住井銀行の支店長射殺事件に玄海一家が関与していると睨む。武田は玄海一家と対立関係にある博多の仲本組を利用し、玄海一家を潰す策を考えるが…。【スタッフ&キャスト】監督:港雄二 脚本:村田啓一郎 音楽:宇波拓 プロデューサー:河野博明 出演:小沢仁志/松田一三/赤井英和/渡辺裕之
    60



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/27

小山明子(1935)

愛のコリーダ 修復版

アートかエロスか? 松田英子、藤竜也がセックスと愛の極限を表現! 愛憎の果てに男性器を切り取るという昭和の日本を震撼させた「阿部定事件」を、大胆な性描写と圧倒的映像美で描き切った大島渚監督史上最大の 問題作が2Kデジタル修復版で蘇る。「夜と霧」などで知られるフランスのプロデューサー、アナトール・ドーマンから「ポルノを」と誘われた大島は、題材に阿部定を選び、ハードコアで作る構想にたどり着く。日本側のプロデューサーには若松孝二が迎えられた。検閲を逃れるため、日本で撮影されたネガフィルムを未現像のままフランスに送って編集し、日本に逆輸入して上映するという執念で作品を完成させる。1976年カンヌ国際映画祭で世界初上映され大絶賛を浴びるが、日本公開に際しては、税関検閲の段階でズタズタにされ、性描写などに多くの修正と一部のシーンカットがなされた。また、作品のシナリオと写真を掲載した書籍『愛のコリーダ』が三一書房から刊行されたが、その一部がわいせつ文書図画に当たるとして、東京地検はわいせつ物頒布罪で大島と出版社社長を起訴する。裁判で大島は「芸術か、わいせつか」ではなく「わいせつ、なぜ悪い」の論点で戦い、1979年東京地裁で無罪、1982年東京高裁の控訴審でも無罪を勝ち取った。2000年のリバイバル上映では、オリジナルプリントを新たにフランスから取り寄せ、本篇プリントはノーカットで、税関・映倫の精査によるボカシという修正のみで「愛のコリーダ2000」として公開された。今回は、ブラー処理、色調整、レストア作業などをほどこし、全面的に修正が行われ、初のデジタル素材となって全国公開される。

インターミッション

取り壊しが決まった名画座・銀座シネパトスを舞台に、映画の休憩時間に交わされる会話劇によるブラックコメディ。本作のために、映画を愛する豪華キャスト、スタッフが集結した。出演は、「透光の樹」の秋吉久美子、「ヒミズ」の染谷将太、「まあだだよ」の香川京子ほか。監督は、本作が劇場用映画初監督となる樋口尚文。スクリーンサイズはシーンによりシネスコ、ビスタ、スタンダードと変化。
上白石萌音(1998)

トロールズ ミュージック★パワー

「ボス・ベイビー」のドリームワークスが贈る、音楽好きな妖精の世界を舞台にした3Dアニメ。トロールズが暮らすポップ村の女王ポピーのもとに、ロック村の女王バーブから手紙が届く。この世界に別の仲間がいることを知ったポピーたちは胸を躍らせるが……。声の出演は、「ピッチパーフェクト」シリーズのアナ・ケンドリック、「女と男の観覧車」のジャスティン・ティンバーレイク。

楽園(2019)

吉田修一の『犯罪小説集』を「64 ロクヨン」の瀬々敬久が映画化。ある地方都市で起きた幼女失踪事件をきっかけに知り合った孤独な青年・豪士と紡は、それぞれの不遇に共感し合う。だが事件から12年後、再び同じY字路で少女が姿を消し、事態は急変する。出演は、「怒り」の綾野剛、「十二人の死にたい子どもたち」の杉咲花、「64 ロクヨン」の佐藤浩市、「居眠り磐音」の柄本明、「チワワちゃん」の村上虹郎。