フロリアン・ボスケット フロリアン・ボスケット

フロリアン・ボスケットの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ジョッキーを夢見る子供たち

    フランス国立の騎手・厩務員養成学校“ル・ムーラン・ナ・ヴォン”で、未来の騎手を目指す子供たちの姿を追ったドキュメンタリー。馬の世話や乗馬訓練に明け暮れる日々と、子供たちの夢や不安を映し出す。「皇帝ペンギン」のロラン・シャレらが撮影を担当。監督はドキュメンタリー映画『L’Humanologue』のバンジャマン・マルケ。名騎手オリビエ・ペリエや武豊も出演している。2006年9月。14歳の子供たち約30人が“ル・ムーラン・ナ・ヴォン”の門をくぐった。これから3年間で、優れた子供は騎手に、それ以外の子供は厩務員になるためのプロフェッショナル教育を受けるためである。馬が人間より優先される世界。朝5時から厩舎での馬の世話が始まり、その後、朝霧の中、乗馬訓練が行なわれる。彼らは、自分の10倍以上の強さの生き物の世話をし、制御し、乗りこなそうと毎日のように努力を続ける。新入生のひとり、フロリアンの夢は名馬の一流騎手になることで、早い段階から素質ありと評価を受けている。自分の将来設計がないフラヴィアンは、騎手になることより女の子のことで頭がいっぱいで、この職業を目指すことに疑問を感じ始めている。お人よしで心のまっすぐな少年、スティーヴは馬恐怖症で上手に操ることができないでいた。しかし馬が好きで騎手になりたいという想いは、彼がいちばん強かった。教官たちは自分の持つ全てを子供たちに伝えようと厳しく教え込む。教官も年老いた厩務員も、若かりし頃はジョッキーを夢見てこの学校の門をくぐった子供だったのだ。長かった1年が終わる頃、優秀者だけが出場可能なレースが待っていた。選ばれた者も選ばれなかった者も、入学時とは顔付きも変わり、肉体には逞しい筋肉がついている。試練に耐えた子供たちは現実世界の入り口に立つ。勝つこととは何か、真の一等賞とは何か、人生の意味を彼らはいま知り始めていた……。



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/25

円谷英二(1970)

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。