マイケル・ムーア マイケルムーア

  • 出身地:ミシガン州フリント
  • 生年月日:1954/04/23

略歴 / Brief history

【突撃取材で米国を斬るドキュメンタリー映画界の反逆児】アメリカ、ミシガン州フリントの生まれ。ミシガン大学を中退後、自ら創刊した地方紙でジャーナリストとしての活動をスタートする。1989年、GMの生産拠点である故郷の工場閉鎖に伴う大量解雇を取材した「ロジャー&ミー」で監督デビュー。GM経営者への突撃取材が批評家の絶賛を得る。その後はテレビ界へも活躍の場を広げ、突撃取材などを用いたユニークなドキュメント番組を製作する。95年には初の劇映画「ジョン・キャンディの大進撃」を監督。アメリカが隣国カナダを仮想敵国に仕立てるブラック・コメディだった。2000年のアメリカ大統領選では緑の党を支援、民主党の票を喰ってしまい、ブッシュ勝利に貢献してしまう皮肉な結果を生んだ。実際に起きた高校生銃乱射事件を軸に、アメリカ銃社会を鋭くえぐった「ボウリング・フォー・コロンバイン」(02)はアカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞。授賞式での反ブッシュ発言は賛否両論を巻き起こした。04年には、ブッシュ大統領を激しく糾弾した「華氏911」がカンヌ映画祭パルムドールを受賞し、ドキュメンタリーとしては異例の大ヒットを記録。一躍ヒットメーカーとなったムーアは、その後も一貫してアメリカ社会が抱えるあらゆる矛盾や不正に対してメスを入れ続け、09年にその集大成となる新作「キャピタリズム/マネーは踊る」を発表する。その公開時には「本作をもってドキメンタリー製作に一区切りをつける」とも発言している。【“ヒットするドキュメンタリー”の確立】1920年代、ロバート・フラハティによって確立されたドキュメンタリー映画は、以後、国策プロパガンダや思想運動、社会問題や特定個人の追認、音楽・スポーツイベントの記録に自然観察など多様に発展してきた。しかしそれらの多くは商業性とかけ離れ、“意義はあっても退屈で地味な分野”という印象から逃れ難い。そんな中、ムーアは被写体に積極的に関わるシネマヴェリテやダイレクトシネマの手法を拡張し、エンタテインメントとしてのドキュメンタリーを確立。突撃取材や派手なパフォーマンス、時に意図的な“やらせ”を含むテレビショー的演出を持ち込み、“現場”を写実的に“記録”していた従来のドキュメンタリーの常識を覆した。ムーアの作品では常に自身がガイド役をつとめ、主観的に進行・主張することで観客の共感(あるいは反感)を得る。重いテーマもシニカルな笑いの素材となって小難しい印象は払拭され、一般に広く受け入れられつつ、ドキュメンタリーとしては異例の世界的ヒットを生んだ。時にそのパフォーマンスは批判され、数々の妨害にもみまわれるが、賛否いずれにせよ、まずは人々の興味を喚起することに成功している。こうした活動で主義主張型のドキュメンタリーを商業映画に成長させた功績は大きい。

マイケル・ムーアの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 華氏 119

    アポなし突撃取材でアメリカ社会に一石を投じ続けるマイケル・ムーアがトランプ大統領に切り込んだドキュメンタリー。大統領選のさなかにトランプ当選の予測を的中させたムーアがトランプの驚愕の事実を明らかにし、この暗黒時代をどう抜け出すかを披露する。第43回トロント国際映画祭ドキュメンタリー部門オープニング作品、第31回東京国際映画祭正式出品作品。
    70
  • すべての政府は嘘をつく

    オリバー・ストーンが製作総指揮を務め、大手メディアに代わって、独自の調査報道で真実を伝える独立系ジャーナリストたちの闘いを追ったドキュメンタリー。映画監督マイケル・ムーア、哲学者のノーム・チョムスキーらが、真実を隠蔽する権力の欺瞞を暴く。スノーデンの取材で知られるグレン・グリーンウォルド、ウォータゲート事件をスクープしたカール・バーンスタインも登場。劇場公開に先駆け、2017年2月4日、15日、24日にプレミア上映。
  • マイケル・ムーアの世界侵略のススメ

    「ボーリング・フォー・コロンバイン」のマイケル・ムーア監督による世界侵略をテーマとしたドキュメンタリー。アメリカ国防総省の相談を受けたムーアは、侵略者として自ら空母でヨーロッパに向かい、侵略する国に存在する“あるモノ”を略奪する。
    80
  • キャピタリズム マネーは踊る

