佐々木希 ササキノゾミ

  • 出身地:秋田県秋田市
  • 生年月日:1988/02/08

略歴 / Brief history

秋田県秋田市の生まれ。2005年、青年漫画誌『ヤングジャンプ』の“オーディションギャルコン2005”グランプリに輝いたのに続き、ファッション誌『PINKY』の“オーディションプリンセスPINKYグランプリ”も受賞し、男性・女性の双方から注目を浴びる。以後、『PINKY』の専属モデルとして活動を開始し、同世代の読者を中心に圧倒的な支持を集めるトップモデルとして活躍。タレントとしても徐々に活動の幅を広げていく中で、08年、英勉監督「ハンサム★スーツ」で女優デビューし、人気モデルの玲美役を等身大で演じた。翌09年には、人気コミックをドラマ化した日本テレビ『神の雫』で連続ドラマ初出演。主人公のライバルの異父妹にしてファッション誌を飾るトップモデルという役で、華を添えた。さらに、パパイヤ鈴木の独特の振付けも話題となったロッテ『Fit's』、大地真央、西川史子と共演したサントリー『BOSS FIRST CLASS』など、印象的なCM出演でテレビへの露出も増え、人気ケ−タイ小説を映画化した寒竹ゆり監督「天使の恋」09で映画初主演をつとめる。「ハンサム★スーツ」でも共演した谷原章介を相手に、最初で最後の運命の恋におちる17歳の女子高生を、それまでのモデル業の延長的な役柄とは一線を画す、血の通った生身のヒロインとしてひたむきに熱演し、女優として飛躍するきっかけとなった。その後も、キューピー誕生100周年を記念して世界で初めてテレビアニメ化されたWOWOW『ローズオニールキューピー』09でナレーションをつとめたほか、翌10年には、フジテレビ『まっすぐな男』『しぇいけんBABY!』などの出演を経て、TBSの深夜ドラマ『土俵ガール!』で、ちびっ子横綱になった過去を持つモデルというユニークなヒロインを演じ、ドラマ初主演も果たす。さらに快進撃は続き、モデルとしてのカリスマ性を維持しつつも、バラエティ番組にも進出。10年1月より、日本テレビ『ぐるぐるナインティナイン』の人気コーナー“グルメチキンレース・ゴチになります!”にレギュラー出演し、その近寄り難い容姿とは裏腹に、親近感の持てる飾り気のないキャラクターでお茶の間の人気を獲得。同年10月からは、フジテレビ『笑っていいとも!』の木曜日レギュラーにもなった。さらに同年7月にはCDデビューも果たして歌手としての顔も加わり、マルチな活動によって、ファン層を着実に広げつつある。女優としてはまだまだ未知数ではあるが、その生来のスケール感で大化けする可能性を秘めている。

佐々木希の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • リカ 自称28歳の純愛モンスター

    高岡早紀主演によるTVドラマ『リカ』『リカ~リバース~』に続く劇場版。幼い頃から愛に恵まれなかった雨宮リカは、結婚や家庭に少女のような憧れを持っていた。やがて運命の男性に出逢った時、彼女のピュアな愛情は炸裂し“純愛モンスター”へと化してゆく。共演は「ヤクザと家族 The Family」の市原隼人、「仮面病棟」の内田理央。監督はTV版の演出を手がけた松木創。
  • 伊藤くん A to E

    柚木麻子の直木賞候補作を「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の廣木隆一監督が2017年放映のドラマ版と合わせ映像化。落ち目の脚本家・莉桜は恋愛相談をネタにし新作で再起を図ろうとするが、相談者4人を振り回していたのは莉桜のシナリオスクールに通う伊藤だった。容貌は優れているが自己愛の強い伊藤を「秘密 THE TOP SECRET」の岡田将生が、したたかな脚本家を「追憶」の木村文乃が演じ、欺瞞や欲望など人が持つ毒を描き出していく。
  • 東京喰種 トーキョーグール

