石川裕一 イシカワユウイチ

石川裕一の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • パーク アンド ラブホテル

    屋上に公園を設置する一風変わったラブホテルに集う、様々な事情を抱えた女性たちとオーナーである初老の女性の交流を描いたファンタジックな雰囲気漂う物語。短編映画「珈琲とミルク」が内外の映画祭で評価された熊坂出監督の長編デビュー作。主演は「蟲師」のりりィ。共演にちはる、神農幸など。
  • 花井さちこの華麗な生涯

    頭に銃弾を撃ち込まれ穴が開いたために天才的な頭脳の持ち主となったイメクラ嬢が、スパイの諜報戦に巻き込まれるエロティック・ポリティカルコメディ。監督は1997年にピンク映画監督としてデビューし、NY留学から帰国したばかりの女池充。元々ピンク映画として製作された本作を90分のディレクターズカット版として編集・追撮。世界各国の映画祭で上映し、スタンディングオベーションを受けるなど絶賛され、日本での公開が決定した。花井さちこを演じるのは、現在プロ格闘家としても活躍中の黒田エミ。脚本は中野貴雄が担当した。
  • 帰ってきた 刑事まつり「姦・刑事 セクサロイドコップ」

    「主人公は刑事」「完成尺は10分以内」「1分につき最低1回はギャグを入れる」という条件で、映画監督たちが刑事を主人公に競作したオムニバスの第2弾。監督は「DOG STAR/ドッグ・スター 」の瀬々敬久。
  • AIKI

    デンマークの実在の車椅子武術家、オーレ・キングストン・イェンセンをモデルに、下半身麻痺となった青年が合気柔術を通して再び生きる力を取り戻していく姿を描いた人間ドラマ。監督は「無敵のハンディキャップ」の天願大介で、脚色も担当。撮影に『アジアンビート5 台湾篇シャドー・オブ・ノクターン』の李以須があたっている。主演は「回路」の加藤晴彦。第59回ヴェネチア国際映画祭出品、第27回報知映画賞助演男優賞(石橋凌)受賞、日活創立90周年記念、平成14年度文化庁映画芸術振興事業、文部科学省選定(青年向、成人向)、厚生労働省推薦、東京都知事推奨作品。
  • トーキョー×エロティカ

    ピンク映画界の四天王と呼ばれ、また『DOG STAR』など一般作も手がける瀬々敬久監督が贈る新感覚ラブストーリー。“地下鉄サリン事件”“天安門事件”“東電OL事件”をモチーフとした3つの時代を倒錯させ、性と死と暴力を絡めて現代の若者の愛を描く。P-1 GRANDPRIX2001チャンピオン作品。別邦題「トーキョー×エロティカ 痺れる快楽」。
  • 爆裂パチスロ・攻略王列伝 爆連への道

    人気ヌードルを主演に迎えて放つパチンコ・スロットドラマ「爆裂」シリーズ第7弾。鈴子の父・吾郎の経営するスロット店が、金融会社の陰謀で店舗休業に追い込まれる。鈴子たちは店を守るため、スロットの達人・三平を呼び寄せ金融会社との勝負に挑む。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:石川二郎 製作:高澤吉紀 プロデューサー:豊田晋平/正田浩之 出演:有希奈緒/時任歩/石川裕一/高橋剛

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?