ミラノ・スカラ座管弦楽団 ミラノ・スカラザカンゲンガクダン

ミラノ・スカラ座管弦楽団の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ワールドクラシック@シネマ 2011 オペラ 「シモン・ボッカネグラ」ミラノ・スカラ座

    良質なクラシック芸術を映画館で楽しめる“ワールドクラシック@シネマ2011”。イタリアを代表するオペラ作曲家ヴェルディ中期の傑作を、ミラノ・スカラ座で収録。本作は、癌と戦っていた世紀の歌手プラシド・ドミンゴの復帰公演となった。指揮は、ダニエル・バレンボイム。演出は、フェデリコ・ティエッツィ。
  • カラヤン フィルム・コンサート レオンカヴァッロ:歌劇「道化師」

    《カラヤン生誕100周年記念特集上映》 カラヤンがみずから監督している。1870年ごろのカラブリアの町の色彩と活気を巧みにとらえ、山場ではクローズアップを使ってすぐれた効果をあげている。トニオ役には、はイギリスのバリトン、ピーター・グロソップがはじめて起用された。彼はトニオの一見ひとあたりのいい仮面の下にある情熱と怒りを見事に表現した。カニオはジョン・ヴィッカーズが演じた。性格描写は圧倒的で、道化師の苦悩が悲劇のなかに、人の心に深く刻まれるような印象を残し、それを支えるオーケストラも壮大で力強い。芝居小屋の見物人でカラヤン自身も登場している。 (作品資料より)
  • カラヤン フィルム・コンサート ヴェルディ レクイエム

    《カラヤン生誕100周年記念特集上映》 1967年1月16日と17日の特別公演はトスカニーニの没後10年を記念するものだったため、スカラ座は映画用の照明の使用を禁止した。そこでカラヤンはホールが使われない1月14日と15日の、わずか2日間で撮影を終了させなくてはならず、ベルゴンツィは都合をつけることができなかった。そこでまったく無名のテノールが起用された。彼の名はルチアーノ・パヴァロッティ。それは素晴らしいものだった。 (作品資料より)
  • カラヤン フィルム・コンサート マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」

    《カラヤン生誕100周年記念特集上映》 カラヤンがみずから監督している。1870年ごろのカラブリアの町の色彩と活気を巧みにとらえ、山場ではクローズアップを使ってすぐれた効果をあげている。トニオ役には、はイギリスのバリトン、ピーター・グロソップがはじめて起用された。彼はトニオの一見ひとあたりのいい仮面の下にある情熱と怒りを見事に表現した。カニオはジョン・ヴィッカーズが演じた。性格描写は圧倒的で、道化師の苦悩が悲劇のなかに、人の心に深く刻まれるような印象を残し、それを支えるオーケストラも壮大で力強い。芝居小屋の見物人でカラヤン自身も登場している。 (作品資料より)



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/25

円谷英二(1970)

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。