ダナ・バーネット

ダナ・バーネットの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 友愛天国

    「サニー・サイド・アップ」とおなじくジャネット・ゲイナーとチャールズ・ファーレルとが主演し、デイヴィッド・バトラーが監督した映画で、原作はダナ・バーネットの筆になり、「ドノヴァン」「空の王者」のハワード・J・グリーンが脚色及び台詞をつけた。助演者として「ハッピイ・デイス」の老ウィリアム・コリヤー「浮気成金」「七つの鍵」のルシアン・リトルフィールド、「ブロードウェイ黄金時代」「尖端一目惚れ」のルイズ・ファゼンダ、「娘乱暴記」「ケンタッキーの唄」のヘッダ・ホッパー、「ツェッペリン倫敦襲撃」のジョイス・コンプトン、「巴里見るべし」のグレゴリー・ゲイ等が出演。カメラは「ホリウッド結婚」「躍るカレッジ」のチャールズ・ヴァン・エンジャーが担任している。
  • 彗星雲を衝いて

    数年前に「汚点」「悪魔の声」「荒野の花」等を物して名声を博した女流監督者ロイス・ウェバー女史の復帰第一回作品でダナ・バーネット女史作の小説をウェバー女史自ら脚色したものである。主役も数年前の人気俳優で二三年前「新妻の秘密」に主演して再び映画界を去り最近「ベン・ハー(1926)」に出演して返り咲いたフランシス・ブッシュマン氏で、対手役には「海賊(1926)」「侠勇ドン・ジュアン」等出演のビリー・ダヴ嬢が選ばれて出演し、「ドン・Q」等出演のワーナー・オランド氏「人妻の危険時代」等出演のグレイス・ダーモンド嬢等の懐かしい人々が共演している。
  • 剣劇の響

    ウォルター・ハイアースの第1回主演映画で、対手役には「異郷の露」「干潮」等主演のジャクリーン・ローガンが出演する。その他ジョージ・フォーセット、ロバート・マッキムを始め、御覧の通りの老巧俳優が共演している。監督はウェズリー・ラッグルズ。
  • 愛の爆笑

    「クリスティナ」「殺人倶楽部」と同じくウィリアム・K・ハワード氏の作品で、ルロイ・クレメンス氏及びジョン・B・ハイマー氏の原作からダナ・バーネット女史が脚色し、「ハッピイ・デイス」ルシエン・アンドリオ氏とウォルター・スコット氏が撮影した「ラッキー・ボーイ」のジョージ・ジェッセル氏が主演し、「殺人街」「某重大事件」のライラ・リー嬢、「浮気発散」のデイヴィッド・ローリンス氏、ヘンリー・コルカー氏、ケネス・マッケンナ氏その他が助演している。
  • 兵士の愛人

    ダナ・バーネット女史原作、ジョージ・メルフォード氏監督の戦時ロマンスで、主役は「家庭の女」と「謎の乙女」で紹介されたエセル・クレイトン嬢。相手は「沙漠の花」に出演したモント・ブルー氏である。戦時に背景を採っていながらも、場所は常にニューヨークで、すこぶる興味深い筋である。
  • 四つの壁

    ダナ・バーネットとジョージ・アボット合作の舞台劇から「悪魔の踊子」のアリス・デュアー・ミラーが撮影台本をつくり、それに基づいて「赤熱の抱擁」「シンガポール」のウィリアム・ナイが監督した映画で主演者は「悪魔の仮面」「コサック(1928)」のジョン・ギルバートと「踊る娘達」「シンガポール」のジョーン・クローフォード。「海浜狂騒曲」のヴェラ・ゴードン。「ベン・ハー(1926)」のカーメル・マイアース、「娘乱暴記」のルイ・ナトー、ロバート・エメット・オコナー等が助演している。
  • 店曝らしの天使

