マルティン・マカッチョン

マルティン・マカッチョンの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ラブ・アクチュアリー

    『ブリジット・ジョーンズの日記』の脚本家、リチャード・カーティスの初監督作品。テーマは愛、それも難民救済のような崇高な愛ではなく、夫婦の愛、親子の愛、友情といた、どこにでもある平凡な愛だ。『フォー・ウェディング』『ノッティング・ヒルの恋人』など、ラブストーリーが得意な彼だけに、愛を語る素敵な言葉が随所にちりばめられている。19人もの登場人物のドラマを同時進行させたのも、脚本家出身の彼ならではの妙技だ。そして、この豪華なキャスティング。彼の積み重ねてきたものを全て凝縮したかのような、まさに集大成とも言える作品である。
    80
  • キス・キス・バン・バン(2000)

    引退した殺し屋が奇妙な子守を通して心を変えていくハートウォーミングな物語。監督・脚本はこれが2作目となるスチュワート・サッグ。撮影は「金色の嘘」のトニー・ピアース・ロバーツ。音楽は「ハネムーンはモンテカルロで」のジョン・ダンクワース、DJユニットのアウェイ・チーム。美術は「穴」のイヴ・スチュワート。衣裳は「ひと月の夏」のオディール・ディクス・ミリョー。出演は「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のステラン・スカルスガルド、「完全犯罪クラブ」のクリス・ペン、「ビューティフル・マインド」のポール・ベタニー、「理想の結婚」のピーター・ヴォーン、「ディープ・ブルー」のジャクリーン・マッケンジー、「ノーマ・ジーンとマリリン」のアラン・コーデュナー、「タイムマシン」のシェンナ・ギロリーほか。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?