アドルフ・レスティナ

アドルフ・レスティナの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 嵐の孤児(1921)

    仏国の劇作家ダンネリの舞台劇「2人の孤児」を基として、これにチャールス・ディッケンスの『二都物語』やカーライルの「仏国革命史」などを参考としてD・W・グリフィス氏一流の雄大な物語が展開される。「世界の心」「イントレランス」「国民の創生」など氏の大作品があるが、どれもこの作品におよばぬこと遠きものであるといわれている。18世紀の末、暴虐なる貴族と王朝とを倒し、流血慘雨の革命を経て、遂に打ち樹てられた自由の天地、いわゆるフランス革命の恐怖時代を背景とした大絵巻きである。この渦中にまき込まれた薄命の孤児2人の生涯こそ、この上なく劇的なもので無ければ成らない。観るものの同情を集めるこの孤児の役は、リリアンおよびドロシーのギッシュ姉妹が演じている。革命党の首領ダントンにはモント・ブルーが扮し、そのほか腕達者の元に一絲乱れず立派な演技を示す。劇の最後にダントンがギロチン台上に昇った乙女を救わんと鉄蹄砂を蹴って従者とともに驀進する辺りの緊張味は、クライマックスとして稀に見る力強いものである。
  • 人類の春

    グリフィス氏の戦時劇の1つで、「最大の愛」に続いて発表されたものである。ロバート・ハーロン氏、リリアン・ギッシュ嬢、デイヴィッド・バトラー氏の3人が主要の役を演じている。エルモ・リンカーン氏も米国の兵士として姿を見せる。麗しい人の誠心--全編を通じて力強く叫ばれるのはこのことである。「真実なるが為に偉大なる映画」とニュース誌は激賞している。
  • 愛の花

    コリアー週報に掲載されたラルフ・ストック原作の「黒き海岸」Black BeachをD・W・グリフィスが自ら監督して製作したロマンスで、「東への道」「ブロークン・ブラッサムス」に続いて1920年9月に連合芸術家会社から発売されたもの。主役はリチャード・バーセルメスと「勇士の血」出演のキャロル・デンプスターである。
  • 幸福の谷

    「偉大なる米国映画」とニュース誌は評している。グリフィス氏の繊細な手腕を見るに良い作品である。主役はグリフィス映画で度々紹介されるリリアン・ギッシュ嬢とロバート・ハーロン氏の共演で、その他ジョージ・フォーセット氏やバートラム・グラスビー氏、ケート・ブルー嬢等も顔を見せる。
  • 渇仰の舞姫

    グリフィス氏が親しく製作した映画で本年4月ファースト・ナショナルから発売になったもの。主役は新進のクレアー・セイマー嬢、「七羽の白鳥」で王子に扮したリチャード・バーセルメス氏及「拳骨」「鉄の爪」等で御馴染のクレイトン・ヘール氏で、檜の様なバハマの島を背景に使った恋物語である。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 8/1

ジェイソン・モモア(1979)

DUNE デューン 砂の惑星

アクアマン

「ワイルド・スピード SKY MISSION」のジェームズ・ワンによる海中バトル・アクション。人間として育てられた海底王国アトランティスの末裔アクアマン。アトランティスが人類の支配を狙い侵略を始めたとき、彼は地上と海、どちらを守るのか……。出演は、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のジェイソン・モモア、「リリーのすべて」のアンバー・ハード、「LION ライオン 25年目のただいま」のニコール・キッドマン。
ロバート・クレイ(1953)

チャック・ベリー ヘイル・ヘイル・ロックンロール

86年10月16日、セントルイスのフォックス・シアターで行なわれたチャック・ベリー“60歳バースデー・コンサート”の模様を中心に、インタヴュー、リハーサル風景などを盛り込んで“ロックンロールの王者”チャック・ベリーの姿を浮き彫りにするドキュメンタリー。製作はステファニー・ベネットとチャック・ベリー、監督は「ホワイトナイツ 白夜」のテイラー・ハックフォード、撮影は「プリック・アップ」のオリヴァー・ステイプルトン、音楽プロデュースはキース・リチャーズが担当。出演はメイン・バンドのベリーとリチャーズのほかに、ゲスト・ミュージシャンのエリック・クラプトン、リンダ・ロンシュタット、ジュリアン・レノン、コメンテイターのブルース・スプリングスティーンほか。

NEW今日命日の映画人 8/1

該当する人物がいません