ナディーン・ラバキー ナディーンラバキー

ナディーン・ラバキーの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 存在のない子供たち

    カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞したヒューマンドラマ。わずか12歳の少年ゼインは、両親を相手に裁判を起こす。裁判長から、その罪を尋ねられた彼は、 “僕を産んだ罪”と答える。中東の貧民窟で生まれたゼインが、両親を訴えるに至った経緯とは……。監督は「キャラメル」のナディーン・ラバキー。出演者の大半は、役柄に近い境遇にある素人を集めて撮影が行われた。主演のゼイン・アル・ラフィーアは、シリアからの難民として、家族と共に逃れたレバノンで暮らした経験を持つ。
    58
    • 感動的な
    • 考えさせられる
  • 歌声にのった少年

    「パラダイス・ナウ」のハニ・アブ・アサド監督が、実在のパレスチナ人歌手を取り上げた人間ドラマ。スター歌手になって世界を変えたいと願うムハンマドは、幼くして亡くなった姉との約束を果たすため、ガザの壁を越えオーディション番組に出場しようとする。長きにわたり紛争が絶えないパレスチナ・ガザ地区を背景に、2013 年にアメリカのオーディション番組『アメリカン・アイドル』の中東版『アラブ・アイドル』でパレスチナの曲を歌い優勝したムハンマド・アッサーフをモデルにしている。
    100
  • リオ、エウ・チ・アモ

    「プリシラ」のステファン・エリオット監督が描く、世界の各都市を舞台にさまざまな「愛」の形を描くオムニバスシリーズ第三弾。2015年4月25日より開催されたブラジル映画祭2015にて映画祭上映された。
  • 友よ、さらばと言おう

    「あるいは裏切りという名の犬」のオリヴィエ・マルシャル監督の原案を「すべて彼女のために」のフレッド・カヴァイエ監督が映画化したアクション。主演は「すべて彼女のために」のヴァンサン・ランドン、「この愛のために撃て」のジル・ルルーシュ。ギャング同士の抗争に巻き込まれた元刑事とその親友の刑事の戦いを描く。
    90
  • キャラメル

    音楽ビデオやCMなどで活躍するレバノン出身のナディーン・ラバキーが、監督に加え主演・脚本の3役を兼任した長編監督デビュー作。エステサロンに集まる、世代も宗教も異なる女性たちを主人公に、恋愛、結婚、SEX、不倫、同性愛といった女性の問題を涙とユーモアで綴る。アカデミー賞レバノン代表に選出され、高い評価を得た。
  • 私たちはどこに行くの?

    2020年3月14日~3月20日渋谷ユーロスペースにて開催されるイスラーム映画祭5内で上映。



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/25

円谷英二(1970)

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。