シン・ヒョンジュン シン・ヒョンジュン

  • 出身地:韓国・ソウル
  • 生年月日:1968年10月28日

シン・ヒョンジュンの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 作戦 THE SCAM

    『冬のソナタ』のパク・ヨンハ主演の株取引を舞台にしたサスペンス。ヤクザ絡みの取引に巻きこまれたデイトレーダーが、株のプロたちと組んで仕手戦を仕掛ける中、互いに出し抜こうと、裏切りや騙しあいが繰り広げられる。「恋の罠」のキム・ミンジョン、「南極日誌」のパク・ヒスンが共演。監督は本作が長編デビューのイ・ホジェ。
  • 最後の贈り物

    娘のセヒが肝臓に重い障害を抱えていると知ったシングルファーザーのヨンウは、服役中の友人・テジュに臓器の提供を依頼するのだが…。『天国の階段』のシン・ヒョンジュン主演によるヒューマンドラマ。『ファン・ジニ』のハ・ジウォンが特別出演。監督はキム・ヨンジュン。2009年11月21日より、東京・シネマート六本木にて開催された「韓流シネマフェスティバル2009 約束~YakSok~」にて上映。
  • 裸足のギボン

    重度の知的障害者が母親のためにマラソンに挑戦する姿を描く実話の映画化。主演はドラマ『天国の階段』のシン・ヒョンジュン。ほかに「家門の危機」のキム・スミ、「トンマッコルへようこそ」のイム・ハリョン、「誰にでも秘密がある」のキム・ヒョジンらが出演。監督は本作がデビュー作となるクォン・スギョン。
  • 達磨よ、ソウルに行こう!

    ヒューマン・コメディ映画『達磨よ、遊ぼう!』の続編。僧侶のチョンミョンは高僧の遺品を届けるため、無心寺に向かう。ところが無心寺の住職は借金を苦に寺を去っており、残っているのは若い僧ムジンだけだった。そこに地上げ屋一党が乗り込んできて…。監督はパク・チョルグァン。出演はシン・ヒョンジュン、チョン・ジニョンほか。2006年3月11日より、シネマート六本木にて開催された「韓流シネマ・フェスティバル2006」にて上映。
  • 家門の危機

    韓国最大のヤクザ組長の長男がようやく恋した相手は敏腕検事だったことからはじまる、ラブ・コメディ。監督は「人形霊」のチョン・ヨンギ。出演は「ガン&トークス」のシン・ヒョンジュン、「ウララ・シスターズ」のキム・ウォニ、「スーパースター☆カム・サヨン」のキム・スミ。
  • SSU

    「シュリ」のカン・ジェギュ・フィルムが韓国海軍全面協力のもと、SSU(韓国海軍海難救助隊)を舞台に描く愛と友情の感動作。主演は「ガン&トークス」のシン・ヒョンジュン。共演に、韓国を代表する人気女優シン・ウンギョン。
  • ガン&トークス

    韓国映画界で人気・実力の揃った4人の男優が競演。個性豊かな4人の殺し屋の日常を、スタイリッシュかつコミカルに描いた犯罪サスペンス。出演は「銀杏のベッド」のシン・ヒョンジュン、日韓合作ドラマ『フレンズ』のウォンビン、「JSA」のシン・ハギュン、「クワイエット・ファミリー」のチョン・ジェヨン。
  • アウトライブ

    韓国で三大女性漫画家の一人であるキム・ヘリンの人気漫画を映画化。高麗族の男性と蒙古族、漢族のハーフであるヒロインの悲恋を軸に、1冊の秘伝書を巡る熾烈な争奪戦がスピード感溢れる演出で展開する。主演は「銀杏のベッド」のシン・ヒョンジュン。アジア各国でブームが巻き起こった、驚愕のSFXアクション大作。別邦題「アウトライブ 飛天舞」。
  • 銀杏のベッド

