岩辺いずみ イワベイズミ

岩辺いずみの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ペトルーニャに祝福を

    第69回ベルリン国際映画祭エキュメニカル審査員賞・ギルド映画賞に輝いた人間ドラマ。北マケドニアの小さな町。面接で不採用となったペトルーニャは、その帰りに女人禁制の伝統儀式・十字架投げに遭遇。彼女が思わず十字架を手にしたことから、騒動が起きる。北マケドニアの首都スコピエ出身、「ティトフ・ヴェレスに生まれて」(第9回東京フィルメックス特別招待作品)などを手がけてきたテオナ・ストゥルガー・ミテフスカ監督が、実話を基に、ペトルーニャの闘いをアイロニーとユーモアを交えながら描く。
  • DAU. ナターシャ

    欧州最大1万2千平米のセットと1万人のエキストラ、15年の時間を費やしてソ連全体主義社会を完全再現。ソ連の秘密研究所に併設された食堂で働くナターシャは、スパイ容疑でKGBから追及を受ける。ベルリン国際映画祭銀熊賞(芸術貢献賞)受賞作。キャストたちは当時を忠実に再現した秘密研究都市のセットで約2年、実際に生活しながら撮影が行われた。主演のナターリヤ ・ベレジナヤは、本作でスカウトされた新人。出演者には、本物のノーベル賞受賞者、元ネオナチリーダーや元KGB職員なども加わっている。監督は「4」が各国の映画祭で絶賛されたロシアの鬼才イリヤ・フルジャノフスキー。
  • mid 90s ミッドナインティーズ

    「ウルフ・オブ・ウォールストリート」などの俳優ジョナ・ヒルが初監督を手掛けた青春ドラマ。1990年代半ばのロサンゼルス。13歳のスティーヴィーは、街のスケートボード・ショップで店に出入りする少年たちと知り合い、憧れから彼らに近づこうとする。出演は、「ルイスと不思議の時計」のサニー・スリッチ、「ファンタスティック・ビースト」シリーズのキャサリン・ウォーターストン、「ある少年の告白」のルーカス・ヘッジズ。
  • 田園の守り人(もりびと)たち

    「神々と男たち」のグザヴィエ・ボーヴォワによる人間ドラマ。第一次世界大戦下のフランス。2人の息子を戦場に送り出した農園の未亡人オルタンスと娘ソランジュは、若い働き手のフランシーヌを雇う。一時休暇で帰宅した次男はフランシーヌに惹かれるが……。「たかが世界の終わり」のナタリー・バイと、その娘で「ブルゴーニュで会いましょう」のローラ・スメットが母子役で共演している。
    84
    • 感動的な
  • エスコバル 楽園の掟

    コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルの実話を基にした犯罪アクション。麻薬王の姪と恋に落ちたカナダ人青年が、組織の闇に巻き込まれる。「トラフィック」でアカデミー助演男優賞を受賞したベニチオ・デル・トロがエスコバルを演じる。「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」出演のアンドレア・ディ・ステファノによる初監督作品。
    50
  • ムカデ人間3

    人間の口と肛門をつなげるというセンセーショナルな発想が話題を呼んだホラーの第3弾。「ムカデ人間」では3人、「ムカデ人間2」では12人をつなげたが、本作では刑務所を舞台に500人もの囚人が犠牲になる。監督・脚本は前2作に引き続きトム・シックス。「ムカデ人間」でマッドサイエンティストを演じたディーター・ラーザーとムカデ人間の先頭となった北村昭博、「ムカデ人間2」の凶漢役ローレンス・R・ハーヴェイに加え、「エクスペンダブルズ」のエリック・ロバーツ、「フィフス・エレメント」のトミー・タイニー・リスターらが出演している。
    50
  • セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター

    「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」「Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」のヴィム・ヴェンダース監督が、ブラジル出身の写真家セバスチャン・サルガドの波乱に満ちた人生を追いかけるドキュメンタリー。サルガドの長男で映画作家のジュリアーノ・リベイロ・サルガドの協力を得て、稀代の写真家であり家族を愛する一人の男の足跡を解き明かしていく。音楽は「愛のめぐりあい」のローレント・ピティガント。
    90
  • 家族の味見

    “フランスの喜劇王”ジャック・タチの監督作「プレイタイム」、「トラフィック」などに編集スタッフとして参加した娘のソフィー・タチシェフが監督した短編。父親譲りの優れた観察眼に基づく描写と市井の人々に対する愛情に溢れた小品。製作から38年を経て、2014年に開催される“ジャック・タチ映画祭”にて国内劇場初公開。
  • PVC-1 余命85分

    強盗に襲われ、首に爆弾を取り付けられた主婦とその家族が経験する恐怖を、実話を元に手持ちカメラ、全編ワンカットで撮影した異色作。スピロス・スタソロプロス監督の長編デビュー作で、カンヌ映画祭ローマ市賞を受賞。出演はキューバの舞台女優メリダ・ウルキーア、『Heroes de Turno』のダニエル・パエス。
  • きつねと私の12か月

    野生のきつねと少女のふれあいを描く感動のドラマ。ヨーロッパの雄大な自然と野生動物の姿を詩情豊かにとらえ、フランスで240万人動員の大ヒットを記録した。監督は「皇帝ペンギン」のリュック・ジャケ。出演は、「la Petite Chartreuse」のベルティーユ・ノエル=ブリュノー、「記憶の森」のイザベル・カレー。
    70

Blu-ray/DVDで観る




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?