ベン・フォスター ベンフォスター

  • 出身地:アメリカ,マサチューセッツ州ボストン
  • 生年月日:1980/10/29

ベン・フォスターの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 荒野の誓い

    クリスチャン・ベール主演の西部劇。1892年、ニューメキシコ州。かつてインディアンと戦った騎兵隊のジョー・ブロッカーは、シャイアン族の酋長イエロー・ホークの護送任務に就く。途中、コマンチ族に家族を殺された女性ロザリーを加え、旅は続くが……。共演は「プライベート・ウォー」のロザムンド・パイク、「アバター」のウェス・ステューディ、「君の名前で僕を呼んで」のティモシー・シャラメ。監督は「ブラック・スキャンダル」のスコット・クーパー。
    85
    • 手に汗握る
    • かっこいい
    • スカッとする
  • ガルヴェストン

    ニック・ピゾラットの犯罪小説『逃亡のガルヴェストン』を「マレフィセント」のエル・ファニング、「インフェルノ」のベン・フォスター主演で映画化。病に冒された殺し屋ロイは、彼を切り捨てた組織に反旗を翻し、傷ついた娼婦ロッキーを連れて逃避行に出る。監督は、「イングロリアス・バスターズ」などに出演する女優メラニー・ロラン。出演は、ドラマ『リバーデイル』のリリ・ラインハート、「それでも夜は明ける」のアデペロ・オデュイエ、「ファミリー・ツリー」のボー・ブリッジス。
    83
    • 手に汗握る
    • セクシーな
  • インフェルノ(2016)

    ダン・ブラウン原作、ロン・ハワード監督によるミステリー映画「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に続くシリーズ第3弾。宗教象徴学者ラングドンは、ウィルスで人類滅亡をもくろむ生化学者ゾブリストがダンテの叙事詩『神曲』地獄篇に隠した暗号に挑む。出演は、「ブリッジ・オブ・スパイ」のトム・ハンクス、「博士と彼女のセオリー」のフェリシティ・ジョーンズ、「二ツ星の料理人」のオマール・シー、「めぐり逢わせのお弁当」のイルファーン・カーン。
  • 疑惑のチャンピオン

    サンデー・タイムズ紙記者のノンフィクションを基に、自転車ロードレース選手ランス・アームストロングのドーピング問題を映画化。ガンを乗り越え『ツール・ド・フランス』7連覇を達成したスーパーヒーローには、勝利への並外れた執着心があった。「あなたを抱きしめる日まで」のスティーヴン・フリアーズ監督が、勝利のために倫理を踏み外していった男を多面的に捉え、スポーツ界の闇を炙り出していく。主演は「パンドラム」のベン・フォスター。
  • ウォークラフト

    世界的な人気を博すオンラインゲームを「ミッション:8ミニッツ」のダンカン・ジョーンズが映画化したSFファンタジー。剣と魔法の世界アゼロスを舞台に、人間やオークら数多の種族が国や愛する者を守るための死闘に身を投じていくさまを映し出す。出演は「ギャングバスターズ」のトラヴィス・フィメル、「2ガンズ」のポーラ・パットン、「クリミナル・アフェア 魔警」のダニエル・ウー、「ザ・ブリザード」のベン・フォスター、「ドラキュラZERO」のドミニク・クーパー。
  • ザ・ブリザード

    1952年に海難事故に遭ったSSペンドルトン号救出劇を「ミリオンダラー・アーム」のクレイグ・ギレスピー監督が映画化。猛烈なブリザードの中、沿岸警備隊は命がけで難破した巨大タンカーの生存者救助にあたる。3D/2D同時公開。たった4人で定員12名の木製小型救助艇で32人の生存者救助に向かう沿岸警備隊の若き隊員を「スター・トレック」シリーズのクリス・パインが、ペンドルトン号の一等機関士を「ジェシー・ジェームスの暗殺」のケイシー・アフレックが、司令官を「ミュンヘン」のエリック・バナが演じる。
  • ナショナル・シアター・ライヴ 2015 「欲望という名の電車」

    演劇界最高峰のロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した舞台を、デジタル映像化して映画館で上映する企画『ナショナル・シアター・ライヴ 2015』の1本。テネシー・ウィリアムズの名作戯曲を、『X-ファイル』シリーズで知られるジリアン・アンダーソン主演で上演。共演は「ローン・サバイバー」のベン・フォスター。
  • キル・ユア・ダーリン

    カウンターカルチャーのビート派を牽引した中心人物である詩人アレン・ギンズバーグの身近で実際に起こったデヴィッド・カマラー殺人事件を描いたサスペンス。ジョン・クロキダスの長編初監督作品。主演は「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフと、「クロニクル」のデイン・デハーン。2014年8月23日より、東京・新宿シネマカリテにて開催された[オト カリテ Vol.6]として上映。
  • セインツ 約束の果て

