メイ・クラーク

メイ・クラークの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 大襲撃(1957)

    「群盗の宿」「テキサスから来た男」などを過去に作っているカート・ニューマンが監督した西部劇である。モーリス・ジェラティとミルトン・クリムス共同の書き下ろしシナリオによる。白人画家とインディアンの娘の結びつきを中心とするアクション・ドラマが展開される。撮影はカール・ストラッス。音楽をエドワード・L・アルパーソン・ジュニアが担当している。出演するのは「烙印なき男」のスコット・ブラディ、「夜の人々(1954)」のリタ・ガムの他、ロリー・ネルソン、ネヴィル・ブランド、アリソン・ヘイズ、テッド・デ・コルシア、ライス・ウィリアムズ、メイ・クラークら。製作はエドワード・L・アルパーソン・ジュニア。
  • 春来りなば(1956)

    緑深いアーカンソーの田園を背景にしたホーム・ドラマ。モンゴメリー・ピットマンのオリジナル・シナリオから「アリゾナの勇者」のR・G・スプリングスティーンが監督、「烙印なき男」のジャック・マータが撮影、「捜索者」のマックス・スタイナーが音楽を、それぞれ担当した。出演者は「賭博の町」以来のアン・シェリダン、「地獄の掟」のスティーヴ・コクラン、「誇り高き男」のウォルター・ブレナンの3人を中心に、「友情ある説得」の子役リチャード・アイアー、TVの人気少女スター、シェリー・ジャクソン、「法律なき町」のエドガー・ブキャナン、「七年目の浮気」のソニー・タフツなど。アメリカでは“ペアレンツ・マガジン”誌から1955-6年度最優秀作品として《家庭賞》を受賞した。
  • 民衆の敵(1931)

    キュベック・グラスモン及びジョン・ブライト合作のストーリーをハーヴェイ・シュウが脚色し、パ社から移ったウィリアム・A・ウェルマンが監督し「天下無敵」のデヴラクス・ジェニングスが撮影したもので、主なる主演者は「地獄の一丁目」「千万長者」のジェームズ・キャグニー、「地獄の天使(1930)」のジーン・ハーロウ、エドワード・ウッズ、ジョーン・ブロンデル、ベリル・マーサー、ドナルド・クック、R・Eオコンナー、レスリー・フェントンの面々。
  • 犯罪都市(1931)

    「西部戦線異状なし」のルイス・マイルストーンが監督した映画で「地獄の天使(1930)」と同じくハワード・ヒューズのプロダクションとして有名なもの。原作は「国際盗賊ホテル」と同じくベン・ヘクト、チャールズ・マッカーサーが共同で書いた戯曲である。脚色は「略奪者」「キック・イン」のバートレット・コーマックが当たり、撮影は「泥人形」「肉と霊」のグレン・マクウィリアムスの担当である。出演者は「モロッコ」「ニュウ・ムーン」のアドルフ・マンジュウ、「大空の闘士」「青空狂想曲」のパット・オブライエン、「名門芸術」「マネキン英雄」のメアリー・ブライアンを始め、「極楽特急」「月世界征服(1931)」のエドワード・エヴァレット・ホートン、「シマロン(1931)」「特集社会面」のジョージ・E・ストーン、「ウォタルウ橋」「フランケンシュタイン(1931)」のメイ・クラーク、「大空の闘士」のスリム・サマーヴィル、「少年時代」のマット・ムーア、「新聞街の殺人」のフランク・マクヒュー、モーリス・ブラック、クラレンス・H・ウィルソン、スペンサー・チャータース等である。
    90
  • フランケンシュタイン(1931)

    メアリー・W・シェリーの執筆した小説を基にして「魔人ドラキュラ」「二つの顔(1930)」のギャレット・フォートと「鉄青年」「犯罪王リコ」のフランシス・エドワーズ・ファラガーの二人が脚色し、「ウォタルウ橋」のジェームズ・ホエールが監督し、「再生の港」「ビッグ・トレイル」のアーサー・エディソンが撮影した映画で主演者は「旅路の終り」で一躍名をなしたコリン・クライヴ、助演者とし「ウォタルウ橋」のメイ・クラーク、「母性」「天国の一夜」のジョン・ポールス、「海魔」のポリス・カーロフ、フレデリック・カー、エドワード・ヴァン・スローン等が出演している。
    90
  • 水兵がんばれ