    石田スイ原作の同名コミックを実写映画化。大学生のカネキは人を喰らう怪人“喰種(グール)”の臓器を移植され、半喰種となってしまう。カネキは喰種が集まる喫茶店で働き始めるが、喰種を駆逐する組織CCGの捜査官が現れ、熾烈な戦いに巻き込まれていく。監督は、「Anniversary アニバーサリー」の萩原健太郎。出演は、「ラストコップ THE MOVIE」の窪田正孝、「暗黒女子」の清水富美加、「HiGH&LOW」シリーズの鈴木伸之、「家族はつらいよ」シリーズの蒼井優、「アイアムアヒーロー」の大泉洋。
    60
  • ラストコップ THE MOVIE

    唐沢寿明と窪田正孝が刑事に扮するTVドラマ『ラストコップ』劇場版。30年の昏睡状態から目覚めた“昭和の肉食デカ”京極と、彼とバディを組む“平成のザ・草食系刑事”望月。二人のいる横浜中央署に導入された人工知能が、前代未聞の大事件を巻き起こす。監督は、「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」の猪股隆一。出演は、「いきなり先生になったボクが彼女に恋をした」の佐々木希、「恋する歯車」の黒川智花、「青空エール」の竹内涼真、「映画 ホタルノヒカリ」の藤木直人、「サバイバルファミリー」の小日向文世、「アゲイン 28年目の甲子園」の和久井映見。
    70
  • いきなり先生になったボクが彼女に恋をした

    韓国の男性アイドルグループSUPER JUNIORのイェソンと佐々木希がダブル主演するラブロマンス。沖縄の韓国語学校に通うシングルマザー・さくらは、出張中に会社が潰れ教師をすることになったヨンウンに個人レッスンを依頼。二人は次第に距離を縮めていくが……。共演は「案山子とラケット 亜季と珠子の夏休み」の佐藤正宏、「麦子さんと」のふせえり、「私は貝になりたい(2008)」の武野功雄、「友だちのパパが好き」の吹越満。監督は「愛を積むひと」の朝原雄三。
  • カノン(2016)

    北陸を舞台に、母を知らない三姉妹が家族と向き合っていく人間ドラマ。紫、藍、茜の三姉妹は、それぞれ東京、富山、金沢で暮らしていた。祖母が亡くなり金沢に集まった3人は、死んだと聞かされていた母が生きていることを知り、母との過去をめぐる旅に出る。監督は「リトル・マエストラ」の雑賀俊朗。「飛べ!ダコタ」の比嘉愛未はじめ「天国からのエール」のミムラ、「さいはてにて-やさしい香りと待ちながら-」の佐々木希が三姉妹を演じる。一般公開に先駆け、とやま映画祭2016クロージング作品として上映された(上映日:2016年6月12日)。
    90
  • 嫌な女

    女優・黒木瞳が桂望実のベストセラー小説の映画化権を自ら取得し、初めて監督を担当。人と打ち解けられない堅物弁護士の女のもとに、突如、同い年の従妹がやってくる。実は彼女は男から金を引き出す詐欺師であり、弁護士は従妹に振り回されていく。才媛ながら孤独な弁護士と、男をその気にさせる詐欺師という対照的な二人の女性を、「HERO」の吉田羊と「告白」の木村佳乃が演じる。脚本は「小野寺の弟・小野寺の姉」の西田征史。
    80
  • 星ガ丘ワンダーランド

    Google作品で知られるCMクリエイター、柳沢翔の監督デビュー作。星ガ丘駅の落し物預り所に勤務する温人。幼い頃に自分を捨てた母親が自殺したという一報が届き、兄や義理の姉弟と再会、やがて閉ざされていた過去が明らかになっていく。出演は「やるっきゃ騎士」の中村倫也、「さようなら」の新井浩文、「さいはてにて やさしい香りと待ちながら」の佐々木希、「そこのみにて光輝く」の菅田将暉、「真夏の方程式」の杏、「極道大戦争」の市原隼人、「告白」の木村佳乃、『孤独のグルメ』の松重豊。撮影を「7s セブンス」の今村圭佑が担当する。
    70
  • 縁(えにし) The Bride of Izumo

