ミラノ・スカラ座合唱団 ミラノ・スカラザガッショウダン

ミラノ・スカラ座合唱団の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • カラヤン フィルム・コンサート レオンカヴァッロ:歌劇「道化師」

    《カラヤン生誕100周年記念特集上映》 カラヤンがみずから監督している。1870年ごろのカラブリアの町の色彩と活気を巧みにとらえ、山場ではクローズアップを使ってすぐれた効果をあげている。トニオ役には、はイギリスのバリトン、ピーター・グロソップがはじめて起用された。彼はトニオの一見ひとあたりのいい仮面の下にある情熱と怒りを見事に表現した。カニオはジョン・ヴィッカーズが演じた。性格描写は圧倒的で、道化師の苦悩が悲劇のなかに、人の心に深く刻まれるような印象を残し、それを支えるオーケストラも壮大で力強い。芝居小屋の見物人でカラヤン自身も登場している。 (作品資料より)
  • カラヤン フィルム・コンサート ヴェルディ レクイエム

    《カラヤン生誕100周年記念特集上映》 1967年1月16日と17日の特別公演はトスカニーニの没後10年を記念するものだったため、スカラ座は映画用の照明の使用を禁止した。そこでカラヤンはホールが使われない1月14日と15日の、わずか2日間で撮影を終了させなくてはならず、ベルゴンツィは都合をつけることができなかった。そこでまったく無名のテノールが起用された。彼の名はルチアーノ・パヴァロッティ。それは素晴らしいものだった。 (作品資料より)
  • カラヤン フィルム・コンサート マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」

    《カラヤン生誕100周年記念特集上映》 カラヤンがみずから監督している。1870年ごろのカラブリアの町の色彩と活気を巧みにとらえ、山場ではクローズアップを使ってすぐれた効果をあげている。トニオ役には、はイギリスのバリトン、ピーター・グロソップがはじめて起用された。彼はトニオの一見ひとあたりのいい仮面の下にある情熱と怒りを見事に表現した。カニオはジョン・ヴィッカーズが演じた。性格描写は圧倒的で、道化師の苦悩が悲劇のなかに、人の心に深く刻まれるような印象を残し、それを支えるオーケストラも壮大で力強い。芝居小屋の見物人でカラヤン自身も登場している。 (作品資料より)



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?