ソフィア・コッポラ ソフィアコッポラ

  • 出身地:ニューヨーク
  • 生年月日:1971/05/14

略歴 / Brief history

【父の七光りを脱却したガーリー・カルチャーの旗手】アメリカ、ニューヨークの生まれ。フランシス・フォード・コッポラ監督の末っ子で一人娘。俳優のニコラス・ケイジは従兄弟にあたる。幼い頃から父の作品を中心に出演を重ね(「ゴッドファーザー」72にも、教会で洗礼を受ける男の赤ん坊役で出演している)、女優として順調にキャリアを伸ばしているかのように見えたが、「ゴッドファーザーPartⅢ」(90)で突然降板したウィノナ・ライダーの代役をつとめたことから運命が狂う。この段階での彼女には荷が重すぎた役だったため、父親の決断は身びいきであると非難されたほか、ソフィア自身の演技も不評で、結果的に彼女は(父の友人の作品への友情出演を除いて)女優の仕事から身を引いた。本人はのちに「もともと女優志望ではなかったので『PARTⅢ』での酷評も気にならなかった」と語っている。1998年、短編「Lick The Star」で監督デビュー。長編デビュー作となる「ヴァージン・スーサイズ」(99)は、MTV映画賞で新人監督賞を受賞するなど一定の評価を受けた。ソフィアの名を一気に高めたのは続く「ロスト・イン・トランスレーション」(03)で、この作品によって彼女はアカデミー賞のオリジナル脚本賞を受賞するとともに、リナ・ウェルトミューラー、ジェーン・カンピオンに続いて監督賞にノミネートされた史上3人目の女性監督(アメリカ人女性としては初)となった。フランス政府の協力の下、実際にヴェルサイユ宮殿で撮影された「マリー・アントワネット」(06)は、初上映されたカンヌ映画祭でブーイングとスタンディング・オベーションの両方を受けるなど賛否両論となった。99年に映画監督のスパイク・ジョーンズと結婚したが03年に離婚。【ポップな感覚で描かれる疎外感】ニューヨークの文化サロンで育ち、学業と並行して15歳でシャネル社のインターンをつとめた。学業を終えてすぐにファッション・ブランドを立ち上げたソフィアはガーリー・カルチャーの旗手とみなされ、特に「ロスト・イン・トランスレーション」と「マリー・アントワネット」でポップな感覚をふんだんに取り入れて画面を生き生きとしたものにしている。しかし、彼女の作品の本質は周囲に溶け込むことのできない人物の絶対的な疎外感であり、このことは父コッポラのイタリア的家父長主義を前面に押し出した実生活や、家族の血縁の中にのみ安住を見出す「ゴッドファーザー」3部作の登場人物たちと比較すればより明確になる。ヘビトンボの季節に自らの命を絶つ少女たちも、TOKYOという奇怪な街に滞在しなくてはならないスターも、政略結婚で異国にやってきた幼い王妃も、自分の存在を支配するだけで決して受け入れようとはしない環境の中で決定的な違和感を覚え、そこからドラマが展開していくのである。

ソフィア・コッポラの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • オン・ザ・ロック

    ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。
    85
  • ようこそ映画音響の世界へ

    ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。
  • カーライル ニューヨークが恋したホテル

    数々のセレブたちから愛されてきたニューヨークの五つ星ホテル“ザ・カーライル ア ローズウッド ホテル”の魅力に迫るドキュメンタリー。ジョージ・クルーニー、ソフィア・コッポラなど、総勢38名のセレブが“秘密の宮殿”カーライルの魅力を語る。監督は「ティファニー ニューヨーク五番街の秘密」など、ニューヨークの老舗を対象にドキュメンタリーを手掛けるマシュー・ミーレー。
    44
    • おしゃれな
  • The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ

    71年に「白い肌の異常な夜」として映画化されたトーマス・カリナンの小説を、ソフィア・コッポラが再映画化。世間から隔絶された寄宿学校に暮らす7人の女性は、負傷した兵士を屋敷に運んで手当てする。やがて彼女たちは、その男に心を奪われてゆき……。出演は「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のコリン・ファレル、「LION/ライオン ~25年目のただいま~」のニコール・キッドマン、「パーティで女の子に話しかけるには」のエル・ファニング。
    60
  • マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年

    シューズブランド、マノロ・ブラニクの魅力と華麗な手仕事に迫るドキュメンタリー。“夢の靴”が生み出されるイタリア・ミラノのアトリエからイギリス・バースの閑静な自宅、そしてそこに保存された30000点に及ぶアイテムのアーカイブにカメラを向ける。米ヴォーグ誌編集長アナ・ウィンター、歌手リアーナ、ティファニーのジュエリー・デザイナーのパロマ・ピカソ、シューズ・デザイナーのシャーロット・オリンピア、モデルのイマン、女優アンジェリカ・ヒューストン、ファッション・デザイナーのジョン・ガリアーノ、映画監督ソフィア・コッポラ、俳優ルパート・エヴェレットらが出演。
    77
    • おしゃれな
    • かっこいい
    • ほのぼのとした
  • ソフィア・コッポラの椿姫