    韓国映画界のトップスター、ハン・ソッキュを一躍スターダムに押し上げた幻の恋愛ドラマ。監督は、「シュリ」のカン・ジェギュ。銀杏の木でできたベッドを介して千年の時空を超える因縁に翻弄される男女の運命を描く。
  • ソウル・ガーディアンズ 退魔録

    カルト教団の集団自殺現場から救出された女から生まれたスンヒの呪われた運命を描くサスペンスホラー。監督・脚本はパク・カンチュン。「シルミド/SILMIDO」のアン・ソンギ、「銀杏のベッド」のシン・ヒョンジュン、「気まぐれな唇」のチュ・サンミほか。1999年5月29日より、東京・シネアミューズにて開催された「NEO KOREA韓国新世代映画祭'99」にて上映。
  • 家門の復活

    シン・ヒョンジュン主演のラブコメディ『家門の危機』の続編。長男の嫁として検事を迎え入れ、ヤクザな生活から足を洗った韓国暴力団の名家・ペッコ組一族。新たにキムチ事業を始めたペッコ組だったが、またもや家門の危機が降り掛かる。【スタッフ&キャスト】監督:チョン・ヨンギ 脚本:キム・ヨンチャン 美術:ハ・サンホ 出演:シン・ヒョンジュン/キム・ウォニ/コン・ヒョンジン/キム・スミ/キム・ヨンゴン
  • 無影剣 SHADOWLESS SWORD

    『チェオクの剣』のイ・ソジンと『愛してると云って』のユン・ソイ主演、幻の地・渤海の史実に基づいた歴史アクション。西暦926年。契丹の攻撃により崩壊寸前の渤海は、政変によって国を追われた王子を迎え入れるため、ひとりの女剣士を差し向ける。【スタッフ&キャスト】監督:キム・ヨンジュン 脚本:キム・テグァン/シン・ジュネ 武術監督:マ・オクソン 出演:イ・ソジン/ユン・ソイ/シン・ヒョンジュン/イ・ギヨン
  • 家門の災難

    韓国人気コメディ「家門の栄光」シリーズの第4弾。企業の成功に心酔し安易な生活を送っていたホン会長一家が、生まれて初めての海外旅行で日本へ行くことに。出国審査から飛行機の中で騒動を起こし、日本に着いた途端に銀行強盗に出くわし…。【スタッフ&キャスト】監督:ジョン・テウォン 脚本:キム・ヨンチャン 製作:ペク・ジンドン 撮影:キム・チョンソク 出演:キム・スミ/シン・ヒョンジュン/タク・チェフン/イム・ヒョンジュン
  • 私の隣の殺人者

    『天国の階段』のシン・ヒョンジュン主演によるサスペンススリラー。妻が出て行ってしまい、息子のギョンスとふたりで暮らしているチョ刑事は酒ばかり飲んでいた。そんなある日、村の裏山で子どもの遺体が発見され…。共演はイ・ギウほか。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ミン・ビョンジン 出演:シン・ヒョンジュン/イ・ギウ/チョン・ノミン
  • サイレン

    『バックドラフト』『ターミネーター2』を手懸けたハリウッドSFXチームと韓国スタッフが手を組み、CGを使わずに“真実の炎”を映像化した韓国映画。過去の事故で、互いの心に深い傷を負った2人の消防士は、ライバル心からいつも衝突が絶えなかった…。【スタッフ&キャスト】監督:カン・ハニョン 脚本:グォン・スンウォン 製作:ウォン・ドンユン 音楽:パク・ホジュン SFX:ミン・チスン 出演:シン・ヒョンジュン/チョン・ジュノ/チャン・ジニョン
  • 地上満歌

    『誰にでも秘密がある』のイ・ビョンホンと「天国の階段」のシン・ヒョンジュン共演による青春ラブストーリー。天才作曲家・クァンス、無名俳優のチョンマン、バイオリニストを目指すセヒ。芸術の世界で生きていこうとする3人の若者の青春と恋を描く。【スタッフ&キャスト】監督:キム・ヒチョル 脚本:カン・ジェギュ 撮影:パク・ヒジュ 音楽:イ・ドンジュン 出演:イ・ビョンホン/シン・ヒョンジュン/チョン・ソンギョン/キム・セユン
  • 愛と悲しみのマリア