    結婚を控えた女性が祖母の遺品にあった大量の婚姻届に記された人物を探しに赴いた島根県・出雲の人々と縁を紡いでいくドラマ。「恋する惑星」のカメラマン、クリストファー・ドイルが撮影に全面協力した出雲大社や出雲の文化を写し取る。監督は青春ドラマ「絶対領域」やドキュメンタリー「加地等がいた -僕の歌を聴いとくれ-」を手がけた島根県出身の堀内博志。「さいはてにて-やさしい香りと待ちながら-」の佐々木希、「パッチギ! LOVE&PEACE」の井坂俊哉、「キッズ・リターン 再会の時」の平岡祐太らが出演。全国公開に先駆け、2015年9月26日より島根・鳥取にて先行上映された。
    60
  • 呪怨 ザ・ファイナル

    オリジナルビデオから始まり、劇場版、ハリウッドリメイク版が製作された心霊ホラーシリーズの完結編。失踪した小学校教師の妹を探す姉が、ある生徒の居場所を捜索するうちに不可解な現象に見舞われる姿を描く。監督・脚本は、前作「呪怨 終わりの始まり」の落合正幸。出演は、「20世紀少年」シリーズの平愛梨。
    40
  • さいはてにて やさしい香りと待ちながら

    奥能登の地に焙煎珈琲店が開かれたのをきっかけに知り合った女店主とシングルマザーが、やがて家族のような深い結びつきを持つヒューマン・ドラマ。2011年に世界農業遺産に登録された地域の一つである石川県珠洲市を舞台にしている。監督は、ホウ・シャオシェンやエドワード・ヤンのもと演出を学んだ台湾出身のチアン・ショウチョン。ある理由のため故郷・能登に戻り焙煎珈琲店を開いた女性を「八日目の蝉」「好きだ、」の永作博美が、彼女と彼女の珈琲に出会い笑顔を取り戻すシングルマザーを「アフロ田中」「天使の恋」の佐々木希が演じる。ほか、「希望の国」の村上淳、「釣りバカ日誌」シリーズの浅田美代子、「毎日かあさん」の永瀬正敏らが出演。
    80
  • 呪怨 終わりの始まり

    1990年代末に発表されるや評判を呼び、ハリウッドリメイクもされたホラー「呪怨」シリーズのひとつ。「風俗行ったら人生変わったwww」「アフロ田中」の佐々木希演じる小学生教諭が不登校となっている児童の様子を見るために呪われた家を訪ねたことから、過去にその家で起きた惨劇を追体験する。シリーズを通じての重要な役である俊雄を「脳男」の小林颯が演じる。監督・脚本は「感染」「パラサイト・イヴ」などホラー作品を多く手がける落合正幸。また、「呪怨」シリーズのプロデューサーを務め「THE JUON/呪怨」ではアメリカで大ヒットを呼び、ジャパニーズ・ホラーを牽引したプロデューサーの一瀬隆重が脚本に参加している。
    50
  • 風俗行ったら人生変わったwww

    巨大インターネット掲示板「2ちゃんねる」に投稿されるやいなや、ネット上で大反響を呼び、瞬く間に5,000万アクセスを突破し、いまだ話題が耐えないネット小説「風俗行ったら人生変わったwww」。その後、単行本化され、ネットユーザーだけではなく、多くの層から新しい純愛ストーリーとして注目され続けている同作がついに映画化!今までにはない、泣けて笑える新感覚恋愛エンタテイメントの純愛ラブストーリー! 監督・脚本は「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」の飯塚健。出演は、「おしん」の満島真之介、「サンゴレンジャー」の佐々木希、「ガッチャマン」の松坂桃李ほか。
    50
  • サンゴレンジャー

