西島隆弘 ニシジマタカヒロ

  • 出身地:北海道札幌市
  • 生年月日:1986年9月30日

略歴 / Brief history

北海道札幌市の生まれ。6歳の頃より歌とダンスを始め、札幌の芸能養成スクール“アクターズスタジオ”で本格的に技能を磨く。北海道札幌工業高校建築科在学中の2003年、5人組ボーカルグループ“japs”の初代メンバーに選出され、同年9月にシングル『プレシャスラヴ』を発表。その間、エイベックスのオーディションに合格し、翌04年3月にjapsを卒業して上京する。05年、男女7人編成の音楽ダンスグループ“AAA(トリプル・エー)”のメンバーに選ばれ、シングル『BLOOD on FIRE』でメジャーデビュー。同年末には日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞し、日本武道館ライヴも果たす。以降もグループの活動を続けつつ、個人としての俳優活動も開始。07年の朗読劇『LOVE LETTERS』で初舞台を踏み、次いでテレビ東京『美味(デリシャス)學院』で、ドラマ初出演にして主演を飾る。主人公・北阪狼馬を演じ、食べることは大好きだが料理は大嫌いな少年が次第に料理人として成長していくさまを、持ち前のルックスと身体能力を活かして違和感なく表現した。08年の舞台『ハロルドとモード』では、浅丘ルリ子演じる老嬢・モードと恋に落ちる自殺志願の少年・ハロルドを好演。エイベックス20周年記念舞台『ココロノカケラ』08では、相葉弘樹とダブルキャストで出演する。順調に積み上げてきた俳優としてのキャリアが激変するのは09年、園子温監督の237分にも及ぶ長編映画「愛のむきだし」で、父の愛情を求めて盗撮行為を繰り返しては懺悔する少年・ユウ役に抜擢されたことで、変態と紙一重の純粋さを繊細に表現し、愛のために疾走する主人公を熱演した。劇中でのアクロバティックな盗撮やアクション、さらに女装もこなして、キネマ旬報賞新人男優賞、毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞を受賞する華々しい映画デビューを飾る。映画はその後、中山美穂主演、イ・ジェハン監督の「サヨナライツカ」09の助演を経て、10年の瀧本智行監督「スープ・オペラ」に出演。リストラされてヒロインの家に転がり込む青年・林康介役で、図々しいのか清々しいのか判別しがたいロスジェネ世代の男子像を軽やかに演じた。テレビドラマはほかに、NHK『ゴーストフレンズ』09、TBS『タンブリング』10、フジテレビ『外交官・黒田康作』11など。舞台は『リンダリンダラバーソウル』09などがあり、AAAで鍛えた高い運動能力と中性的なルックスを活かし、同世代俳優たちの中でもとりわけ異彩を放つ存在である。

西島隆弘の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • シグナル 月曜日のルカ

    不思議な条件のもとひなびた映画館で夏休みの間アルバイトをすることになった大学生が、ある事情を抱える謎めいた映写技師の若い女性に惹かれていく、ラブストーリー。監督は「時をかける少女」(10)でヨコハマ映画祭新人監督賞を受賞した谷口正晃。ひと夏の恋を、瑞々しく、時にはミステリアスに描く。原作は『プリズム』で第15回小説すばる新人賞を受賞、『空をつかむまで』で第22回坪田譲治文学賞を受賞し注目が集まる関口尚の『シグナル』(幻冬舎文庫)。出演は本作がデビュー作となる三根梓、「愛のむきだし」の西島隆弘(AAA)、「軽蔑」の高良健吾、「JAZZ爺MEN」の井上順、「沈まぬ太陽」の宇津井健ほか。
  • ヒミズ

    「冷たい熱帯魚」の園子温監督が漫画家・古谷実(『行け!稲中卓球部』)の問題作を映画化。家庭環境に恵まれない少年と愛に飢えた少女、2人の中学生の青春を切れ味鋭い独自のタッチで描く。主演の染谷将太(「東京公園」)と二階堂ふみ(「指輪をはめたい」)は、本作でヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞。
    77
  • スープ・オペラ

    阿川佐和子の同名小説を「ノン子36歳 (家事手伝い)」の坂井真紀主演で映画化。謎の中年男、年下の青年と奇妙な同居生活を送ることになった30代独身女性の日常をユーモラスに綴る。共演は「愛のむきだし」で数々の映画賞を受賞した西島隆弘、「愛のコリーダ」の藤竜也。随所に登場する見事な料理や食器の数々も見どころ。
  • サヨナライツカ

    芥川賞作家、辻仁成の小説を「私の頭の中の消しゴム」のイ・ジェハン監督が映画化。1人の男性をめぐって、“愛すること”を選ぶ女性と“愛されること”を選ぶ女性の姿を通じて、愛のあり方を問う。中山美穂が「東京日和」以来12年ぶりにスクリーン復帰。共演に「ゼロの焦点」の西島秀俊、「誰も守ってくれない」の石田ゆり子。
    70
  • 愛のむきだし

    あることがきっかけで盗撮のカリスマとなったクリスチャンの少年が、謎の宗教団体から家族を救うべく戦いを挑むエンタテインメント大作。監督は「紀子の食卓」の園子温。出演は、映画初出演となる音楽ユニットAAAの西島隆弘、「少林少女」の満島ひかり、「静かな生活」の渡部篤郎。第9回東京フィルメックス特別招待作品。
    70
  • 湘南・夏恋物語

