アラン・ビーン アラン・ビーン

アラン・ビーンの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ザ・ムーン

    月に降り立った宇宙飛行士たちのインタビューとNASAによる秘蔵映像で綴られる月面着陸40周年を記念したドキュメンタリー。アポロ計画の宇宙飛行士たちが多数登場するほか、「アポロ13」のロン・ハワード監督もスタッフとして参加。監督は本作が長編映画初監督作品となるデイヴィッド・シントン。1960年代、アメリカ合州国は宇宙計画においてソヴィエト連邦に後れをとっていた。時の大統領ケネディの強い意志のもと、人類初の月面着陸を目指してアポロ計画が発動される。アメリカ中の若いパイロットたちが、この国あげての事業に参加することを夢見てNASAの募集に応募。その中で、素晴らしい才能と不屈の精神を持ち合わせ、かつ、自らの信念に揺らぎない者たちが宇宙飛行士として選ばれる。しかし、彼らには幾多の試練と困難と悲劇が待ち受けていた。1967年、アポロ1号の事故は3人の若い命を奪ってしまう。NASAの技術者と宇宙飛行士たちの懸命な努力と団結心の結果、1968年、アポロ8号は月周回飛行に成功。このニュースは、暗い世相が蔓延する当時のアメリカ国民に達成感と希望を与えた。そして、遂に3人の宇宙飛行士たち――ニール・アームストロング、バズ・オルドリン、マイク・コリンズ――は、月着陸のミッションを課せられ、1969年7月16日、アポロ11号が打ち上げられる。月着陸船“イーグル”は無事月面へと舞い降り、世界中が見守る中、アームストロングとオルドリンは、人類として初めての歴史的な一歩を踏み出した。これを皮切りに、6回の月面着陸が試みられるが、アポロ13号のミッションは失敗に終わる。13号の乗組員たちは月着陸船を救命ボートとして司令船から脱出、わずかな電力と月の引力を利用して奇跡の生還を果たした。アポロ11号から最後の1972年のアポロ17号まで、9機のロケットが月へと向かい、計12人の人間が月面を歩行。いまだかつて、地球以外の天体に降り立たった人間はこの12人しかいない。



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/23

ジャンヌ・モロー(1928)

天使の入江

人生に潜む冷淡で皮肉な側面を見つめたジャック・ドゥミ監督の長編第2作。パリで銀行員として働くジャンは、初めて訪れたカジノで大金を得る。以来、ギャンブルに取り憑かれた彼は、ブロンド女性・ジャッキーと意気投合し、共にのめり込んでいく。WOWOWにて放映後、アンスティチュ・フランセ東京で開催された特集企画『ジャック・ドゥミ、映画の夢』にて上映(上映日:2014年9月20日)。2017年7月22日より特集企画『ドゥミとヴァルダ、幸福についての5つの物語』にて劇場上映。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・台詞:ジャック・ドゥミ 撮影:ジャン・ラビエ 音楽:ミシェル・ルグラン 編集:アンヌ=マリー・コトレ 出演:ジャンヌ・モロー/クロード・マン/アンリ・ナシエ/ポール・ゲール

家族の灯り

ポルトガルの作家ラウル・ブランダンの戯曲を基に「ブロンド少女は過激に美しく」のマノエル・デ・オリヴェイラ監督が映画化。小さな港町を舞台に、失踪した息子の帰りを待ちわびる父と母、妻の姿を描く。出演は「楽園からの旅人」のマイケル・ロンズデール、「ブーベの恋人」のクラウディア・カルディナーレ、「突然炎のごとく」のジャンヌ・モロー、「永遠の語らい」のレオノール・シルヴェイラ、「ブロンド少女は過激に美しく」のリカルド・トレパ、「ノン、あるいは支配の空しい栄光」のルイス・ミゲル・シントラ。
小日向文世(1954)

コンフィデンスマンJP 英雄編

『リーガルハイ』シリーズの古沢良太が脚本を手掛け、長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が出演したTVドラマの劇場版第3弾。マルタ島を舞台に伝説の詐欺師の称号をかけ勝負を始めるダー子、ボクちゃん、リチャード。そこにインターポールの捜査の手が迫る。出演は、「不灯港」の小手伸也、「罪の声」の松重豊、「劇場版 ルパンの娘」の瀬戸康史。監督は、前2作に引き続き田中亮が担当。

マスカレード・ナイト

「マスカレード・ホテル」から続き、東野圭吾のミステリーを主演・木村拓哉、監督・鈴木雅之で映画化。ホテル・コルテシア東京での捜査から2年。大晦日の仮装パーティーに殺人犯が現れるという密告状が届き、新田は再びホテルマンの山岸と組み潜入捜査する。前作から続き破天荒な刑事・新田浩介を木村拓哉が、優秀だけど生真面目なホテルマンの山岸尚美を長澤まさみが演じるほか、豪華キャスト陣が揃う。

NEW今日命日の映画人 1/23

該当する人物がいません