    「歓呼の夜」と同じくカート・ニューマンが監督し、チャールズ・ステューマーが撮影に当たったチェスター・モリス主演映画で、ドア・シャーリーとルイス・R・フォスターが共作し、「胡蝶となるまで」のジョン・ミーハンが脚色している。助演者は「宿命の窓」「スター悩殺」のメイ・クラーク、舞台俳優兼劇作家たるフランク・クレイヴィンを始め、「土曜日の大観衆」のアンディ・デヴァイン、「妾の弱点」のアイリーン・ウェーア、ラス・ブラウン、ジョン・ウォーバートン等である。
  • 宿命の窓

    「世界ボクシング王」「エスキモー(1934)」のW・S・ヴァン・ダイクが監督した映画でコスモポリタン誌連載のアーサー・S・ローシュ作の長編をフランセス・グッドリッチとアルバート・ハケットが共同脚色した。主演者は「四十二番街」「流れる青空」のワーナー・バクスターと「世界ボクシング王」「カイロの一夜」のマーナ・ローイで「舌戦速射砲」のチャールズ・バターウォース、「スター悩殺」のメイ・クラーク「暁の暴風」のフィリップス・ホームス及びC・ヘンリー・ゴードン、「豚児売り出す」のナット・ペンドルトン、マーサ・スリーパー、ジョージ・E・ストーン等が助演している。キャメラは「風来坊」のルシエン・アンドリオと「爆弾の頬紅」のハロルド・ロッソンが共同して担当。
  • 待ちかねる処女

    「蹴球大学」と同じくリュウ・エイヤースが主演する映画で、ドナルド・ヘンダーソン・クラーク作の同盟の小説を「蹴球大学」のリチャード・スカイヤーとウィニフレッド・ダンっが共同して脚色し、「ウォタルウ橋」「フランケンシュタイン(1931)」のジェームズ・ホエールが監督、アーサー・エディソンが撮影した。主役を助けて「ウォタルウ橋」「フランケンシュタイン(1931)」のメイ・クラーク「陽炎の春」「バットはささやく」のユーナ・マークル、「蹴球大学」のアンディー・デヴァイン、「大西洋横断」のジョン・ハリディが出演するほか、「スーキー」のオスカ・アッフェル及びヘレン・ジェローム・エディー、エセル・グリフィス、バート・ローチ、アーサー・ホイトが助演する。
  • ウォタルウ橋

    「旅路の終わり」の製作者として有名な英国のジョームス・ホエールが監督にあたった映画で、原作に批評家としても知られているロバート・シャーウッドの舞台劇、それをベン・レヴィーが脚色し「東は西」のトム・リードが撮影台本にまとめ上げたものである。主なる出演者は「想夫舞曲」「愛の暴風」のメイ・クラーク、舞台出のケント・ダグラス、ドリス・ロイド、「スキピイ」のエニッド・ベネット、エセル・グリフィス等でカメラは「西部戦線異状なし」のアーサー・エディソンが担任。
  • 街の伊達男

    「奥様御寵愛」「巴里の魔人」のジョン・ギルバートが「暗夜行路」のロバート・アームストロング、「犯罪都市(1931)」のメイ・クラークを相手に主演する映画で、ジョン・マクダーモット作の戯曲をカール・ブラウンとラルフ・フイールライトが脚色し、「怪物団」のトッド・ブラウニングが監督、「新世紀」のペヴァレル・マーレーが撮影した。助演者はミューリエル・カークランド、ヴィンス・バーネット等。
  • 愛の暴風(1930)

    「藪睨みの世界」「悪に咲く華」のエドモンド・ロウが主演する映画で、原作ならびに台詞はジェームズ・ケヴィン・マッギネスが執筆し、「疑惑晴れて」「ツェッペリン倫敦襲撃」のジョン・G・ブライストーンが監督し、「踊るカレッヂ」「ケンタッキーの唄」のチャールズ・G・クラーク氏が撮影した。助演者は「想夫舞曲」のメイ・クラーク、「鉄骨エロ騒動」「悪に咲く華」のウィリアム・ハリガン、「ハバナから来た女」「曠野に叫ぶ(1930)」「河上の別荘」のウォーレン・ハイマー、ジョー・ブラウン、アイアン・マクラレンなど
  • 想天舞曲

    舞台俳優として人気盛んなリー・トレイシー氏が主演する全発声映画で、最近物故した新進監督ケネス・ホークス氏が第二回作品として監督したもの。原作はウォーレス・スミス氏作の物語で、「ムービートーン・フォーリス」の台詞を書いたウィリアム・K・ウェルズ氏がシドニー・ランフィールド氏と共同して台本及び台詞を執筆した。撮影は「青空」「四人の悪魔」のL・ウィリアム・オコンネル氏。トレイシー氏を助けて同じく映画初御目見えのメイ・クラーク嬢、ダフネ・ポラード嬢、「哀調の小道」「好いて好かれて」のフゼフィン・ダン嬢、「ムービートーン・フォーリス」「デキシー歌舞曲」のステピン・フェチット氏等が出演している。
  • モロッコの動乱

