ポーレット・デュヴァル

ポーレット・デュヴァルの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • スポーツ生活

    セシル・ローリー氏とシーマー・ヒックス氏との原作によりカーチィス・ペントン 氏が脚色したものを「大地の救い」等と同じくモーリス・トゥールヌール氏が監督した。主役は「永遠の都」等出演のバート・ライテル氏で相手役は「女難襲来」等出演のマリアン・ニクソン嬢が演じ「花嫁万歳」等出演のポーレット・デュヴァル嬢が主要な役を演ずるほか、シリル・チャドウィック氏、キャスリーン・クリフォード嬢ジョージ・シーグマン氏等が助演している。
  • 陽炎の夢

    「救いを求むる人々」のセンセーショナルな発表後、ジョセフ・フォン・スタンバーグ氏がMGM社に於いて監督した作品でアルデン・ブルックス氏作の小説「逃亡」をスタンバーグ氏自ら映画化したもの。主役は「囁きの小径」「新婚の危機」等出演のコンラッド・ネーゲル氏と「ビッグ・パレード」「神ぞ知る」等出演のルネ・アドレ嬢が勤め、ポーレット・デュヴァル嬢、ジョージ・K・アーサー氏、フランク・カリアー氏、マシュー・ベッツ氏及びヘレナ・ダルジー嬢が助演している。因みにこの映画はアメリカでは発売されなかったものである。
  • 頭痛鉢巻

    バーバラ・ラ・マー嬢がこの映画の原作者である。監督は英国から来たモーリス・エルヴィー氏で、氏のフォックスに於ける第一回作品である。「ライムハウスの一夜」はこの後に作られたもの。主役は同映画と同じくシャーリー・メイスン嬢で、相手には正喜劇俳優のブライアント・ウォッシュバーン氏、「砂漠の星影」等出演のイヴリン・ブレント嬢、及びヴァンプ女優として売り出しのボーレット・デュヴァル嬢等が共演している。
  • 在りし日

    マーティン・ブラウンの戯曲に基づき「秘密」と同じく「ステラ・ダラス(1925)」「熱砂の舞」等のフランシス・マリオンの脚色、「なまけ者」「第七天国(1927)」等のフランク・ボーゼージの監督、「お転婆キキー(1926)」「椿姫(1927)」等のノーマ・タルマッジの主演という良いトリオからなる映画である。相手役はウォーレス・マクドナルドで、そのほかブランドン・ハースト、ポーレット・デュヴァル、マーガレット・セドン、ジョージ・ハッカソーン、マーク・マクダーモット、監督として知られているアルフ・グールディングなどが出演している。
  • 密輸入の恋

    「ビッグ・パレード」「剣侠時代」等出演のジョン・ギルバート死の主演する映画で、ウィリアム・アンソニー・マクガイア氏の舞台劇に基づき、A・P・ヤンガー氏が脚色の筆を執り、「大学のブラウン」等と同じくジャック・コンウェイ氏が監督した。「キートンの船長(キートンの蒸気船)」「人罠」等出演のアーネスト・トーレンス氏、「踊る英雄」等出演のジョーン・クローフォード嬢等が相手役を演ずる外、アイリーン・パーシー嬢、ポーレット・デュヴァル嬢、ドロシー・セバスチャン嬢、グウェン・リー嬢、エドワード・アール氏等の腕利きが助演する。
  • 憧れの国

    ジョージ・バー・マッカンチョン氏の小説の映画化で、アグネス・クリスティン・ジョンストン女史が脚色し、タルマッジ姉妹の映画を長らく監督していたシドニー・A・フランクリン氏が監督したものである。主役は「武士道華かなりし頃」「我が懐かしの紐育」「オランダ姫」等主演のマリオン・デイヴィース嬢で、「あれ」「明眸罪あり」のアントニオ・モレノ氏が相手役を演ずるほか、「猫とカナリア」のクレイトン・ヘール氏、「最後の警告」のロイ・ダルシー氏、「ローンウルフ」のポーレット・デュヴァル嬢、「四人の息子(1928)」のアルバート・グラン氏、等が助演として出演する。
  • 女房はお徳に候

    サミュエル・シップマン氏作の舞台劇を材としてアリス・D・G・ミラー女史が脚色し「深夜の狂乱」「舞姫ニノン」等と同じくロバート・Z・レオナード氏が監督したもので「痴人哀樂」「受難のテス」等出演のコンラッド・ネーゲル氏「愛の決算」「結婚愛」等出演のマーゲリット・ド・ラ・モット嬢「スカラムーシュ」「心なき女性」等出演のルイス・ストーン氏「ボーケール」等出演のポーレット・デュヴァル嬢等が競演し、ルイズ・ファゼンダ嬢、クロード・ギリングウォーター氏等も出演する現代風刺劇である。
  • ネロ