    荒涼としたテキサスを舞台に、警察から追われる男と、彼を娘とともに待ち続ける女、その女に密かな恋心を抱く保安官の姿を壮大な映像美で綴るヒューマンドラマ。監督は、本作が長編2作目となるデヴィッド・ロウリー。出演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のケイシー・アフレック、「ドラゴン・タトゥーの女」のルーニー・マーラ、「3時10分、決断のとき」のベン・フォスター、「ナッシュビル」のキース・キャラダイン。
  • ローン・サバイバー

    国際テロ組織アル・カイーダの重要工作員暗殺計画レッド・ウィング作戦のためにアフガニスタンへ赴き、窮地から唯一生き残った兵士の実話を書いた『アフガン、たった一人の生還』をもとにしたアクション・ドラマ。アメリカ海軍特殊部隊ネイビー・シールズ創設以来最悪の事態となったこの作戦下の過酷な戦いを描く。監督・脚本は「バトルシップ」「キングダム/見えざる敵」のピーター・バーグ。主演は「テッド」「ディパーテッド」のマーク・ウォールバーグ。ほか、「バトルシップ」のテイラー・キッチュ、「イントゥ・ザ・ワイルド」のエミール・ハーシュ、「メカニック」のベン・フォスター、「ミュンヘン」のエリック・バナらが出演。
  • マリリン・モンロー 瞳の中の秘密

    「ノックは無用」で注目され、「ナイアガラ」「紳士は金髪がお好き」で確固たる地位を築き、「お熱いのがお好き」では第17回ゴールデングローブ賞ミュージカル・コメディ部門主演女優賞を獲得したものの、36歳の若さでこの世を去った女優マリリン・モンロー。私的な文書をもとに、セックス・シンボルと謳われた自らのイメージを貫いた彼女の実像に迫るドキュメンタリー。監督はドキュメンタリーを数多く手がけてきたリズ・ガルバス。「キル・ビル」のユマ・サーマン、「フォーチュン・クッキー」のリンジー・ローハン、「アルバート氏の人生」のグレン・クローズ、「レスラー」のマリサ・トメイらが彼女の姿を浮き彫りにする。
  • ハード・ラッシュ

    “伝説の運び屋”が、家族を守るためにニセ札密輸計画に挑むアクション。出演は、「テッド」のマーク・ウォールバーグ、「アンダーワールド」シリーズのケイト・ベッキンセール、「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」のケイレブ・ランドリー・ジョーンズ。監督は、「7デイズ」のバルタザール・コルマウクル。
  • メッセンジャー(2009)

    戦死した兵士の遺族に訃報を伝える米軍のメッセンジャーを主人公に、戦争の悲惨さを描くドラマ。主演は「3時10分、決断のとき」のベン・フォスター。ウディ・ハレルソン(「ハンガー・ゲーム」)の助演男優賞と脚本賞の2部門でアカデミー賞ノミネート。「アイム・ノット・ゼア」の脚本家、オーレン・ムーヴァーマンの初監督作。
  • ジーザス・クライスト=スーパースター(2012)

    『オペラ座の怪人』のアンドリュー・ロイド=ウェバーが作曲、『美女と野獣』のティム・ライスが作詞した伝説のロック・オペラ21世紀版公演を映像化。作詞・作曲を手がけた『マチルダ』が2012年ローレンス・オリヴィエ賞最優秀新作ミュージカル賞を受賞したティム・ミンチン、元スパイス・ガールズのメラニー・C、イギリスのTV番組『スーパースター』で人気を博したベン・フォースターらが出演。映像化にあたり、『オペラ座の怪人』25周年公演のローレンス・コナーが演出を担当、エリザベス女王即位60周年コンサートを手がけたマーク・フィッシャーと2012年ロンドン・オリンピック開会式を手がけたパトリック・ウッドローフが携わっている。
  • メカニック(2011)

    証拠をまったく残さず、機械のように完璧に暗殺を遂行することから“メカニック”と呼ばれる殺し屋の姿を描くアクション。監督は「ストレンジャー・コール」のサイモン・ウェスト。出演は「ロシアン・ルーレット」のジェイソン・ステイサム、「パンドラム」のベン・フォスター、「フールズ・ゴールド/カリブに沈んだ恋の宝石」のドナルド・サザーランド。
  • パンドラム

    宇宙船を舞台に得体の知れない恐怖を描くSFスリラー。「バイオハザード」のポール・W・S・アンダーソンらが製作、「ANTIBODIES-アンチボディ-死への駆け引き」のクリスチャン・アルバートが監督を務めた。出演は「バンテージ・ポイント」のデニス・クエイド、「3時10分、決断の時」のベン・フォスター。
  • 30デイズ・ナイト

    グラフィック・ノベル原作のサバイバル・ホラー。30日間太陽が昇らない極北の町を舞台に、ヴァンパイアの群れと人間たちの死闘を描く。製作は「スパイダーマン」シリーズ監督のサム・ライミ。監督は「ハードキャンディ」のデヴィッド・スレイド。出演は「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」のジョシュ・ハートネット。
  • 3時10分、決断のとき

