水田伸生 ミズタノブオ

  • 出身地:広島県広島市
  • 生年月日:1958/08/20

略歴 / Brief history

【集団劇の人情コメディを得意とするエースディレクター】広島県広島市の生まれ。広島市立舟入高校在学中はバレーボールに熱中し、全国大会にも出場した。日本大学芸術学部演劇学科を卒業後、1981年に日本テレビに入社。テレビドラマ『池中玄太80キロ』(80)などでADをつとめたのち、28歳の時にディレクターとしてデビューした。明石家さんまと組んだ一連のラブコメディ『恋も2度目なら』(96)、『恋のバカンス』(97)、『甘い生活。』(99)のチーフ演出等で注目を集め、多彩なジャンルのドラマを手がけつつ、『奇跡のロマンス』(96)、『お熱いのがお好き?』(98)など主に集団劇のホームコメディを得意とした。これらと並行してドラマのプロデュース業も兼務。舞台演出等も手がけるなどして、日本テレビのエースディレクターの座についた。その後、映画事業部に異動し映画のプロデュースとテレビドラマの演出を並行して手がけていたが、2006年の「花田少年史・幽霊と秘密のトンネル」で映画監督デビュー。幽霊と会話ができるようになってしまった少年の身にふりかかるひと夏の騒動を、手堅い演出でまとめてみせた。以後もドラマと並行してコンスタントに映画を撮り続け、03年の連続ドラマ『ぼくの魔法使い』でも組んだ脚本家・宮藤官九郎とのコンビによる「舞妓Haaaan!!!」(07)、「なくもんか」(09)では、宮藤独特のコメディセンスに対抗する人情味を加味。その一方で災害パニック大作「252・生存者あり」(08)も手がけるなど活躍を続けている。【人間観察力に優れた堅実な手腕】2000年代に入って急増する一方の、テレビディレクター出身で映画とドラマを往来する監督のひとり。そんななかでも、民放キー局の社員という立場で映画を撮り続ける環境にあるディレクターは決して多くはないが、なおかつテレビドラマの劇場版ではなく、映画オリジナルの企画を順調に撮り続けている水田のような存在は、さらに希少である。劇場デビュー作の「花田少年史」はいわゆるウェルメイドな少年の冒険譚で、良くも悪くもテレビディレクターの堅実な演出手腕が発揮された作品となった。一作ごとに振れ幅が大きく見える以後の作品歴も、堅実さゆえの作家性の乏しさと見られかねない点もある。それはシリアスからコメディまで、あるいは俳優の個性や脚本の筆致に因ってさまざまな見え方をするドラマ演出作品の多様さにも通じるものだが、中でもやはり水田のセンスが際立つのは、集団劇のホームコメディと、そこに加えられる“人間観察力”にほかならない。宮藤官九郎が信頼を寄せる演出家として水田の名を挙げることもそれと無縁ではなく、トリッキーな展開と人情話がやや乖離して見えた「舞妓Haaaan!!!」を経た「なくもんか」で、水田の映画監督としての資質がようやく十二分に発揮されたと言えるだろう。

水田伸生の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • あやしい彼女

    韓国映画「怪しい彼女」を「謝罪の王様」の水田伸生監督がリメイク。ひょんなことから20歳の姿になってしまった73歳の瀬山カツ。失われた青春を取り戻すため、大好きな歌を歌い、淡い恋に胸をときめかせ新たな人生をスタートさせるが……。出演は「ピース オブ ケイク」の多部未華子、「デンデラ」の倍賞美津子、「神様のカルテ」の要潤、「陽だまりの彼女」の北村匠海、「折り梅」の金井克子、「幕が上がる」の志賀廣太郎、「紙の月」の小林聡美。
    90
  • 謝罪の王様

    「舞妓Haaaan!!!」「なくもんか」に続く、脚本・宮藤官九郎、主演・阿部サダヲ、監督・水田伸生によるコメディ。架空の職業“謝罪師”を生業とする男が、ケンカの仲裁から政府を巻き込んだ国家存亡の危機まで、様々な事件を謝罪しながら解決していく姿を描く。共演は「八日目の蝉」の井上真央、「アントキノイノチ」の岡田将生、「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」の尾野真千子。
    60
  • 綱引いちゃった!