    小池徹平、西島隆弘、臼田あさ美、木南晴夏が共演したラブストーリー。湘南の海の家を舞台に、代理店をリストラされた洋介、地元の青年・彰、オーナーの娘・千波、料理担当・渚の男女4人が織り成すひと夏のロマンスを甘く切なく紡ぎ出す。【スタッフ&キャスト】脚本:山口あさみ 監督・脚本:田中誠 プロデューサー:石田成一/森川真行 出演:小池徹平/西島隆弘(AAA)/臼田あさ美/木南晴夏

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/25

マット・ルブランク(1967)

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル

諜報スペシャリストの美女トリオが活躍するアクション。1970年代の人気TVシリーズを映画化した第2弾。監督はシリーズ前作に続きマックジー。製作・主演も前作に続きドリュー・バリモア。脚本は「シックス・デイ」のマリアンヌ・ウィバーリー&コーマック・ウィバーリーほか。撮影のラッセル・カーペンター、美術のJ・マイケル・リーヴァ、武術指導のユエン・チョンヤンなど、主要スタッフは前作と同じ。共演は前作のキャメロン・ディアス、ルーシー・リュー、ルーク・ウィルソン、マット・ルブランらに加え、「薔薇の眠り」のデミ・ムーア、「オーシャンズ11」のバーニー・マックほか。

チャーリーズ・エンジェル(2000)

美人探偵三人組が大活躍するポップなアクション。1976年にスタートした大人気テレビドラマの映画化。監督はこれがデビューとなるマックジー。武術指導は「マトリックス」のユエン・ウーピン。製作・出演は「25年目のキス」のドリュー・バリモア。共演に「マルコヴィッチの穴」のキャメロン・ディアス、「シャンハイ・ヌーン」のルーシー・リュー、「クレイドル・ウィル・ロック」のビル・マーレーほか。
イリーナ・ダグラス(1965)

メガ・シャークVSグレート・タイタン

モンスターパニック映画シリーズ「メガ・シャーク」第4弾。メガ・シャークの卵から生まれた新メガ・シャークと巨人型兵器の戦いを描く。監督は、「アルマゲドン2014」のクリストファー・レイ。出演は、「ゴーストワールド」のイリアナ・ダグラス。カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2015にて上映。

ファクトリー・ガール

1960年代のミューズとして生きたイーディ・セジウィックの生涯を描いた伝記ドラマ。「カサノヴァ」のシエナ・ミラーを主演に迎え、「メイヤー・オブ・サンセット・ストリップ」のジョージ・ヒッケンルーパーが監督した。そのほかの出演者は「メメント」のガイ・ピアース、「ジャンパー」のヘイデン・クリステンセンなど。

NEW今日命日の映画人 7/25

下條正巳(2004)

男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇

渥美清の死去により終了した「男はつらいよ」シリーズ全48作の中から、シリーズの大半を演出した山田洋次が特に好きな一編という第25作「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」を、コンピュータ・グラフィックの導入、ドルビー・ステレオ・システムで録音し直すなど、最新技術を駆使してリニューアルさせた特別篇。冒頭部分には、寅次郎の甥の満男にふんする吉岡秀隆の登場シーンを新たに追加して、満男が寅さんの想い出を回想するという形に仕上げている。

天才えりちゃん金魚を食べた

6歳の少年が第8回福島正実記念SF童話大賞を受賞して話題となった同名の絵本をもとにしたファンタジー・アニメーション。1984年6月に宮崎県都城市で生まれた作者の竹下龍之介少年は、幼稚園年長組の夏休みに書いた受賞作以降、『えりちゃんシリーズ』として全4作を書き上げている。映画は、受賞作と第2作『天才えりちゃん月へ行く』をあわせてアニメ化した。総監督は「ウルトラマンカンパニー」の日下部光雄。主人公の兄妹の両親の役で、「新居酒屋ゆうれい」の松坂慶子と「風のかたみ」の阿部寛が声優をつとめた。同時上映「ポコニャン!」
ジョン・シュレシンジャー(2003)

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17 ロイヤル・オペラ「ホフマン物語」

英国ロイヤル・オペラ・ハウスの上演作品を映画館で上映するシリーズの1本で、「真夜中のカーボーイ」監督のジョン・シュレシンジャーが演出したオペラ。詩人ホフマンは恋敵であるリンドルフにそそのかされ、過去に愛した3人の女たちとの思い出を語り出す。ドイツの小説家E.T.A.ホフマンの小説が基になり、戯曲を経てフランスの作曲家ジャック・オッフェンバックによりオペラ化。

2番目に幸せなこと

一夜の過ちで子供を得て“夫婦”になった自立した女性とゲイの男性のカップルをめぐるドラマ。監督は「スウィーニー・トッド」のジョン・シュレシンジャー。脚本はトーマス・ロペルスキー。撮影は「アウト・オブ・サイト」のエリオット・デイヴィス。音楽は「シティ・オブ・エンジェル」のガブリエル・ヤレド。出演は「エビータ」のマドンナ、「恋におちたシェイクスピア」のルパート・エヴェレットほか。