村田啓治 ムラタケイジ

村田啓治の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • この世はありきたり

    岡田あがさ作・演出の一人芝居『ワタシガタリ』を、「死神ターニャ」の塩出太志が再構築して映画化。毎日、自分が“特別な存在”かどうかを考えるユキ。それは誰もが一度は考えるありきたりなことかもしれない。では“ありきたりではない”とは何なのか。岡田あがさが主演を兼任。2018年横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバル長編部門最優秀賞受賞作。
  • 時時巡りエブリデイ

    お笑い芸人、女優などマルチな才能を発揮する鳥居みゆき主演で贈るタイムスリップ・ラブストーリー。日々を無為に過ごす美鳥は、友人の広子とあることをすると、15分だけ時間が戻せることに気付く。やがて美鳥は、その力を利用して好きな人に近づくが……。監督は東京国際映画祭に出品された「死神ターニャ」で注目を集めた塩出太志。
  • 野生のなまはげ

    都会に迷い込んだ野生のなまはげと少年の交流を綴るファンタジックコメディー。公園でなまはげに追いかけられ、なりゆきで一緒に暮らすことになった11歳の守。だがニュースに取り上げられたことでなまはげは悪徳ペットショップにさらわれてしまう。監督・脚本は、本作で長編デビューを飾る新井健市。坂上忍が指導するアヴァンセキッズスクール期待の新星・中島蓮が主役の守を演じる。
  • ロード・オブ・ツリメラ

    つり目でドSの三人組ボーカルユニット、ツリメラ主演による青春ブラックコメディ。彼女たちがなぜドSになったのかそのルーツを描く。監督・脚本・撮影・編集は「死神ターニャ」の塩出太志。出演は、「愛の渦」の赤澤ムック、「死神ターニャ」の岡田あがさ、「渇き。」の葛木英。
    80
  • 青春Hシリーズ できる子の証明

    「壁女」が国内外の短編映画祭で受賞し、「冬のアルパカ」がゆうばりファンタスティック国際映画祭2013北海道知事賞を受賞した原田裕司による初の長編監督作品。幸薄い女と中年ストリッパーが繰り広げるノンストップ・コメディ。出演は、「労働者階級の悪役」の相田淑見、「ALLDAYS 二丁目の朝日」の松田祥一。
  • ロストガール

    ある30代夫婦のどうしようもない倦怠感とすれ違いを描くドラマ。監督・脚本は「バカは死ななきゃ治らない」の山岡大祐。出演は「愛の予感」の渡辺真起子、「グーグーだって猫である」の山本浩司、「まぼろしの邪馬台国」の田辺愛美、「人間椅子」の石川謙、「ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY」の信川清順など。
  • 親不孝役者

    第7回日本芸術センター映像グランプリ演技賞を獲得した人情喜劇。父が余命いくばくもないことを知らされた売れない役者の正明は、長年親不孝してきた父にせめて心安らかに旅立ってもらいたいとの思いから、片思いの相手を妻にでっち上げ連れて帰ろうとする。監督は「年々歳々」などを手がけたほか、「エクステ」や「輪廻」の脚本に参加した安達正軌。2015年4月23日浅草六区ゆめまち劇場での上映会を皮切りに、各地で上映。
  • 神様、パン買って来い!

    『窓辺のほんきーとんく』の堀井彩監督が、殺人マシーンと化した男の殺戮を描いた衝撃作。他人の言葉を勘違いして捉えたことから、女たちをあらゆる方法で殺害していく男。平凡な人間の内に潜む“異常なる狂気”をシュールかつコミカルに綴る。【スタッフ&キャスト】監督:堀井彩 出演:岩崎友彦/辻岡正人/村田啓治/高木悠衣



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/25

円谷英二(1970)

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。