福井真奈

福井真奈の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 覚悟はいいかそこの女子。

    椎葉ナナによる同名少女漫画を、「少女ピカレスク」の井口昇監督、「虹色デイズ」の中川大志主演で実写化。イケメンなのに恋愛経験のないヘタレの斗和は、彼女を作ると宣言。学年一の美少女・美苑に狙いを定めて再三アプローチするうちに、本気で恋をする。井口監督と中川大志はテレビドラマ『監獄学園-プリズンスクール-』以来のタッグ。主人公が恋するクールビューティ三輪美苑を「ラブ×ドック」の唐田えりかが、恋敵の教師・柾木隆次を「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」の小池徹平が演じる。映画公開に先駆け、前日譚が連続ドラマとして放映された。
    100
  • 少女ピカレスク

    「ゴーストスクワッド」の井口昇監督がアイドルの椎名ひかりと組み、トップアイドルを夢見る少女たちの闇を活写したホラー。毎日自撮りでネット生配信しファンと濃密に交流するヒカリら新人アイドルたち。ある少女の出現を境に彼女たちの日常が歪んでいく。ネット配信を通じ心の闇に飲み込まれるアイドルたちを、椎名ひかりのほか、元・放課後プリンセスの長澤茉里奈、井口監督がプロデュースするノーメイクスの神門実里が演じる。会員制サービス・ファミリー劇場CLUBでの配信を前に、劇場にて特別先行上映。
  • ブルーハーツが聴こえる

    1995年に解散した伝説のバンド、THE BLUE HEARTSの結成30周年を記念して製作されたオムニバスドラマ。「怒り」の李相日や「大人ドロップ」の飯塚健、「キネマ純情」の井口昇ら6人の監督が、それぞれ思い入れのあるTHE BLUE HEARTSの楽曲を自由な解釈で映像化。出演は「ミュージアム」の尾野真千子、「オー・マイ・ゼット!」の角田晃広、「極道大戦争」の市原隼人、「L エル(2016)」の高橋メアリージュン、「高台家の人々」の斎藤工、「あやしい彼女」の要潤、「映画 暗殺教室」の山本舞香、「人生の約束」の優香、「ぶどうのなみだ」の内川蓮生、「葛城事件」の新井浩文、「64 ロクヨン」の永瀬正敏、「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」の水原希子、「後妻業の女」の豊川悦司、「テラフォーマーズ」の小池栄子、「淵に立つ」の三浦貴大。
    50
  • スレイブメン

    「キネマ純情」の井口昇が監督・脚本を務めたヒーロー映画。自主映画を作っているしまだは、メイド姿でチラシを配る彩乃に一目惚れをする。しかし、自分の映画に出てもらおうと彼女に近づいたとき、マスクを被った男がナイフを振り回しながら走ってくる。出演は、「薄桜鬼SSL sweet school life THE MOVIE」の中村優一、「血まみれスケバンチェーンソー」の奥田佳弥子、「SCOOP!」の阿部亮平、「シン・ゴジラ」の津田寛治。
  • キネマ純情

    「ヌイグルマーZ」の井口昇監督主催のオーディションで選ばれたアイドルグループ『ノーメイクス』が主演する青春ドラマ。姉に誘われ演劇部の女子高生たちは自主映画に出演することに。撮影が進むにつれ、少女たちの秘密が明らかになる。監督・脚本は井口昇。「あの娘、はやくババアになればいいのに」の中村朝佳ら『ノーメイクス』の瑞々しさを撮る。平成ガメラシリーズや「冷たい熱帯魚」などを手がけたカラサワイサオがアクション監督を担当。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016出品。
  • 変態団

