溝口琢矢 ミゾグチタクヤ

溝口琢矢の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 怜々蒐集譚

    石原理のミステリー漫画『怜々蒐集譚』シリーズを原作にしたキノドラマ(舞台)と連動したキネマ版。華やかな大正時代、烏鷺と乙貝、若き二人の作家のスキャンダルが、文壇を賑わせた。事件解決の先には、若き日の烏鷺と乙貝の互いへの交錯する思いがあった。出演は「王様とボク」の相葉裕樹、「太陽からプランチャ」の相馬圭祐ほか。2019年2月16日~27日に新国立劇場 小劇場にて上演のキノドラマ(舞台)に連動し不定期上映。2019年7月12日~14日に池袋HUMAXシネマズにてイベント上映。2021年4月17日~5月23日池袋HUMAXシネマズにて「秘密の花園」と2本立てで不定期上映。
  • AI探偵

    「シュウカツ」シリーズの千葉誠治監督によるサスペンス・コメディ。探偵事務所を営んでいた父が失踪、息子の鍵山公彦は行方を追うがその足取りは全く掴めない。そんななか、公彦は父が残したと思われる謎のツンデレAIと共に、ある事件を解決しようと乗り出す。出演は「映画刀剣乱舞 継承」の荒牧慶彦、TVアニメ『ドリフェス!』の石原壮馬、溝口琢矢。
    81
    • 手に汗握る
    • かっこいい
  • シュウカツ3

    就職活動をテーマにしたサスペンスオムニバス「シュウカツ」シリーズ第3弾。内定のためにゲームのような課題を与えられる「就職という名のゲーム」、面接で落とされた理由を人事部長に尋ねる「遺 産」、社員から驚くべき提案をされる「面接後」の3話構成。前作・前々作に続き「忍者狩り」の千葉誠治が監督を務める。「劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!」の溝口琢矢、舞台を中心に活動する富田健太郎、ゲーム&アニメ連動プロジェクト『青春!!!!!ユニット オーディション』出身の正木郁、「お江戸のキャンディー2 ロワゾー・ドゥ・パラディ(天国の鳥)篇」の荒牧慶彦、『仮面ライダーオーズ/OOO』の渡部秀らが出演。
  • シュウカツ2

    就職活動をテーマにしたオムニバス映画第2弾。最終面接に残った2人の学生がディベートで1人に絞られる「ディベート」、中途入社の面接の代わりに留守番を頼まれる「入社前研修」、最終試験の前に呼び出され、信じられない提案をされる「報復面接」の3本。出演は、「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」シリーズの渡部秀、舞台『グランギニョル』の染谷俊之、ドラマ『仮面ライダーディケイド』の戸谷公人、『ドリフェス!R』Dear Dreamメンバーの溝口琢矢。監督は、「忍者狩り」の千葉誠治。
  • 劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂(アイコン)とゴースト運命の瞬間(トキ)

    45周年を迎えた特撮シリーズ『仮面ライダーゴースト』劇場版。タケルたちの前に仮面ライダーダークゴーストが現れる。ダークゴーストを追って七色の光の中へ入ったタケルが辿りついたのは、歴史上の英雄たちの魂が実体化して暮らしている不思議な村だった。出演は、第27回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストグランプリの西銘駿、「ホテルコパン」の大沢ひかる、「サムライフ」の山本涼介、「ガールズ・ステップ」の磯村勇斗、「遺体 明日への十日間」の沢村一樹、「横たわる彼女」の木村了。監督は、「新春スーパー戦隊祭 劇場版 炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー」の諸田敏。
  • 仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス

    平成ライダーシリーズ17作目『仮面ライダーゴースト』と16作目『仮面ライダードライブ』がタッグを組む特撮アクション。時空の崩壊により10年前の世界へ飛ばされたタケルと進ノ介。その日はタケルの父が眼魔に殺された日の前日だった……。監督は「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」の金田治。出演は『仮面ライダーゴースト』の西銘駿、「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」の竹内涼真、「帝都物語外伝」の西村和彦、「三文役者」の竹中直人、「異人たちとの夏」の片岡鶴太郎。劇場版「MOVIE大戦」シリーズの第7弾。
    60
  • ジョーカーゲーム(2012)

    学校の合宿と称して、トランプの“ババヌキ”を利用したサバイバルゲームに巻き込まれた高校生たちの運命を描く。「グラッフリーター刀牙」のヒロイン役に続き、本作で映画初主演を飾るのは、人気アイドルグループ“AKB48”の北原里英。『海賊戦隊ゴーカイジャー』の小池唯、『GTO(2012)』の高月彩良が共演。
    45
  • 仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー EPISODE YELLOW お宝 DE エンド・パイレーツ

    平成仮面ライダーシリーズの中でも、特に高い人気を誇る『仮面ライダー電王』。放送終了後に“超・電王”として新たにシリーズ化。その新たな試みとして新作映画を二週間おきに三部作として連続公開する。その第三弾に当たる本作では、新ライダーも登場し、仮面ライダーディエンドの活躍を描く。出演は「椿三十郎」の戸谷公人。
    70
  • 仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル

    平成仮面ライダーのうち、放送終了後も劇場用作品として継続される人気作“超・電王” シリーズ。その新たな試みとして三作品を二週間ずつトリロジーとして連続公開。電王を狂言回しに、各作品で3人の仮面ライダーの活躍を描く。出演は「風が強く吹いている」の中村優一、「食堂かたつむり」の桜田通、「椿三十郎」の戸谷公人。
    90
  • 仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー EPISODE RED ゼロのスタートウィンクル

    平成仮面ライダーのうち、放送終了後も劇場用作品として継続される人気作“超・電王” シリーズ。その新たな試みとして三作品を二週間ずつトリロジーとして連続公開。電王を狂言回しに、各作品で3人の仮面ライダーの活躍を描く。出演は「風が強く吹いている」の中村優一、「食堂かたつむり」の桜田通、「椿三十郎」の戸谷公人。
    90
  • 劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ

    仮面ライダー電王と仮面ライダーディケイドがクロスオーバーするTV『仮面ライダーディケイド 電王編』の劇場版。クライマックスの電車と戦艦による砲撃戦がみどころ。出演は、『アクエリアンエイジ 劇場版』の桜田通、ミュージカル『テニスの王子様』の井上正大。監督はTV『仮面ライダー電王』脚本の小林靖子。
    100
  • 斬 KILL

    「攻殻機動隊」、「Avalon」、「イノセンス」等で国内外で高く評価される押井守が総監修を務める、オムニバスブレイドアクション。押井守自身の1作に加え、深作健太、辻本貴則、田原実の4名が競作する。『時代を問わない舞台設定』で、“チャンバラ”にこだわって描く4作品。押井守監督「ASSULT GIRL 2」、深作健太監督「こども侍」、田原実監督「妖刀射程」、辻本貴則監督・脚本「キリコ」。
    60
  • 斬 KILL こども侍

    世界のトップクリエイターたちや国内外の熱狂的なファンに長く支持され続け、『攻殻機動隊』『Avalon』『イノセンス』等で知られる映画監督・押井守が総監修を務める、世界に誇るブレイドアクション作品が完成した。押井監督自身の1作に加え、同監督がその実力を認める精鋭、深作健太、辻本貴則、田原実が集結。チャンバラの発送をベースに、「時代を問わない舞台設定」で描いたバラエティに富んだ4作品。(作品資料より)



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/25

円谷英二(1970)

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。