エドワード・クラーク

エドワード・クラークの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 烙印

    メル・エプステインが製作し、「地球最後の日」のルドルフ・マテが監督したテクニカラー西部劇1950年作品。エヴァン・エヴァンスの小説より、「地球最後の日」のシドニー・ボームと「戦乱の花嫁」のシリル・ヒュームが脚色した。撮影は「旅愁」のチャールズ・ラング、音楽監督は「武装市街」のアーヴィング・ダルボットの担当。主演は「ネブラスカ魂」のアラン・ラッドと「テキサス決死隊(1949)」のモナ・フリーマンで、以下「白昼の決闘」のチャールズ・ビッグフォード、「猛獣と令嬢」のロバート・キース、「ヴァレンチノ」のジョセフ・カレイア、「地球最後の日」のピーター・ハンソン、セレナ・ロイルらが助演する。
  • 天晴れ名騎手

    ジェラルド・ポーモン氏が得意とした競馬小説を映画化したもので、エドワード・クラーク氏が改作したものに基づきポール・ガンジェリン氏とフェイス・トーマス女史とが協力して撮影台本を執筆し、「電波王」と同じくロバート・エフ・ヒル氏が監督したものである。主役は「紅い唇(1928)」「南京豆王子」のマリアン・ニクソン嬢と「春爛漫」のリチャード・ウォーリング氏との2人で、これを助けて「情熱の砂漠」のメアリー・ノーラン嬢、「最後の警告」のモンタギュー・ラヴ氏、「笑う男」のサム・ド・グラッス氏、オーティス・ハーラン氏が出演している。
  • 珍雄凱旋

    ニューヨークの舞台で知られた喜劇俳優ジョージ・ジェッセル氏のスクリーン初御見得の映画でレイモンド・L・シュロック氏、エドワード・クラーク氏合作の物語をフィリップ・ロナーガン氏が脚色し、「映画の都に出でて」と同じくロイド・ベーコン氏が監督した。対手役は「南京豆小僧」「陽気な巴里っ子」等出演のパッシー・ルス・ミラー嬢が勤め、ナット・カー氏、ヴェラ・ゴードン夫人、グスタフ・フォン・セイファーティッツ氏、エド・ケネディ氏等が助演している。
  • 映画の都に出でて

    レイモンド・L・シュロック氏とエドワード・クラーク氏とが原作を書き下ろし、グレアム・ベイカー氏が脚色し、ロイド・ベーコン氏が監督したもので、「疾風武者」「陽気なパリっ子」等出演のパッシー・ルス・ミラー嬢、「眠らぬ街」「鷲鳥飼う女」等出演のルイズ・ドレッサー嬢及び「ステラ・ダラス(1925)」「白馬王国」等出演の小ダグラス・フェアバンクス氏が共演し、スチュアート・ホームズ氏、アンダース・ランドルフ氏、ジョージ・ニコルズ氏、エミール・ショータール氏等が助演している。
  • 明日の結婚

    「恋人」「囁きの小径」のジョン・M・スタールの製作で、エドワード・クラークの原作を、フランセス・ハイランド女史が脚色、「放埒新療法」「娘は帰る」のジェームズ・フラッドが監督したものである。主役を演じるのは「恋文御用心」「ニューヨーク狂想曲」のパッシー・ルス・ミラーと「愛に飢えて」「寝巻」のローレンス・グレイ。共演にロバート・エディソン、シャーリー・パルマー、レイモンド・キーン、ジョン・セント・ポリス。この映画の発声版の方は、伴奏によるもの。
  • 我等のサリー

    流行唄「サリー・イン・アワー・アリィ」に基いてエドワード・クラーク氏が書いたものを、ドロシー・ホウェル女史が脚色し、ウォルター・ラング氏がコロムビア入社第一回作品として監督したものである。主役は「出世水兵」「花嫁歓迎」等出演のシャーリー・メイスン嬢で、相手役は特にパラマウントから借りて来た「ブラッド・シップ」出演のリチャード・アーレン氏である。そのほかアレック・B・フランシス氏、カスリン・ウィリアムス嬢、ポール・パンザー氏、ウィリアム・ストラウス氏等が助演している。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/24

ジェニファー・ロペス(1969)

