シエンナ・ギロリー

シエンナ・ギロリーの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 43年後のアイ・ラブ・ユー

    ブルース・ダーン主演のロマンティックコメディ。妻と死別し、独り暮らしの老後を謳歌する元演劇評論家のクロードは、かつての恋人で舞台女優のリリィが、アルツハイマーで施設に入った事を知る。リリィとの再会を願ったクロードは、施設に潜り込むが……。共演は「エディット・ピアフ ~愛の讃歌~」のカロリーヌ・シロル、「チャーチル ノルマンディーの決断」のブライアン・コックス。
  • ハイ・ライズ

    SF界の巨匠J・G・バラードの小説『ハイ-ライズ』を映画化。ロンドン郊外の高層マンションに入居したラングは、上層階に行くにつれ住人が富裕層になっていき、フロアの高低に基づく階級間の摩擦の存在を知る。そしてある夜の停電を境に彼らの問題は顕わになる。監督は、「サイトシアーズ 殺人者のための英国観光ガイド」のベン・ウィートリー。出演は、「マイティ・ソー」シリーズのトム・ヒドルストン、「ドラキュラZERO」のルーク・エヴァンス、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」のジェレミー・アイアンズ、「アメリカン・スナイパー」のシエナ・ミラー、ドラマ『マッドメン』のエリザベス・モス、「ニンフォマニアック」のステイシー・マーティン。2015年トロント国際映画祭正式出品。
    50
  • バイオハザードV リトリビューション

    ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の人気アクション・シリーズ第5弾。アンデッドとの闘いが繰り広げられる中、ヒロインの謎めいた過去や衝撃の新事実が明らかになる。監督は前作に続き、ポール・W・S・アンダーソンが担当。共演は「世界侵略:ロサンゼルス決戦」のミシェル・ロドリゲス、「アイム・ヒア」のシエンナ・ギロリー、「1911」のリー・ビンビン、「バイオハザードIV アフターライフ」の中島美嘉。2D/3D同時公開。
    60
  • アイム・ヒア

    「かいじゅうたちのいるところ」のスパイク・ジョーンズ監督による2作品を同時公開。「わたしを離さないで」のアンドリュー・ガーフィールド主演で、ロボットの恋を描く短編「アイム・ヒア」と、「かいじゅうたちのいるところ」原作のモーリス・センダックに迫るドキュメンタリー「みんなの知らないセンダック」の2本。
  • THE BIG BANG ザ・ビッグバン!!

    「レジェンド・オブ・ゾロ」のアントニオ・バンデラス主演で贈る探偵もの。ロサンゼルスの探偵が、刑務所を出所した男から、恋人を探してほしいという依頼を受けたことがきっかけで、想像を超える陰謀に巻き込まれてゆく。監督は大ヒットテレビシリーズ『24 TWENTY FOUR』の製作総指揮を担当したトニー・クランツ。
  • バイオハザードIV アフターライフ

    ミラ・ジョヴォヴィッチが主演する人気アクション・シリーズ第4弾。ウイルス感染によって荒廃した世界で悪と戦うヒロインを、シリーズ初の3Dで描く。監督はシリーズ1作目のポール・W・S・アンダーソン。共演は、ドラマ『プリズン・ブレイク』のウェントワース・ミラー、『HEROS/ヒーローズ』のアリ・ラーター。
    60
  • エラゴン 遺志を継ぐ者

    子供から大人まであらゆる年代の人々を魅了したファンタジーノベル「エラゴン 遺志を継ぐ者」の映画化作品。主演の少年・エラゴンには全世界18万人の中から選ばれた無名の新人・エドワード・スペリーアスが扮している。共演にはジェレミー・アイアンズ、シエンナ・ギロリーらが名を連ねている。監督はジョージ・ルーカスのILMで長年視覚効果を担当してきたシュテフェン・ファンマイアー。
    60
  • バイオハザードII アポカリプス

    日本の人気ゲームを映画化した「バイオハザード」の続編。ミラ・ジョヴォヴィッチ演じる前作で生き延びたヒロイン・アリスが、今度はウィルスに冒された街を舞台に闘うSFアクション。ゲーム版『1』『3』の主役ジル・バレンタイン、同じく『3』のキャラクター、ネメシスも登場する。監督は、本作でデビューとなる新鋭アレクサンダー・ウィット。
    80
  • ラブ・アクチュアリー