    「シーバの女王」を監督したJ・ゴードン・エドワーズがイタリアにおいて完成した歴史劇で、原作及び脚色はチャールズ・サーヴァーとヴァージニア・トレイシーの合作になったもので、主役はほとんど全部イタリアの俳優によって演じられている。その中には「月光の曲」出演のエディー・ダルクレアの顔も見える。アメリカ側ではヴァイオレット・マースロウが出演する。壮大なイタリアの史跡を縦横に使用して、展開される劇は興味深いものがある。
  • 愛はひとすじ

    「ラモナ(1927)」「アマゾンの紅薔薇」等と同じくドロレス・デル・リオ嬢主演の映画で、ポーラン・バンクス氏の原作をジェッシ・バーンス氏とバーナード・ヴォルハウス氏とが協力脚色し、それをかつてはジェラルディン・ファーラーの夫君たり又俳優たりしたルー・テリジェン氏が監督したものである。デル・リオ嬢の対手役は「猿は語る」「カルメン(1927)」等出演のドン・アルヴァラド氏と「闇より光へ」その他出演のベン・バード氏との2人でそのほかポーレット・デュヴァル嬢も出演している。
  • 侠雄巴白浪

    ローン・ウルフ譚の作者として名高いルイ・ジョゼフ・ヴァンス氏の書いた是れもローン・ウルフ物を、同じくローン・ウルフ役者として知られているバート・ライテル氏が主演した映画。脚色は「恋に身を焼く」を監督したエドワード・H・グリフィス氏とドロシー・ホウェル女史との2人で、グリフィス氏自らが監督している。相手役は「ニューヨーク」「ある男の一生」等出演のロイス・ウィルソン嬢で、その他「ボー・ブラムメル」「スポーツ生活」等出演のポーレッド・デュヴァル嬢、ジェームズ・メイスン氏、ウィリアム・ヴィ・モング氏、アルフォンス・エティアー氏なども助演している。
  • 世話女房

    最近フォックス社で「悲恋の楽聖」や「タイタニック」をものしたアラン・ドワン氏のファースト・ナショナル入社第1回監督作品で、アデレード・ヒールブロン女史が特に書卸した物語をJ・L・キャンベル氏が潤色しポーリン・フォーニー女史が脚色したもの。出演俳優は「沈黙(1926)」「ソレルとその子」のH・B・ワーナー氏、「暗黒街」「鉄條網」のクライヴ・ブルック氏、「青春倶楽部(1926)」「世界の篭児」のロイス・ウィルソン嬢及び「鴛蔦の歌」「痛ましの親心」のリリアン・タッシュマン嬢という好い顔触れで尚おポーレット・デュヴァル嬢も助演している。
  • 恋のかけひき

    コンスタンス・タルマッジ嬢のファースト・ナショナル社に於ける最後の主演映画で「桃色女白浪」に次いで製作されたもの。アンドレ・ビラボー氏作の舞台喜劇に基いてフレッド・デ・グレサック女史が執筆した映画物語をジャック・ジェヴン氏が脚色し、「飛入ボクシング大勝利」「駄法螺大当り」「三日伯爵」等と同じくマルコム・セント・クレア氏が監督した。相手役は「カルメン(1927)」「猿は語る」等出演のドン・アルヴァラド氏と「後家さん御用心」「恋愛保険」等出演のブライアント・ウォッシュバーン氏で、アリス・ホワイト嬢、ポーレット・デュヴァル嬢、マリー・ドレッスラー嬢、アルバート・グラン氏等が助演している。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/29

十七代目中村勘三郎(1909)

シネマ歌舞伎クラシック 身替座禅

名優達の至高の芸が、銀幕(スクリーン)によみがえる。シネマ歌舞伎第2弾クラシック。上演月:1982年(昭和57年) 11月、上演劇場:歌舞伎座

シネマ歌舞伎クラシック 勧進帳

名優達の至高の芸が、銀幕(スクリーン)によみがえる。シネマ歌舞伎第2弾クラシック。上演月:1980年(昭和55年)11月、上演劇場:歌舞伎座
ケヴィン・チャップマン(1962)

アンストッパブル(2010)

2001年にオハイオ州で発生した列車暴走事故を、「サブウェイ123 激突」のトニー・スコットが映画化したアクション巨編。危険物質を積んだまま暴走する貨物列車を止めるために、ベテラン機関士と新米車掌のコンビが奮闘する。出演は「ザ・ウォーカー」のデンゼル・ワシントン、「スター・トレック」のクリス・パイン。

サンシャイン・クリーニング

「リトル・ミス・サンシャイン」のプロデュースチームが手がけた人間ドラマ。ある姉妹が始めた一風変わった仕事を通じて、家族が新たな希望を見いだしていく姿を綴る。監督は「シルヴィア」のクリスティン・ジェフズ。出演は「ダウト あるカトリック学校で」のエイミー・アダムス、「ジェイン・オースティンの読書会」のエミリー・ブラントなど。