    「空行かば」「ライラック・タイム」のゲイリー・クーパー氏と「アビーの白薔薇」「マンハッタン・カクテル」のナンシー・キャロル嬢との共演映画で「狂言成金」「アメリカ美人」等をものしたリチャード・ウォーレス氏がパラマウント入社第1回作品として監督したもの。原作はダナ・バーネット氏の小説で、ハワード・エスタブルック氏とアルバート・シェルビー・ル・ヴィノ氏とが改作しエスタブルック氏が脚色した。助演者は「マンハッタン・カクテル」「女優情史」のポール・ルーカス氏と「人生の乞食」「野球王」のロスコー・カーンス氏とである。
  • 盗まれた天国

    「踊り子夫人」「悪魔の日曜日」と同じくナンシー・キャロル主演映画で、ダナ・バーネットの小説を「屠殺者(1930)」「半分天国」のジョージ・アボットが脚色し、台詞を執筆し、監督したものである。相手役は「悪魔の日曜日」「ハア・マン」のフィリップス・ホームスで、ルイス・カルハーン、ガイ・キッビー、エドワード・キーン、ダクマー・オークランド、ジョーン・カーが助演している。撮影は「踊り子夫人」「けだもの組合」のジョージ・フォルシーの担任である。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/28

ジョン・デヴィッド・ワシントン(1984)

TENET テネット

「ダンケルク」のクリストファー・ノーラン監督によるSFスリラー。ある男に、現在から未来に進むという時間のルールから脱出するミッションが課せられる。時間に隠された秘密を解き明かし、第三次世界大戦を止めるミッションのキーワードは『TENET』だった。突如一大任務に巻き込まれた男を「ブラック・クランズマン」のジョン・デヴィッド・ワシントンが、相棒を「ハイ・ライフ」のロバート・パティンソンが演じる。

ブラック・クランズマン

鬼才スパイク・リー監督が手がけた第71回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作。黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKKに潜入捜査する顛末を克明に綴った同名ノンフィクション小説を、デンゼル・ワシントンを父にもつジョン・デヴィッド・ワシントン主演で映画化。共演は「パターソン」のアダム・ドライバー、「スパイダーマン:ホームカミング」のローラ・ハリアー、「アンダー・ザ・シルバー・レイク」のトファー・グレイス、「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」のアレック・ボールドウィン。音楽は「マルコムX」「25時」「セントアンナの奇跡」など、スパイク・リー作品を数多く手がけてきたテレンス・ブランチャード。
チョ・インソン(1981)

安市城 グレート・バトル

唐の侵略に立ち向かった高句麗の武将ヤン・マンチュンの戦いを描く歴史アクション。西暦645年。唐の太宗皇帝は20万を超える大軍を率いて高句麗への進撃を開始。各地で敗走が続く中、安市城城主ヤン・マンチュンは、わずか五千の兵と共に戦いを決意する。出演は「ザ・キング」のチョ・インソン、『ハベクの新婦』のナム・ジュヒョク、「スウィンダラーズ」のパク・ソンウン。

ザ・キング

韓国の賞レースを席巻したクライム・エンタテインメント。地方都市の新人検事テスは、ソウル中央地検のエリート部長ガンシクと出会う。他人を踏み台にして出世し、大統領選挙を利用して権力をつかんだガンシクの正体を知ったテスは、悪の魅力に染まっていく。出演は、ドラマ『大丈夫、愛だ』のチョ・インソン、「アシュラ」のチョン・ウソン、「インサイダーズ 内部者たち」のペ・ソンウ、ドラマ『恋のスケッチ~応答せよ1988~』のリュ・ジュンヨル。監督は、「観相師 かんそうし」のハン・ジェリム。第53回百想芸術大賞助演女優賞(キム・ソジン)、新人男優賞(リュ・ジュンヨル)受賞。第54回大鐘賞助演男優賞(ペ・ソンウ)、助演女優賞(キム・ソジン)、シナリオ賞、編集賞受賞。