    「桑港」「快速突破隊」のジャック・ホルトが主演する映画で、J・D・ニュウサムの原作をポール・フランクリンが脚色し「ポンペイ最後の日(1935)」「コングの復讐」のアーネスト・B・シューザックが監督に当たり、ジェームズ・S・ブラウン・ジュニアが撮影した。助演は「女優ナナ」「スター悩殺」のメイ・クラークを始め、「ベンガルの槍騎兵」のC・ヘンリー・ゴードン、「ロバータ」のヴィクター・ヴァルコニ、「美しき野獣」のハロルド・ヒューバー等である。
  • スター悩殺

    「フットライト・パレード」「地獄の市長」のジェームズ・キャグニーが主演する映画で、「犯罪都市(1931)」「夜の世界」のメイ・クラークと「戦線の嵐」「紅唇罪あり」のマーガレット・リンゼイが共演する。原作はロザリンド・キーティング・シェーファで、「女探偵長」のリリー・ヘイワードが共同脚色し「笑う巨人」「戦線の嵐」のローイ・デル・ルースが監督に当たり「虎鮫」「ジンギスカンの仮面」のトニー・ゴーディオが撮影した。助演者は「紅唇罪あり」のデグラス・デンブリン、「地下の雷鳴」のレスリー・フェントン、「笑う巨人」のラッセル・ホプトン、「ビッグ・ケージ」のレイモンド・ハットンその他である。
  • 女優ナナ(1934)

    「激情の嵐」「狂乱のモンテカルロ」のアンナ・ステンの渡米第一会主演映画で、エミール・ゾラの名小説を題材として「紐育・ハリウッド」の原作監督者たる故ウィラード・マックが「愛の鳴咽」のハリー・ワグスタフ・グリブルと共同して台本を作り「人生の高度計」「我等は楽しく地獄へ行く」のドロシー・アーズナーが監督に当たり、「羅馬太平記」「カンターの闘牛師」のグレッグ・トーランドが撮影した。助演は「宿命の窓」「第三の恋」のフィリップス・ホームス、「恋の凱歌」「青い部屋」のライオネル・アトウィル、「青春の頬づえ」のリチャード・ベネット、「スター悩殺」のメイ・クラーク、「最後の一人まで(1933)」のミュリエル・カークランド等である。
  • 仮出獄の女

    「進めオリンピック」「女は真っ平(1931)」のエドワード・クラインが監督に当たった映画で、ノーマン・クラスナが原作脚色したもの。主役は「待ちかねる処女」「夜の世界」のメイ・クラークと「たそがれの女」「大空の闘士」のラルフ・ベラミーが勤め、「ミス・ダイナマイト」「生の創め」のヘール・ハミルトン、「マデロンの悲劇」「怒号する天地(1932)」のマリー・プレヴォー、「暴君ネロ(1932)」「グランド・ホテル」のフェルディナンド・ゴットシャルク等が助演している。撮影は「沈黙の証人」「西部無敵王」のジョセフ・H・オーガストが担当。
  • 時計は踊る

    「舌戦速射砲」「ロシア探訪飛脚」と同じくリー・トレイシーが出演する映画で、「男子戦わざるべからず」「摩天楼の狼」のエドガー・セルウィンが監督にあたった。脚本もセルウィンが「犯罪都市(1931)」「生活の設計」のベン・ヘクトと共同して執筆している。撮影は「カイロの一夜」「春の火遊び」のハロルド・ロッソンの担当である。主役トレイシーを助けて「スター悩殺」「夜の世界」のメイ・クラーク、「世界ボクシング王」「相寄る魂」のオットー・クルーガー、「ジャングルの怒り」「選手権目指して」のペギー・シャノン、「ヒョットコ夫婦」「ママはパパが好き」のジョージ・バービア、「暁の暴風」「キャバレエの鍵穴」のC・ヘンリー・ゴードン等が出演している。
  • グレイト・ガイ

    「無限の青空」「シスコ・キッド(1935)」のジェームズ・キャグニーがGN社に入っての第一回主演映画で、「大空の地獄」「鉄人対巨人」のジョン・G・ブライストーンが監督に当たったもの。原作はジェームズ・エドワード・グラントの大衆小説で、ヘンリー・マッカーティーとヘンリー・ジョンソンが協力脚色した。相手役は「女優ナナ」「スター悩殺」のメイ・クラークが勤め、「薔薇はなぜ紅い」のジェームズ・パーク、「当たり屋勘太」のエドワード・ブロフィー、「ポンペイ最後の日(1935)」のヘンリー・コルカー、新顔のバーナディーン・ヘイス、「諾?否?」のロバート・グレックラー等が助演している。カメラは「二つの顔(1935)」のジャック・マッケンジーの担任。
  • 夜の世界