    大分を舞台に、市長からの指示で女性綱引きチームを結成することになった市役所職員とメンバーたちの奮闘を描くコメディ。出演は「八日目の蝉」の井上真央、「僕達急行 A列車で行こう」の松坂慶子、「莫逆家族 バクギャクファミーリア」の玉山鉄二。監督は「なくもんか」の水田伸生。脚本は「フラガール」の羽原大介。
    80
  • なくもんか

    監督・水田伸生、脚本・宮藤官九郎、主演・阿部サダヲという「舞妓Haaaan!」のトリオが再び顔を合わせたホームコメディ。幼い頃に生き別れた兄弟が、下町商店街の店主と人気漫才師として再会したことから巻き起こる、数々の騒動を描く。共演には「ディア・ドクター」の瑛太と「ジェネラル・ルージュの凱旋」の竹内結子。
    80
  • 252 生存者あり

    巨大台風に襲われた東京を舞台に、地下に閉じ込められた元ハイパーレスキュー隊員と、救出活動を行うハイパーレスキュー隊長の兄を描いた災害スペクタクル映画。出演は「海猿」の伊藤英明とNHK大河ドラマ『風林火山』の内野聖陽。監督は「舞妓 Haaaan!!!」の水田伸生。SFXでリアルに再現した災害描写も見どころ。
    60
  • 舞妓Haaaan!!!

    舞妓に夢中の男が、京都で引き起こす珍騒動を描いたコメディ。出演は「木更津キャッツアイ」シリーズの阿部サダヲ、「地下鉄(メトロ)に乗って」の堤真一、「どろろ」の柴咲コウ。監督は「花田少年史~幽霊と秘密のトンネル~」の水田伸生。脚本は「木更津キャッツアイ」シリーズの宮藤官九郎。
    80
  • 花田少年史 幽霊と秘密のトンネル

    事故をきっかけに幽霊が見えるようになった少年が、幽霊と対峙しながら、家族に隠された謎を追っていく、冒険ファンタジー。一色まことの人気コミック『花田少年史』、実写映画化。監督は『ぼくの魔法使い』の演出を手がけた水田伸生。本作で劇場映画監督デビューを果たす。出演は「ALWAYS 三丁目の夕日」の須賀健太、「THE 有頂天ホテル」の篠原涼子、「黒い家」の西村雅彦ほか。
    60
  • いらっしゃいませ、患者さま。

    倒産寸前の病院の経営建て直しに挑む、風俗界のカリスマと医者やナースたちの奮闘を描いたコメディ。監督は「お墓がない!」の原隆仁。脚本は、「ぷりてぃ・ウーマン」の真崎慎と、川崎いづみ、山口正太の共同。撮影を「ミラーを拭く男 The Man Who Wipes Mirrors」の上野彰吾が担当している。主演は、「阿修羅の瞳」の渡部篤郎、「パッチギ!」の大友康平、「メールで届いた物語」の原沙知絵。
    80
  • MAKOTO

    霊視能力を持つ男の前に霊となって現れた妻の、死の真相を巡る哀しく切ない愛の物語。監督は、「踊る大捜査線」の脚本家としても知られ、本作が映画初監督作品となる君塚良一で、郷田マモラによる同名原作コミックを基に君塚監督自ら脚色も担当。撮影に「ガキンチョ★ROCK」の林淳一郎があたっている。主演は、「天国の大罪」の東山紀之と「スクールウォーズ HERO」の和久井映見。日本テレビオリジナルムービー。
  • 隠し剣 鬼の爪

    幕末の世、予期せぬ運命に翻弄される下級武士の生き様と、奉公娘との身分を越えた純愛を描いた時代劇。監督は「たそがれ清兵衛」の山田洋次。藤沢周平の2篇の原作『隠し剣鬼ノ爪』『雪明かり』を、山田監督と「釣りバカ日誌15 ハマちゃんに明日はない!?」の朝間義隆が共同で脚色。撮影を「油断大敵」の長沼六男が担当している。主演は、「ラブドガン」の永瀬正敏と「ナイン・ソウルズ 9 souls」の松たか子。第29回報知映画賞最優秀主演女優賞(松たか子)受賞、第7回日本シナリオ作家協会菊島隆三賞(山田洋次)受賞、文化庁支援作品。
    90