    「ヌイグルマーZ」の井口昇監督がアブノーマルな性癖を持つ13人の男女の荒々しくも切ない感情と衝動を生々しく描く問題作。カメラマンの羽山は、好きな人の排泄物を見ると興奮する嗜好を押し殺しながら女子高生莉子の撮影会に参加するが……。出演は『みんな!エスパーだよ!番外編~エスパー、都へ行く~』の晴野未子、「ら」の衣緒菜、「青春Hシリーズ ビキニ・ラーメン」のあやなれい、「集まった人たち」の木谷賢史。音楽を「ラブ&ピース」の福田裕彦が担当する。井口監督主宰のワークショップ・ワクワク映画塾卒業制作作品。同時上映は「自傷戦士ダメージャー」。
  • 自傷戦士ダメージャー

    自傷行為を行うことでその痛みを強さに変え最強戦士ダメージャーに変身する男の姿を描く特撮アクション。片想いの美津子を救い出すため、平凡なサラリーマン・ニワタはリストカットを繰り返しながら時空を超えた戦いに身を投じていく……。監督は「ヌイグルマーZ」の井口昇。出演は、新人の風間優、「こっぱみじん」の山本愛莉、「ダンプねえちゃんとホルモン大王」のデモ田中、「人が人を愛することのどうしようもなさ」の津田寛治。音楽を「ラブ&ピース」の福田裕彦が担当する。
  • ライヴ

    「リアル鬼ごっこ」「パズル」の山田悠介の同名小説を原作に「片腕マシンガール」「ヌイグルマーZ」の井口昇監督が映画化。フリーターの青年が人質に取られた母親を救うため、デスレースを繰り広げる姿を描く。出演は、TV『海賊戦隊ゴーカイジャー』の山田裕貴、「ツナグ」の大野いと、「プリンセス トヨトミ」の森永悠希。
  • ヌイグルマーZ

    大槻ケンヂの原作を基に「電人ザボーガー」の井口昇監督が映画化した特撮ヒーローアクション。何をやってもダメなロリータ少女が、縫いぐるみと合体して全身ピンクのヒーローに変身、ゾンビを操る悪党とバトルを繰り広げる。出演は「劇場版 ポケットモンスター」シリーズの中川翔子、「デッド寿司」の武田梨奈、「009ノ1 THE END OF THE BEGINNING」の市道真央、「ラーメン侍」の高木古都。
    60
  • めめめのくらげ

    ポップな作風で知られ、ルイ・ヴィトンや六本木ヒルズとのコラボレーション、また2010年にはヴェルサイユ宮殿にて個展『MURAKAMI VERSAILLES』を開くなど、国内外問わず活躍する現代美術家の村上隆が映画界に進出。監督や原案、脚本、キャラクターデザインなどを手がけ、東日本大震災後の日本を舞台に、大人には見ることのできない摩訶不思議な生物と少年たちとの交流をファンタジックに描いている。「HELLDRIVER」の監督・西村喜廣が監督補や脚本などを担当。「ゾンビアス」の継田淳も脚本に参加。出演は「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」の末岡拓人、「きいろいゾウ」の浅見姫香、「ふがいない僕は空を見た」の窪田正孝、「ヒミズ」の染谷将太、「愛と誠」の斎藤工ほか。
    60
  • デッド寿司

    陰謀により人間に喰いかかるようになった邪悪な寿司たちと伝説の寿司職人の娘との死闘を描いた奇想天外なホラー・アクション。監督・脚本は「電人ザボーガー」「片腕マシンガール」など独特な残酷かつコミカルな作風が国内外で話題を呼んでいる井口昇。牙を剥く寿司たちに立ち向かう娘を「ハイキック・ガール!」「KG カラテガール」の武田梨奈が演じ、ファンタスティック・フェスト2012コメディ映画部門主演女優賞を獲得。ほか、「ケータイ刑事 THE MOVIE3 モーニング娘。救出大作戦!~パンドラの箱の秘密」の松崎しげる、「片腕マシンガール」の島津健太郎、「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」の手塚とおる、「恋の罪」の津田寛治らが出演。
    60
  • 劇場版 はらぺこヤマガミくん

    ネット配信されたショート着ぐるみコメディの劇場版。“神さま”たちが巻き起こす騒動をシュールに描く。「電人ザボーガー」の井口昇が、監督と主人公・ヤマガミくんの声を担当。共同監督は、「東京残酷物語」の西村喜廣、OV『裁判長!トイレ行ってきていいすか』の塩崎遵。ナレーションは、AKB48の仲谷明香。
  • 猫ラーメン大将

