スティーブン・クエイ スティーブン・クエイ

スティーブン・クエイの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ピアノチューナー・オブ・アースクエイク

    「ストリート・オブ・クロコダイル」の双子のクリエーター、ブラザーズ・クエイによるファンタジー。「未来世紀ブラジル」のテリー・ギリアムを製作総指揮に迎え、ある科学者の狂気を幻想的に描く。出演は「トランシルヴァニア」のアミラ・カサール、「プルーフ・オブ・ライフ」のゴッドフリード・ジョンなど。
  • ストラヴィンスキー:パリでの日々

    「ストリート・オブ・クロコダイル」(’86)の双子のクリエーター、ブラザーズ・クエイによるファンタジー「ピアノチューナー・オブ・アースクエイク」の公開を記念して、日本劇場未公開作品も含めデビュー作から一挙大公開するクエイ映画祭『ブラザーズ・クエイの幻想博物館』を特集上映。
  • レオシュ・ヤナーチェク

    「ストリート・オブ・クロコダイル」(’86)の双子のクリエーター、ブラザーズ・クエイによるファンタジー「ピアノチューナー・オブ・アースクエイク」の公開を記念して、日本劇場未公開作品も含めデビュー作から一挙大公開するクエイ映画祭『ブラザーズ・クエイの幻想博物館』を特集上映。その中の一本。音楽にはレオシュ・ヤナーチェクの楽曲が使用されている。
  • アナモルフォーシス

    「ストリート・オブ・クロコダイル」(’86)の双子のクリエーター、ブラザーズ・クエイによるファンタジー「ピアノチューナー・オブ・アースクエイク」の公開を記念して、日本劇場未公開作品も含めデビュー作から一挙大公開するクエイ映画祭『ブラザーズ・クエイの幻想博物館』を特集上映。本作はその中の一本である。
  • デュエット(1999)

    「ストリート・オブ・クロコダイル」(’86)の双子のクリエーター、ブラザーズ・クエイによるファンタジー「ピアノチューナー・オブ・アースクエイク」の公開を記念して、日本劇場未公開作品も含めデビュー作から一挙大公開するクエイ映画祭『ブラザーズ・クエイの幻想博物館』を特集上映。本作はその中の一本である。
  • サンドマン

    「ストリート・オブ・クロコダイル」(’86)の双子のクリエーター、ブラザーズ・クエイによるファンタジー「ピアノチューナー・オブ・アースクエイク」の公開を記念して、日本劇場未公開作品も含めデビュー作から一挙大公開するクエイ映画祭『ブラザーズ・クエイの幻想博物館』を特集上映。本作はその中の一本である。
  • イン・アブセンティア

    「ストリート・オブ・クロコダイル」(’86)の双子のクリエーター、ブラザーズ・クエイによるファンタジー「ピアノチューナー・オブ・アースクエイク」の公開を記念して、日本劇場未公開作品も含めデビュー作から一挙大公開するクエイ映画祭『ブラザーズ・クエイの幻想博物館』を特集上映。本作はその中の一本である。
  • ソングス・フォー・デッド・チルドレン

    「ストリート・オブ・クロコダイル」(’86)の双子のクリエーター、ブラザーズ・クエイによるファンタジー「ピアノチューナー・オブ・アースクエイク」の公開を記念して、日本劇場未公開作品も含めデビュー作から一挙大公開するクエイ映画祭『ブラザーズ・クエイの幻想博物館』を特集上映。本作はその中の一本である。
  • ファントム・ミュージアム

    「ストリート・オブ・クロコダイル」(’86)の双子のクリエーター、ブラザーズ・クエイによるファンタジー「ピアノチューナー・オブ・アースクエイク」の公開を記念して、日本劇場未公開作品も含めデビュー作から一挙大公開するクエイ映画祭『ブラザーズ・クエイの幻想博物館』を特集上映。本作はその中の一本である。
  • ギルガメッシュ/小さなほうき

    アメリカ生まれのスティーヴとティムの双子の人形アニメーション作家、ブラザーズ・クエイが、古代メソポタミアのギルガメッシュ叙事詩をモチーフに取り組んだ作品。ギルガメッシュとは、半人半神の英雄であったが、人民を酷使したので神はギルガメッシュにさまざまな試練を与える。しかし、この映画に登場するのは奇妙に擬人化された神話の人物たちであり、彼らの行う行為も不可解さに充ちている。ここにクエイ兄弟の人形に向ける強い個性はあるが、具体的な物語を読み取るのはいささか難しい。人形の不気味な表情と動作が印象に残る。
  • ストリート・オブ・クロコダイル