    『天国の階段』のシン・ヒョンジュン主演による純愛ドラマ。母親の不倫がトラウマとなり子供の心のまま成長した兄・ギテと弟のギウク。旅宿を営みながら静かに暮らすふたりの前に、ある日行き場をなくした女・ミョンジャが娘のマリアと共に現れる。【スタッフ&キャスト】監督:ソヌ・ワン 脚本:イ・クムジュ 撮影:シン・オクヒョン 照明:イ・ガンサン 出演:シン・ヒョンジュン/キム・サンジュン/シム・ヘジン/イ・ジョンヒョン
  • フェイス

    ユ・サンゴン監督の、犯罪と霊魂が絡み合うホラーを描いた恐怖スリラー。日本劇場未公開。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/26

エイブ・ヴィゴーダ(2016)

アンダーワールド(1996)

自分と父親を陥れた真犯人を見つけるため、正体不明の謎の男に接近する青年のパラノイアックな復讐劇を描いた異色サスペンス。本作の後「マッド・ドッグス」(日本では98年1月公開)で監督デビューも果たしたヴェテラン俳優ラリー・ビショップ(本作で助演も)の脚本を、「スター・ウォーズ」(美術監督としてアカデミー装飾部門最優秀賞を受賞)、『The Sender』(日本未公開、監督作)のロジャー・クリスチャンの監督で映画化。美術はアキ・カウリスマキ監督作品(「ラ・ヴィ・ド・ボエーム」ほか)でも知られるジョン・エブデン。出演は「ネオン・バイブル」のデニス・レアリー、「アンカーウーマン」のジョー・モントーニャ、「フューネラル」のアナベラ・シオラ、「ゴッドファーザー」のアベ・ヴィゴダ、「シリアル・ママ」のトレイシー・ローズほか。

シュガー・ヒル

ニューヨーク・ハーレムの暗黒街で、ドラッグ売買のトップにのし上がった2人の兄弟の葛藤を軸に展開する、愛と暴力に彩られたブラック・ムービー。監督はキューバ出身で、カンヌ国際映画祭で上映された「クロスオーバー・ドリーム」やテレビ映画「心臓が凍る瞬間」(日本では劇場公開)などの作品があるレオン・イチャソ。脚本はバリー・マイケル・クーパー。製作は「ラブ・クライム 官能の罠」のルディ・ラングレイスと、グレゴリー・ブラウン。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ザ・コミットメンツ」のアーミヤン・バーンスタインとトム・ローゼンバーグ、マーク・エイブラハムズの共同。撮影は「ディープ・カバー」「カリフォルニア(1993)」のボージャン・バゼリ。音楽はテレンス・ブランチャードで、ジャズ、ファンク、ソウル、ラップ、ヒップホップ、ブラック・コンテンポラリー、アフリカン・ミュージックからゴスペルに至るまで、さまざまなブラック・ミュージックの挿入曲が全編に流れる。美術は「再会の時」のマイケル・ヘルミー、主人公兄弟の人物造形や作品世界の上でも重要な要素を占める衣装は、「ディック・トレイシー」のエドゥアルド・カストロで、ヴェルサーチ、ヨージ・ヤマモトなどのスーツが使用されている。主演は「ニュー・ジャック・シティ」「デモリションマン」「ドロップ・ゾーン」など出演作が相次ぐウェズリー・スナイプスと、「ストリーマーズ 若き兵士たちの物語」『ファイブ・ハートビーツ』(V)のマイケル・ライト。「クロウ 飛翔伝説」のアーニー・ハドソン、「ビバリーヒルズ・コップ3」のテレサ・ランドルらが共演。