ハスラーズ

ニューヨーク・マガジンに掲載された記事を原案に、ウォール街を震撼させた驚愕の実話を映画化。ストリップクラブで働くデスティニーとラモーナは、リーマン・ショックの影響で客の入りが激減するなか、薬物を入れた酒を客に飲ませて大金を奪う計画を企てる。出演は、「クレイジー・リッチ!」のコンスタンス・ウー、「PARKER パーカー」のジェニファー・ロペス、「ボーン」シリーズのジュリア・スタイルズ。監督は「エンド・オブ・ザ・ワールド」のローリーン・スカファリア。

PARKER パーカー

ドナルド・E・ウェストレイクの小説『悪党パーカー』の映画化。強盗の復讐劇を描く犯罪アクション。出演は「トランスポーター」のジェイソン・ステイサム、「メイド・イン・マンハッタン」のジェニファー・ロペス。監督は「Ray/レイ」のテイラー・ハックフォード。脚本は「ブラック・スワン」のジョン・マクラフリン。
ガス・ヴァン・サント(1952)

ドント・ウォーリー

ガス・ヴァン・サント監督が風刺漫画家ジョン・キャラハンの半生を映画化。酒浸りのジョンは自動車事故により胸より下が麻痺し車いす生活を余儀なくされる。ますます酒に溺れ荒れる彼だったが、やがて持ち前の辛辣なユーモアを活かして風刺漫画を描き始める。俳優ロビン・ウィリアムズがジョン・キャラハンの自伝『Don't Worry He Won't Get Far on Foot: The Autobiography of Dangerous Man』の映画化権を得ており、当初からガス・ヴァン・サントを監督にと相談を持ち掛けていた。不屈のジョン・キャラハンを「ビューティフル・デイ」のホアキン・フェニックスが演じる。

追憶の森

富士山麓に広がる青木ヶ原樹海を舞台に、ガス・ヴァン・サント監督が豪華スターを迎え紡いだミステリードラマ。死に場所を求めて樹海に入ったアメリカ人男性が、瀕死の男性を助けようと出口を探しさまよう中で、人生を見つめ直していく。絶望の淵に立つアメリカ人男性を「インターステラー」のマシュー・マコノヒーが、妻子の元に戻ろうとする男性を「硫黄島からの手紙」の渡辺謙が、アメリカ人男性の妻を「インポッシブル」のナオミ・ワッツが演じる。第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。

NEW今日命日の映画人 7/24

イーゴリ・タランキン(2010)

セルギー神父

監督作「戦争と平和」で米アカデミー賞最優秀外国語映画賞を獲得、俳優としても活躍したセルゲイ・ボンダルチュクが主演したトルストイ原作の人間ドラマ。婚約者の裏切りを知った近衛士官スチェパン・カサツキーは修道僧になるが、女性地主に誘惑され……。監督は「チャイコフスキー」のイーゴリ・タランキン。2008年、トルストイ生誕180周年記念ロシア名画フェスティバルにて上映(上映タイトル「司祭セルギー(神父セルギー)」)。2020年9月18日より開催のセルゲイ・ボンダルチュク生誕100周年記念特集にて2Kデジタル版が劇場上映される。

チャイコフスキー

ロシアの大地が生んだ偉大な作曲家チャイコフスキーの愛と苦悩を掘りさげる感動の人間ドラマであり、ソビエトのベストメンバーをよりすぐった名演奏による不滅のメロディが奏でられる音楽映画。総指揮・音楽監督を「ハイヌーン」「アラモ」「OK牧場の決闘」のメロディで名高いディミトリ・ティオムキン、監督・脚本はイーゴリ・タランキン、撮影はおそく世界にただ一人の女性撮影監督であろう、マルガリータ・ピリーヒナ、ほかに来日したボリショイ・オペラ、ボリショイ・バレエのメンバー、レニングラード管弦楽団、ボリショイ劇場管弦楽団、至宝ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー等々ソビエト音楽界のベストメンバーが演奏・出演している。出演は「ハムレット(1964)」のインノケンティ・スモクトゥノフスキー、「戦争と平和」のアントニーナ・シュラーノワ、世界バレエ界のプリマ・バレリーナのマイヤ・プリセツカヤ、「戦争と平和」のウラジスラフ・ストルジェリチクなど。カラー、七〇ミリ。