    1942年にゲシュタポに射殺されたポーランドの画家で作家でもあったブルーノ・シュルツの短編『大鰐通り』を基に、双子の人形アニメーション作家ブラザーズ・クエイが手掛けた作品。古びた機械の持つ奇妙なエロティシズムと仕立て屋の人形たちの無気質な不気味さが本物のツバや臓物によって強調される。
  • ヤン・シュヴァンクマイエルの部屋(ヤン・シュヴァンクマイヤーの部屋)

    アメリカ生まれの双子の人形アニメーション作家ブラザーズ・クエイが、彼らに創作面で多大な影響を与えたチェコのアニメーション作家、ヤン・シュヴァンクマイエルへのオマージュを表明した作品。本の形をした頭部を持ち、仕事に熱中しているヤン・シュヴァンクマイエルが登場する。ふたりの人物の精密な動きと、幾何学模様の部屋のデザインに、クエイ兄弟の鋭く研ぎ澄まされた想像力を見ることができる。イギリスのテレビ番組がヤン・シュヴァンクマイエルの特集を行った時に製作され、のちに独立した作品となった。
  • レオス・ヤナーチェク

    アメリカ生まれの双子の人形アニメーション作家ブラザーズ・クエイが、チェコの大作曲家レオス・ヤナーチェクの歩んできた人生を映画化した作品。平面の人形細工で造られたヤナーチェクが全編に登場し、彼自身の足跡とそこから生み出された音楽との関係を語っていく。その飄々としたヤナーチェクのキャラクターは親しみやすくユーモアにあふれている。クエイ兄弟の演出はヤナーチェクが歩く夜の森の情景などに優れて美的で、幻想的な場面を創りあげ、その空間に劇場的なパースペクディヴを生み出すことに成功している。ヤナーチェクの音楽も効果的。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 10/16

カテリーナ・スコーソン(1981)

スパイ・レジェンド

ビル・グレンジャーのスパイ小説『ノヴェンバー・マン』を「バンク・ジョブ」のロジャー・ドナルドソン監督が映画化。ロシア大統領選を巡る国際的陰謀に巻き込まれた伝説の元CIAエージェントが、自ら育てた現役スパイと攻防を繰り広げる。出演は「007/ダイ・アナザー・デイ」のピアース・ブロスナン、「007/慰めの報酬」のオルガ・キュリレンコ。

アリス EPISODE1:ワンダーランドにようこそ

ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」をリ・イマジネーションしたファンタジーアドベンチャー第1巻。ある日、何者かに誘拐されてしまった恋人のジャックを追って鏡の中へ飛び込んだアリス。目を覚ますとそこには不思議な世界が広がっており…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ニック・ウィリング 原作:ルイス・キャロル 撮影:ジョン・ジョフィンCSC 音楽:ベン・ミンク 出演:カテリーナ・スコーソン/キャシー・ベイツ/フィリップ・ウィンチェスター/アンドリュー・リー・ポッツ
岩永徹也(1986)

ダウト 嘘つきオトコは誰?

女性向け大ヒット恋愛アプリゲームを、雑誌『CanCam』の専属モデル、堀田茜の初主演で映画化。25歳のブライダルプランナー、桜井香菜は、婚活パーティーに参加。10人の男たちが言い寄ってくるが、真実を語っているのはたった1人と言われ……。共演は「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」の稲葉友、「劇場版 リケ恋~理系が恋に落ちたので証明してみた。~」の西銘駿、「明治東亰恋伽」の岩永徹也。

明治東亰恋伽

人気恋愛ファンタジーゲーム『明治東亰恋伽』を、2017年にバブリーダンスで話題となった登美丘高等学校ダンス部元キャプテンの伊原六花主演で実写化。少し不思議な明治時代の東亰にタイムスリップした女子高生・芽衣は、森鴎外ら明治の偉人たちと出会う。2019年4月から放送されるドラマシリーズ最終話から始まり、ヒロイン・芽衣と偉人たちとの新たなエピソードや物語の鍵を握る謎の奇術師・チャーリーの正体が描かれる。共演はBOYS AND MENの小林豊ほか。

NEW今日命日の映画人 10/16

該当する人物がいません