チャン・ドンゴン チャンドンゴン

  • 出身地:韓国 ソウル市
  • 生年月日:1972/03/07

チャン・ドンゴンの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 王宮の夜鬼

    「スウィンダラーズ」のヒョンビン×「V.I.P. 修羅の獣たち」のチャン・ドンゴン共演によるアクション史劇。朝鮮時代、謎の疫病が蔓延して生じた夜鬼の群れと戦う王子イ・チョン。一方、国王の側近キム・ジャジュンは夜鬼を利用して国を掌握しようと企んでいた。「リアル」のチョ・ウジン、「アシュラ」のチョン・マンシクが脇を固め、「コンフィデンシャル/共助」のキム・ソンフンがメガホンをとる。
  • 七年の夜

    特集『のむコレ2018』にて上映。
    60
  • V.I.P. 修羅の獣たち

    「泣く男」以来、2年ぶりの映画出演となるチャン・ドンゴン主演によるクライム・アクション。米韓の企てにより北朝鮮から亡命した男が連続殺人事件の容疑者として浮上。韓国警察が追跡するなか、国家情報院のジェヒョクは彼を保護し、捜査網を潜り抜けていく。共演は「エンドレス 繰り返される悪夢」のキム・ミョンミン、「密偵」のパク・ヒスン、「僕らの青春白書」のイ・ジョンソク、「ジョン・ウィック チャプター2」のピーター・ストーメア。監督は「新しき世界」のパク・フンジョン。
    80
  • 泣く男

    心に傷を負いながら任務に身を投じる孤独な殺し屋の運命を描くクライムアクション。監督は「アジョシ」のイ・ジョンボム。出演は「マイウェイ 1,2000キロの真実」のチャン・ドンゴン、「恋愛の温度」のキム・ミニ、「ウルヴァリン:SAMURAI」のブライアン・ティー、「アジョシ」のキム・ヒウォン。
    70
  • 危険な関係(2013)

    ピエール・ショデルロ・ド・ラクロの同名小説を、1931年の上海に舞台を移して映画化。プレイボーイと貞淑な未亡人、女性実業家の恋愛ゲームを描く。監督は、「ハピネス」のホ・ジノ。出演は、「グランド・マスター」のチャン・ツィイー、「決闘の大地で」のチャン・ドンゴン。第65回カンヌ映画祭監督週間招待作品。
    70
  • 決闘の大地で

    「マイウエイ 12,000キロの真実」のチャン・ドンゴン主演によるハリウッド・デビュー作。暗殺者として生きる宿命を背負った男が、流れ着いた小さな町で愛や友情を知り、愛する者を守るため孤独な闘いに臨む姿を描く。監督・脚本は、本作が長編デビューとなるイ・スンム。共演は「ラスベガスをぶっつぶせ」のケイト・ボスワース,「英国王のスピーチ」のジェフリー・ラッシュ。
    60
  • マイウェイ 12,000キロの真実

    第二次世界大戦で日本、ソ連、ドイツ三国の兵士として戦い、連合軍の捕虜になった日本人の実話をヒントに、「ブラザーフッド」のカン・ジェギュ監督が描いた人間ドラマ。アジアからヨーロッパまで240日間に及ぶ大陸横断ロケを敢行した。出演は「奇跡」のオダギリジョー、「グッドモーニング・プレジデント」のチャン・ドンゴン。
    60
  • グッドモーニング・プレジデント

    韓国のホワイトハウス・青瓦台を舞台に、公私を懸命に生きる3人の大統領の姿を描くドラマ。監督・脚本は「小さな恋のステップ」のチャン・ジン。出演は、「タイフーン TYPHOON」のチャン・ドンゴン、「僕の、世界の中心は、君だ」のイ・スンジェ、「初恋のアルバム 人魚姫のいた島」のコ・ドゥシム、「裸足のギボン」のイム・ハリョン、「今、愛する人と暮らしていますか?」のハン・チェヨンなど。
    60
  • タイフーン TYPHOON

    南北両朝鮮に復讐すべくテロ計画を企てる海賊シン。それを阻むべく韓国国家情報院から密命を受けた海軍大尉セジョンと、彼らの争いに巻き込まれるシンの生き別れになっていた姉ミョンシンらの悲劇を描くアクション・ドラマ。主演は「ブラザーフッド」のチャン・ドンゴンと「イルマーレ」(2000)のイ・ジョンジェ。監督は「友へ チング」のクァク・キョンテク。
  • PROMISE(2005)

    戦乱の世を舞台に愛を得ることを神に封印されてしまった女・傾城を愛してしまった男たちが、悲劇的な戦いを繰り広げるファンタジック・ラブストーリー。出演は真田広之、「友へ チング」のチャン・ドンゴン、「忘れえぬ想い」のセシリア・チャン。監督は中国映画界の“第五世代”を代表するチェン・カイコー。
  • 敗者復活戦

    「ブラザーフッド」「友へ チング」のチャン・ドンゴンの映画デビュー作が、韓流の流れを受けて日本公開が実現。恋人に裏切られた男と恋人に振られた女が、自分たちを捨てた元恋人の新しい恋を邪魔するためにタッグを組むラブ・コメディ。共演は、ドラマ『グッバイ・マイ・ラブ』のキム・ヒソン。ドンゴンは本作で1997年度、青龍賞新人男優賞を受賞した。
  • ブラザーフッド

