重信メイ シゲノブメイ

重信メイの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 革命の子どもたち

    世界革命を目指した日本赤軍の最高指導者・重信房子と、反帝国・反資本主義を唱えた極左地下組織バーダー・マインホフ・グループ、後のドイツ赤軍を結成したウルリケ・マインホフの生き様を、彼女らの娘たちが追っていくドキュメンタリー。過酷な幼少期を過ごした娘たちが母の足跡をたどり、当時のニュース映像や、パレスチナ解放闘争に参加した映画監督・足立正生、赤軍派議長・塩見孝也、重信房子の弁護人を務めた大谷恭子らの証言を交え、彼女たちの戦いに向き合う。監督はジャン=リュック・ゴダール監督の映画愛について描いた番組『シネマ・ゴダール』や政治史にフォーカスを当てた作品を手がけたドキュメンタリー作家シェーン・オサリバン。
  • COACH コーチ 40歳のフィギュアスケーター

    「イノセントワールド INNOCENT WORLD」のプロデューサー、室希太郎が監督・原案・脚本を務めた本格フィギュアスケート映画。40歳のフィギュアスケートコーチが、ある少女と出会い、若き日に捨てたオリンピックへの夢に再挑戦する姿を描く。出演は、プロフィギュアスケーター兼コーチとして活躍、本作が女優デビューの西田美和、TVドラマ「鉄道娘」の時東ぁみ、「ジェネラル・ルージュの凱旋」の平泉成など。
    20
  • ドキュメンタリー 頭脳警察

    1969年に結成、数々の伝説的ステージと6枚のアルバムを残し1975年に解散したロックバンド“頭脳警察”が再結成を果たすまでを追ったドキュメンタリー。3部作として構成され、総時間は約5時間14分。監督は「感染列島」の瀬々敬久。〈第1部〉1969年、「日本語でロックをやろう」という想いから、19歳のPANTAとTOSHIを中心に頭脳警察が結成される。それから30年以上が過ぎた2006年、PANTAは新バンド“陽炎”のメンバーとして積極的な音楽活動を続けていた。そんな中、最愛の母が亡くなり、その翌日、アルバム・レコーディング中のPANTAをTOSHIが訊ねてくる。頭脳警察結成から解散までの経緯、高校時代から友人だったPANTAとTOSHIの青春と半生を2008年のライヴ映像を交えて描く。〈第2部〉太平洋戦争のさなか、病院船・氷川丸で従軍看護婦として働いていた母の死をきっかけに、PANTAは当時の氷川丸関係者を訪ね歩く。氷川丸の歴史から知る戦争の断面。そして彼は、元日本赤軍の重信房子の詩に曲をつけ、アルバムを制作。重信の娘メイを迎えてレコーディングを開始する。さらに、イラク元大統領フセインの孫にあたる14歳の少年が、一人で200人の兵士と戦った実話を基に生まれた“七月のムスターファ”という曲を作る。その曲が披露されたライヴで、カメラは凍りつくかのような殺気を記録する。〈第3部〉2007年12月、いよいよ再始動する頭脳警察。そのレコーディング風景やバックステージを捉え、PANTAとTOSHIがそれぞれの想いを語る。2008年9月28日、京大西部講堂でのライヴ。熱狂的歓声で迎えられた彼らは、かつてないほど白熱したステージングを見せつける。それは、これまでの伝説をも凌駕した新たな頭脳警察ストーリーの誕生であった……。
  • パラダイス・ナウ

    パレスチナの幼馴染みの二人の若者が自爆攻撃に向かう48時間の葛藤と友情を描いた物語。パレスチナ人監督ハニ・アブ・アサドがイスラエル人プロデューサーと手を組み、ヨーロッパ各国との共同製作というかたちで作りあげた。
    80
  • Little Birds イラク戦火の家族たち

    2003年3月のアメリカによるイラク侵攻以来、『ニュースステーション』や『News23』でイラクからの中継リポートを続け、ボーン・上田記念国際記者賞特別賞を受賞したビデオジャーナリストの綿井健陽が、取材期間中に記録した123時間余の映像から作り出した映像作品。空爆で2人の子供を奪われた父親サクバン、右目を傷ついた12歳の少女ハディールらを主人公に、バグダッド、アブグレイブ、サマワなどイラク各地を舞台に、戦火の中で懸命に生きる人々を丹念に描く。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/25

マット・ルブランク(1967)

