桃井はるこ モモイハルコ

桃井はるこの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ

    テレビゲーム『STEINS;GATE』を原作にしたテレビシリーズのその後を、完全新作で描くSFアニメーション。過去にメールを送信できるタイムマシンを発明した大学生と仲間たちに、新たな事件が降りかかる。声の出演は「009 RE:CYBORG」の宮野真守、「青の祓魔師(エクソシスト) 劇場版」の花澤香菜。
  • ハプニングスター

    松本知博監督が、脚本からCG製作まで1人で手掛けたSFアニメーション。宇宙の彼方の惑星を舞台に、宇宙パイロット、キッドの冒険を描く。声の出演は「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」の朴ロ美、「ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略」の豊崎愛生、「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」の永井一郎。
  • PIKACHU THE MOVIE 5th ピカ・ピカ 星空キャンプ

    お馴染み、ピカチュウとその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた短篇ジュヴナイル・アニメーション。監督は「劇場版 ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオス」の湯山邦彦。田尻智による原案を基に、「PIKACHU THE MOVIE 2001 ピカチュウのドキドキかくれんぼ」の大橋志吉が脚本を執筆。撮影監督に「~水の都の護神 ラティアスとラティオス」の白井久男があたっている。声の出演に「~水の都の護神 ラティアスとラティオス」の大谷育江、ナレーターとして「NITRO CALLING」の優香が参加している。尚、本作は「劇場版 ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオス」の併映短篇として公開された。
  • はるこUP DATE 後編

    “元祖アキバ系アイドル”桃井はるこの自伝的オリジナルドラマの後編。桃井はるこの中学時代からこれまでの半生を数々のエピソードと共にドラマ化。中学時代、クラスに友達のいなかったはるこはある日、ネットでアキオという少年と出会う。【スタッフ&キャスト】監督:東山環 脚本:川邊優子 総合演出:西浦正記 出演:桃井はるこ/高山紗希/松嶋初音
  • はるこUP DATE 前編

    “元祖アキバ系アイドル”桃井はるこの自伝的オリジナルドラマの前編。桃井はるこ本人が「最悪の時だった」と語る中学時代から芸能活動を始めた高校、大学時代までを数々のエピソードと共にドラマ化した、彼女のルーツに迫る青春ストーリー。【スタッフ&キャスト】監督:東山環 脚本:川邊優子 総合演出:西浦正記 出演:桃井はるこ/高山紗希/松嶋初音

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。