十一代目市川海老蔵 イチカワエビゾウ

  • 出身地:東京都
  • 生年月日:1977/12/06

略歴 / Brief history

東京都の生まれ。本名・堀越孝俊。歌舞伎役者の十二代目市川團十郎の長男で、母は着物プロデューサーでもある堀越希実子、妹は舞踊家の三代目市川ぼたん。1983年5月、歌舞伎座『源氏物語』の春宮で初御目見得ののち、85年5月に七代目市川新之助を名乗って、歌舞伎座『外郎売』の貴甘坊で初舞台を踏む。幼少時から続く厳しい稽古と家柄、伝統の重責に耐えかね反発もしたが、17歳の時に偶然目にしたフィルムで、祖父である十一代目市川團十郎の芸と姿の美しさに感動し、歌舞伎役者として生きていく決意を固める。以降、歌舞伎座『鏡獅子』95、浅草公会堂『勧進帳』99の弁慶、新橋演舞場『助六由縁江戸桜』00の花戸川助六など古典の大役に次々と挑み、初役づくしの中でいずれも周囲の期待を上回る出来栄えを見せた。一声、二顔、三姿という祖父譲りの資質を揃えた役者と評され、歌舞伎界の未来を担うプリンスとして大きな期待を一身に背負う。2000年、歌舞伎座『源氏物語』で光君をつとめ、発売初日にチケットが完売するほどの人気を獲得。この時期、五代目尾上菊之助、二代目尾上辰之助(現・四代目尾上松緑)とともに“平成の三之助”と呼ばれ、新たな歌舞伎ブームを巻き起こした。歌舞伎以外では、青山劇場『ライル』90、日生劇場『スタンド・バイ・ミー』91、『海神別荘』00などの舞台に出演するほか、NHK大河ドラマ『花の乱』94、テレビ東京『豊臣秀吉・天下を獲る!』95などのテレビドラマにも進出。03年のNHK大河ドラマ『武蔵/MUSASHI』では堂々主役を張り、器の大きさを見せつけた。04年5月、歌舞伎座『暫』の鎌倉権五郎ほかで十一代目市川海老蔵を襲名。06年には佐々部清監督「出口のない海」で映画初主演も飾り、太平洋戦争末期、脱出装置のない定員1名の人間魚雷“回天”に乗って敵艦に激突するという究極の任務についた若者・並木浩二役を、抑えの利いた演技で丁寧に造形した。07年、パリ・オペラ座で初の歌舞伎公演を父・團十郎とともに実現し絶賛を浴びる。テレビドラマはほかに、TBS『MR.BRAIN』09、日本テレビ『霧の旗』10など。10年3月、フリーキャスターの小林麻央と結婚。成田屋・市川宗家の御曹司として目覚しい活躍を見せる一方、同年11月に酒に酔った末のトラブルで重症を負い、当面の公演中止と無期限謹慎を発表する。翌11年7月に新橋演舞場『七月大歌舞伎』で舞台復帰。傷害事件以前にすでに完成していた主演時代劇の三池崇史監督「一命」も、同年10月にようやく公開の運びとなった。

十一代目市川海老蔵の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 無限の住人

    第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。
  • 喰女 クイメ

    舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。
  • 利休にたずねよ

    第140回直木賞を受賞した山本兼一の同名小説を映画化。茶の湯を芸術の域にまで高め美意識を研鑽する茶人・千利休の情熱を描く。利休を語る上で欠かせない黄金の茶室、待庵、北野大茶会なども作品中で再現されている。監督は「火天の城」「精霊流し」の田中光敏。脚本はNHK大河ドラマ『天地人』の小松江里子。音楽は「レッドクリフParttI・II」の岩代太郎。美を追求する千利休を「一命」「出口のない海」の市川海老蔵が、利休の妻を「源氏物語 千年の謎」「嫌われ松子の一生」の中谷美紀が、利休に傾倒しながらも畏れる豊臣秀吉を「R100」「ハゲタカ」の大森南朋が演じる。また若い頃の利休の師役で、2013年に他界した市川團十郎が特別出演をしている。
    60
  • シネマ歌舞伎 海神別荘

    泉鏡花原作で坂東玉三郎(「天守物語」)、市川海老蔵(「一命」)主演の舞台を“シネマ歌舞伎”として映画館で上映。地上の美女と結婚することになった海底の公子と、地上への未練を残す美女の愛憎を描く。鏡花ならではの美しいセリフとハープを交えた音楽が見どころ。演出も兼任した坂東玉三郎が思いを語る特別映像も同時上映。
  • シネマ歌舞伎 天守物語

    HDカメラで撮影した歌舞伎の舞台公演を、スクリーンでデジタル上映する“シネマ歌舞伎”シリーズ第15弾。異形の者たちが住むという白鷺城の最上階を舞台に、美しい異界の人とこの世の人間の恋を描き、泉鏡花の戯曲の中でも屈指の名作と呼ばれる『天守物語』を収録。出演は、坂東玉三郎、市川海老蔵、中村勘太郎。
  • 一命

    1952年に発表され、1962年には「切腹」として映画化された滝口康彦の『異聞浪人記』を原作に「十三人の刺客」の三池崇史監督が武士の誇りと家族愛を描く時代劇。音楽を「シルク」の坂本龍一が担当。出演は「出口のない海」の市川海老蔵、「大鹿村騒動記」の瑛太、「最期の忠臣蔵」の役所広司、「悪人」の満島ひかり。2D・3D版同時公開。
    60
  • シネマ歌舞伎 ふるあめりかに袖はぬらさじ

    幕末、尊王攘夷が叫ばれる中、自害した一人の遊女が攘夷女郎として祀り上げられていくのに一役買った芸者の姿を描く舞台。2007年12月に歌舞伎座で歌舞伎として初上演された有吉佐和子原作の同名作品をHD高性能カメラで撮影。出演は坂東玉三郎、中村獅童、中村七之助、市川海老蔵、坂東三津五郎ほか。
  • 出口のない海

    日本の敗戦が日に日に濃厚になっていくなか、脱出装置のない定員1名の回天に乗って敵艦に激突するという究極の任務についた若者たちの迷いや怒り、悲しみを描く。監督は「カーテンコール」の佐々部清監督。脚本に「たそがれ清兵衛」の巨匠・山田洋次と「うなぎ」の冨川元文を迎え、横山秀夫の原作に挑む。主人公の並木を演じるのは、歌舞伎以外の舞台やTVドラマでも活躍する市川海老蔵。ほか、「雪に願うこと」の伊勢谷友介、「スウィングガールズ」の上野樹里らが出演。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?