木崎文智 キザキフミノリ

木崎文智の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • HUMAN LOST 人間失格

    太宰治の『人間失格』を大胆にリメイクした長編アニメーション。人間をネットワークで管理し、無病長寿が約束された未来。貧困エリアで薬物に溺れ怠惰な暮らしを送る葉藏は、謎の男・堀木とともに特権階級が暮らす地域への突貫に参加し、闘争に巻き込まれる。監督は、「ベヨネッタ ブラッディフェイト」の木﨑文智。スーパーバイザーは、TVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』の本広克行。脚本は、『天地明察』の小説家・冲方丁。声の出演は、「二ノ国」の宮野真守、「センコロール コネクト」の花澤香菜、「えいがのおそ松さん」の櫻井孝宏。
    0
  • ニンジャバットマン

    日本のトップクリエイターが米国のキャラクター・バットマンをベースに製作したアニメ。ゴッサムシティのジョーカーら悪党たちが戦国時代の日本にタイムスリップし、歴史改変を狙っていた。現代テクノロジーから切り離されたバットマンは、彼らに戦いを挑む。監督は、TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』のオープニングを手掛けた水崎淳平。声の出演は、「LUPIN THE IIIRD」シリーズの山寺宏一、『名探偵コナン』の高木渉、「ブレイブウィッチーズ ペテルブルグ大戦略」の加隈亜衣、「ひるね姫 知らないワタシの物語」の釘宮理恵。
    70
  • ベヨネッタ ブラッディフェイト

    世界中にファンを持つアクションゲーム『ベヨネッタ』を「アフロサムライ レザレクション」の木崎文智監督が長編アニメ化。人知を超えた肉体と能力を持つ魔女の失われた記憶を巡る旅を描く。声の出演は「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」の田中敦子、「ストライクウィッチーズ 劇場版」の園崎未恵、「キャプテンハーロック」の沢城みゆき、「アシュラ」の玄田哲章。第26回(2013年)東京国際映画祭上映作品。
  • アフロサムライ レザレクション

    アフロの黒人の侍の活躍を描くアニメ「AFRO SAMURAI」続編。監督はテレビ『バジリスク~甲賀忍法帖~』の木崎文智。製作・声の出演は「ジャッキー・ブラウン」のサミュエル・L・ジャクソン。美術監督の池田繁美が、第61回プライムタイムクリエィティブアートエミー賞アニメーション個人部門審査員賞受賞。
  • アフロサムライ

    岡崎能士原作の同名のコミックを映画化したジャパニメーション。監督は「バジリスク~甲賀忍法帖」の木崎文智。主人公のアフロサムライの声を演じるのは、「スネーク・フライト」のサミュエル・L・ジャクソン。ヒロインのお菊の声を、「ブラック・ダイヤモンド」のケリー・フーが担当。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/8

渡部豪太(1986)

コスメティックウォーズ

化粧品業界の裏側に切り込んだヒューマンドラマ。老舗化粧品会社のロングセラー商品の機密情報を盗み出すため、産業スパイとして潜入した三沢茜。だが化粧品を作る社員たちと触れ合っていくなか、その熱い想いに触れ、茜は次第に自分の行為に疑問を感じ始める。出演は「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の大政絢、「夏休みの地図」の奥菜恵、「海南1890」の渡部豪太、「東京PRウーマン」の井上正大、「校庭に東風(こち)吹いて」の柊子、「GONIN サーガ」の松本若菜、「The Room」の尚玄、「天空の蜂」の森岡豊、「映画 深夜食堂」の高岡早紀。監督は「東京PRウーマン」の鈴木浩介。音楽を「十三人の刺客」「貞子vs伽椰子」の遠藤浩二が担当する。

海難1890

1890年に和歌山県で起きたオスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号の海難事故、そして1985年イラン・イラク戦争時にテヘランに残された日本人の救出にトルコが尽力した史実に基づき、日本・トルコ両国の絆や危険を押してでも助けようとする人々を描いた人間ドラマ。エルトゥールル号編とテヘラン救出編の二部で構成される。監督は「利休にたずねよ」が第37回モントリオール世界映画祭最優秀藝術貢献賞に輝いた田中光敏。海難事故に遭遇した医師を「臨場・劇場版」の内野聖陽が演じ、「マイ・バック・ページ」の忽那汐里やトルコ人俳優ケナン・エジェが二役で出演。外務省の後援や、トルコ政府全面協力を受け制作された。
鮎川いずみ(1951)

必殺!III 裏か表か

闇の金融集団と闘う仕事人たちの姿を描く“必殺!”シリーズ第三弾。脚本は「必殺!」の野上龍雄、保利吉紀、中村勝行の共同執筆。監督は「逃がれの街」の工藤栄一。撮影は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の石原興がそれぞれ担当。

必殺! ブラウン館の怪物たち

徳川家康が建てたという黒谷屋敷の謎をかぎつけた倒幕派と外国人グループと戦う仕事人たちを描く。昨年公開された「必殺!」の第二弾。脚本は「哀しい気分でジョーク」の吉田剛、監督は「港町紳士録」の広瀬襄、撮影は「必殺!」の石原興がそれぞれ担当。

NEW今日命日の映画人 3/8

該当する人物がいません