    『ブリジット・ジョーンズの日記』の脚本家、リチャード・カーティスの初監督作品。テーマは愛、それも難民救済のような崇高な愛ではなく、夫婦の愛、親子の愛、友情といた、どこにでもある平凡な愛だ。『フォー・ウェディング』『ノッティング・ヒルの恋人』など、ラブストーリーが得意な彼だけに、愛を語る素敵な言葉が随所にちりばめられている。19人もの登場人物のドラマを同時進行させたのも、脚本家出身の彼ならではの妙技だ。そして、この豪華なキャスティング。彼の積み重ねてきたものを全て凝縮したかのような、まさに集大成とも言える作品である。
    80
  • キス・キス・バン・バン(2000)

    引退した殺し屋が奇妙な子守を通して心を変えていくハートウォーミングな物語。監督・脚本はこれが2作目となるスチュワート・サッグ。撮影は「金色の嘘」のトニー・ピアース・ロバーツ。音楽は「ハネムーンはモンテカルロで」のジョン・ダンクワース、DJユニットのアウェイ・チーム。美術は「穴」のイヴ・スチュワート。衣裳は「ひと月の夏」のオディール・ディクス・ミリョー。出演は「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のステラン・スカルスガルド、「完全犯罪クラブ」のクリス・ペン、「ビューティフル・マインド」のポール・ベタニー、「理想の結婚」のピーター・ヴォーン、「ディープ・ブルー」のジャクリーン・マッケンジー、「ノーマ・ジーンとマリリン」のアラン・コーデュナー、「タイムマシン」のシェンナ・ギロリーほか。
  • タイムマシン

    H・G・ウェルズの有名な原作小説を、1959年に続いて再映画化したSFアドベンチャー。亡くした恋人を救うためにタイムマシンを発明した男が、80万年後の世界をも目撃してしまう。。主演は「メメント」のガイ・ピアース。
    100
  • 花と蕾

    アリシア・シルヴァーストーンとシエンナ・ギロリーが、妖艶な美しい姉妹を演じたエロティックサスペンス。父の死をきっかけに、ふたりで暮らしていた姉妹の下に、ある日ルークという青年が訪れる。妹はひと目で恋に落ち、彼と愛し合うようになるが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ステファニー・シンクレア 撮影:アルトゥーロ・スミス 製作総指揮:ガイ・コリンズ 音楽:デヴィッド・シュワイツァー 出演:アリシア・シルヴァーストーン/シエンナ・ギロリー/ジョー・アンダーソン/リー・ローソン
  • スーパーファイアー

    80年代、実際に起こった“魔女裁判”事件を元に映画化された、衝撃のスーパーナチュラルスリラー。ジュリーは、裕福なイタリア人夫婦の息子のベビーシッターとして働いている。そんな中、不可解な火事で息子が死に、彼女は“魔女”として非難される。【スタッフ&キャスト】監督:ケネス・ホープ 製作:デニス・ウィグマン/ボブ・フーバー 撮影:スティーブン・スミス 出演:シエナ・ギロリー/マーク・ストロング/シャーロット・ランプリング/デビッド・ワーナー
  • ドント・ハングアップ

    イタズラ電話をきっかけに正体不明の恐怖が迫るシチュエーションスリラー。【スタッフ&キャスト】監督・製作・VFX:ダミエン・メース/アレクシス・ワスブロット SFX:ジョン・ラフィーク 脚本:ジョー・ジョンソン 出演:ジャック・ベネット・アンダーソン/ギャレット・クレイトン/シエンナ・ギロリー/ベラ・デイン
    60
  • アブダクト 遭遇

    ラジオパーソナリティーが超常現象の謎に迫っていくSFミステリーホラー。UFOや異星人について語るラジオ番組のパーソナリティーであるリドリー。ある日彼は、黒い服を着た見知らぬ男に追い掛けられているという女性・クリスタルを助けを求められる。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・製作・編集・視覚効果:アイヤス・カドゥジ 脚本:フィリップ・ダーイ 製作:マファルダ・サ 撮影:チャ―ルズ・ヒールズ 出演:シエンナ・ギロリー/ウィリアム・B・デイヴィス/マーク・アーノルド/マイリ・カルベイ
    60
  • ブラックリスト

    暴走するネット世界の恐怖を描いたサスペンス。許せない政治家たちに投票し、ランキングを決めることで腐敗防止を狙うサイトを立ち上げたクリス。大きな社会的反響を呼ぶが、1位になった人物が次々と殺害され…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:クラウス・ハットマン 製作:パトリック・フィッシャー 撮影:フェリックス・ワイドマン 音楽:ウォルター・マイアー 出演:シエンナ・ギロリー/アンソニー・フラナガン/ナイジェル・プレイナー/ビル・パターソン
    90

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 9/24

該当する人物がいません