坂ノ下博樹 サカノシタヒロキ

坂ノ下博樹の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 世界は彼女のためにある

    自分が戦闘用兵器だと知った男子高校生が闘いや恋に悩み、もがく異色の青春映画。新人・保坂大輔の美学校卒業制作で、2005年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭・オフシアター部門の審査員特別賞を受賞した。坂ノ下博樹、布瀬谷香、小田部千夏といったフレッシュな出演陣を、諏訪太朗、津田寛治ら名バイプレーヤーが支える。
  • 新人刑事まつり「おなら刑事」

    緊張すると放屁してしまう刑事の災難を描く短編コメディ。「壱、主人公は刑事であること!」「弐、完成尺は十分を一秒でも超えてはいけない!」「参、本編中に最低でも五回ギャグを入れること! 」という【掟】のもとで製作される人気オムニバス映画シリーズ「刑事まつり」。まだ長編劇場公開映画を手掛けていない新人監督による「新人刑事まつり」の中の1作。監督は保坂大輔。出演は坂ノ下博樹、宮武嘉昭、上馬場健弘ほか。
  • 刑事まつり「忘れられぬ刑事たち」

    「主人公は刑事」「完成尺は10分以内」「1分につき最低1回はギャグを入れる」という条件で、映画監督12人が刑事を主人公に競作したオムニバス。監督は「忘れられぬ人々」の篠崎誠。後に24分の完全版が公開された。
  • 命の響き

    銃を持たない刑事の活躍を描いた短篇コメディ。監督・脚本は、映像クリエイターコース1期生の村越繁。撮影を篠田誠、保坂大輔、杉田協士が担当している。主演は「ON AIR オン エアー」の田中要次。アートスクールENBU[演劇&映画]ゼミナールの生徒と、講師である映画監督やCMディレクターが共同で製作した短篇映画の特集『ENBUゼミムービーセレクション2002 ドロップ・シネマ・パーティー/Bプログラム』で上映された。DV作品。ビデオプロジェクターによる上映。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 9/24

該当する人物がいません