    2008年に始まった世界規模の不況により自宅や職を失う人が続出する一方、その原因を作った投資銀行や保険会社は税金で救われている。巨大企業による利益の追求が世界経済に与える影響を通して、アメリカの資本主義の本質を描くドキュメンタリー。監督は、「ボウリング・フォー・コロンバイン」のマイケル・ムーア。
    92
    • 手に汗握る
    • 考えさせられる
  • シッコ

    「ボウリング・フォー・コロンバイン」「華氏911」などで知られるドキュメンタリー作家マイケル・ムーアが、アメリカの医療保険問題を題材にした社会派ドキュメンタリー。怪我や病気に苦しみながら充分な治療を受けられない人々に取材するとともに、先進国で唯一、国民健康保険制度のないアメリカの医療制度に疑問を投げかける。
  • ザ・コーポレーション

    カナダのマーク・アクバー、ジェニファー・アボットの共同監督により、ジョエル・ベイカンの著作『ザ・コーポレーション:わたしたちの社会は「企業」に支配されている』(早川書房)を原作として製作された長篇ドキュメンタリー。2004年サンダンス映画祭で上映され観客賞を受賞したのを始め、2005年カナダ・アカデミー賞の最優秀ドキュメンタリーを含め全世界の映画祭で25個の賞を受賞。またニューヨークでロングラン上映されたのを始め、世界各国で草の根的に上映され、多くの観客の支持を集めた。株式会社の誕生から、政治システムを超えてグローバル化している企業の正体を描き、現在の企業を一人の人格として精神分析を行うと完璧な“サイコパス”であるという診断結果のもと、すべては利益のために働く機関としての企業の、様々な症例を分析する。
  • 華氏911

    「ボウリング・フォー・コロンバイン」のマイケル・ムーア監督が、ジョージ・W・ブッシュ大統領の再選阻止を最大の目的に製作したドキュメンタリー。本国アメリカでは公開前から様々な物議を醸し、賛否が激しく対立するなど大きな社会現象を巻き起こし、ドキュメンタリーとしては異例の大ヒットを記録した。2004年のカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作。
  • ボウリング・フォー・コロンバイン

    アメリカの銃社会に鋭く切り込んだドキュメンタリー。監督・脚本・主演は「ロジャー&ミー」のマイケル・ムーア。「猿の惑星」などの俳優・全米ライフル協会会長のチャールトン・ヘストン、人気ハード・ロック歌手のマリリン・マンソン、「サウスパーク」の原作者マット・トーン、現職のアメリカ大統領ジョージ・W・ブッシュらが登場する。2003年アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞、2002年カンヌ国際映画祭55周年記念特別賞、同年ナショナル・ボード・オブ・レビュー最優秀ドキュメンタリー賞ほか多数受賞。
    100
  • ジョン・キャンディの大進撃

    人気取りのためカナダと戦争を始めようとする米国政府首脳陣と、乗せられてカナダへ進撃してしまうお調子者の狂騒を描いたブラック・コメディ。主演は94年4月に死去した巨漢コメディアン、ジョン・キャンディで、彼の遺作となった「ビッグ・ランニング」(94)以前に製作されたが、公開は本作が後になった。監督・脚本は「ロジャー&ミー」のマイケル・ムーア。製作はムーア、デイヴィッド・ブラウン、ロン・ロソルツ、エグゼクティヴ・プロデューサーはフレディー・ディーマンと「マングラー」のシガージョン・サイバッソン。撮影は「狼たちの街」の名手ハスケル・ウェクスラー、音楽は「フランキー・スターライト 世界で一番素敵な恋」のエルマー・バーンスタインと彼の息子ピーター・バーンスタインのコンビ、美術は「戦慄の絆」などのキャロル・スピアー、編集はウェンディ・スタンズラーとマイケル・バレンバウム、衣裳はキャスリーン・グリンがそれぞれ担当。共演は「マンハッタン殺人ミステリー」のアラン・アルダほか。またキャンディの旧友ダン・エイクロイドが特別出演。
  • ロジャー&ミー

    ミシガン州フリントで起きたゼネラル・モータース社の工場閉鎖と、それに伴う人々の失業と町の荒廃を描くドキュメンタリー映画。製作・監督・脚本はマイケル・ムーア、撮影はクリストファー・ビーヴァーとジョン・プルーサック、ケヴィン・ラファーティ、ブルース・シェーマーが担当。
    80
  • マイケル・ムーア in アホでマヌケな大統領選

    2004年10月、アメリカ大統領選の直前、アメリカで一番保守的な町で巻き起こる大騒動を記録したドキュメンタリー。