    そにけんじ原作の4コマ漫画『猫ラーメン』を「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発」の河崎実が映画化。ラーメン店を開いた猫とその周囲の人々との交流を描く。猫親子の声を古谷徹と加藤精三という『巨人の星』の星飛雄馬・一徹父子コンビが担当。そのほかの出演は「髪がかり」の加藤和樹、「めぐりあい」の黒沢年雄など。



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/20

デイヴィッド・リンチ(1946)

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。

デニス・ホッパー/狂気の旅路

個性派俳優でありアメリカン・ニューシネマを代表する「イージー・ライダー」を監督、アーティストとしての顔も持つハリウッドの反逆児デニス・ホッパーの半生を追うドキュメンタリー。関係者の証言や未公開映像を交え、その足跡と映画史における役割を辿る。デニス・ホッパーの大ファンだったニック・エベリング監督が、1970年代初頭から約40年にわたりホッパーの右腕だったサティヤ・デ・ラ・マニトウをはじめ家族や友人・知人らによる数々の証言や、自ら集めた未公開映像をもとに構成。
エヴァン・ピーターズ(1987)

ボーダーライン:ソマリア・ウォー

海賊が蔓延るソマリアで現地取材を行ったジャーナリスト、ジェイ・バハダーの手記を映画化。2008年。伝説のジャーナリスト、シーモアの影響を受けたジェイは、ソマリアの現地取材に向かう。危険な取材の中、使命感を芽生えさせてゆくジェイだったが……。出演は「X-MEN:ダーク・フェニックス」のエヴァン・ピーターズ、「キャプテン・フィリップス」のバーカッド・アブディ、「ワーキング・ガール」のメラニー・グリフィス、「ゴッドファーザー」のアル・パチーノ。

X-MEN:ダーク・フェニックス

特殊能力を持つミュータントたちの活躍を描いた人気シリーズ「X-MEN」第7弾。X-MENの一員であるジーン・グレイが宇宙で事故に遭遇。これによりダークサイドが覚醒し、世界を滅ぼすほどの強大なパワーを持つダーク・フェニックスに変貌する……。出演は前作「X-MEN:アポカリプス」に引き続きジーン・グレイを演じるソフィー・ターナー、「ミスター・ガラス」のジェームズ・マカヴォイ、「エイリアン:コヴェナント」のマイケル・ファスベンダー。「X-MEN:アポカリプス」の脚本を担当するなど、長年にわたってシリーズに携わってきたサイモン・キンバーグが、長編映画初監督を務める。

NEW今日命日の映画人 1/20

オードリー・ヘップバーン(1993)

マイヤーリング

1957年にテレビ番組『プロデューサーズ・ショーケース』の1本として1度だけ全米生放送された作品。以後、目にする機会はなかったが、当時の技術“キネスコープ”で録画されたマスターを復元し、劇場公開が実現した。オードリー・ヘプバーン(「ローマの休日」)とメル・ファーラー(「戦争と平和」)の夫婦共演も話題に。

ローマの休日 製作50周年記念デジタル・ニューマスター版

アメリカン・フィルム・インスティテュートが2000年に発表した“アメリカが生んだ最も素晴らしいラブストーリー ベスト100”の第4位に選ばれた恋愛映画。製作から50周年を迎え、“デジタル・ニューマスター版”として再び公開された。この映画によって、主演のオードリー・ヘプバーンは無名の女優からハリウッド・スターとなった。なお脚本は、当時の赤狩りでハリウッドから締め出されていたダルトン・トランボが、友人のイアン・マクラレン・ハンター名義で初稿を執筆、これにハンターが手を加えたものを、さらにジョン・ダイトンが改稿するかたちで決定稿に至った。初公開時はトランボの名前は伏せられていたが、のちに当時の事情が明らかになり、デジタル・ニューマスター版には新たにトランボの名がクレジットされている。