エレン・ベンジャミン・ウォン

エレン・ベンジャミン・ウォンの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 赤い部屋の恋人

    性的な契約を結んだ男女が精神的な破綻を起こすまでを描いた異色ドラマ。監督・製作・原案は「地上より何処かで」のウェイン・ワン。脚本のエレン・ベンジャミン・ウォンは、ウェイン・ワン、「スモーク」なども手掛けた作家のポール・オースター、オースターの妻でもある作家のシリ・ハストヴェットの3人共同ペンネーム。撮影は「ドリヴン」のマウロ・フィオーレ。美術は「地上より何処かで」のドナルド・グラハム・バート。編集は「ボーイズ・ドント・クライ」のリー・パーシー。衣裳は「キューティ・ブロンド」のソフィー・ドゥ・ラコフ・カーボネル。出演は「沈みゆく女」のモリー・パーカー、「K-19」のピーター・サースガード、「スパイキッズ2」のカーラ・グギーノほか。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 9/24

該当する人物がいません