    朝鮮戦争に翻弄された兄弟の絆を描いたアクションドラマ。監督・脚本は「シュリ」のカン・ジェギュ。撮影は「チャンピオン」のホン・ギョンピョ。出演は「ロスト・メモリーズ」のチャン・ドンゴン、「ガン&トークス」のウォンビン、『バンジージャンプをする』(映画祭上映)のイ・ウンジュ、「パイラン」のコン・ヒョンジン、「パイラン」『酔画仙』(映画祭上映)のチェ・ミンシクほか。
  • ロスト・メモリーズ

    韓国のチャン・ドンゴンと、日本の仲村トオルが共演した近未来アクション。
  • 友へ チング

    釜山を舞台に、4人の幼なじみの壮絶な人生を描いたヒューマン・ドラマ。監督は、「Dr.K」(日本未公開)のクァク・キョンテク。撮影は、「オクスタン」(日本未公開)のファン・ギソク。出演は、「スプリング・イン・ホームタウン」のユ・オソン。「アナーキスト」(日本未公開)のチャン・ドンゴン。「飛天舞」のソ・テファほか。
    70
  • アナーキスト

    「オールド・ボーイ」のパク・チャヌク脚本、監督は本作がデビュー作となるユ・ヨンシク。1924年の上海を舞台に抗日テロ組織のメンバーたちを描く。
  • 恋風恋歌

    『友へ/チング』のチャン・ドンゴンと、『二重スパイ』のコ・ソヨン共演によるピュアな大人のラブストーリー。済州島の美しい自然をバックに、平凡なサラリーマンと観光ガイドとの出会いと、運命を感じ微妙にすれ違う繊細な恋の行方を描く。【スタッフ&キャスト】監督:パク・テヨン 脚本:チョ・ミョンジュ 製作:ク・ボナン 撮影:キム・ユニ 出演:チャン・ドンゴン/コ・ソヨン/パク・チニ/キム・ジョンハク
  • Love story in 韓流ドラマ

    人気韓流スター3人が出演した恋愛ドラマを再構成して1枚に凝縮。ペ・ヨンジュンの『愛の群像』、リュ・シウォンの『この世の果てまで』、そしてチャン・ドンゴン幻の主演作『青春』が、感動シーンを満載した全く新しいラブストーリーとして甦る。【スタッフ&キャスト】出演:ペ・ヨンジュン/リュ・シウォン/チャン・ドンゴン
  • コーストガード

    「ブラザーフッド」のチャン・ドンゴン主演、「サマリア」のキム・ギドク監督による戦争サスペンス映画。
  • NOWHERE 情け容赦無し

    韓国で『シュリ』に次ぐ観客動員数を記録、スローやアニメーションなどを織り交ぜた斬新な映像で展開するアクション。刑事のウーは殺し屋・サンミンを追う中で、彼の恋人であるチュヨンと出会う。彼女を足がかりに逮捕を試みるウーだったが…。監督・脚本はイ・ミョンセ。出演はアン・ソンギ、パク・チュンフン、チャン・ドンゴンほか。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/23

ジェイミー・キング(1979)

大脱出3

シルヴェスター・スタローン主演のアクション第3弾。秘密監獄・悪魔砦から、何者かに誘拐された社長令嬢救出の依頼を受けた脱獄のプロ、レイ・ブレスリンは、仲間と共に行動を開始。ところが、レイのパートナー、アビゲイルが悪魔砦に拉致されてしまう。共演は「アベンジャーズ/エンドゲーム」のデイヴ・バウティスタ、「パシフィック・リム:アップライジング」のマックス・チャン。メガホンを取ったのは、「ボビーZ」のジョン・ハーツフェルド。

大脱出2

シルヴェスター・スタローン扮する脱獄のプロが難攻不落の監獄に挑むアクション第2弾。警備会社を設立し後進育成に励むブレスリンだったが、スタッフが行方不明に。コンピューター制御された監獄ハデスに囚われた仲間を救うため、自ら収監され脱獄を試みる。監督は「マローダーズ/襲撃者」のスティーヴン・C・ミラー。元WWEチャンピオンであるデイヴ・バウティスタが新たにスタローンの相棒を務め、前作に続きカーティス・“50セント”・ジャクソンが出演するほか、「イップ・マン 葉問」のホァン・シャオミン、「シン・シティ」シリーズのジェイミー・キングらが新規参戦。
阿部サダヲ(1970)

MOTHER マザー(2020)

大森立嗣が、実在の殺人事件に着想を得て作り上げたドラマ。男たちとゆきずりの関係を持ち、その場しのぎの生活を送るシングルマザーの秋子。そんな母の歪んだ愛に、必死に応えようとする息子・周平。やがて身内からも絶縁された母子は、社会から孤立し……。出演は「コンフィデンスマンJP」の長澤まさみ、「彼女がその名を知らない鳥たち」の阿部サダヲ、オーディションで抜擢され、本作が映画初出演となる奥平大兼。「新聞記者」の河村光庸がプロデューサーを務める。

決算!忠臣蔵

大石内蔵助が残した決算書を元に、赤穂浪士の吉良邸討ち入りをお金の面から描いた山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』を映画化。元禄14年、お家再興の望みを絶たれた赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助は、吉良邸討ち入りを計画。だが、その予算には上限があり……。出演は「泣くな赤鬼」の堤真一、「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」の岡村隆史。監督は「忍びの国」の中村義洋。