ユ・ジェミョン ユジェミョン

ユ・ジェミョンの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ビースト

    「ベストセラー」「さまよう刃」のイ・ジョンホが監督を務め、フランス映画の「あるいは裏切りという名の犬」をリメイク、韓国ノワールへと昇華させたクライム・サスペンス。かつて相棒だった二人の刑事。男たちは韓国中を震撼させた連続猟奇殺人犯を追っていた。事件解決のためなら手段を選ばないハンスと、冷静沈着なミンテは、警察組織の中で昇進をかけた熾烈な争いを繰り広げる。だが、二人の執念と野心が激突したとき、彼らの“正義”は思いもよらない破滅への引き金となり、自らの運命さえ標的にしてしまう。警察権力と裏社会、刑事と容疑者、約束と裏切りのすべてが絡み合い、物語は驚愕のフィナーレを迎える。「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男」で青龍映画賞や大鐘賞など多数の主演男優賞に輝いた実力派俳優イ・ソンミンと、「ブリング・ミー・ホーム 尋ね人」「野球少女」に出演するカメレオン俳優ユ・ジェミョンが共演。「白頭山大噴火」など話題作に出演するチョン・ヘジン、「タイム・クライム」のチェ・ダニエルが脇を固める。
  • ブリング・ミー・ホーム 尋ね人

    「親切なクムジャさん」のイ・ヨンエ14年ぶりの映画復帰作。6年前に失踪した息子を捜し続ける看護師ジョンヨンは、目撃情報を頼りにある漁村にたどり着く。しかし、釣り場を営む怪しげな一家に阻まれる。監督は、本編で長編劇映画デビューのキム・スンウ。出演は、ドラマ『梨泰院クラス』のユ・ジェミョン、ドラマ『グッドワイフ』のイ・ウォングン、ドラマ『夫婦の世界』のパク・ヘジュン。トロント国際映画祭ディスカバリー部門、シカゴ国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭、香港亜州電影節正式出品作品。
  • 風水師 王の運命を決めた男

    朝鮮王朝を舞台に、風水を用いた覇権争いを描く時代劇。風水師パク・ジェサンは、王朝を牛耳る重臣キム・ジャグンの謀反に巻き込まれ、愛する妻子を殺されてしまう。失意のジェサンはキムに恨みを持つ王族の興宣君と出会い、風水でキム一族を滅ぼそうとする。出演は、「マラソン」のチョ・スンウ、「コンフェッション 友の告白」のチソン、「悪いやつら」のキム・ソンギュン、「インサイダーズ 内部者たち」のペク・ユンシク、ドラマ『クリミナル・マインド:KOREA』のムン・チェウォン。監督は、「仁寺洞スキャンダル 神の手を持つ男」のパク・ヒゴン。
  • ゴールデンスランバー(2018)

    09年に堺雅人主演で映画化された伊坂幸太郎のベストセラーを韓国で再映画化。人気アイドルを強盗から救った宅配ドライバーのゴヌ。その目の前で爆弾テロが発生し、次期大統領候補が暗殺される。なぜか犯人と断定されたゴヌは、警察から追われる羽目に……。出演は「MASTER/マスター」のカン・ドンウォン、「新感染 ファイナル・エクスプレス」のキム・ウィソン。監督は「俺たちの明日」のノ・ドンソク。
  • エンドレス 繰り返される悪夢

    「朝鮮名探偵」シリーズのキム・ミョンミン主演のタイムループ・スリラー。外科医ジュニョンは娘が交通事故で亡くなっているのを発見する。その瞬間、彼は事故の2時間前に戻っていた。どうにか事故を防ごうとするが結果は変わらず、同じ一日が繰り返される。出演は、「あなた、そこにいてくれますか」のピョン・ヨハン、「お嬢さん」のチョ・ウニョン。
    90
  • 皇帝のために

    「恋愛の温度」など、数々のロマンティックコメディで活躍してきたイ・ミンギが、兵役直前に出演し、新境地に挑んだ犯罪アクション。欲望と裏切りが渦巻く裏社会を舞台に、犯罪組織に足を踏み入れた男と彼を組織に招き入れた男の生き様が、激しいバイオレンスを交えて描かれる。共演は「新しき世界」のパク・ソンウン。
    60
  • KT

    73年に実際に起こった金大中事件の真実に迫ったポリティカル・サスペンス。監督は「新・仁義なき戦い」の阪本順治。中薗英助による原作を基に、「皆月」の荒井晴彦が脚色。撮影を「ELECTRIC DRAGON 80000V」の笠松則通が担当している。主演は、「新・仁義なき戦い」の佐藤浩市と「太白山脈」のキム・ガプス。第76回『キネマ旬報』ベスト・テン第3位、助演男優賞(香川照之)受賞、第52回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品、第24回ヨコハマ映画祭2002年日本映画第4位、日本芸術文化振興会映画芸術振興事業、日韓合作作品。
    70
  • クズ 卑劣な賭け

    辛い生活の中で窮地に立たされた男女を描くエロティックノワール。【スタッフ&キャスト】監督:シン・ドンヨプ 出演:コ・セウォン/ハン・イソ/ユ・ジェミョン/パン・ミンジョン/チョ・ハンソン

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 9/24

該当する人物がいません