武井咲 タケイエミ

  • 出身地:愛知県名古屋市
  • 生年月日:1993/12/25

略歴 / Brief history

愛知県名古屋市の生まれ。妹が一人いる。“咲(えみ)”は本名で、両親から「花が咲くように元気で笑顔が絶えない女の子」になってほしいとの願いから名づけられた。2006年、“第11回全日本国民的美少女コンテスト”でモデル部門賞とマルチメディア賞を受賞。ファッション誌『SEVENTEEN』でモデルとしてデビューし、翌07年から専属モデルとして活躍する。女優としては08年に、中原俊監督「櫻の園」で映画初出演。女子高の演劇部を舞台に、封印されていたチェーホフの『櫻の園』公演を実現しようと取り組む福田沙紀、杏ら部員の中で後輩の水田真紀を演じ、小さい役ながらも無難に演劇部の一員を演じた。次いで、09年のフジテレビ『オトメン(乙男)』に、主人公・岡田将生の友人・佐野和真の妹役でドラマ初出演。同局の人気ドラマの続編『ライアーゲーム・シーズン2』09では戸田恵梨香らに交じって“悪魔のゲーム”に参戦する少女・佐伯ヒロカ役を演じ、際立った美少女ぶりで周囲を圧倒して女優としての助走期間を終焉させる。翌10年には野島伸司脚本のフジテレビ『GOLD』で、いよいよ重要な役に挑む。天海祐希が演じる主人公は、3人の子供をオリンピック代表候補選手に育て上げたカリスマ美容研究家だが、その長女で高飛び込み選手を武井は演じた。恋のトラブルで母親に反発、選手としては違反となる刺青を腕に彫って母に抵抗する役どころで、16歳には見えない凛とした立ち姿と、母に抵抗する眼力が強い印象を残した。この頃から、大型新星登場とテレビ界では引っ張りだこになり、多くのバラエティ番組やCMに出演するようになる。翌11年のフジテレビ『大切なことはすべて君が教えてくれた』では、結婚間近の教師・三浦春馬と戸田恵梨香の教え子である女子高生・佐伯ひかりに扮し、三浦とひと晩を過ごしたことで周囲にさまざまな疑惑を集め、一種の三角関係を展開する小悪魔的な少女を演じる。ここでは意志の強い光を眼に溜めた、大人に対する反発感を隠そうとはしない強烈な個性をアピールした。次いで、テレビ朝日『アスコーマーチ・明日香工業高校物語』11では、いよいよドラマ初主演。工業高校にまぎれ込んだ女子高生・吉野直の戸惑いと成長を、怒り、笑い、泣き、そしてユーモアという初めて感情を露わにしながら熱演している。12年放送予定のNHK大河ドラマ『平清盛』では、源義朝の側室で義経の母、のちに清盛の側室となる絶世の美女・常盤御前役に抜擢される。幼い頃からプロ野球が好きで、地元の中日ドラゴンズの大ファンとしても知られる。

武井咲の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • るろうに剣心 最終章 The Beginning

    少年ジャンプで連載された『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の『人誅編』をベースにした、実写時代劇シリーズ最終章。激動の幕末に人斬り抜刀斎と恐れられた緋村剣心が不殺(ころさず)の誓いを立てた理由、そして彼の頬に刻まれた十字傷の背景とは……。第4作目までに引き続き、大友啓史監督ら製作陣や緋村剣心役の佐藤健らキャスト陣が集結。「るろうに剣心」シリーズの始まりを描く。
  • るろうに剣心 最終章 The Final

    漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を監督・大友啓史、主演・佐藤健で実写化した時代劇シリーズ第4弾。かつて人斬り抜刀斎と恐れられ、今は斬れない刀・逆刃刀を携える緋村剣心。突如何者かが東京中心部を相次いで攻撃し、剣心とその仲間に危険が及ぶ。原作最後のエピソード『人誅篇』をベースに、剣心の十字傷の謎を知る上海マフィアの頭目・雪代縁との戦いが描かれる。神谷薫役の武井咲、斎藤一役の江口洋介らが続投するほか、雪代縁を「サヨナラまでの30分」の新田真剣佑が、剣心の妻だった雪代巴を「フォルトゥナの瞳」の有村架純が演じる。
  • 映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!

    TVアニメやゲーム、おもちゃなどで社会現象を巻き起こしている妖怪ウォッチの劇場版第3弾。さくらニュータウンに空飛ぶ巨大クジラが現れたことをきっかけに“実写の世界”が誕生し、ケータやジバニャンたちがアニメと実写の世界を股にかけた大冒険を繰り広げる。監督は、前作「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」に続きウシロシンジが担当。実写パート監督を「セブンデイズ FRIDAY SUNDAY」の横井健司が務める。戸松遥、関智一、小桜エツコ、遠藤綾、重本ことり、梶裕貴らレギュラー声優陣に加え、実写パートでは「クローズEXPLODE」の南出凌嘉、「オオカミ少女と黒王子」の山崎賢人、「高台家(こうだいけ)の人々」の斎藤工、「エイプリルフールズ」の浜辺美波、「at Home アットホーム」の黒島結菜、TVドラマ『水族館ガール』の澤部佑、「ギャラクシー街道」の遠藤憲一、「テラフォーマーズ」の武井咲が出演。
  • テラフォーマーズ