    「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラ監督が演出し、ローマ歌劇場で上演されたヴェルディ作のオペラの映像化。パリの社交界で数々の裕福な男たちを虜にしてきた高級娼婦ヴィオレッタ。彼女は富豪の息子アルフレードと恋に落ちるが……。デザイナー、ヴァレンティノ・ガラヴァーニとそのスタッフが衣裳を手掛け、「インターステラー」のネイサン・クロウリーが舞台美術を担当した。
  • ブリングリング

    「ロスト・イン・トランスレーション」で第76回アカデミー賞脚本賞、「SOMEWHERE」で第67回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞したソフィア・コッポラ監督が、パリス・ヒルトンやオーランド・ブルームとミランダ・カー夫妻、リンジー・ローハンらの自宅が狙われた実際の窃盗事件をモチーフに、セレブの豪邸を次々に襲う少年少女たちを描いた青春ドラマ。「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソンやケイティ・チャン、クレア・ジュリアン、イズラエル・ブルサール、タイッサ・ファーミガが、向こう見ずで危うい若者を演じる。ほか、「セブンティーン・アゲイン」のレスリー・マンらが出演。第66回カンヌ国際映画祭ある視点部門上映作品。
    70
  • SOMEWHERE

    「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラが、空虚な日々を送るハリウッドスターと、別れた妻と暮らす娘とのひと時の交流を優しい眼差しで描いたドラマ。出演は「パブリック・エネミーズ」のスティーヴン・ドーフ、「SUPER8/スーパーエイト」のエル・ファニング。ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作。
  • フェアリー・テール・シアター フランシス・フォード・コッポラのリップ・ヴァン・ウィンクル

    名作童話を元にした米テレビシリーズからセレクトした4作品。「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」のティム・バートン、「ゴッドファーザー」のフランシス・フォード・コッポラ、「クリエイター」のアイヴィン・パッサー、「ルビー・カイロ」のグレーム・クリフォードがそれぞれ監督を担当している。
  • マリー・アントワネット(2006)

    14歳でフランス王室に輿入したマリー・アントワネットが、やがて革命の嵐にのまれて宮殿を後にするまでの19年の歳月を、実際のヴェルサイユ宮殿で行なわれた撮影によって絢爛豪華に描いた宮廷絵巻。監督はソフィア・コッポラ。主演はキルスティン・ダンスト。共演はジェイソン・シュワルツマン、アーシア・アルジェント。
  • ロスト・イン・トランスレーション

    東京で出会ったハリウッド俳優の中年男と若いアメリカ人女性の淡い愛の交流を描いたドラマ。監督・製作・脚本は「ヴァージン・スーサイズ」のソフィア・コッポラ。製作総指揮はソフィアの父であるフランシス・フォード・コッポラほか。撮影は「アダプテーション」のランス・アコード。音楽監修は「ヴァージン・スーサイズ」「CQ」のブライアン・レイツェル。美術は「ナインスゲート」のアン・ロス、「アダプテーション」のK・K・バーレット。編集は「フル・フロンタル」のサラ・フラック。衣裳は「ヴァージン・スーサイズ」「ヒューマンネイチュア」のナンシー・スタイナー。出演は「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」のビル・マーレイ、「真珠の耳飾りの少女」のスカーレット・ジョハンソン、「閉ざされた森」のジョヴァンニ・リビシ、「最’新‘絶叫計画」のアンナ・ファリスほか。林文浩、藤井隆、ダイアモンド・ユカイほか日本人も多数出演。2004年アカデミー賞オリジナル脚本賞、同年ゴールデン・グローブ賞脚本賞、作品賞(ミュージカル/コメディ部門)、主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)、2003年ヴェネチア国際映画祭コントロコレンテ部門主演女優賞、リナ・マンジャカプレ
  • ヴァージン・スーサイズ

    謎の自殺を遂げた5人姉妹の姿を鮮烈に綴った青春ドラマ。監督・脚本は本作が監督デビューとなる「ゴッドファーザー PART3」のソフィア・コッポラ。原作はジェフリー・ユージェニデスの『ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹』(早川書房刊)。撮影は「エリン・ブロコビッチ」のエド・ラッハマン。音楽はフランス出身のデュオのAIR、音楽監修を「バーシティ・ブルース」のブライアン・レイツェルが担当。出演は「スモール・ソルジャーズ」のキルステン・ダンスト、「エニイ・ギブン・サンデー」のジェームズ・ウッズ、「リアル・ブロンド」のキャスリン・ターナーほか。
  • ゴッドファーザーPARTIII

