アンヌ=マリー・ダフ アンヌマリーダフ

アンヌ=マリー・ダフの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ナショナル・シアター・ライブ2019「マクベス」

    英国ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を各国の映画館で上映するナショナル・シアター・ライブ2019。W・シェイクスピアの四大悲劇の一つを、英国ナショナル・シアター芸術監督ルーファス・ノリス演出で上演した2018年5月10日の公演を収録。出演は、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のローリー・キニア、「未来を花束にして」のアン=マリー・ダフ。
  • 追想(2017)

    ブッカー賞作家イアン・マキューアンの小説『初夜』を、作者自ら脚本を手がけ、「レディ・バード」のシアーシャ・ローナン主演で映画化。新婚旅行に赴いたバイオリニストのフローレンスと夫のエドワード。初夜に起きたある出来事により二人の人生が変わる。監督はドラマ『嘆きの王冠~ホロウ・クラウン~』シリーズのドミニク・クック。「つぐない」でもイアン・マキューアン作品に挑んだシアーシャ・ローナンが心に闇を抱える新婦を、「ベロニカとの記憶」のビリー・ハウルが真面目な夫を演じる。
  • 未来を花束にして

    20世紀初めにサフラジェットと呼ばれた女性参政権活動家たちに焦点をあてたドラマ。悪条件下で洗濯工場勤めをするモードは、参政権を求めて活動する女性たちと出会う。彼女は強い反発を受けながらも、未来への希望を胸に、社会を変える運動に参加していく。運命を変えようと立ち上がる労働者階級の母親を「華麗なるギャツビー」のキャリー・マリガンが、女性社会政治同盟(WSPU)のリーダーをアカデミー賞女優メリル・ストリープが、女性活動家を参政権運動時代のイギリス首相ハーバート・ヘンリー・アスキスのひ孫にあたる「アリス・イン・ワンダーランド」のヘレナ・ボナム=カーターが演じる。
    80
  • リピーテッド

    SJ・ワトソンのベストセラーミステリー『わたしが眠りにつく前に』を「ラスト・ターゲット」のローワン・ジョフィ監督が映画化。眠ると前日までの記憶が失われてしまう女性が、その原因を探るため自らの過去を追いかける姿を描く。出演は「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマン、「英国王のスピーチ」のコリン・ファース、「記憶探偵と鍵のかかった少女」のマーク・ストロング。製作総指揮は「グラディエーター」のリドリー・スコット。
    60
  • ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ

    ザ・ビートルズのメンバー、ジョン・レノンの若き日にスポットを当てた伝記映画。彼の育ての母である伯母との確執や実の母との再会、ポール・マッカートニーとの出会いなどを数々の名曲と共に描く。監督は、現代アート界で活躍するサム・テイラー=ウッド。出演は「ジョージアの日記 ゆーうつでキラキラな毎日」のアーロン・ジョンソン、「お買いもの中毒な私!」のクリスティン・スコット・トーマス、「マグダレンの祈り」のアンヌ=マリー・ダフなど。
    90
  • 終着駅 トルストイ最後の旅

    ロシアの文豪レフ・トルストイの晩年を、妻ソフィアとの確執と愛にスポットを当てて描く。監督は、「恋の闇 愛の光」のマイケル・ホフマン。出演は、「クイーン」のヘレン・ミレン、「Dr.パルナサスの鏡」のクリストファー・プラマー。第82回アカデミー賞主演女優賞(ミレン)、助演男優賞(プラマー)ノミネート。
    80
  • マグダレンの祈り

    マグダレン修道院に収容されていた女性たちの衝撃的な実話を映画化したドラマ。監督・脚本・出演は「オーファンズ」のピーター・ミュラン。撮影は「脱獄者」(V)のナイジェル・ウィロウビー。音楽は「オーファンズ」「ムーラン・ルージュ」のクレイグ・アームストロング。衣裳は「スター・ウォーズ」シリーズのトリシャ・ビガー。出演はこれが映画デビューとなるノーラ=ジェーン・ヌーン、ドロシー・ダフィ、「エニグマ」のアンヌ=マリー・ダフ、「タイタス」のジェラルディン・マクイーワン、「ジャニスのOL日記」のアイリーン・ウォルシュ、「アンジェラの灰」のイーモン・オーウェンズ&キアラン・オーウェンズ兄弟ほか。2002年ヴェネチア国際映画祭グランプリ(金獅子賞)、同年トロント国際映画祭批評家賞、2003年IFPロサンゼルス映画祭観客賞(最優秀作品賞)、同年ニューポート国際映画祭最優秀作品賞ほか受賞。
  • ジョジーの修理工場

    2007年カンヌ国際映画祭の国際芸術・実験映画連盟賞を受賞。2008年、大阪ヨーロッパ映画祭にて上映された。