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル

諜報スペシャリストの美女トリオが活躍するアクション。1970年代の人気TVシリーズを映画化した第2弾。監督はシリーズ前作に続きマックジー。製作・主演も前作に続きドリュー・バリモア。脚本は「シックス・デイ」のマリアンヌ・ウィバーリー&コーマック・ウィバーリーほか。撮影のラッセル・カーペンター、美術のJ・マイケル・リーヴァ、武術指導のユエン・チョンヤンなど、主要スタッフは前作と同じ。共演は前作のキャメロン・ディアス、ルーシー・リュー、ルーク・ウィルソン、マット・ルブランらに加え、「薔薇の眠り」のデミ・ムーア、「オーシャンズ11」のバーニー・マックほか。

チャーリーズ・エンジェル(2000)

美人探偵三人組が大活躍するポップなアクション。1976年にスタートした大人気テレビドラマの映画化。監督はこれがデビューとなるマックジー。武術指導は「マトリックス」のユエン・ウーピン。製作・出演は「25年目のキス」のドリュー・バリモア。共演に「マルコヴィッチの穴」のキャメロン・ディアス、「シャンハイ・ヌーン」のルーシー・リュー、「クレイドル・ウィル・ロック」のビル・マーレーほか。
イリーナ・ダグラス(1965)

メガ・シャークVSグレート・タイタン

モンスターパニック映画シリーズ「メガ・シャーク」第4弾。メガ・シャークの卵から生まれた新メガ・シャークと巨人型兵器の戦いを描く。監督は、「アルマゲドン2014」のクリストファー・レイ。出演は、「ゴーストワールド」のイリアナ・ダグラス。カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2015にて上映。

ファクトリー・ガール

1960年代のミューズとして生きたイーディ・セジウィックの生涯を描いた伝記ドラマ。「カサノヴァ」のシエナ・ミラーを主演に迎え、「メイヤー・オブ・サンセット・ストリップ」のジョージ・ヒッケンルーパーが監督した。そのほかの出演者は「メメント」のガイ・ピアース、「ジャンパー」のヘイデン・クリステンセンなど。

NEW今日命日の映画人 7/25

下條正巳(2004)

男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇

渥美清の死去により終了した「男はつらいよ」シリーズ全48作の中から、シリーズの大半を演出した山田洋次が特に好きな一編という第25作「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」を、コンピュータ・グラフィックの導入、ドルビー・ステレオ・システムで録音し直すなど、最新技術を駆使してリニューアルさせた特別篇。冒頭部分には、寅次郎の甥の満男にふんする吉岡秀隆の登場シーンを新たに追加して、満男が寅さんの想い出を回想するという形に仕上げている。

天才えりちゃん金魚を食べた

6歳の少年が第8回福島正実記念SF童話大賞を受賞して話題となった同名の絵本をもとにしたファンタジー・アニメーション。1984年6月に宮崎県都城市で生まれた作者の竹下龍之介少年は、幼稚園年長組の夏休みに書いた受賞作以降、『えりちゃんシリーズ』として全4作を書き上げている。映画は、受賞作と第2作『天才えりちゃん月へ行く』をあわせてアニメ化した。総監督は「ウルトラマンカンパニー」の日下部光雄。主人公の兄妹の両親の役で、「新居酒屋ゆうれい」の松坂慶子と「風のかたみ」の阿部寛が声優をつとめた。同時上映「ポコニャン!」
ジョン・シュレシンジャー(2003)

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17 ロイヤル・オペラ「ホフマン物語」

英国ロイヤル・オペラ・ハウスの上演作品を映画館で上映するシリーズの1本で、「真夜中のカーボーイ」監督のジョン・シュレシンジャーが演出したオペラ。詩人ホフマンは恋敵であるリンドルフにそそのかされ、過去に愛した3人の女たちとの思い出を語り出す。ドイツの小説家E.T.A.ホフマンの小説が基になり、戯曲を経てフランスの作曲家ジャック・オッフェンバックによりオペラ化。

2番目に幸せなこと

一夜の過ちで子供を得て“夫婦”になった自立した女性とゲイの男性のカップルをめぐるドラマ。監督は「スウィーニー・トッド」のジョン・シュレシンジャー。脚本はトーマス・ロペルスキー。撮影は「アウト・オブ・サイト」のエリオット・デイヴィス。音楽は「シティ・オブ・エンジェル」のガブリエル・ヤレド。出演は「エビータ」のマドンナ、「恋におちたシェイクスピア」のルパート・エヴェレットほか。