    P・J・ウルフソンとアレン・リヴキン合作の物語を映画化したもので「蹴球大学」「キートンの恋愛指南番」のリチャード・スカイヤーがシナリオに組み立て、「河宿の夜」「チウインガム行進曲」のホバート・ヘンリーが監督し、「あけぼの」「紳士の運命」のメリット・B・ガースタットが撮影した。主なる出演者は「楽園の大河」「蹴球大学」のルウ・エヤース、「フランケンシュタイン(1931)」「ウォタルウ橋」のメイ・クラーク、「ミラクルマン(1932)」のボリス・カーロフ、ドロシー・レヴィア、ラッセル・ホプトン、バート・ローチ、ドロシー・ピーターソン、ヘッダ・ホッパーなどである。
  • ギャングの娘

    「フランケンシュタイン(1931)」「ウォタルウ橋」主演のメイ・クラークが主演する映画で、ウィニフレッド・ヴァン、デューザーが書卸した物語を「奇跡の処女(1931)」「大飛行船」のジョー・スワーリングが脚色して台詞を附し、「海底二千尺」のロイ・ウィリアム・ニールが監督し、「ラスト・パレイド」「アリゾナ(1931)」のテッド・テズラフが撮影した。助演者は「地獄の天使(1930)」「女傑」のジェームズ・ホール「希望の星」のマリー・プレヴォー、「ラスト・パレイド」のロバート・エリスその他である。
  • 若き隼

    「永遠の悪魔」「怒号する天地(1932)」のビル・ボイドが「スター悩殺」「犯罪都市(1931)」のメイ・クラークと「失踪者三万人」「犯罪都市(1931)」パット・オブライエンを相手に主演する映画で、ハウストン・プランチの原作を「世界大洪水」のジョン・グッドリッチと「怪盗往来」のマルコム・スチュアート・ボイランが共同脚色し、「幸運の悪魔」のラルフ・インスが監督にあたり、「春ひらく(1931)」「沈黙(1931)」のチャールズ・ロシャーが撮影した。助演者は「六月十三日の夜」のヘレン・ウェーア、「ケンネル殺人事件」のロバート・マクウェード、「海の荒鷲(1933)」のロロー・ロイド等である。
  • 一六生活線

    エヴァ・ケイ・フリント、マーサ・マディスン両人合作の舞台劇から「東は西」のトム・リードが映画劇に改作し、「速成成金」のコートニー・タレットが撮影台本を作り上げ、「雷親爺」「名門芸術」のシリル・ガードナーが監督し、「母性」「ロスト・ツェッペリン」のジャクスン・ローズが撮影したもので主なる出演者は「マルタの鷹(1931)」のリカルド・コルテス、「ウォタルウ橋」のメイ・クラーク、「女学生の日記」のノーマン・フォスター、「運命の兄弟」のマリー・プレヴォー、「禁酒天国」のスリム・サマーヴィル等である。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 8/1

ジェイソン・モモア(1979)

DUNE デューン 砂の惑星

アクアマン

「ワイルド・スピード SKY MISSION」のジェームズ・ワンによる海中バトル・アクション。人間として育てられた海底王国アトランティスの末裔アクアマン。アトランティスが人類の支配を狙い侵略を始めたとき、彼は地上と海、どちらを守るのか……。出演は、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のジェイソン・モモア、「リリーのすべて」のアンバー・ハード、「LION ライオン 25年目のただいま」のニコール・キッドマン。
ロバート・クレイ(1953)

チャック・ベリー ヘイル・ヘイル・ロックンロール

86年10月16日、セントルイスのフォックス・シアターで行なわれたチャック・ベリー“60歳バースデー・コンサート”の模様を中心に、インタヴュー、リハーサル風景などを盛り込んで“ロックンロールの王者”チャック・ベリーの姿を浮き彫りにするドキュメンタリー。製作はステファニー・ベネットとチャック・ベリー、監督は「ホワイトナイツ 白夜」のテイラー・ハックフォード、撮影は「プリック・アップ」のオリヴァー・ステイプルトン、音楽プロデュースはキース・リチャーズが担当。出演はメイン・バンドのベリーとリチャーズのほかに、ゲスト・ミュージシャンのエリック・クラプトン、リンダ・ロンシュタット、ジュリアン・レノン、コメンテイターのブルース・スプリングスティーンほか。

NEW今日命日の映画人 8/1

該当する人物がいません