モス・デフ

モス・デフの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • AMY エイミー(2015)

    第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞作。圧倒的な歌唱力と歌声で世界中の音楽ファンを魅了するも2011年に27歳の若さで急逝した“孤高の歌姫”エイミー・ワインハウス。未公開フィルムや貴重なプライベート映像を交え、その半生を追う。監督は「アイルトン・セナ 音速の彼方へ」のアシフ・カパディア。出演はエイミー・ワインハウスのほか、父親のミッチ・ワインハウス、音楽プロデューサーのマーク・ロンソン、歌手のトニー・ベネット。
    80
  • はじまりのうた

    ニューヨークを舞台に、失意の女性シンガーソングライターが音楽を通じて運命を切り開いていく姿を描くヒューマンドラマ。監督・脚本は「ONCE ダブリンの街角で」のジョン・カーニー。出演は「アンナ・カレーニナ」のキーラ・ナイトレイ、「キッズ・オールライト」のマーク・ラファロ、人気バンド“マルーン5”のボーカリスト、アダム・レヴィーン。
    90
  • アート・オブ・ラップ

    1980年代後半にデビューして以来30年近くに渡りギャングスタ・ラップのカリスマとして活躍し続ける一方、「スコーピオン」や「ブレイクダンス」などで俳優として存在感を見せるアイス-Tの初監督作品。アフリカ・バンバータやRUN D.M.C.ら1980年代に活躍したヒップホップシーンの先駆者たちから、エミネムやドクター・ドレー、スヌープ・ドッグ、カニエ・ウェストら世界的スターまでインタビューをし、ヒップホップのルーツを辿り、メインストリームへとなっていく軌跡を追うドキュメンタリー。総勢47名にも及ぶアーティストらが影響を受けた人物や音楽、曲の背景を赤裸々に語り、フリースタイル・ラップを披露する一幕も。
  • キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語

    1950年代のシカゴを舞台に、チャック・ベリーやエタ・ジェイムズなど、アメリカ音楽界の伝説的人物を世に送り出した“チェス・レコード”の興隆を描く。出演は「戦場のピアニスト」のエイドリアン・ブロディの他、「007/慰めの報酬」のジェフリー・ライト、「ドリームガールズ」のビヨンセ・ノウルズが実在の人物を演じる。
    80
  • 僕らのミライへ逆回転

    取り壊し間近のおんぼろレンタルビデオ店の店員たちが名作映画を手作りでリメイク、それが町の人々の間で思わぬ反響を呼ぶコメディ。監督は「エターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリー。出演は、「スクール・オブ・ロック」のジャック・ブラック、「16ブロック」のモス・デフ。2008年ベルリン国際映画祭クロージング作品。
  • ブロック・パーティー

    NY・ブルックリンで、一夜限り行われたブラック・ミュージック界のトップアーティストらによるシークレットライブの模様を記録したドキュメンタリー。監督は、「エターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリー。出演はカニエ・ウェスト、ローリン・ヒル、フージーズ。
  • 16ブロック

    簡単な証人護送任務を任されたベテラン刑事が、思いも寄らぬ事態に巻き込まれていくサスペンス・アクション。出演は「シン・シティ」のブルース・ウィリス、ラッパーとしても有名な「銀河ヒッチハイク・ガイド」のモス・デフ、「夢駆ける馬ドリーマー」のデヴィッド・モース。監督は「タイムライン」のリチャード・ドナー。
    80
  • 銀河ヒッチハイク・ガイド

    スティーヴン・ホーキンス博士やジョージ・ルーカス監督を夢中にさせた故ダグラス・アダムスのSF小説が映像化。突然宇宙人に破壊された地球の最後の生き残りとなった男が、銀河のガイドブックを片手に奇想天外な宇宙の旅を巡るSFアドベンチャー・コメディ。監督はミュージック・ビデオ界で活躍し、本作で劇場長編デビューを飾ったガース・ジェニングス。
    80
  • フリースタイル:アート・オブ・ライム

    世界中の現代ユース・カルチャーに大きな影響を与えたブラック/ヒップホップMC(ラップ)シーン。その中に息づく“フリースタイル”に焦点を当てたドキュメンタリー。出演は、日本でも人気のモス・デフ、ザ・ルーツ、ジュラシック5、西海岸のアンダーグラウンドの雄フリースタイル・フェローシップ、メデューサなど。監督は、西海岸のアンダーグラウンド・ヒップホップ・コミュニティーとの密なつながりを持ち、DJでもあるケビン・フィッツジェラルド。
  • ミニミニ大作戦(2003)

    強盗のプロフェッショナルたちが金塊を奪おうとする様を描いた犯罪映画。1969年に作られた同名作のリメイク。監督は「交渉人」のF・ゲイリー・グレイ。脚本は「007 ダイ・アナザー・デイ」のニール・パーヴィス&ロバート・ウェイド、「バレンタイン」のドナ・パワーズ&ウェイン・パワーズ。撮影は「インソムニア」のウォーリー・フィスター。音楽は「ボーン・アイデンティティー」のジョン・パウエル。美術は「ドリヴン」のチャールズ・ウッド。編集は「ハリー・ポッターと賢者の石」のリチャード・フランシス=ブルース。衣裳は「8 Mile」のマーク・ブリッジス。出演は「PLANET OF THE APES/猿の惑星」のマーク・ウォールバーグ、「スコルピオンの恋まじない」のシャーリーズ・セロン、「レッド・ドラゴン」のエドワード・ノートン、「ラットレース」のセス・グリーン、「トランスポーター」のジェイソン・ステイサム、「ショウタイム」のモス・デフ、「スペースカウボーイ」のドナルド・サザーランドほか。
    80
  • チョコレート

    孤独な白人の男と黒人の女が、深い喪失の淵から人生を取り戻そうとするラヴ・ストーリー。監督はこれが日本初公開作となるマーク・フォスター。脚本は俳優出身のミロ・アディカとウィル・ロコス。撮影は「ドッグ・ショウ!」のロバート・シェイファー。美術は「ドラキュリア」のモンロー・ケリー。出演は「ソードフィッシュ」のハル・ベリー、「バーバー」のビリー・ボブ・ソーントン、「ROCK YOU!」のヒース・レジャー、「ドクター・ドリトル」のピーター・ボイル、パフ・ダディの名でも知られるミュージシャンのショーン・コムズ、「フライショック」のモス・デフほか。2001年ナショナル・ボード・オブ・レビュー最優秀主演女優賞、最優秀主演男優賞、2002年アカデミー賞最優秀主演女優賞、同年ベルリン国際映画祭銀熊賞、最優秀主演女優賞などを受賞。
    80
  • ライフ・オブ・クライム

    ジェニファー・アニストン主演の犯罪ミステリー。監督はダニエル・シェクター。日本劇場未公開。
  • ブラウン・シュガー

    『シカゴ』や『ステラが恋に落ちて』などの出演で知られる若手俳優、テイ・ディグス主演による、幼馴染み同士の恋を描く切ないラブロマンス。監督はリック・ファミュイワ。
    80
  • 復讐街

    「ハムナプトラ」シリーズのブレンダン・フレイザー主演で贈る犯罪アクション。ブラジルのサン・パウロでクラブを営むロッソは、突然店内で死んだ客のバッグから大量のコカインを発見する。彼はそれを売り飛ばし、大金を手に入れようと画策するが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:エリック・イーソン プロデューサー:ジェームズ・アシェソン/リチャード・N・グラッドスタイン 出演:ブレンダン・フレイザー/スコット・グレン/カタリーナ・サンディノ・モレノ/モス・デフ