アンナ・ネトレプコ アンナネトレプコ

  • 出身地:ロシア,クラスノダール
  • 生年月日:1971/09/18

アンナ・ネトレプコの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・オペラ「運命の力」

    ロンドンのコヴェント・ガーデン、ロイヤル・オペラ・ハウスで上演されたロイヤル・バレエ団、ロイヤル・オペラによる世界最高峰のバレエとオペラをスクリーン上映するシリーズの一作。最高の人気を誇るネトレプコとカウフマンの共演が話題の作品。
    81
    • 感動的な
    • 重厚感のある
  • METライブビューイング2018-19 チレア「アドリアーナ・ルクヴルール」

    ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場のオペラ公演を上映するシリーズの一作。18世紀前半にパリで活躍したコメディ・フランセーズの人気女優アドリアーナ・ルクヴルールの劇的華麗な人生を、現代オペラ界を牽引するプリマ・ドンナ、アンナ・ネトレプコが絶唱。オペラと演劇、両方の分野で活躍する人気演出家デイヴィッド・マクヴィカーが、伝統美あふれる新演出でバロックの劇場を再現。指揮は2007年から18年までトリノ王立歌劇場の音楽監督を務めたジャナンドレア・ノセダ。出演は「METライブビューイング2018-19 ヴェルディ《アイーダ》」のアンナ・ネトレプコ、アニータ・ラチヴェリシュヴィリ、「METライブビューイング2017-18 ヴェルディ《ルイザ・ミラー》」のピョートル・ベチャワ、「METライブビューイング2013-2014 ヴェルディ《ファルスタッフ》」のアンブロージョ・マエストリ、「METライブビューイング2014-2015 ロッシーニ《セヴィリャの理髪師》」のマウリツィオ・ムラーロ、「METライブビューイング2018-19 プッチーニ《西部の娘》」のカルロ・ボージ。2019年1月12日の舞台を上映。
  • METライブビューイング2018-19 ヴェルディ「アイーダ」

    NYメトロポリタン歌劇場でのオペラ公演を上映するシリーズ。古代エジプトを舞台にした悲恋物語を、スター歌手アンナ・ネトレプコらが歌い上げる。娘アイーダが敵国エジプトの将軍と恋仲だと知ったエチオピア国王は、娘に敵軍の進路を聞き出させようとする。サッカーの応援曲に使用される『凱旋行進曲』などヴェルディによる壮大な歌劇をソニヤ・フリゼルの演出で綴る、一大スペクタクル。2018年10月6日上演の舞台を収録。
  • METライブビューイング2016-17 チャイコフスキー「エフゲニー・オネーギン」

    メトロポリタン歌劇場のオペラを上映するシリーズ。2017年4月22日上演の、プーシキンの韻文小説を基にしたすれ違いが呼ぶ悲劇を収録。放蕩三昧のオネーギンはタチヤーナから思いを寄せられるが拒絶。しかし数年後、人妻となった彼女に心を奪われ……。デボラ・ワーナーの演出で、舞台上に19世紀ロシアの情景が蘇る。アンナ・ネトレプコとディミトリ・ホヴォロストフスキーという現代オペラ界を代表するロシア出身の二人が、恋の火花を散らす。5.1chサラウンドの音響と10台以上のHDカメラを用い舞台を収録し、舞台裏の模様を含め上映する。
  • METライブビューイング2015-2016 ヴェルディ「イル・トロヴァトーレ」

    ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(MET)で上演されるオペラを5.1chサラウンドの音響や10台以上のHDカメラを駆使し撮影、舞台裏の模様も盛り込み上映するシリーズ。本作では、2015年10月3日に人気の高いアンナ・ネトレプコや実力派バリトン、ディミトリ・ホヴォロストフスキーらスター歌手を迎え上演される、ヴェルディ中期の傑作のひとつを収録。『見よ、恐ろしい炎を』をはじめ数々の情熱的な名曲により紡がれていく一人の女性を巡り争う貴族と吟遊詩人の悲しい運命を、ゴヤの絵に着想を得たデイヴィッド・マクヴィカーの力強い演出で魅せる。
  • METライブビューイング2014ー2015 チャイコフスキー「イオランタ」

    ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(MET)で上演されるオペラを、舞台裏の模様も盛り込み5.1chサラウンドの音響や10台以上のHDカメラを駆使し撮影するシリーズ。本作では2015年2月14日に上演される、アンデルセンの童話を基にしたチャイコフスキー晩年の作品を収録。本作はMETでは初めての演目で、バルトーク『青ひげ公の城』と2本立てで上演される。目が見えないことを知らずに育った王女と彼女に惹かれた伯爵が呼んだ奇跡を、ロシアが誇る名指揮者ワレリー・ゲルギエフと名ソプラノであるアンナ・ネトレプコのコンビで贈る。演出は映画「秋への別れ」を手がけたマリウシュ・トレリンスキ。
  • METライブビューイング2014-2015 ヴェルディ「マクベス」

    ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で上演されるオペラをスクリーンで上映する『METライブビューイング』の2014~2015シーズン第1弾。シェイクスピアの名作をMET主席指揮者ファビオ・ルイジの指揮で上演。出演は『METライブビューイング』でも上映される『カヴァレリオ・ススティカーナ』のジェリコ・ルチッチ。
  • METライブビューイング2013-2014 チャイコフスキー《エフゲニー・オネーギン》

    ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(MET)で上演されるオペラを、映画館で上映するシリーズ。取り戻せない恋の痛みを描いたチャイコフスキーの傑作オペラを、世界をリードする巨匠ワレリー・ゲルギエフのタクトで上演。出演は「METライブビューイング2012-2013 ドニゼッティ《愛の妙薬》」のアンナ・ネトレプコ、マリウシュ・クヴィエチェン。
  • METライブビューイング2012-2013 ドニゼッティ《愛の妙薬》