    1957年公開の「決断の3時10分」を「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」のジェームズ・マンゴールド監督がリメイクした西部劇。刑務所に連行される強盗団のボスと彼を護送する牧場主の姿を描く。出演は「消されたヘッドライン」のラッセル・クロウ、「ターミネーター4」のクリスチャン・ベイル、「ゴーストライダー」のピーター・フォンダなど。
  • X-MEN:ファイナル ディシジョン

    ミュータントパワーを持つ超人類X-MENと人類の闘いと共存をテーマにしたマーヴェル・コミックの大ヒット作『X-MEN』の、映画シリーズ最終作。ミュータントを人間に変える新薬「キュア」をめぐり、X-MENたちが究極の選択を迫られる。監督は、前2作を手がけたブライアン・シンガーに代わり「レッド・ドラゴン」のブレット・ラトナー。出演は、ヒュー・ジャックマン、ハル・ベリー、ファムケ・ヤンセンなどレギュラー陣が続投する。
  • ホステージ

    交渉人として人質事件解決に当たる男が、自らの家族を人質に取られてしまい命がけのシーソー・ゲームに立ち向かうサスペンス・アクション。「スズメバチ」で本国フランスをはじめ、全世界で成功をおさめたフローラン=エミリオ・シリのハリウッド進出第一作。出演は「ダイ・ハード」「シックス・センス」のブルース・ウィリス。
  • サラ、いつわりの祈り

    娼婦として生きる母親と息子の絆を描いた衝撃作。JTリロイの自伝的小説『サラ、いつわりの祈り』の映画化。監督・脚本・主演は「スカーレット・ディーバ」のアーシア・アルジェント。撮影は「ノット・ア・ガール」のエリック・エドワーズ。音楽は人気ミュージシャンのマルコ・カストルディ、人気バンドのソニック・ユース、ランシドの中心メンバーであるティム・アームストロング。共演は「チャーリーと14人のキッズ」のジミー・ベネット、「イギリスから来た男」のピーター・フォンダ、「HOTEL」のオルネラ・ムーティ、「ヴィレッジ」のマイケル・ピット、「S.W.A.T.」のジェレミー・レナー、「エレファント」のジョン・ロビンソン、「ノイズ」のディラン&コール・スプラウス(双子の兄弟)、「パーティ・モンスター」のマリリン・マンソン、「シモーヌ」のウィノナ・ライダーほか。
  • パニッシャー(2004)

    家族を殺されたFBI捜査官が制裁者として生まれ変わる様を描いたアクション・ドラマ。人気アメリカン・コミックの映画化。監督・共同脚本は「アルマゲドン」などの脚本で知られるジョナサン・ヘンズリー。監督はこれが初めてとなる。共同脚本は「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」のマイケル・フランス。撮影は「パニック・ルーム」のコンラッド・W・ホール。衣裳は「デアデビル」のリサ・トムチェスジン。出演は「ドリームキャッチャー」のトム・ジェーン、「閉ざされた森」のジョン・トラヴォルタ、「プロフェシー」のウィル・パットン、「レインメーカー」のロイ・シャイダー、「ジョンQ/最後の決断」のローラ・ハリング、「フォーン・ブース」のベン・フォスター、「アメリカン・サイコ」のサマンサ・マシス、「デュエット」のジョン・ピネット、「X―メン」シリーズのレベッカ・ローミン=ステイモスほか。
  • 360

    『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレス監督による、世界7都市を舞台に魅惑的に絡み合う男女の繋がりを描いたサスペンス。『ハンニバル』のアンソニー・ホプキンス、『シャーロック・ホームズ』のジュード・ロウほか豪華キャストが出演。【スタッフ&キャスト】監督:フェルナンド・メイレレス 脚本:ピーター・モーガン 出演:アンソニー・ホプキンス/ジュード・ロウ/レイチェル・ワイズ/ベン・フォスター
  • 恋人にしてはいけない男の愛し方

    『マリー・アントワネット』のキルスティン・ダンスト主演によるラブコメディ。
  • ランパート 汚れた刑事

    荒くれ刑事の戦いを描いたクライムアクション。ロス市警の警官として“汚れた仕事”に身を捧げているデイヴ。ある日、彼はトラブルを起こした男を瀕死寸前まで殴り続けたが、その一部始終がニュースで放映されてしまう。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:オーレン・ムーヴァーマン 製作:ベン・フォスター 脚本:ジェームズ・エルロイ 撮影:ボビー・ブコウスキー 出演:ウディ・ハレルソン/シガニー・ウィーバー/スティーヴ・ブシェミ/ネッド・ビーティ
  • アイス・トレマーズ

    ジェームズ・フェリックス・マッケニー監督、マイケル・ルーカー主演のSFホラー。日本劇場未公開。