    貴家悠・橘賢一による同名コミックを、「悪の教典」でもタッグを組んだ三池崇史監督・伊藤英明主演で実写映画化。人類の移住計画のために火星に送られ、進化したある生物と、その駆除を目的とした15人の隊員が壮絶な戦いを繰り広げる。出演は、「るろうに剣心」シリーズの武井咲、「近キョリ恋愛」の山下智久、「新宿スワン」の山田孝之、「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」の小栗旬。
    50
  • クローバー

    稚野鳥子の人気コミックを「るろうに剣心」シリーズの武井咲、“関ジャニ∞”のメンバーで「エイトレンジャー2」などで俳優としても活躍する大倉忠義の顔合わせで実写映画化。ホテルを舞台に、ピュアだが恋愛下手な新人OLと女性経験豊富なエリート上司の恋を描くラブストーリー。監督は「今日、恋をはじめます」の古澤健。
    0
  • るろうに剣心 伝説の最期編

    和月伸宏の人気コミックを映画化した「るろうに剣心」の続編2部作の後編。京都を舞台に、日本制圧を目論む新たな敵に挑む緋村剣心の戦いを描く。大友啓史監督を始め、佐藤健、武井咲、蒼井優、青木崇高、江口洋介、藤原竜也、伊勢谷友介、神木隆之介らキャストも前作にひき続き参加。音楽は「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの佐藤直紀。
    80
  • るろうに剣心 京都大火編

    和月伸宏の人気コミックを映画化した「るろうに剣心」の続編2部作の前編。京都を舞台に、日本制圧を目論む新たな敵に挑む緋村剣心の戦いを描く。監督は前作に続き大友啓史が担当。佐藤健、武井咲、蒼井優、青木崇高、江口洋介ら出演陣も再び結集、「藁の楯 わらのたて」の藤原竜也、「あしたのジョー」の伊勢谷友介、「桐島、部活やめるってよ」の神木隆之介が新たに参加している。
    80
  • 映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん

    臼井儀人の人気コミックが原作のTVアニメ『クレヨンしんちゃん』劇場版第22作目。父親の復権を目論む謎の組織によってロボットにされたひろしとしんのすけの活躍を描く。監督は、「劇場版3D あたしンち 情熱のちょ~超能力母 大暴走!」の高橋渉。声の出演は、「怪盗グルーのミニオン危機一発」の矢島晶子。
    90
  • 今日、恋をはじめます

    「るろうに剣心」の武井咲、「ツナグ」の松坂桃李共演で贈る学園ラブストーリー。真面目だが垢抜けない女子高生と学校一の秀才イケメンという一見不釣り合いな2人が出会い、愛を育んでゆく姿を描く。原作は水波風南の少女漫画。監督は「アナザー Another」の古澤健。全12組のJ-POPアーティストの楽曲が全編を彩る。
  • るろうに剣心

    週刊少年ジャンプ連載時より人気を博し、シリーズ累計5700万部のベストセラーとなった和月伸宏の同名漫画(集英社刊)初となる実写映画化。明治初頭、かつては反幕府軍として活躍し今は流浪人となり人助けのために斬れない刀を抜く心優しい男の姿を描く。主演は「BECK」「ROOKIES 卒業」の佐藤健。ほか、「愛と誠」の武井咲、「GOEMON」の江口洋介、「必死剣 鳥刺し」の吉川晃司、「洋菓子店コアンドル」の蒼井優、「ロストクライム 閃光」の奥田瑛二、「劔岳 点の記」の香川照之らが出演。監督・脚本は「ハゲタカ」の監督や大河ドラマ『龍馬伝』のチーフ演出を手がけた大友啓史。また、音楽を「ハゲタカ」『龍馬伝』の佐藤直紀が担当している。2012年8月22日より一部劇場にて先行上映。
    90
  • 愛と誠(2012)

    「ヤッターマン」「十三人の刺客」の三池崇史監督が、過去にもドラマ化され人気を博した梶原一騎・ながやす巧原作によるコミックを、歌や踊りを交えて青春の熱い叫びを表現し映画化。「悪人」の妻夫木聡が復讐に燃えながらも実は優しい心を持つ不良少年の誠を、NHK大河ドラマ『平清盛』の武井咲が誠に惜しみなく愛情を注ぐ清廉潔白で汚れや苦労を知らないお嬢様・愛を演じる。「スワロウテイル」「ハルフウェイ」の小林武史が音楽を担当し、数々の名曲に独自アレンジを加えている。「鴨川ホルモー」などに出演、ロッテ『Fit’s』CMの振付で知られるダンサーのパパイヤ鈴木が振付を担当。脚本は「花より男子 ファイナル」の宅間孝行。
    70
  • 櫻の園 さくらのその(2008)

    1990年に公開され数多くの映画賞を受賞した「櫻の園」を、中原俊監督が自ら18年ぶりにリメイク。伝統を重んじる名門女子高を舞台に、禁じられているチェーホフの戯曲『櫻の園』の上演に情熱を燃やす生徒達の姿を描く。出演は「ヤッターマン」の福田沙紀、「転校生-さよなら あなた-」の寺島咲、「フラガール」の富司純子。



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/25

円谷英二(1970)

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。