    NYメトロポリタン歌劇場(MET)のオペラを映画館で上映する『METライブビューイング』。お嬢様と純情青年の恋を描き、『人知れず涙』などのアリアで知られるドニゼッティのラブコメディを、バートレット・シャーの新演出で上演。指揮はマウリツィオ・ベニーニ。出演はアンナ・ネトレプコ、マシュー・ポレンザーニ。
  • METライブビューイング2011-2012 マスネ《マノン》

    アヴェ・プレヴォーの恋愛小説『マノン・レスコー』が、マスネの甘い音楽で傑作オペラへと生まれ変わった。男たちを滅ぼしていく無邪気な小悪魔マノンを演じるのは「METライブビューイング2011-2012 ドニゼッティ《アンナ・ボレーナ》」のアンナ・ネトレプコ。指揮は「METライブビューイング2011-2012 モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》」のファビオ・ルイジ。
  • METライブビューイング2011-2012 ドニゼッティ《アンナ・ボレーナ》

    メトロポリタン歌劇場の最新オペラを字幕付きで上映する“METライブビューイング”に、ドニゼッティ作曲の英国王朝を舞台にした歴史悲劇をラインナップ。「フィガロの結婚」などで活躍するソプラノ、アンナ・ネトレプコ主演で王に裏切られる王妃の物語が綴られる。演出は「イル・トロヴァトーレ」のデイヴィッド・マクヴィカー。
  • METライブビューイング2010-2011 ドニゼッティ《ドン・パスクワーレ》

    世界最高峰のオペラハウス、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場<MET>で行われている最新のオペラ公演を、映画館の巨大スクリーンで楽しめる“METライブビューイング”。ドニゼッティ晩年の喜劇を、ジョン.デル・カルロ、アンナ・ネトレプコら名歌手たちが愉快に歌い上げる人生讃歌。2010年11月13日収録。指揮はジェイムズ・レヴァイン、演出をオットー・シェンクが担当。
  • METライブビューイング2009-2010 オッフェンバック《ホフマン物語》

    NYメトロポリタン歌劇場のオペラ公演をスクリーンで楽しむ“METライブビューイング”。原作はE.T.A.ホフマン、作曲は『天国と地獄』のオッフェンバック。詩人が回想する3つの恋を描く。指揮はMETの芸術監督などを歴任するジェイムズ・レヴァイン。トニー賞受賞のバートレット・シャーによる新演出で上演。
  • ラ・ボエーム(2008)

    プッチーニによる同題のオペラを映画化。19世紀のパリを舞台に、貧しいながらも自由を謳歌するボヘミアンたちの悲恋を描く。監督は「カラヤンの“美”-ロバート・ドーンヘルムによるドキュメンタリー」のロバート・ドーンヘルム。出演は、オペラ界のトップ歌手であるアンナ・ネトプレコ、ローランド・ビリャソン。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 8/4

ダニエル・デイ・キム(1968)

ラーヤと龍の王国

「ベイマックス」のドン・ホール監督と「ブラインドスポッティング」のカルロス・ロペス・エストラーダ監督がタッグを組んだアニメ。龍の石の守護者一族の娘ラーヤは、姿を消した“最後の龍”の力を蘇らせ、分断された世界を再び一つにするため、旅に出る。「モアナと伝説の海」のオスナット・シューラー、「アナと雪の女王」シリーズのピーター・デル・ヴェッコが製作に参加。人を信じることができず一人で生きてきたラーヤの戦いと成長を描く。

ヘルボーイ(2019)

ギレルモ・デル・トロが二度映画化した人気アメコミを、原作者マイク・ミニョーラ製作総指揮の下、再映画化。超常現象調査防衛局の最強エージェント、ヘルボーイは、人類に復讐を誓う魔女ニムエに戦いを挑むが、ニムエの魔力により、世界滅亡の危機が訪れる。特殊メイクを駆使して主人公ヘルボーイに扮したのは、Netflix『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で注目のデヴィッド・ハーバー。共演は「記者たち 衝撃と畏怖の真実」のミラ・ジョヴォヴィッチ、「ジョン・ウィック:チャプター2」のイアン・マクシェーン。監督を務めたのは、「ディセント」のニール・マーシャル。
檀れい(1971)

奥様は、取り扱い注意

2017年に放送されたドラマ『奥様は、取扱注意』の劇場版。元特殊工作員の専業主婦・菜美と、菜美の夫で、実は彼女を監視する公安警察の勇輝。ある出来事がきっかけで菜美が記憶喪失になると、二人は名前を変え、地方都市・珠海市で新生活を始めるが……。出演は、「今夜、ロマンス劇場で」の綾瀬はるか、「空母いぶき」の西島秀俊。監督は、「カイジ ファイナルゲーム」の佐藤東弥。

累 かさね

松浦だるまの同名コミックを実写映画化。伝説の女優を母に持ち、天才的な演技力がありながら、醜い容姿を恨み続けて生きてきた累。母は累に、キスした相手の顔を奪える不思議な口紅を遺していた。累は、美貌に恵まれながら花開かずにいる女優・ニナと出会う。監督は、「ストロベリーナイト」の佐藤祐市。出演は、「となりの怪物くん」の土屋太鳳、「心が叫びたがってるんだ。」の芳根京子、「破門 ふたりのヤクビョーガミ」の横山裕、「ママレード・ボーイ」の檀れい、「幼な子われらに生まれ」の浅野忠信。

NEW今日命日の映画人 8/4

該当する人物がいません