オーレリアン・ルコワン オーレリアンルコワン

オーレリアン・ルコワンの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • アデル、ブルーは熱い色

    女性同士の情熱的な愛を、まるで絵画のように美しいラブシーンを含め描いたセンセーショナルなラブストーリー。フランスで人気を博しているジュリー・マロのグラフィックノベル『Le bleu est une couleur chaude』を原作にしている。監督・脚本は「クスクス粒の秘密」(第21回東京国際映画祭にて上映)のアブデラティフ・ケシシュ。青い髪の画家エマを「マリー・アントワネットに別れを告げて」「ルルドの泉で」のレア・セドゥが、彼女に愛を捧げる一途なアデルを「カレ・ブラン」のアデル・エグザルコプロスが演じている。第66回カンヌ国際映画祭にて最高賞のパルムドールを獲得。また、同映画祭で初めて主演女優二人にも特別にパルムドールが贈られた。2013年度カンヌ国際映画祭でスピルバーグが史上初、監督と共に主演二人にパルムドールを贈った、究極の愛と美を描く感動作。青い髪の美大生エマと運命的に出逢い、一途な愛を貫くアデルの情熱的な人生が綴られる。第26回(2013年)東京国際映画祭上映作品。
    90
  • スウィッチ

    バカンスのために自宅交換をしてパリを訪れたカナダの女性が、自分の名前や身分までもが交換相手のものと入れ替わり、殺人犯にされてしまうサスペンス。出演は『PAN AM/パンナム』のカリーヌ・ヴァナッス、「エリックを探して」のエリック・カントナ。監督は「裏切りの闇で眠れ」のフレデリック・シェンデルフェール。
    70
  • ザ・ホード 死霊の大群

    “走るゾンビ”に骨太のアクションと愛憎劇を組み合わせたスプラッター・ホラー。ポルト国際映画祭で最優秀脚本賞と撮影賞、ジェラルメ映画祭でSCI-FI審査員賞を受賞。監督は本作でデビューしたヤニック・ダアン、ベンジャミン・ロシェ。出演は、「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」のジャン=ピエール・マルタンス。
    70
  • いのちの戦場 アルジェリア1959

    フランス近現代史のタブーとされてきたアルジェリア戦争の真実を描く戦争ドラマ。「ピアニスト」のブノワ・マジメルが立案・主演し、「スズメバチ」のフローラン・エミリオ・シリが監督を務めた。他に「パリ」のアルベール・デュポンテルが出演。2007年トロント国際映画祭正式出品、2008年セザール賞3部門ノミネート。
  • 13 ザメッティ

    見る者の神経を極限状態に追い込むスリリングなサスペンス・ストーリーを、スタイリッシュなモノクロ映像で描いた新感覚フィルム・ノワール。監督はグルジア出身で、本作が初長編作品であるゲラ・バブルアニ。この作品で2005年のヴェネチア国際映画祭・新人監督賞を受賞している。主演は、映画初出演で監督の実弟であるギオルギ・バブルアニ。
  • ルビー&カンタン

    おしゃべりで陽気な男と寡黙な男が刑務所で出会い、ひょんなことから一緒に脱獄。様々なトラブルに遭遇しながら次第に友情を深めていく姿を軽妙に綴る。「レオン」のジャン・レノと「メルシィ!人生」のジェラール・ドパルデューが初共演した痛快コメディ。監督は、「上質なフレンチ・コメディの職人」として人気のフランシス・ヴェベール。
  • チャイルドゲーム

    パリの高級アパルトマンで暮らす一家を襲う怨念の恐怖。ある日帰宅すると家中のドアが何時の間にかロックされていた。パニックに陥る両親を尻目に、子供たちは平然としていた。その異常な態度に母親は得たいの知れない恐怖を感じてしまう。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ローラン・チュエル 脚本:コスタンス・ベルルカ 製作総指揮:リシャール・マルベッキ 音楽:クリシュナ・レヴィ 出演:カリン・ヴィアール/シャルル・ベルリング/リュディヴィーヌ・サニエ/オーレリアン・ルコワング
  • ソフィー・マルソーの愛人日記

    『ラ・ブーム』で一世を風靡した80年代のアイドル女優、ソフィー・マルソーが母親の愛人に恋焦がれる娘を淫らに演じるラブロマンス。作曲家・ショパンは愛人、ジョルジュ・サンドの娘・ソランジュに心惹かれつつも、彼女の愛を受け入れられないでいた。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:アンジェイ・ズラウスキー 製作:マリー=ロール・レール 撮影:アンジェイ・ヤロセウィック 美術:ジャン=バンサン・ピュゾ 出演:ソフィー・マルソー/マリー=フランス・ピジェ/ヤーヌシュ・オレイニチャク



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?