    世界有数のサンゴ礁が広がる沖縄県石垣島を舞台に、環境省自然保護官がサンゴを守ろうと奮闘する姿を描く人間ドラマ。原作は著書『Little DJ~小さな恋の物語』などが映画化された鬼塚忠と演劇ユニット『マシンガンデニーロ』の主宰・足立拓也によるユニット・さかいたまきの同名小説。監督はテレビドラマ『とんび』や『ROOKIES』の演出を手がけた中前勇児。本作が映画初監督作品となる。正義感が強く時には公務員という立場を忘れて暴走しながらもサンゴ保全に奔走する男を、「渾身 KON-SHIN」「メンゲキ!」に主演した劇団EXILEの青柳翔が演じる。また、男の同僚を「相棒シリーズ X DAY」の田中圭が、地元の小学校教師を「アフロ田中」の佐々木希が演じている。
    80
  • ぱいかじ南海作戦

    家族も職も失い流れ着いた南の島で全財産をも失った男が、その島で出会った仲間とともにリベンジを誓うドラマ。椎名誠の同名小説(新潮文庫刊)を原作としている。監督・脚本は、劇団『大人計画』に所属し、自らもユニット『男子はだまってなさいよ!』を主宰、「東京オンリーピック」内の「バカ近代四種」の監督やテレビアニメ『しろくまカフェ』のシリーズ構成を務める細川徹。本作が長編映画初監督作品となる。出演は、「大奥」「舞妓Haaaan!!!」の阿部サダヲ、「ハードロマンチッカー」「ソフトボーイ」の永山絢斗、「僕達急行 A列車で行こう」「スウィングガールズ」の貫地谷しほり、「アフロ田中」「天使の恋」の佐々木希ほか。
    70
  • アフロ田中

    のりつけ雅春の同名ギャグ漫画を「ハードロマンチッカー」の松田翔太主演で映画化。彼女いない歴24年の男が、彼女を作ろうと空回りしながら悪戦苦闘する様を描く。監督は本作が商業映画デビューとなる松居大悟。共演は「天使の恋」の佐々木希、「カンフーくん」の堤下敦、「ランウェイ・ビート」の田中圭、「七つまでは神のうち」の駒木根隆介。
    70
  • 天使の恋

    携帯小説史上最高のアクセス数を誇った純愛ストーリーを映画化。過去にトラウマを持つ女子高生が、1人の男性との出会いによって再生していく過程を描く。出演は、雑誌『PINKY』モデルの佐々木希、「ハンサム★スーツ」の谷原章介。監督は、上野樹里のイメージDVDなどを手掛け、本作が映画初監督となる寒竹ゆり。
    80
  • ハンサム・スーツ

    着るだけでハンサムになれるハンサム・スーツを手に入れたブサイク男が、ブサイクとハンサムの二重生活を送りながら本当の幸せを見つけるまでを描くコメディ。監督は、CMディレクターを経て映画初監督となる英勉。脚本は「ラブ★コン」の鈴木おさむ。出演は、「ザ・マジックアワー」の谷原章介、「間宮兄弟」の塚地武雅。
    80
  • 一茶

    藤沢周平の同名伝記小説を「美しい星」のリリー・フランキー主演で映画化。継母との折り合いが悪く、江戸へ奉公に出された若き日の小林一茶。やがて俳句の世界に独自の感性を表現する術を見出していくが、その句は田舎俳諧と揶揄され、生活は貧しいものだった。共演は「ねこあつめの家」の伊藤淳史、「団地」の石橋蓮司、「ラストコップ THE MOVIE」の佐々木希、「後妻業の女」の水川あさみ、「絶壁の上のトランペット」の立花美優、「みんな好いとうと」の高橋かおり、「海難1890」の内野聖陽、「赤い玉、」の奥田瑛二、「ポプラの秋」の中村玉緒。脚本を「武士の家計簿」「武士の献立」の柏田道夫が担当。監督は「劇場版テンペスト3D」の吉村芳之。



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?