松本邦裕 マツモトクニヒロ

松本邦裕の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • フォーク&バレット サヨウナラ戦争 TWILIGHT FILE V

    一人の女子高校生のタイクツな日々…淡い恋心を抱きながら思い描く世界が突如、別世界と重なり合う。それは、クローンとの壮絶な戦いの始まりだった…。「リンガマニア」でゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアターコンペティション部門にて奨励賞を受賞、「ミートボールマシン」で独特の表現と世界観でファンに圧倒的支持を得、「ガールフレンド:ストラトス」では前作とは違うテイストで幅の広さを見せた山本淳一監督が、本作では少女の淡い恋心と戦争の世界を見事に融合させている。キャストは、小夜が思いを寄せるクールな風間亮役を、ものまね・バラエティ・音楽などマルチに活躍しているはなわ。いつもとは違う二枚目のはなわとして迫真の演技で好演している。亮に思いを寄せる佐伯小夜役には、新人の丹羽斐沙江を抜擢。恋する少女の気持ちを丁寧に演じている。『ブバルディア』のオーナー草加役には、映画「わが愛の譜 滝廉太郎物語」「砂時計」「まぼろしの邪馬台国」(2008年11月公開)や、TV『はみだし刑事情熱系』などのクールかつ人間味溢れる演技で人気の風間トオル。本作のストーリーテラーとして作品に重みを持たせている。

Blu-ray/DVDで観る




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/23

ジャンヌ・モロー(1928)

天使の入江

人生に潜む冷淡で皮肉な側面を見つめたジャック・ドゥミ監督の長編第2作。パリで銀行員として働くジャンは、初めて訪れたカジノで大金を得る。以来、ギャンブルに取り憑かれた彼は、ブロンド女性・ジャッキーと意気投合し、共にのめり込んでいく。WOWOWにて放映後、アンスティチュ・フランセ東京で開催された特集企画『ジャック・ドゥミ、映画の夢』にて上映(上映日:2014年9月20日)。2017年7月22日より特集企画『ドゥミとヴァルダ、幸福についての5つの物語』にて劇場上映。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・台詞:ジャック・ドゥミ 撮影:ジャン・ラビエ 音楽:ミシェル・ルグラン 編集:アンヌ=マリー・コトレ 出演:ジャンヌ・モロー/クロード・マン/アンリ・ナシエ/ポール・ゲール

家族の灯り

ポルトガルの作家ラウル・ブランダンの戯曲を基に「ブロンド少女は過激に美しく」のマノエル・デ・オリヴェイラ監督が映画化。小さな港町を舞台に、失踪した息子の帰りを待ちわびる父と母、妻の姿を描く。出演は「楽園からの旅人」のマイケル・ロンズデール、「ブーベの恋人」のクラウディア・カルディナーレ、「突然炎のごとく」のジャンヌ・モロー、「永遠の語らい」のレオノール・シルヴェイラ、「ブロンド少女は過激に美しく」のリカルド・トレパ、「ノン、あるいは支配の空しい栄光」のルイス・ミゲル・シントラ。
小日向文世(1954)

コンフィデンスマンJP 英雄編

『リーガルハイ』シリーズの古沢良太が脚本を手掛け、長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が出演したTVドラマの劇場版第3弾。マルタ島を舞台に伝説の詐欺師の称号をかけ勝負を始めるダー子、ボクちゃん、リチャード。そこにインターポールの捜査の手が迫る。出演は、「不灯港」の小手伸也、「罪の声」の松重豊、「劇場版 ルパンの娘」の瀬戸康史。監督は、前2作に引き続き田中亮が担当。

マスカレード・ナイト

「マスカレード・ホテル」から続き、東野圭吾のミステリーを主演・木村拓哉、監督・鈴木雅之で映画化。ホテル・コルテシア東京での捜査から2年。大晦日の仮装パーティーに殺人犯が現れるという密告状が届き、新田は再びホテルマンの山岸と組み潜入捜査する。前作から続き破天荒な刑事・新田浩介を木村拓哉が、優秀だけど生真面目なホテルマンの山岸尚美を長澤まさみが演じるほか、豪華キャスト陣が揃う。

NEW今日命日の映画人 1/23

該当する人物がいません