    暗黒街に君臨するマフィアのファミリーの半世紀に及ぶ年代記を綴るシリーズ完結篇。エグゼクティヴ・プロデューサーはフレッド・フックスとニコラス・ゲイジ、製作・監督は前2作に続き「ニューヨーク・ストーリー」のフランシス・フォード・コッポラ、脚本はマリオ・プーゾとコッポラの共同、撮影はゴードン・ウィリス、音楽はカーマイン・コッポラが担当。出演はアル・パチーノ、ダイアン・キートンほか。ビデオ化の際7分の追加シーンを加えた再編集版が製作されている。
    90
  • ニューヨーク・ストーリー

    ニューヨークを舞台にした3つのストーリーから成るオムニバス映画。作品全体の製作はロバート・グリーンハットが担当。<第1話/ライフ・レッスン>の製作はバーバラ・デ・フィーナ、監督は「最後の誘惑」のマーティン・スコセッシ、脚本はリチャード・プライス、撮影はネストール・アルメンドロスが担当。出演はニック・ノルティ、ロザンナ・アークェットほか。<第二話/ゾイのいない生活>の製作はフレッド・ルースとフレッド・フックス、監督・脚本は「タッカー」のフランシス・フォード・コッポラ、共同脚本はソフィア・コッポラ、撮影はヴィットリオ・ストラーロ、音楽はカーマイン・コッポラが担当。出演はヘザー・マコブ、タリア・シャイアほか。<第3話/エディプス・コンプレックス>のエグゼクティヴ・プロデューサーはジャック・ローリンズとチャールズ・H・ジョフィ、製作はグリーンハット、監督・脚本・主演は「私の中のもうひとりの私」のウディ・アレン、撮影はスヴェン・ニクヴィストが担当。出演はほかにミア・ファローなど。
  • ペギー・スーの結婚

    25年前のハイスクール時代にタイム・スリップした主婦の数奇な体験を描く。製作はポール・R・グリアン、エグゼクティヴ・プロデューサーはバリー・M・オズボーン、監督は「コットンクラブ」のフランシス・フォード・コッポラ、脚本はジェリー・レイクトリング、アーレン・サーナー、撮影はジョーダン・クローネンウェス、音楽はジョン・バリー、編集はバリー・マルキンが担当。出演はキャスリーン・ターナー、ニコラス・ケイジほか。
    80

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/13

アリー・シーディ(1962)

うちへ帰ろう

バラバラになっていた家族が、母の死期を間近に再び心を寄せ合う心温まるドラマ。監督はスティーヴン・メイラー。出演はデイヴィッドリー・ウィルソン、アリー・シーディほか。

ハイ・アート

駆け出しの写真誌編集者とドロップアウトした有名写真家のふたりの女性の関係をエモーショナルに描き出した異色ラヴ・ストーリー。監督・脚本は本作が初の長編劇映画となる新鋭のリサ・チョロデンコ。製作は「ジョンズ」のドリー・ホールと、ジェフリー・レヴィ=ヒント、スーザン・A・ストーヴァー。撮影は「2ガールズ」のタミー・レイカー。音楽はオルタナティヴ・ロック畑の新鋭で「ベルベット・ゴールドマイン」にも参加したシャダー・トゥ・シンク。音楽監修はトレイシー・マックナイト。美術はバーンハッド・ブライス。編集はエイミー・E・ダドルストン。衣裳はヴィクトリア・ファレル。スチール写真(ルーシーの写真)は監督の友人でもある写真家のジョジョ・ウィルデン。出演は 「オンリー・ザ・ロンリー」のアリー・シーディ、「ラヴ&カタストロフィー」のラダ・ミッチェル、「ジュマンジ」のパトリシア・クラークソン、「フラート」のビル・セイジほか。サンタンス映画祭98で脚本賞を受賞。
ティム・アレン(1953)

トイ・ストーリー4

おもちゃの視点で描くCGアニメの大ヒットシリーズ第4弾。新たな持ち主ボニーを見守るウッディたち。しかし、彼女の一番のお気に入りで手作りおもちゃのフォーキーは、自分をゴミだと思い、逃げ出してしまう。ウッディはフォーキーを探す冒険に出るが……。監督は、「インサイド・ヘッド」の脚本・原案を担当したジョシュ・クーリー。声の出演は、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のトム・ハンクス、「シュガー・ラッシュ オンライン」のティム・アレン、「トラブルINベガス」のアニー・ポッツ、「トランスフォーマー/最後の騎士王」のトニー・ヘイル。

レックスはお風呂の王様

「ファインディング・ニモ3D」の併映作となるディズニー/ピクサー製作の短編アニメーション。「トイ・ストーリー」シリーズに登場するどじな恐竜のオモチャ“レックス”がバスルームを舞台に仲間の玩具たちと繰り広げる活躍をコミカルに描く。

NEW今日命日の映画人 6/13

該当する人物がいません