クリスタ・ルードヴィヒ クリスタ・ルードヴィヒ

クリスタ・ルードヴィヒの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • カラヤン フィルム・コンサート 交響曲第9番ニ短調 作品125「合唱付」

    1908年4月5日に誕生した20世紀を代表する偉大な指揮者、ヘルベルト・フォン・カラヤンの生誕100周年を記念して上映されるフィルム・コンサート。「プッチーニ:蝶々夫人」「ワーグナー:ラインの黄金」「ビゼー:カルメン」といった歌劇や、「恐怖の報酬(1953)」のアンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督による「ヴェルディ レクイエム」「ドヴォルザーク 交響曲第9番《新世界より》」「ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調《運命》」などのコンサート映像がスクリーンによみがえる。また、「ザ・ブレイク」のロバート・ドーンヘルムが監督したドキュメンタリー「カラヤンの“美”」も上映される。出演はミレッラ・フレーニ、プラシド・ドミンゴ、ルチアーノ・パヴァロッティ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団など。惜しまれつつも1989年にこの世を去ったカラヤンは、演奏を映像化することに熱心であった。彼は「音だけでなく視覚的にも美しくあってほしい。音楽とは美を具現化したものである。」「肝心なのはコンサートの単なる報告ではなく、画像による解釈であり、それを通じて観客が私たちの演奏する偉大な音楽にさらに意味を感じとることなのだ」と語っている。
  • カラヤン フィルム・コンサート プッチーニ:歌劇「蝶々夫人」

    《カラヤン生誕100周年記念特集上映》 演出家のポネルは、歌劇の舞台を第一次世界大戦直前の時代に設定している。かよわい十代の花嫁から母へ、捨てられた妻へ、そして自己犠牲へと進む蝶々さんの悲劇的な遍歴がミレッラ・フレーニによって感動的に演じられている。カラヤンの指揮は、常に崇高なものを目指す解釈の集大成のようである。(作品資料より)

Blu-ray/DVDで観る




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?